3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

『ALWAYS 三丁目の夕日』のジオラマ完成!

Edit Category 模型
前回記事の“ノスタルジックジオラマへの挑戦”より、早速、『ALWAYS 三丁目の夕日 情景フィギュア』の制作に取り掛かることにした。昭和の家屋模型は簡単に組み立てることが出来そうなことと併せ、購入した『さかつう』からも当時の再現に有効な塗料やNゲージ用の小物も紹介され、こちらの方がイメージし易かった為である。

ALWAYS 三丁目の夕日(2005年 東宝作品)
ALWAYS 三丁目の夕日

休日の日にテレビを観ながら少しずつ仕上げていき、一先ず自身で納得いく段階まで仕上ることが出来た。欲を言えばキリが無いのだが、初めてのチャレンジの割には、楽しくストレスの無い作業であったと思う。元々、“夕日町”と云う架空の街の設定だけに、完全な再現に拘る必要も無いと考え、映画には映っていない場所に公衆電話ボックスや屋台のラーメン屋を置くことで、昭和三十年代の雰囲気を醸し出すことにした。 当時、長嶋茂雄がプロ野球デビューし、少年たちの間で日が暮れるまで空き地で野球に興じる設定も織り込むことが出来た。

ALWAYS 三丁目の夕日'64(2012年 東宝作品)
ALWAYS 三丁目の夕日64

以下の写真はジオラマ全体を鳥瞰したアングルでの立体写真である。いろんな方向に人が配置され、夕日町の人々の各々のドラマを現してみた。映画に忠実な部分で云えば、鈴木オートのミゼットの鮮やかなグリーンは、この時代と映画の印象を彷彿させる。茶川竜之介の住居の『茶川商店』に一台の黒い自動車『トヨペットクラウン』があるが、これは、王手興産株式会社社長の川淵康成の実の息子と思われる古行淳之介を引き取りたい旨を説得にきた場面の再現なのである。厳密には、この場面での『茶川商店』は平屋で、模型のような二階を増築した家屋は『ALWAYS 三丁目の夕日'64』(2012年 東宝作品)の設定の再現である。

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ鳥瞰図①(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ鳥瞰図①(平行法)

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ鳥瞰図②(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ鳥瞰図②(平行法)

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ鳥瞰図③(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ鳥瞰図③(平行法)


続いて東京タワーの模型を利用して、夕日町の夕暮れを再現した設定の立体写真である。各々の家屋はプラスチック光沢を消す為にわざと汚し塗装したのだが、接写により拡大した写真を見た際にまだプラスチック質感が残っていた為、Photo Creator SEというソフトで陰影を施してみた。東京タワーは当時の設定ではなく、現在の形状の模型なのではあるが、夕焼けを背景にした設定で雰囲気を盛り上げてみることにした。映画の設定の位置関係とは異なるが、通りの向こう側には、たまたま以前購入した当時の都電の姿も見える。

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ①(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ①(平行法)

続いては、『ALWAYS 続三丁目の夕日』のオープニングで、茶川竜之介が執筆中の設定にてゴジラが登場する場面を再現したものである。

ALWAYSゴジラ

登場するゴジラのフィギュアとは異なるが、“白目”の設定が共通の『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001年東宝作品)のフィギュアを採用した。このゴジラがひとたび暴れだすと夕日町の木造家屋など一溜りも無いであろう。

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ②(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ②(平行法)

ALWAYS 続三丁目の夕日のゴジラ
ALWAYS 続三丁目の夕日のゴジラ

次に東京タワーにモスラの幼虫が這い登ろうとしている場面の再現である。東京タワーの高さ(全高333m)を鑑みれば、一体、モスラの幼虫はどれだけデッカイのだ、と云う疑問も湧いてくるのだが、実際の映画のモスラの幼虫は、東京タワーの全長の半分以上の大きさの設定になっているから驚かされる。手前にはモスラ撃退の切り札兵器である東宝怪獣映画ではお馴染みの“メーサー砲”が映っているが、これは初登場の『モスラ』(1961年東宝作品)でロリシカ国家の協力により使用された”原子熱戦砲”の機種でなく、『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966年東宝作品)に登場した初の国内生産に成功した”66式メーサー殺獣光線車”という機種である。

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ③(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ③(平行法)

東京タワーとモスラ
東京タワーとモスラ

『モスラ』の原子熱戦砲
モスラのメーサー砲 メーサー砲


『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』の66式メーサー殺獣光線車
66式メーサー殺獣光線車

次に現れた著名なこの宇宙人は実際はこの時代にまだ地球に姿を現しておらず、約2~3年の時代設定上のタイムラグがある。きっと目前に迫ったテレビのカラー放送化に向けたデモンストレーションなのかも知れない。こうして見ると色彩が東京タワーに実にフィットしているのだ。

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ④(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ④(平行法)

ウルトラマン ※1966年7月17日~1967年4月9日放映
ultraman.gif ultraman3.gif

ultraman1.gif ultraman2.gif

次のこの宇宙人も更に時代設定上のタイムラグがある。上記の宇宙人同様に東京タワーの色彩にもフィットしているのだが、東京の夕焼けが妙に似合うのは気のせいだろうか?きっとこれも設立したばかりの円谷プロによるデモンストレーションか、近未来を予測した実に気の早い“番宣”なのかもしれない。

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ⑤(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ⑤(平行法)

ウルトラセブン ※1967年10月1日~1968年9月8日放映
ultraseven1.gif ultraseven2.gif

metron1.gif metron2.gif

暫くすると東京タワーのライトアップ照明が灯った。日が刻々と暮れてゆくにも拘らず、少年たちは、まだ草野球を楽しんでいる。『茶川商店』の黒い自動車も停車したままだ。きっと淳之介を巡る話し合いが長引いているのであろう。

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ⑥(交差法)
(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ⑥(平行法)

反対方向の東の空は夕焼けに照らされながらも街は少しずつ暮れ始めている。そろそろ各々の家庭で夕ご飯を準備している時間帯である。まだまだインスタント食品や冷凍食品も無く、コンビニどころかスーパーマーケットさえ、殆ど無かった時代だけにどの家庭も手作りの料理が食卓に並んでいた頃である。

(交差法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ⑦(交差法)

(平行法)
ALWAYS 三丁目の夕日 ジオラマ⑦(平行法)

このように頭の中で勝手にストーリーを想像しながら眺めるのが、ジオラマの実に楽しい魅力の部分でもある。眺めている設定の中では、自分自身も少年として登場することが多い。道路もアスファルトではなく、土を固めて舗装したような道路の感覚も微かに憶えている。大袈裟に云えば、昭和の街のジオラマが、想像以上に自身の幼少の頃の感覚を蘇らせ、昔から私の大好きな艦船模型球場模型とはまた違った魅力がある。今回のジオラマ制作をキッカケにドップリのめり込まぬよう充分警戒しなければならないのである。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry東京駅からの新たな旅立ち

Older Entryノスタルジックジオラマへの挑戦

Comments
 
おはようございます、MOTOさん、まえむきです。

いつも、写真を楽しみにしています。
ただ、どうすれば3Dになるのかよくわかっていません((+_+))

しかし、今日の写真はいいですね。
昭和ですね。
ジオラマってすごいです。
それにゴジラ、ウルトラマン、ウルトラセブン。
僕が子供のころ夢中になった映画、テレビです。
ゴジラは、初代ゴジラ、アンギラスの逆襲以外は、実際に映画館でみてました。ゴジラは、怖かったですね。

また、昭和のジオラマや、その他のもの楽しみにしています。


応援ぽち
 
Re: タイトルなし 
まえむきさん、初めまして!
コメント、心より深謝です。

3D写真撮影を始めて一年以上経ちますが、
普通の写真と違い、遠近感あるアングルというのが
最初は”勘”が判らず苦労しました。

ブログでまえむきさんのプロフィールを確認しましたが、
小生より8歳歳下ながら、レッド・ツェッペリンに夢中だった
ことなど、共通点も多そうです。

昔はテレビのチャンネルも限られていて、現在ほど趣味の多様化
がなかった時代でしたので、”懐かしい”という感覚が共有できる
範囲が広いのかも知れません。

おそらく、自身の子供達の世代はその共有感覚が限られてくる
のかも知れません。

今から思えば、”良き時代”に少年期を迎えたのかも知れませんね。
今後とも宜しくお願い申し上げます。



 
ブログ拝見しました 
ブログ拝見しました
想像(失礼)以上の素晴らしさです、その立体感には脱帽です
特に”夕焼け”のシーンがステキです、まるで現地に居るようです

(ゴジラには思わず吹き出してしまいました、好きですね~)
もっと楽しみたいので今度はアップしてUPして下さい

あれっ ”路面電車&鉄道模型”は?
 
 
こんにちは、MOTOさん、まえむきです。

僕のコメントが消されたしまったと勘違いして、へんなコメントを残してしまいました。
もしよろしければ、削除していただけないでしょうか<(_ _)>


あの~実はですね、僕のブログの歳はちょっと。

おそらく、MOTOさんと同じくらいか、ちょっと上かもしれないです。
すいません。(これは、秘密にしておいてください)

あっ、こんなコメントしたて、知り合いがみたらばれちゃいますね、ハハハ。

MOTOさんは、ツェペリンが好きなんですか。
僕が、バンドを始めたのは、ツェペリンもパープルもリアルに全盛時代でした。

ゴジラは、東宝へ、「ゴジラ対エビラ」だったかなぁ。
小学生の時、リアルにみにいきました。

ウルトラQ,ウルトラマン、セブンまでみていました。
それ以後は、、、。


めちゃ、昭和時代を生きてきた男です(^_^)v


応援
ライダークリック!! (これは、ライダー1号のパクリです)
 
失礼しました 
失礼しました、”路面電車”控えめに存在してました(汗)・・・。
 
Re: タイトルなし 
まえむきさん、わざわざありがとうございます。

小生は昭和38年生まれです。
ゴジラ映画は『キングコング対ゴジラ』のリバイバル上映がデビューです。
詳しくは http://moto184.blog10.fc2.com/blog-entry-8.htmlをご参照ください。
まえむきさんとはいろいろ共通の話題で楽しめそうです。

これからも宜しくお願い申し上げます!
 
Re: 失礼しました 
KIMuraさん、毎度です。

実は今回の撮影、四回もやり直しました。
この3Dカメラは”接写”が難しく、
近寄り過ぎると視差調整が難しく、
離れてズームしすぎると立体感が無くなる、
という、試行錯誤の繰り返しでした。

ジオラマ制作は楽しめましたが、撮影には
課題が残り、数多く撮り直すことで切り抜けただけ、
という状態で、結局、コツがまだ掴めてません。
今後も是非とも追求してみたいとと思います。

次のブログ記事に記載するつもりですが、
急遽、大阪に転勤することになりました。
まだまだ名残惜しい東京ではありますが、
大学生の息のを一人暮らしをスタートさせ、
夫婦で大阪に引っ越すことにしました。

当面、ブログ更新も滞りそうですが、
”大阪編”として継続していきますので、
今後とも宜しくお願い申し上げます。



 
 
おはようございます、MOTOさん、まえむきです。

いつもお世話になっています。


38年生まれなんですね。う~ん、ちょっと僕のほうが上ですね。
これ、内緒ですけど。(ここに書いてたら内緒にならないですよね)

ゴジラ対キングコングですか。。
アメリカのキングコングをもってきちゃったやつですね。

富士山のふもとでのゴジラとキングコングの戦いが記憶に残っています。

ツイートしておきました(^_^)v


応援
ライダークリック!!
 
 
うわぁ年末を前に転勤ですか、忙しいですね
MOTOさんの事ですから当然栄転でしょう ”おめでとうございます”

大阪は食べ物旨いし、人情厚いしいい所ですよ~(行ったことないけど)

落ち着いたら今度は”大阪版アクア&”なにわ三丁目””期待してます

・・・荷物多くて大変ですねぇ。
 
 
こんにちは~

コメントかけずにいまして、
改めて読み直したら、転勤だったんですね。

ご苦労様です。

ジオラマいい出来だったのに、
また、一からのスタートになりそうですね。

でも大阪もネタには困らなさそうなので、
新たな索引が楽しみです。

頑張ってください。
 
Re: タイトルなし 
flowerhさん、毎度です。

大阪に転居したおりには、大阪のみならず京都、神戸、奈良等も探訪したいと思います。更には、距離が近くなった我が故郷の尾道にも・・・・。

こうやってブログに記録を残してみると、東京生活も難詰していたことを感じられます。

今後も引き続き宜しくお願い申し上げます。
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS