3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

3Dテレビがやってきた!

Edit Category 未分類
昨年の12月に東京⇒大阪に引越して以来、荷物も片付き、新しい住居にも慣れてきた矢先に11年間愛用してきたプラズマテレビの様子が突然怪しくなってきた。電源をオンにしてもなかなか画像が映らず、電源ランプの点滅が暫く続くのである。一度、画像が映れば暫くは安定するのだが、2~3日の間に画像が映る時間が顕著に少なくなってきたのである。いよいよテレビの寿命がやってきたようだ。週末には早速 家電量販店に行き、3Dテレビを購入したのである。

テレビを購入する際の判断基準として、今までの画面より大きなテレビが当然欲しくなるもので、42インチ⇒55インチをターゲットに選ぶことにした。メーカーの拘わりは無かったのだが、録画機能が充実した機種より、高画質を求めることにしたが、巷では3Dテレビの売れ行きは今ひとつ盛り上がっていないが、3D画像マニアとしては、思い切って3D機能にも拘わってみることにした。

SONY BRAVIA KDL-55HX950(左) と 3D専用メガネ(右)
SONY BRAVIA KDL-55HX950

その結果、SONY BRAVIA KDL-55HX950を購入した。このテレビはBRAVIAシリーズの最上位モデルで、”BRAVIA史上最高画質モデル”を謳ったSONYのフラッグシップモデルなのである。従来機種との大きな違いは、直下型LEDバックライトと新インテリジェントピークLEDを採用することで、従来モデルと比べて明るさを更に強調できるようになり、4倍速駆動の液晶パネルと、超解像技術X-Reality PROの搭載により、非常になめらかで残像感のない美しい映像を実現するとのことだ。仕組みは良く解らんが、店頭で他の機種と比較しても明らかに画像にメリハリがあり、印象的な画像に映るのである。デザインもガラス一枚型パネルと円形スタンドが印象的で、他メーカーとデザインと比較して個性的で高級感があり、全体のフォルムが秀逸でお気に入りなのである。

我家のテレビ遍歴 Victor 29型ブラウン管テレビ(左上) NEC 42型プラズマテレビ(右上) SONY 55型3D液晶ハイビジョンテレビ(下)
テレビジョン遍歴

突然のテレビ購入で思わぬ出費ではあったが、結婚して以来、今回のテレビ(リビング用に限り)が三台目になるのだが、55インチという大きさにも拘らず、最も安価であったことが何よりも驚きである。

結婚したときに購入した最初のテレビは、Victor の29インチのブラウン管テレビで、当時各メーカーが競うように29インチテレビに技術を結集していた時代の製品である。”インテリアート”と名付けられたこの製品は、額縁のようなフォルムとリモコンで回転することで画面の向きを変えられる機能があり、当時人気の浜田麻里と云うロックボーカリストによるテレビCMも流れていた。店頭で見た瞬間デザインが気に入って購入し、それなりに高価ではあっが、結果的に11年間使用することができた。

二台目のテレビは、まだまだ薄型テレビが”高嶺の花”だった頃、今更ブラウン管テレビでは如何なものかと思いプラズマテレビを購入した。NECの家庭用プラズマテレビの最終機種だったので、値引き率も高かったが、それでも今では考えられない高価な製品であった。地上デジタルチューナーも搭載されておらず、ハイビジョン規格にも達していない機能だったが、画像レベルはつい最近でも違和感ないほど高い機種であった。購入して一年立たない時期にいきなり画像が映らなくなり、保険適用期限ギリギリでパネルを交換し、間一髪で無料修理できたが、そのときのメーカーの方曰く、7~8年が寿命とのことであったが、このテレビも結果的に11年間使用することができた。

あらためて想えば、いずれの二台のテレビも良く働いてくれた。本当にご苦労さまと労いたい。


NEC 42型プラズマテレビ
(交差法)
旧テレビ(交差法)
(平行法)
旧テレビ(平行法)

ありがたいことに、購入した日の夜には自宅に届き、早速画面を堪能することができた。3Dメディアに最も積極的なSONYだけに右目/左目それぞれに表示する映像を1920×1080のフルハイビジョン映像にすることで、3D映像もフルハイビジョン映像で鑑賞できることも他メーカーと違うところである。現在、BSチャンネルで『世界遺産 3D』と『3D☆3D(サンデー・サンデー)』という3D対応プログラムがあるが、いずれの番組のスポンサーがSONYということも3D機種への入れ込み方への違いの表れと云える。

SONY 55型3D液晶ハイビジョンテレビ
(交差法)
新テレビ(交差法)
(平行法)
新テレビ(平行法)

家電量販店であらためて驚いたのは、現在、40インチ以上の殆ど機種には、3D機能が当たり前に搭載されていることだ。専用メガネを使わず3D画像を鑑賞できる機種は乏しく、まだまだ途轍もなく効果だが、専用メガネで鑑賞する上では、垣根が取り払われた段階になったとも云える。実際、『世界遺産 3D』をこのテレビで観れば、かつて味わったことのない臨場感を堪能できるのだ。

3Dマニアの私にとって、待望のテレビが我家にやってきた!!
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry尾道の空

Older Entry東山・祇園 小路散策

Comments
 
3Dテレビ
映画もだし
凄い時代になったわ
ホラー映画の3Dなんて、怖くて見てられません
そこにある恐怖だもんね
,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
 
Re: タイトルなし 
みゆきんさん、早速コメントありがとうございます。
実は私もホラー映画は苦手なのです。
”貞子3D”なんて、トラウマになること間違いなし!
3Dテレビは、”凶器”ではなく、平和的利用(?!)
であるべきです!!(何のこっちゃ)
 
 
おっは~
3Dさんのブログを開けたら今日は痛快なメロディーだわ
なんだったっけ?
タイトル忘れたけど、青春時代の自分に戻ったような錯覚になったわ
このタイトルは?
 
Re: タイトルなし 
みゆきんさん、ブログパーツのTheater(Lite Tube)には、
約1,000件のYou Tubeを登録し、ランダムに再生しています。
ですから、軽快なメロディーという説明だけでは、ちょっと...。
基本的に自身のお気に入りばかりなので、ビデオの画像だけでも
ご教示いただければ少しは手掛かりになると思います。
又、見かけたら確認して下さい。
 
 
今日はガンダムだった
思わず、ほっこり(*^^*ゞ
 
いいなぁ~ 
3DTV購入おめでとうございます
これでMOTOさんの作品(三丁目)も3Dで見れますね~
ぜひ3Dムービーも買ってバーチャルリアル世界を

なぜ3DTVは不人気なのでしょう?理解できません(と、言う私もいまだ2D・・・)。
 
Re: いいなぁ~ 
KIMuraさん、毎度です。

3Dテレビ、想像以上に迫力ありますね。
特に最近のテレビはWEB機能を備えているので、
YOU TUBEにて”サイド バイ サイド”で
検索すれば、このテレビで立体映像を堪能できる
画像が数多く見つかります。

3Dって”飛び出す画像”と理解している人が多い
ようですが、実際には”肉眼の臨場感”と感じてます。
ですので、最近の大型テレビに3D機能を標準搭載の
流れには、微かながら希望を感じました。

あとはコンテンツさえ充実すれば、3Dブームも
夢じゃない筈?!

温かく見守っていきましょう!

 
追記 
3DTVに関しては(も)全く無知なのですが、FUJIのファインピクスの画像は見れるのでしょうか?

もし可能であるならばカメラはムービーも出来るみたいなので3Dムービーも楽しめますよ

またファインピクス以外の3D画像もフリーソフトの”ステレオフォトメーカー”でMPファイルに変換すれば(MPファイルにして保存)TVで楽しめるかもしれません。

いいなぁ~

 
Re: 追記 
KIMuraさん、毎度です。
3Dムービーが楽しめることを理解しましたが
未だ試しておりません。
何しか、プライベービデオは息子の運動会以来
自ら断ち切ってますので、何か旅行の機会にと
考えており、追々と・・・・。
3Dテレビは、YOU TUBEのサイドバイサイド
で検索した画像が、そのまま3D画像楽しめます。
焦らず、ゆっくりと進みたいと思ってますので、
是非とも温かく見守って下さい。
最近のAV機器に追いついてない現実を痛感して
いるのが現状です・・・・・。
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS