3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

尾道の模型

Edit Category 模型
今年二月に他界した父のお墓が無事出来上がり、7月9日納骨の為に尾道に帰省した。地元広島県は梅雨明け宣言もあり、本格的な猛暑に突入し、非常に暑い中での納骨となったが、お寺にある小高い墓地に位置する父の墓からは尾道水道を見渡せる絶景であった。

あまりゆっくり出来ない帰省だったので、翌日の朝には帰路に着き、昼過ぎには東京に戻った。明日からの仕事に備えて少し身体を休めることにした。

今週はブログ更新を諦めていたのだが、新尾道駅での待ち時間に尾道の浄土時の模型やしまなみ街道の本州側の第一の橋である新尾道大橋のジオラマ模型が展示してあったので、早速3Dカメラに収めて後から立体写真を堪能することにした。

浄土寺多宝塔
浄土寺多宝塔
【解説】 鎌倉時代末期,嘉暦3年(1328)建立。大日如来及び脇侍(わきじ)(尾道市重要文化財)を安置し,内部には彩色が施され,壁面には真言宗の名僧を描いた真言八祖像がある。
多宝塔としては,規模が大きい上に全体のつりあいがよく,高野山金剛三昧院や石山寺の多塔宝と並ぶすぐれた塔である。牡丹・唐草に蝶の透かし彫りをした蟇股(かえるまた)など,華麗な装飾に富み,その整った容姿および手法によって,鎌倉時代末期の代表的な建築とされる。昭和11年の解体修理で,屋根の上の相輪(そうりん)の中から経巻など多くの納入品が発見された。


(交差法)
浄土寺多宝塔(交差法)
(平行法)
浄土寺多宝塔(平行法)

浄土寺本堂
浄土寺本堂
【解説】 浄土寺は,鎌倉時代末期(14世紀初め)に炎上したが,尾道の人々によって,数年後には再建された。この本堂も尾道の人沙弥(しゃみ)道蓮(どうれん),比丘尼(びくに)道性(どうしょう)が発願して,鎌倉時代の嘉暦2年(1327)に大工藤原友国,同国貞により建築されたものである。前面二間通りを外陣とし,うしろを内陣とする密教式平面である。和様を基調としているが,桟唐戸(さんからど),花肘木(はなひじき),二斗などを用いたいわゆる折衷様式である。

(交差法)
浄土寺本堂(交差法)
(平行法)
浄土寺本堂(平行法)

尾道大橋・新尾道大橋
尾道大橋・新尾道大橋
【解説】 尾道大橋・新尾道大橋はいずれも本州の尾道から尾道水道を挟んで向島に架かる橋である。尾道大橋はもともと本州四国連絡橋のプロジェクトとは別に生活橋として建設されたものだが、後に本四公団に移管された(だから、開通年はもっとも古いけれど、本四架橋今治・尾道ルートとして一番最初に開通した橋ではない)。尾道大橋は自動車専用道路ではなかったので、今回の開通に向けて新尾道大橋がすぐ横に並んでつくられた。
 坂の町尾道のひしめき合うような家々の間に作られた二つ並んだ親子の斜張橋は、尾道に新たな景色を作り出し、観光スポットでもある千光寺公園から、尾道の町並み・尾道水道・新旧尾道大橋が一望できる。


(交差法)
新尾道大橋(交差法)
(平行法)
新尾道大橋(平行法)
(交差法)
尾道大橋(交差法)
(平行法)
尾道大橋(平行法)

今年は例年になく尾道に帰省する機会が多いが、父の他界に纏わる行事故に残念ながら久しぶりに尾道の街を堪能する時間も精神状態も持ち合わすことができなかった。しかし父が他界して以降、ここまでは父が成仏する環境を整えるべく行事等を滞りなく消化することができた。

僅かな時間だが私の好きな模型で浄土寺や大橋を展示していたことでほんの僅かでも尾道の街を懐かしむ機会になったのかも知れない。今度来るときは浄土寺をはじめ文学のこみちを歩きながら、3Dカメラに納めてみたいという意欲も湧いてきた。

3Dカメラではないが、女優の北川景子も尾道の街をカメラに納めるCMが流れている。普通にテレビに尾道の街が映し出されることを地元に住んでいるときにはまったく想像もできなかったが、遠く離れていても身近に感じる機会が増えたことは、何よりもありがたく感じる。

尾道の街よ、今度来た時はゆっくり歩きながらエネルギーを注入させてや!!
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entryレジェンド オブ ”江夏の21球”

Older Entryブログのアップグレード

Comments


 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
 
 
Category

  • 3Dカメラ (43件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (15件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball


 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS