3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

橋梁マニア必見!東京ゲートブリッジ

Edit Category 3Dカメラ
今年のゴールデンウイークは天気が安定せず、残念ながら雨の日が続いた。連休突入前には、たまには小旅行的に出掛けてゆっくりと一泊してみたいと考えていたが、前半は大量の降雨に見舞われ、各地で川の氾濫などもあり、結果的に旅行の予約をしなくて良かったと感じた。大荒れの天気の後の連休後半にようやく晴れ間が見えるようになり、特に5月5日のこどもの日の東京都は晴天に恵まれ、最高気温21.6℃という暑い日になり、各地の行楽地は大賑わいであったと聞いた。

さて我々夫婦も折角の晴天にどこに行こうかと試行錯誤したが、今年2月に完成した東京ゴールデンブリッジを近くで見る為に久しぶりに自転車に乗ることにした。自転車は自宅の壁に収納しているのだが、長い期間使用していなかったのでホコリを拭き取ったり、タイヤの空気を入れたりなど少々手間は掛ったが、近いようで結構遠い目的地に向けて自転車を走らせることにした。

東京ゲートブリッジのポスター ※写真は完成前に合成されている。
東京ゲートブリッジポスター

東京ゲートブリッジは、東京港第三航路(東京東航路)を跨ぎ中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ橋梁である。東京都が策定した東京港港湾計画に記された江東区若洲と大田区城南島間約8kmを結ぶ東京港臨海道路の一部で、全長2,618m(陸上部アプローチ橋を含む)のトラス橋である。水面から橋梁最上部の高さが87.8m、海上を跨ぐ区間の長さが1,618m(横浜ベイブリッジやレインボーブリッジの約2倍)で、RC橋脚の上部に鋼3径間連続トラスボックス複合構造の橋桁が架けられ、4車線道路が設けられている。

東京ゲートブリッジMAP
Tokyo Gate Bridge Map

東京ゲートブリッジは、年々増加するコンテナ輸送の道路混雑を緩和するため2004年から建設され、 完成までには、若洲側中央部トラス桁の架設後に溶接の割れや鉄骨の変形が発見されるなどのトラブルがあり、完成が半年ほど遅れるという事態に陥ったが、2012年2月12日午前10時に開通した。
建設時は仮称として東京港臨海大橋と呼ばれていたが、1万2,223件の一般公募の中から『東京ゲートブリッジ』の名称が付けられた。また、恐竜が向かい合っているような特異な形状をしている事から通称として恐竜橋とも呼ばれる。

(交差法)
東京ゲートブリッジ①(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ①(平行法)

(交差法)
東京ゲートブリッジ②(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ②(平行法)

(交差法)
東京ゲートブリッジ③(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ③(平行法)

今年完成予定の東京スカイツリーとともに東京の新しいランドマークとして注目されている東京ゲートブリッジだが、しまなみ海道のある尾道で育った私にとって”橋梁”の眺望は大好物であり、少しずつ橋に近づくたびに興奮も増していくことを自ら感じた。そういえば新婚旅行で最も印象的だったのはサンフランシスコの昼間のゴールデンゲートブリッジと夜景のベイブリッジであったし、自身のブログで東京レインボーブリッジのライブ映像を確認したり、清洲橋や勝鬨橋なども近くで眺めていたいほど”橋梁”マニアなのかも知れない。

(交差法)
東京ゲートブリッジ④(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ④(平行法)

(交差法)
東京ゲートブリッジ⑤(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ⑤(平行法)

(交差法)
東京ディズニーランド(交差法)
(平行法)
東京ディズニーランド(平行法)

現地に到着後暫らくして嫁さんが「橋の上を歩いて渡ってみよう。」と言い出し、その受付らしき方向に向かったが、混乱を避けるために本日は16:30で受付を締切ったとのこと。嫁さんは残念がっていたが、昔から橋を歩いて渡ることに対する強い欲求がなく、本来、高所恐怖症故に出来れば回避し、橋全体を見渡せる場所からゆっくり眺めたいというのが本来の私の性質なのかも知れない。先日、久しぶりにゆりかもめに乗り、東京レインボーブリッジを渡った時に歩いて橋を渡る人を何人も見たときに少し違和感を覚えたのもきっとこういうことなんだろう。
反対側の海の向こうには東京ディズニーランドが見渡せる。きっと今日は大勢の人で賑っているのであろう。それにしても東京湾岸地域の開発は途轍もない。東京ディズニーランドが開園した頃にこの連続した湾岸の姿を誰が予測できたであろうか。このあたりが東京のすごいところなのかも知れない。

(交差法)
東京ゲートブリッジ⑥(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ⑥(平行法)

(交差法)
東京ゲートブリッジ⑦(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ⑦(平行法)

(交差法)
東京ゲートブリッジ⑧(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ⑧(平行法)

この場所は羽田空港への着陸体制に入るルートでもあり、飛行機が3分おき程度で次から次へと姿を現す。上空に見えてきた飛行機も徐々に高度を下げ、東京ゲートブリッジの撮影に意識して入り込んでくるようなポジションを通過していく。当然、飛行機の外装まで明確に見えるので、様々な航空会社の飛行機を見ることが出来る。この若洲地区には『東京ヘリポート』もあり、飛行機やヘリコプターの飛行状態を普段見ることのできない至近距離や大きさでみることが出来ることもこの場所の”売り”かも知れない。何れにせよ、海風を浴びながら、お金が掛けずのんびりと景色を眺めることが出来るところが大変気に入った。この場所でくつろぐ人たちもおそらく同じ発想だろうと推測する。

(交差法)
東京ゲートブリッジ⑨(交差法)
(平行法)
東京ゲートブリッジ⑨(平行法)

若洲を抜けて新木場を通る帰路だが、新木場という地域は木材倉庫会社が集中しており、休日の日は倉庫街特有のひっそりした景色が続く。自宅からこの道をウォーキングで若洲まで抜けるにはあまりにも殺風景で想像以上に結構距離もある。そこで久しぶり急遽サイクリングとなったのだが、この地域を通リ抜ける間、木材の香りが常に漂っていたため、大袈裟に云えば、森林浴をしているかのような錯覚も感じた。木の香りには脳を和ませる効能があるのかも知れない。余談ながら新木場の木材の香りが、大工だった親父の記憶をふと蘇らせた。あと僅かで自宅に着きそうな位置からあらためて遠くに見える東京ゲートブリッジを振り返ってみた。手前には新たな埋立開発が進められていた。

ライトアップされた東京ゲートブリッジ ※借用写真です。
東京ゲートブリッジライトアップ

東京ゲートブリッジは建設途中段階の姿を幾度か見ることが出来たが、その無骨な姿に他の”橋梁”とは違う個性を感じていた。こうして印象的なフォルムを目の前で見ると尚更愛着が湧いてきた。今度は是非、ライトアップされた姿を実際に見たいものである。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry晴海のイベントはウォーキングで!

Older Entry師匠との再会

Comments
 
恐竜橋拝見、なるほど納得男性的、勝鬨橋みたいに動くのかなと思いましたが違ったのですね

私も高所恐怖症、橋脚やスカイツリーの作業員の方は同じ人類とは思えません。
 
Re: タイトルなし 
KIMさん、毎度です。

確かに橋梁を男か女に例えるなら、この橋は男性的に感じられます。

レインボーブリッジのようにあらゆる方向から見える橋と違って、
東京湾の最も外側(湾の入り口側)に位置する橋としては、
武骨なフォルムがちょうど良いのかも知れません。

相当の高さ(橋梁の高さ+87.8m)なので、結構恐怖を感じるものだと
推察しております。
 


 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
 
 
Category

  • 3Dカメラ (43件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (15件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball


 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS