3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

3Dアクアテラリウム ”大阪編”としてのスタート

Edit Category アクアテラリウム
師走になって東京から大阪へ引越した。山積みになったダンボール箱を開梱するたびに少しずつ部屋が落ち着いていく。前回の引越しの際はカーテンを新しいサイズに裁断して活用したが、今回はさすがにカーテンのサイズが合わず、新しく購入することにした。それ故当面はカーテン無しの生活を強いられるのだが、カーテンの無い部屋は“仮住まい”のようでいつまでも落ち着かず馴染めないものだが、先週末にようやく取り付けることが出来た。

そのような中でも今回の引越しでの最大のネックであったアクアテラリウムが無事であったことが何よりである。引越し業者からは、“水槽は運びますが、生き物は自己責任になります。”と云われた為、エンドラーズ、プリステラ、ミナミヌマエビをどうやって無事に運ぶか、WEBでの情報を参考にしながら、良い方法を見出したのである。

(交差法)
アクアテラリウム12.12.19①(交差法)
(平行法)
アクアテラリウム12.12.19①(平行法)

熱帯魚の通販などでは、通常はビニール袋に生体と酸素を入れて梱包するのだが、今回考えた方法は、ホームセンターで液体用のプラスチックボトルを購入し、その中に水と生体と最後に“酸素の出る石”という便利なものを入れて蓋をするのである。因みに液体用のプラスチックボトルは中蓋もあるので、逆さまにしてもまったく液洩れが無い状態になる。更には師走の寒さに耐える為、プラスチックボトルに保温用シートを巻きつけ、底の部分によく揉んだ使い捨てカイロを新聞紙に包んでダンボール箱に詰め込むことにした。

(交差法)
熱帯魚引越し用具(交差法)
(平行法)
熱帯魚引越し用具(平行法)

“酸素の出る石”の効能時間を鑑んで出来るだけ直前まで梱包しないようにした為、引越し荷物の搬出日の朝に網で捕まえながらプラスチックボトルで詰めていったのだが、普段からあまり慣れていない作業の為、なかなか大変で結構時間が掛かってしまった。

(交差法)
アクアテラリウム12.12.19②(交差法)
(平行法)
アクアテラリウム12.12.19②(平行法)

荷物搬入後は、プラスチックボトルの入ったダンボール箱を急いで開梱したくなるのだが、早々に対象のダンボール箱が見つからないのものなのである。梱包して約30時間後にようやく生体と再会したが、すべての生体が元気で落ち着いている姿を見て安堵した。引越しの回数を重ねてきたが、今回の対処の成功は本当に良い経験になった。当分、引越しはしたくは無いが・・・・・。

(交差法)
アクアテラリウム12.12.19③(交差法)
(平行法)
アクアテラリウム12.12.19③(平行法)

今回、アクアテラリウムは最もベランダに近い場所に位置づけた。南向きで日当たり良好なリビングだが、今回の引越し先の特性としてベランダに水道と洗い場があるので、すぐ近くで水廻りの作業を効率的に行われることが実に有難い。何れにせよ、最大のネックであったアクアテラリウムの引越しを無難に乗り越えることが出来た。

(交差法)
NEW MOTO’s Museum①(交差法)
(平行法)
NEW MOTO’s Museum①(平行法)

リビングには備え付けの収納棚があり、以前、ブログで紹介したMOTO‘s Museamの展示物も大幅に入替えてみることにした。さすがに球場模型は完成品模型であり、専用の収納箱を保管しているので、過去の数回の引越しにも殆どダメージがない。比較的高価な模型なので、そう簡単に壊れてもらっては困る展示物なのである。

(交差法)
NEW MOTO’s Museum②(交差法)
(平行法)
NEW MOTO’s Museum②(平行法)

一方で、引越しによりプラモデルの細かい部品が取れてしまい、結構な箇所の修復が必要となり、展示に至るまで相当な時間が掛かってしまった。アクアテラリウムと違い、プラモデルは各々数回に及ぶ引越しを経由しているだけあって結構ボロボロになってきている。もはやすべて無傷で乗り切れる状態ではなかった。模型の数が多すぎるのかなぁ、と云う感じがしないでもない。何れにせよ、これ以上増やさないようにしなければならないのだが、『ノスタルジックジオラマへの挑戦』で紹介した『梅ちゃん先生 ジオラマ木工キット』がまだ未着手のまま、クローゼットに保管してある。さて完成品はどこに展示しようか・・・・。

まだまだ完全に整理できていないが、辛うじて大阪編としてブログを再開できる状態にはなった。引越しの経験は豊富になってきたが、如何せん、並行して年齢も加算されてきただけに引越しの疲労が蓄積し、且つその疲労回復が過去の経験とは別の次元に達しているような気がする。独り暮らしをスタートした息子の方も孤軍奮闘しているようだが、一人の開放感が勝って何だか嬉しそうにも見える。Skypeでお互いの画像を見ながら会話できることも併せて、離れて生活することへの淋しさは想像するほどではなかったことが幸いである。

(交差法)
ベランダからの夜景(交差法)
(平行法)
ベランダからの夜景(平行法)

我家の13階のベランダからは大阪平野を南に臨み、右に大阪ビジネスパークのビル群、左に生駒山が見える絶景の眺望である。場所も東京の住居にも勝る便利な場所にあり、今まであまり行けなかった京都や神戸など近辺地域に出掛けるようにし、あらためてこの部屋から、3Dアクアテラリウムの大阪編として、気持ちも新たに発信していきたい。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry水都の輝き

Older Entry東京駅からの新たな旅立ち

Comments
 
お久しぶりです、引越し無事終了お疲れ様でした、それにしても生き物の大移動大変でしたね,それに加えて”宝物”の移動、ハラハラの連続だったことでしょう

大阪版アクア楽しみにしてます”大阪のオバチャン”の画像もぜひ。
 
Re: タイトルなし 
KIMuraさん、毎度です。

暖かいお言葉に心も和みます。
カメラの画質調整を誤って、不出来な写真をアップしてしまいましたが、カメラが悪いのではなく、私のミスです。
確かに大阪のオバちゃんは異質でオモロイのですが、カメラを向けるには勇気が要ります。
でも巨大サンバイザーと自転車に日傘をつけて疾走する姿は何とか写真に収めたいですね。

引き続き、宜しくお願い致します。
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS