3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

馳走に舌鼓

Edit Category 3Dカメラ
尾道鶴湾
伯父(父の兄)が描いた尾道風景水彩画 ※画の真中方面に私の実家がある。父は入院中、枕元にいつもこの画を飾っていた。

先日、故郷の尾道で、父の七回忌の法事を催した。三回忌の際には、「千光寺山荘」で尾道市街地を見下ろす絶景を堪能しながら食事した。千光寺山荘では、その後、母の喜寿の祝いに我々夫婦と息子と共に四人で宿泊したこともあった。この度の七回忌では、尾道に住む親父の兄夫婦と昨年一緒に広島東洋カープの優勝パレードを観に行った広島に住む母の妹夫婦という近しい親戚で行うこととした。

千光寺山荘
千光寺山荘

(交差法)
千光寺山荘(交差法)
(平行法)
千光寺山荘(平行法)

(交差法)
尾道水道 昼 S(交差法)
(平行法)
尾道水道 昼 S(平行法)

(交差法)
尾道水道 昼 E(交差法)
(平行法)
尾道水道 昼 E(平行法)

七回忌の食事は、千光寺山荘と同じグループ系列で、大正時代から続く老舗料理旅館 虎魚家(おこぜや)こと「料亭旅館 魚信」を予約した。尾道市の海岸沿いに佇む魚信は、料理・眺望・建築の3拍子が揃い、新鮮な魚を使った絶品料理に舌鼓が打てる旅館として名高い。地元でも著名な店だが、未だに訪れたことがなく、母と相談して是非この機会にと計画したが、予定していた日取りには予約が取れず、一週間延ばした週末にようやく予約できた。

(交差法)
新大阪発 のぞみ(交差法)
(平行法)
新大阪発 のぞみ(平行法)

(交差法)
新尾道着 こだま(交差法)
(平行法)
新尾道着 こだま(平行法)

(交差法)
重楽寺①(交差法)
(平行法)
重楽寺①(平行法)

(交差法)
重楽寺②(交差法)
(平行法)
重楽寺②(平行法)

(交差法)
重楽寺③(交差法)
(平行法)
重楽寺③(平行法)

三回忌の時の記事でも感じたことだが、父の法事の日はいつも晴天に恵まれる。父は大工職人だったので、天候に影響を受ける職業であったが、家族も気づかなかった“晴れ男”として、法事の日は必ず心地良い天候を齎していることを七回忌のこの日も確信できた。法要は、父のお墓がある向島の重楽寺で行われ、そこから車で尾道市街地に移動して魚信に向かった。

料亭旅館 魚信

料亭旅館 魚信 全景
料亭旅館 魚信 全景① 料亭旅館 魚信 全景②

魚信は、尾道市役所から東に向かって2分ほど歩いたところに位置しており、周囲は一般的な建造物が建ち並ぶエリアなので、風格ある古式ゆかしい数寄屋建築の魚信だけ時間が止まっているような趣が漂っている。ミシェランガイド2013年広島特別版にお勧めのお店として掲載され、グルメサイトでは、毎年のようにベストレストランや旅館ランキングに於いて全国の上位に選ばれている。

(交差法)
料亭旅館 魚信 玄関①(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 玄関①(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 玄関②(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 玄関②(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 玄関③(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 玄関③(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 応接間(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 応接間(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 廊下(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 廊下(平行法)

魚信の屋号は、1924年(大正13年)からの登記で始まり、1926年(大正15年)尾道調理組合の広告に魚信が載っている。1930年(昭和5年)の尾道商工名鑑に業種は料理・仕出の項に魚信が国税営業収益納税者として掲載されており、代表者である備前信次郎氏の名前から信(のぶ)の字を一字とって魚信(うおのぶ)という屋号が始まった。

大正15年 尾道調理組合の広告(左)/昭和22年 廣島縣旅館業協同組合の旅館宿泊料金表(右)
尾道調理組合の広告(大正15年) 廣島縣旅館業協同組合の旅館宿泊料金表(昭和22年)

尾道が人口に対して飲食店が多いのは、嘗て海運中継地として栄えた名残りであり、中でも魚信は、地元企業の日立造船や三原市の帝人の利用が多かった。応接室にある1947年(昭和22年)の廣島縣旅館業協同組合の旅館宿泊料金表には、1泊2食付で一等八五圓・二等八〇圓・三等七〇圓と書かれ、横には英文字が併記されている。嘗て尾道にGHQの情報部があり、関係者が魚信を利用していたことから英語表記は部屋にも残されている。

料亭旅館 魚信 平面図
料亭旅館 魚信 平面図

料亭旅館 魚信 廊下(左)/応接室(右)
料亭旅館 魚信 廊下 料亭旅館 魚信 応接室

料亭旅館 魚信の歴史の古さは折り紙付きで、古風な木造家屋には、築100年以上の面影を伝える建築美が見られ、表門を潜った玄関は、和の佇まいが印象的な眺めとなっている。数寄屋造りの歴史ある建物だけあって、意匠が凝らされた和の建築技法が館内の随所に残っており、底光りする廊下や天井の木質は一見の価値がある。玄関の右手には帳場があり、レトロ感が漂う応接室は、記帳を行なう部屋となっている。

料亭旅館 魚信 二階(左)/須磨の間(右)
料亭旅館 魚信 二階 料亭旅館 魚信 須磨の間

玄関を上がったスペースも、歴史を感じさせる装いで、調度類や建具のどれを見ても往年の伝統建築の美しさを感じる。廊下の先にある少し急な階段を上がって、二階の海に面した東側の「須磨の間」に通された。母は足が悪くて階段の上り下りが億劫なのだが、折角、魚信で食事をするのであれば、来て戴いた方に景観を満喫して戴きたくて海の見える二階の部屋を予約したのである。

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道①(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道①(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道②(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道②(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道③(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道③(平行法)

通された「須磨の間」から直接尾道水道を眺めることが出来る。額入り障子が印象的な部屋から東側に目を向けると尾道大橋と新尾道大橋の二本の橋が見える。宿の南には、尾道水道と向島を望む豊かな眺望も広がっており、目の前を大小様々な船が行き交う眺めは、まるで桟橋で食事しているような感覚を愉しめる。各々の部屋の名前は源氏物語に因んでいるとのこと。

オコゼ(虎魚)
オコゼ(虎魚)

存在感ある料亭旅館として、魚信は少々敷居が高く感じられるかも知れないが、意外にもリーズナブルな価格でオコゼの名物料理を堪能する事が出来る。オコゼ(虎魚若しくは鰧)はカサゴ類の魚で、頭の凸凹が酷く、口も大きく、体中棘(トゲ)だらけという風貌でありながら、醜さとは対称的に極めて美味な魚であり、背びれに毒を持つグロテスクな姿からは想像できない繊細な魚味を内包している。晩春から夏季が旬であるため、“夏フグ”称されるほどに上質な旨味と繊維質を堪能できる高級魚だが、魚信では、夏以外のシーズンでも、オコゼを食べた事の無い人、オコゼを好きな人の両方が満喫出来る。身が締まって程良い反発のある食感を堪能する事が出来、フグとは異なる魅力がある。

料亭旅館 魚信 献立表

席に座ると日付が記載された料理の献立表が置かれている。オコゼの薄造りやメバルの煮付けのあるコースは、最後に登場する雲丹御飯も自慢の一品とのこと。毎日泳いでいる状態で仕入れているオコゼの薄造りを早速食すると、身は適度な歯ごたえがあり、爽やかな甘みがある。酸味を抑えた自家製ポン酢が味を引き立て、湯引きした皮は濃厚な肝と共に食べると何とも言えない贅沢な味わいがある。

(交差法)
料亭旅館 魚信 オコゼ薄造り・カニ味噌豆腐(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 オコゼ薄造り・カニ味噌豆腐(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 オコゼしゃぶしゃぶ(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 オコゼしゃぶしゃぶ(平行法)

コースに追加して注文したオコゼしゃぶしゃぶは、榎木・三ッ葉・白葱が入った銅製の鍋に湯を煮たぎらせ、オコゼを湯に潜らせて野菜と一緒にポン酢で召し上がる。オコゼは一昨年、赤穂温泉に宿泊した際にも堪能したが、しゃぶしゃぶで食べるのは今回初めてで、薄造りとは違う食感には、また違った風味がある。

(交差法)
料亭旅館 魚信 メバル煮付け(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 メバル煮付け(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 タイ木ノ芽焼き(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 タイ木ノ芽焼き(平行法)

メバルの煮付けは、色合いとは違うまろやかな醤油で煮込んだ味付けが、メバルの身の旨さを邪魔していない。鯛の木の芽焼きは口にした途端、木の芽の香りがふわっと広がる上品な逸品である。最後の雲丹御飯は、海苔に囲まれたウニと真ん中の卵黄をかき混ぜて食べる。オコゼのアラの赤だしの香りと交互にウニの濃厚な味わいを満喫できる。雲丹御飯とオコゼの赤だしは、写真を撮るのをうっかり忘れて掻き込んだ。

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間①(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間①(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道④(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道④(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間②(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間②(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道⑤(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道⑤(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間③(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間③(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道⑥(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間からの尾道水道⑥(平行法)

(交差法)
料亭旅館 魚信 須磨の間 床の間(交差法)
(平行法)
料亭旅館 魚信 須磨の間 床の間(平行法)

すべてが上品な味わいの献立であったが、女将さんや仲居さんも物腰穏やかで気さくであり、穏やかな海を横切る船を眺めながら静かにゆっくり流れる時間を感じられ、瀬戸内海の海産物を際立たせている。招いた親戚に満足して戴け、和やかな雰囲気で会話が弾んだことが何より嬉しい。お酒が好きだった父も一緒に一杯やりながらオコゼを食べていたら舌鼓を打ったに違いない。

料亭旅館 魚信② 料亭旅館 魚信① 料亭旅館 魚信③

対岸の向島を眺める建物は、昭和52年頃に海岸通りの市道拡張で建物の一部削って塀を後ろに下げた他には外観は殆ど変っておらず、数寄屋造りの建物を目当ての観光客も多い。“古い建物は古い友だち”との想いが込められ、細部の造作の補修なども原形を保持するよう維持管理に努められているとのこと。

「ふたり」大林宣彦監督 (1991年東宝作品) ポスター(左)/石田ひかり(妹)・中嶋朋子(姉)坂道の事故シーン(右)
「ふたり」大林宣彦監督 (1991年東宝作品) 「ふたり」石田ひかり(妹)・中嶋朋子(姉)坂道の事故シーン

「ふたり」で撮影された「魚信」(左)/1930年(昭和5年)創業の有形文化財の西山本館(右)
「ふたり」で撮影された「魚信」 西山旅館

伝統的な建築を誇る魚信は、尾道を舞台にした映画の中でも幾つか登場している。大林宣彦監督の“新尾道三部作”の1作目となる赤川次郎の小説を映画化した「ふたり」(1991年 松竹作品)では、北尾実加(石田ひかり)の親友の柴山智加(長谷部真子)の実家が料亭という設定で、内部は、1930年(昭和5年)創業の有形文化財の老舗料理旅館 西山本館フジテレビ 西山喜久恵アナウンサーの実家が経営する旅館)で撮影された。

「あした」大林宣彦監督 (1995年東宝作品)(左)/撮影された魚信 須磨の間(中)/「あした」で撮影された呼子浜待合室(右)
「あした」大林宣彦監督 (1995年東宝作品) 「あした」で撮影された魚信 須磨の間 「あした」で撮影された呼子浜待合室(現在はバスの待合室)

“新尾道三部作”の2作目も同じく赤川次郎の小説「午前0時の忘れもの」を映画化した「あした」(1995年 東宝作品)では、食事をした二階の「須磨の間」で撮影されている。夫を亡くした森下美津子(多岐川裕美)の部屋として、秘書の布子(根岸季衣)との会話シーンが撮影された。映画の主要な場面である呼子浜は架空のもので、尾道市向島町立花の私有地に待合所と桟橋も含めて建設された。

「憎いあンちくしょう」(1962年 日活作品) ポスター(左)/撮影された栗吉木材・魚信(中)/主演の石原裕次郎・浅丘ルリ子
「憎いあンちくしょう」 「憎いあンちくしょう」栗吉木材・魚信 「憎いあンちくしょう」石原裕次郎・浅丘ルリ子

東京から日本列島を縦断して阿蘇に辿り着くまでを描く日本初のロードムービーとも云われる「憎いあンちくしょう」(1962年 日活作品)では、主演の北大作(石原裕次郎)と榊田典子(浅丘ルリ子)が尾道を訪れたシーンで、魚信横の路地、栗吉木材との間に車を並べ、北が栗吉木材側の宿に、榊田が魚信に入って行くシーンが撮影されている。

東京物語(1953年 松竹作品) ポスター(左)/原節子・笠智衆(中)/1902年(明治35年)創業の有形文化財の竹村家(右)
東京物語(1953年 松竹作品) 「東京物語」原節子・笠智衆 竹村家

小津安次郎監督作品 東京物語(1953年)

「東京物語」のシーンを彷彿する尾道のレトロ絵葉書
尾道絵葉書

小津安二郎の代表作「東京物語」(1953年 松竹作品)の尾道ロケ地マップによれば、小津安二郎らメインスタッフは、尾道水道に面した1902年(明治35年)創業の有形文化財の老舗料理旅館 竹村家(本館)に宿泊しており、すぐ近くに位置する魚信からも撮影している。この場所からメインのロケ地となる浄土寺に近く、小津安二郎もロケハンや撮影で尾道に滞在中、こうした風景を眺めていたに違いない。

(交差法)
新尾道駅 尾道大橋・新尾道大橋 模型①(交差法)
(平行法)
新尾道駅 尾道大橋・新尾道大橋 模型①(平行法)

(交差法)
新尾道駅 尾道大橋・新尾道大橋 模型②(交差法)
(平行法)
新尾道駅 尾道大橋・新尾道大橋 模型②(平行法)

(交差法)
新尾道駅 浄土寺本堂 模型(交差法)
(平行法)
新尾道駅 浄土寺本堂 模型(平行法)

(交差法)
新尾道駅 NAGI BIKE 広島カープモデル(交差法)
(平行法)
新尾道駅 NAGI BIKE 広島カープモデル(平行法)

魚信を出て親戚を見送って無事に法要を終えた後、新尾道駅から新幹線で帰阪した。新尾道駅では、以前、記事にした尾道大橋・新尾道大橋や浄土寺本堂の模型が場所を移動して展示されていた。“サイクリングの聖地”として、しまなみ海道のサイクリングを満喫する観光振興を図る尾道らしく、地元のスポーツサイクル「NAGI BIKE」広島東洋カープモデルが展示販売されていたのが象徴的で印象深い。
日本料理 桜美琴 パンフレット
日本料理 桜美琴 パンフレット

尾道での七回忌の法要から帰阪して数日後の週末、嫁さんの誕生日祝いに食事に出掛けることにした。奇しくも父の命日の翌日が嫁さんの誕生日で、毎年この時期には、父が亡くなった時の記憶が甦る。食事はいろいろな候補の中から、私の強い希望で、大阪環状線の駅のひとつである寺田町にある割烹・懐石料理店「桜美琴」(おみごと)に予約を入れた。寺田町は、仕事で下車したことがあるが、あまり馴染みのない場所である。

日本料理 桜美琴 外観
日本料理 桜美琴 看板 日本料理 桜美琴 外観

仕事を終えて嫁さんと待ち合わせ場所の森ノ宮で落ち合い、環状線の4つ先の駅となる寺田町で下車した。下町っぽい雰囲気の寺田町北出口から高架沿いに北方向に進み、人通りが少なく場所を左折して桜美琴に到着した。色彩鮮やかな暖簾が掛かった格式高い玄関を潜ると、迎えてくれた方が、エレベーターで二階にある個室「離宮の間」に案内してくれた。この方こそ二代目女将であったことが後ほどWEBで確認できた。

日本料理 桜美琴 玄関(左)/内観(中)/宴会場(右)
日本料理 桜美琴 玄関 日本料理 桜美琴 内観 日本料理 桜美琴 宴会場

桜美琴は風情ある佇まいのみならず、間口の広い店構えは風格があり、エレベーターを完備した4階建ての建物となる。全部で18ある部屋は、数奇屋風で各所に坪庭が配されて趣がある。2人でしっとり話せる和室から、最大150人の宴会も可能な大広間まで、完全個室なので接待や法事などの利用も多い。企業のパーティや結婚披露宴の会場としても利用されるとのこと。

(交差法)
日本料理 桜美琴 玄関①(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 玄関①(平行法)

(交差法)
日本料理 桜美琴 玄関②(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 玄関②(平行法)

(交差法)
日本料理 桜美琴 玄関③(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 玄関③(平行法)

寺田町駅近くに佇む桜美琴は、福井県鯖江市から上阪した初代 高島重之助(故人)氏が板前修行を経て、1935年(昭和10年)独立して「魚重」として創業し、二代目 高島重夫氏、三代目 高島仁氏へと80年間受け継がれてきた。当初は鰻の専門店であったが、二代目 高島重夫氏によって、他店にない名物料理となる鰻が主流の創作鍋“うなちり”を考案し、やがて業容を拡大したとのこと。二代目女将の父親が発売前に試食し、「これは鰻のてっちりやな」と感想を述べたことから“うなちり”と名付けた。

(交差法)
日本料理 桜美琴 離宮の間(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 離宮の間(平行法)

1969年(昭和44年)には、登録商標を取得してメニューに加え、お客さんの支持を得て、店の看板メニューになった。“うなちり”のヒットで店は勢いを得て、桂文珍師匠がこの店の“うなちり”を“おみごと”と絶賛したことが由来し、平成元年に屋号を「魚重 桜美琴」に改名。同時に店舗も完全リニューアルするに至った。以来、吉本興業の大御所芸人がよく利用するようになり、テレビなどでも多く取り上げられるようになった。桜美琴では、“うなちり”の他に薄口醤油の出汁と粉山椒で食べる“うな次郎”、白味噌味の出汁で炊く“うな三郎”、鰻の(半助)で甘味のある出汁の豆腐の“半助豆腐”などの名物料理がある。

(交差法)
日本料理 桜美琴 うなちり①(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 うなちり①(平行法)

(交差法)
日本料理 桜美琴 うなちり②(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 うなちり②(平行法)

40年間受け継がれてきた桜美琴の“うなちり”は、約40cm程度の国産の鰻を活けのまま仕入れて1~2週間ほど生け簀で寝かせる。一定の温度の冷たい水に入れておくと身が締まるらしく必要な準備期間とのこと。鰻は腹開きで直焼きの関西風で、遠火で時間をかけてじっくり焼いた香ばしい白焼きは、肝と一緒に鍋のメイン具材となる。

(交差法)
日本料理 桜美琴 うなちり③(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 うなちり③(平行法)

(交差法)
日本料理 桜美琴 うなちり④(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 うなちり④(平行法)

酸味控えめのまろやかなポン酢は、高知産の柚香(ユコウ)を使った自家製で、毎年10月に徳島の契約農家から送られてくる果実を青いうちに絞らないと甘味が出てきてしまうため、年に一度、1週間総出で絞るとのこと。八尾市で生産される大阪屈指の旭ポン酢に似た系統の味のオリジナルのポン酢は、“うなちり”の味わいに欠かせぬ重要な役割を担っている。昆布を入れた鍋に白菜、春菊、大根、牛蒡、椎茸、人参、葛きり、筍、エノキ、さつまいもなどの野菜を入れ、白焼きにした鰻を入れて蓋をして炊いてポン酢で食べる。グツグツ煮立てても鰻は決して煮崩れせず、ふっくらとして驚くほどに柔らかい。口の中で溶けていくような食感で、野菜にダシが絡み、旨さが広がる。

(交差法)
日本料理 桜美琴 うなちり⑤(交差法)
(平行法)
日本料理 桜美琴 うなちり⑤(平行法)

私は元々鰻の白焼きが大好きなので、鰻の身の美味しさをポン酢が引き立てる絶妙の組み合わせと共に食感と舌触りが記憶に残る味となった。蒲焼とは違ってあっさりした味わいで、てっちり(フグちり)の様に箸が進む。“シメ”の雑炊は、鰻の旨味が効いた出汁を楽しめ、ポン酢を浸すと更に独特の味わいを醸し出す。鰻料理を食べたのだが、蒲焼を食べた感覚と違った満腹感を得て、桜美琴を出る間際まで二代目女将が丁寧に見送って戴けた。

料亭旅館 魚信のオコゼの薄造りとしゃぶしゃぶ
オコゼの薄造り オコゼしゃぶしゃぶ

日本料理 桜美琴 うなちり
うなちり① うなちり② うなちり③


ご馳走の“馳走”とは、酒や食事などを供して客をもてなす饗応(きょうおう)の準備のために走りまわる様子が語源とのこと。魚信のオコゼや桜美琴のうなちりは、客が料理を堪能するまでの準備や工夫だけに留まらず、店の伝統や歴史によって培われたものだが、美味いものは時代が移り変わっても継承されていくのである。
関連記事
スポンサーサイト

Newer EntryINDOORな春の日

Older Entry歴史巡礼 天王寺七坂

Comments
 
ブログ拝見しました
オコゼ、メバル美味しそうです

東京物語。名作でした・・・。
 
Re: タイトルなし 
KIMさん、毎度です。

大好物のオコゼはホンマに美味しかったです。

幼い頃、魚好きの父に合わせていつも煮付けばかりで
本当にイヤでしたが、おかげで骨を残してきれいに
食べる習慣が身に付いたようです。

今ではなかなか煮付けを食べる機会が少ないこともあり
日本酒を飲みながら美味しく感じるようになりました。

”味覚”ってお酒の味が判るようになったのを境にして
変わったような気がします。
 
 
おばんです!
いつも応援いただきありがとうございます。!
ようやく管理画面が復活しましたことをお知らせするとともに今後とも、ごひいきのホド宜しくお願いいたします。尚更新は暫く無理かと思います、またコメントはお返し出来ますので宜しくお願いいたします。☆
 
Re: タイトルなし 
荒野鷹虎さん、ご無沙汰してます。

今夜のセ・リーグは、虎軍も鯉軍もシーソーゲームで
最後まで手に汗握る試合となりました。

我がカープは辛勝でしたが、原口のサヨナラ本塁打は
おみごとでした。

今年の阪神打線は、糸井効果もあり、期待出来そう
ですね。

今シーズンも対戦を楽しみにしております。
 


 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
 
 
Category

  • 3Dカメラ (43件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (15件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball


 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS