3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

大阪城 On My Mind

Edit Category ウォーキング
今年の正月は、私の転勤を機会に先月から東京で一人暮らしをスタートした息子と我々夫婦の引越し先の大阪で過ごし、初めて離れて生活して以来の合流に自然に華やかな雰囲気を味わうことができた。比較的長い正月休みであったにも拘らず、時間の経過があっという間に感じた正月休みだったような気がする。

※我家のベランダからの初日の出
(交差法)
初日の出13.01.01(交差法)
(平行法)
初日の出13.01.01(平行法)

※大阪城の年賀の飾り
(交差法)
2013新春巳年(交差法)
(平行法)
2013新春巳年(平行法)

帰京する息子を京橋駅で見送ったあと、せっかくなので嫁さんと一緒に京橋~大阪ビジネスパーク~大阪城公園内に向けてウォーキングすることにした。京橋~大阪ビジネスパークは嫁さんと結婚前から待ち合わせやデートの定番の場所だったが、意外に当時とあまり変わっていないこともあり、とても懐かく感じることができた。

大阪城~大阪城公園MAP
大阪城MAP

昔と変わらず、この地域は旅客機の低空飛行に思わず目を奪われてしまうことも懐かしさを倍増させているのかも知れない。

(交差法)
大阪ビジネスパーク④(交差法)
(平行法)
大阪ビジネスパーク④(平行法)

更には久しぶりに大阪城天守閣を間近で拝観し、あらためてその華麗な姿に惹かれ何度もカメラのシャッターを押した。更にブログにその写真をアップロードするべく、あらためて大阪城の歴史を整理してみたのだが、判っていたつもりでも処々で初めて知る内容もあり、意外に良いキッカケになったものだと我ながら感心の至りに浸ったのである。

(交差法)
大阪ビジネスパーク①(交差法)
(平行法)
大阪ビジネスパーク①(平行法)

(交差法)
大阪ビジネスパーク②(交差法)
(平行法)
大阪ビジネスパーク②(平行法)

(交差法)
大阪ビジネスパーク③(交差法)
(平行法)
大阪ビジネスパーク③(平行法)

天下統一を目指す織田信長は、大坂の重要性に最も早く気付いていた。当時の大坂は、石山と呼ばれた上町台地辺りまで海が深く食い込み、天然の要害と交通の便に恵まれた城地としては絶好であった。織田信長に抗していた大坂(石山)本願寺の跡地を手に入れた豊臣秀吉は、全国統一の本拠地をこの地大坂と定め、天正11年(1583)、「賤ケ岳の合戦」で柴田勝家を破って天下を掌握し、同年大坂城の建設に着手し、城造りの名手加藤清正、石田三成、浅野長政、増田長盛らが動員され日々数万の人員が動員された。天守の内部や瓦には金箔が施され金城、錦城とも呼ばれるほど絢爛豪華であった。さらに、着工後3年のうちに本丸、二の丸、三の丸、櫓、殿舎など相次いで建てられ、殿舎は1000畳敷の大広間など豪壮なものであり、城域総面積100万坪(約330万㎡)以上と云われている。完成は秀吉の死後の慶長4年(1599)であった。

(交差法)
大阪城①(交差法)
(平行法)
大阪城①(平行法)

(交差法)
大阪城②(交差法)
(平行法)
大阪城②(平行法)


しかし、慶長20年(1615)大坂夏の陣にて、河内方面、大和方面から攻め上ってくる徳川方15万5千余りの軍勢に対し、豊臣方は防御の薄くなった大坂城では籠城作戦がとれず、敵の大軍が一つに合流する前に撃破するに及び、決戦の場となった大坂の町中を悲惨な混乱に巻き込みつつ、ついに大坂城は落城したのである。更に山里曲輪に潜んでいた豊臣秀頼・淀殿らも発見されて自刃、豊臣家滅亡とともに大坂城はすべて焼失してしまったのである。

(交差法)
大阪城③(交差法)
(平行法)
大阪城③(平行法)

(交差法)
大阪城④(交差法)
(平行法)
大阪城④(平行法)

江戸時代に入った元和6年(1620)、徳川幕府は、10年の歳月と幕府の威信をかけて大坂城を再建に乗り出し、全域にわたる大規模な盛土と石垣の積み上げ、堀の掘り下げが行われた。豊臣時代の大天守:総高40m弱(推定)に対して徳川の再建大天守:総高約58.5m、(※因みに昭和の復興天守閣:総高54.8m)想像を絶する分厚さの盛り土で豊臣時代の本丸を埋め尽くし、天守閣の位置も規模も豊臣秀吉が建築したものとは全く異なり、新規に築き直すという驚異的な大工事が施されたのである。

(交差法)
大阪城⑤(交差法)
(平行法)
大阪城⑤(平行法)

(交差法)
大阪城⑥(交差法)
(平行法)
大阪城⑥(平行法)

徳川時代大坂城の城主は歴代の徳川将軍であるが、3代将軍家光が訪れた後、幕末動乱の最中に14代家茂が入城するまで230年もの間、大坂城を訪れた将軍は居らず、実質的に城主不在の時代が長らく続き、泰平の世に大坂城を守っていたのは、幕府から任命された城代をはじめとする大名や旗本たちの武士であった。しかし、この天守閣も寛文5年(1665)の落雷で焼失したまま再建されず、その他の建物も、慶応4年(=明治元年1868年)幕府軍が鳥羽伏見の戦いに敗れると、15代慶喜は大坂城を脱出、江戸へ逃げ戻った。その混乱の中で本丸台所付近などから出火し、近世城郭建築の精華であった城内の建造物は大手門や多聞櫓などの一部を残してほとんど焼失してしまった。こうして、再築以来約250年を経て、大坂城は再び落城の憂き目を見ることになったのである。

(交差法)
大阪城⑦(交差法)
(平行法)
大阪城⑦(平行法)

その後、昭和になって当時の市長の関一(せきはじめ)の提案と市民の募金により天守閣の再建が行われた。当時、豊臣時代大天守の資料は極めて乏しく、「大坂夏の陣図屏風」を参考に全国の桃山時代天守の調査によって細部の資料が集められた。更には復興天守閣を永久的なモニュメントとするため、当時としては最新の建築工法である鉄骨鉄筋コンクリート造りとした。しかも当時の日本では前例のない地上55mの超高層建築であり、計画~設計段階にて多くの難関があったが、工事は順調に進み、昭和6年11月7日、歴史上3代目の大阪城天守閣が竣工した。近代建築による復興天守閣の第1号であると同時に、内部を大阪府下で唯一の郷土歴史資料館として利用すると云うかつてない独創的なものであった。

大阪城遍歴 豊臣大坂城復元(左上)、徳川大坂城復元(右上)、昭和大阪城戦前写真(下)
大阪城遍歴

太平洋戦争の空襲によりいくつかの建物が焼失し、天守閣も一部被害を受けたが、戦後の全域の公園化と、昭和28年から44年にかけて行われた櫓・蔵などの修復、そして昭和6年当時の天守閣の姿をよみがえらせるために平成7~9年に行われた「平成の大改修」により今日みられるような姿となったのである。

大阪城 タイムカプセル
(交差法)
大阪城 タイムカプセル(交差法)
(平行法)
大阪城 タイムカプセル(平行法)

因みに昭和34年(1959)の「大坂城総合学術調査」による7mの“謎の石垣”発見とその後の研究・調査によって、現在の本丸の地下深くに豊臣時代の石垣が埋もれていることが判明した。今でも多くの人が現存の見事な石垣を太閤秀吉の築造と誤解しているが、石垣も堀も、地上に残る大阪城遺構のすべてが徳川再築以降のものであることが立証されている。

大阪城本丸推定断面図
大阪城本丸推定断面図

余談ながら史実とは全く別世界ではあるが、大阪城やその近辺である大阪ビジネスパークは、昔から怪獣が出現する舞台としても名を馳せてきた。東京都内に比べて出現頻度は低いものの、大阪城と云う建造物には怪獣との“絵ヅラ“がフィットするらしく、著名な名勝負、名場面が多いのも特筆すべきと云える。

初の怪獣大阪城襲撃『ゴジラの逆襲』(1955年)
ゴジラの逆襲

何より古代怪獣ゴモラとウルトラマンの対決を描いた『怪獣殿下』の回では、テレビ番組では類を見ない映画作品に匹敵する本格的なセットで撮影され、同番組では唯一の前後編構成となっている。

テレビ唯一の大阪城襲撃 ウルトラマン『怪獣殿下』(1967年)ゴモラ


ゴジラが大阪ビジネスパークを襲撃し、当時良く訪れていたツイン21が木っ端微塵に破壊された『ゴジラVSビオランテ』も当作品の評価への影響にも寄与していると云えるであろう。

『ゴジラVSビオランテ』(1989年) 大阪ビジネスパークを襲撃するゴジラ
大阪ビジネスパークのゴジラ 大阪ビジネスパークのゴジラ

大阪城・大阪ビジネスパーク怪獣出現史
大阪城・大阪ビジネスパーク 怪獣出現史
上から『ゴジラの逆襲』(1955年)、『ウルトラマン 怪獣殿下』(1967年)、『ゴジラVSビオランテ』(1989年)

私が大学生の頃、他界した親父が大阪を訪れた時に初めて一緒に天守閣の中の展示物を見学して以来入場していないのだが、今回、大阪城の歴史を整理してみて、大阪城の歴史は大阪という街の歴史の縮図と言っても過言ではなく、是非近いうちに天守閣内の展示物もあらためて見学してみたいと感じた。大学生の息子が帰京するのを見送った後、少ししんみりしていたことと併せ、親父と大阪城を訪れた昔の想い出も交錯して余計にそう感じたのかも知れない。自宅から比較的近い場所にあるので、今後も何度も訪れてみよう

大阪城 豊國神社
(交差法)
大阪城 豊國神社(交差法)
(平行法)
大阪城 豊國神社(平行法)
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry東山・祇園 小路散策

Older Entry水都の輝き

Comments
 
大阪、満喫してますね~
写真もステキです、生き生きしてます

もしかするとMOTOさんは関西が似合っているのかも

話は変わりますが Gさん、復活しましたね、病気だったみたいです
また、Gさん風立体写真が見れて嬉しいです。
 
Re: タイトルなし 
KIMuraさん、毎度です。

大阪に来てあらためて感じたことは、東京と比較して
ウォーキングする人をあまり見かけないことです。

私の住んでいるところには、鶴見緑地公園と云う
大きな公園がありますが、全体的に公園が少ないことも
影響しているのでしょうか?

住宅地や倉庫街等の単調な景色が多く、被写体選びには
少し苦労するのかな?と思います。

落ち着いたら、京都や神戸にも出掛けたいと思います。
 
 
こんばんは~

大阪城は、
弟が大阪に転勤時に行きました。

中が近代的なのに、
意外感を感じたことを覚えています。

そんな弟も、
昨年戻ってきたので、
懐かしい思い出です(^^)

大阪、楽しんでくださいね!
 
Re: タイトルなし 
fowerhさん、毎度です。

学生の頃、亡き父と唯一、大阪城に入場した際、
内部にエレベーターがあったことを覚えてます。

『平成の大改修』では、外観からも確認できる
エレベーターが新設されており、少し違和感を
感じました。

地元の人は、大阪城に入場したことが無い人が
多いことも意外な一面かも知れません。

個人的には、上野恩賜公園のような位置付けで
都会のオアシスを味わう憩いの公園、と云う
感じで受けとめています。

お金もあまり使わなくて良いので、東京も大阪も
こういう公園はいつでも人が多いですね。
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS