3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

海と花の景勝地

Edit Category ウォーキング
4月の休日に花見の計画を立てた。昨年は近場の「造幣局 桜の通り抜け」を訪れ、その前年は、奈良の「吉野山」を訪れた。どちらもその場所でしか味わえない、実に印象的な花見であった。さて今年は、大阪から西の方面に出掛けてみよう、ということになり、嫁さんと一緒に神戸市須磨区を訪れることにした。

須磨観光図

須磨には過去に何度も訪れたが、訪問目的はすべて「神戸市立須磨海浜水族園」であった。大阪から、山陽電鉄 須磨浦公園駅を目指すのだが、阪神電鉄 梅田駅から直通電車を利用すれば、約1時間で辿り着く。周辺にはJRでも山陽電鉄でも頭二文字に“須磨”と付く駅名がやたら多いので注意が必要だ。

(交差法)
須磨浦公園駅①(交差法)
(平行法)
須磨浦公園駅①(平行法)

須磨は、鉄拐山や鉢伏山を含んだ傾斜地と海岸沿いの松原から形成される景勝地で、古来より白砂青松の美しい砂浜を持つ須磨海岸は、近年では京阪神地域随一の海水浴場でもある。また、須磨アルプス、妙法寺川などの身近な自然環境が街に隣接し、調和の取れた街であり、古くから風光明媚な住みよい土地柄としても知られる。

(交差法)
須磨浦公園駅②(交差法)
(平行法)
須磨浦公園駅②(平行法)

須磨区は、神戸市を構成する9区の中の西部に位置し、六甲山地の西端が海に迫る平地の隅(すみ)で、山々の西を流れる境川が古来より摂津・播磨の国境であったことから、畿内の西すみに位置するため“すみ”が訛って“すま”になり、その後、様々な漢字が充てられて須磨という地名になったと云われる。

須磨海岸空撮

南部の板宿を中心とする旧市街地、北部の妙法寺や名谷を中心とする新興市街地など、様々な街の景色を持っている。既成市街地と住宅や公園・公共施設などが計画的に配置され、昭和40年代から入居が始まったニュータウン、都市近郊に今も田園風景を残す農業地域、これらの地域を森・川・海が包み込むように構成されている。

敦盛桜のイベントイメージ
敦盛桜① 敦盛桜②

山陽電鉄の主催により、須磨浦公園を中心に、瀬戸内を望む須磨浦公園西エリア、須磨浦公園東エリア、須磨浦山上遊園では、ライトアップされるなどイベントが催される。須磨浦に縁の深い平敦盛に因んで、須磨浦公園、須磨浦山上遊園、須磨寺、須磨離宮公園の桜を「敦盛桜」と称し、今年5年目を迎える桜のイベントは多くの人で賑わっていた。

須磨浦山上遊園ロープウェイ
須磨浦山上遊園ロープウェイ

(交差法)
須磨浦ロープウェイ(交差法)
(平行法)
須磨浦ロープウェイ(平行法)

午前11時頃に須磨浦公園駅に到着すると既に多くの花見客で溢れ、“あわよくば”利用する予定であった須磨浦ロープウェイの乗り場は長蛇の列が出来ていた。ロープウェイは、海抜246mの鉢伏山にある「須磨浦山上遊園」への移動手段であり、山上には360°の眺望が楽しめる回転展望閣などがある。行列の最後尾は途轍もない長さに達し、係員へ確認する人の会話に耳を傾けると、一時間以上は待つらしく、早くも諦めることにした。

(交差法)
須磨さくらめぐりバス(交差法)
(平行法)
須磨さくらめぐりバス(平行法)

ならばどうする?ということになり、駅前で配るパンフレットを確認すると、1時間に2便のペースで、「須磨さくらめぐりバス」と称する乗車無料のバスが、須磨浦公園~須磨寺公園~須磨離宮公園を巡回している。既に10m程度の行列が出来てはいるが、5分後にバスが到着予定なので待ってみることにした。到着したバスは補助席を利用して30名強の収容だが、何とか後部座席にギリギリ乗車することが出来、須磨寺公園目指して出発した。

(交差法)
須磨寺公園①(交差法)
(平行法)
須磨寺公園①(平行法)

(交差法)
須磨寺公園②(交差法)
(平行法)
須磨寺公園②(平行法)

須磨寺公園は、須磨寺を始め、歴史巡りの拠点として、或いは身近な遊び場、憩いの場として親しまれている。裏山の「おらが山」も公園の敷地で、毎朝登山や六甲全山縦走路の拠点となっている。今では大池の畔の静かな公園だが、嘗ては“新吉野”と称される須磨寺遊園地があり、様々な遊戯施設があるレジャーパークであった。

(交差法)
須磨寺公園③(交差法)
(平行法)
須磨寺公園③(平行法)

(交差法)
須磨寺公園④(交差法)
(平行法)
須磨寺公園④(平行法)

明治の中頃、荒れ果てていた須磨寺に観光客を誘致するため、当時の住職が木や花を植え、茶屋を開いたのが須磨寺遊園地の始まりと云われる。住職に賛同した須磨の神田兵右衛門なる人物が寄付を募って更に桜の木を植え、1891年(明治24年)須磨寺を中心に大池の畔に千本もの桜が咲き誇る“新吉野”が誕生した。

須磨寺遊園地「新吉野」
須磨寺遊園地① 須磨寺遊園地②

1910年(明治43年)兵庫~須磨を開業した兵庫電気軌道(現在の山陽電鉄)が 須磨寺から土地を借りて、園内には動物園、ボート乗り場、花人形館などが設けられた。花見の季節には大変な賑わいで、須磨の人々の憩いの場となった須磨寺遊園地であったが、昭和恐慌の影響で催し物は縮小され、太平洋戦争の開戦で戦時徴用工の宿舎用地となり姿を消した。今では遊園地の跡に残る桜に当時の賑わいを偲ぶのみとなった。

(交差法)
須磨寺公園⑤(交差法)
(平行法)
須磨寺公園⑤(平行法)

大本山 須磨寺
桜が咲き誇る須磨寺公園を抜けると須磨寺の参道に出てきた。須磨寺の正式名は上野山福祥寺(じょうやさんふくしょうじ)だが、古くから須磨寺の通称で親しまれている。平淳和天皇の頃(823~833年)和田岬沖で漁師が聖観世音菩薩像を引き揚げ、淳和天皇の勅命により、兵庫区会下山に恵偈山北峰寺を建立して安置した。886年(仁和2年)年、光孝天皇の勅命により、聞鏡上人(もんきょうしょうにん)が須磨の地に上野山福祥寺を建立し、北峰寺より聖観世音菩薩像を遷し、本尊として祀られたことが開基となる。

須磨寺空撮

本堂内の室町期の宮殿・仏壇や、木造の十一面観音立像など重要文化財や多数の重宝や史跡を誇る。平敦盛遺愛の青葉の笛や弁慶の鐘、さらに敦盛首塚や義経腰掛の松など、多数の重宝や史跡により、“源平ゆかりの古刹”として知られる。古来より源平の浪漫を偲んで訪れる文人墨客も数多く、広い境内のあちこちに句碑・歌碑が点在している。在原行平が創始したとされる一絃琴(須磨琴)が伝えられ、歴史・文化的にも価値のあるお寺とされ、毎月20日、21日の“お大師さん”の法要と縁日には、多くの参詣者で賑わう。

(交差法)
須磨寺 龍華橋①(交差法)
(平行法)
須磨寺 龍華橋①(平行法)

(交差法)
須磨寺 正覚院(交差法)
(平行法)
須磨寺 正覚院(平行法)

(交差法)
須磨寺 桜寿院 寺務所(交差法)
(平行法)
須磨寺 桜寿院 寺務所(平行法)

鮮やかな朱色の龍華橋の手前左側にある正覚院と、仁王門を潜って左手にある桜寿院は、蓮生院と共に本山を支える塔頭三院の一つである。ご本尊の愛染明王は、名が示す通り「恋愛・縁結び・家庭円満」などを司る霊験あらたかな信仰とされ、“愛染=藍染”との解釈により、染物・織物職人の守護仏としても信仰されている。

(交差法)
須磨寺 弘法岩五鈷水(交差法)
(平行法)
須磨寺 弘法岩五鈷水(平行法)

(交差法)
須磨寺 千手観音菩薩(交差法)
(平行法)
須磨寺 千手観音菩薩(平行法)

右側にある手水処は、2000年(平成12年)の建立で、お大師様に因んで「五鈷水」と名付けた清浄で豊富な水が湧出し、「弘法岩」と名付けた四国の霊峰 石鎚山の麓から迎えた高さ2.7m、重さ13t大きな岩が置かれている。奥に祀られる千手観音菩薩像の手は、合掌する2本を除いて40本あり、1本の手が25世界を救うものとして、40×25=1000本になるとのこと。

(交差法)
須磨寺 蓮生院(交差法)
(平行法)
須磨寺 蓮生院(平行法)

蓮生院は塔頭三院の一つで、熊谷直実が出家して名乗った蓮生法師に由来する。法然上人のもとで修行した蓮生法師は、諸国行脚の途中で平敦盛を偲んで須磨を訪れたと云われる。1916年(大正5年)花火大会の飛火により出火焼失したが、1934年(昭和9年)不動明王を本尊として現在地に再建した。阪神淡路大震災で全壊した貞照寺の鯖大師と石仏が移設されている。

(交差法)
須磨寺 源平の庭①(交差法)
(平行法)
須磨寺 源平の庭①(平行法)

(交差法)
須磨寺 源平の庭②(交差法)
(平行法)
須磨寺 源平の庭②(平行法)

(交差法)
須磨寺 源平の庭③(交差法)
(平行法)
須磨寺 源平の庭③(平行法)

桜寿院と唐門への石段下の間にある源平の庭は、一ノ谷合戦における平敦盛・熊谷直実の一騎討ちの場面を再現しており、1967年(昭和42年)完成し、2001年(平成13年)大改修が行われた。

源平合戦図屏風(上)/対峙する平敦盛と熊谷直実の拡大(下)
源平合戦図屏風

源平合戦図屏風の熊谷直実と平敦盛の一騎打ち

源氏勢の奇襲により平家勢は劣勢に追い込まれる中、源氏の荒武者 熊谷直実は、鶴の直垂に萌黄匂の鎧、金装飾の太刀という立派な装いで海上に馬を乗り入れ、沖の助け船へ逃がれようとする無官大夫 平敦盛(平清盛の弟・平経盛の息子)に「大将軍と見受ける、見苦しくも敵に後ろを見せるのは卑怯でありましょう、お戻りなされ」と呼び返し、扇を上げて招いた。須磨の浜辺に組み討ち、首を斬ろうと兜を押し上げると、息子と同じ年頃の美しい若武者の顔を見て躊躇した。

「無官の太夫敦盛 熊谷次郎直実組討の図」歌川豊国画
「無官の太夫敦盛 熊谷次郎直実組討の図」歌川豊国画

若武者を助けようと熊谷直実は名を尋ねるが、平敦盛は「汝のためには良い敵だ、名乗らずとも首を取って人に尋ねよ。速やかに首を取れ」と答え、味方の軍兵勢が近づき、無名兵士に討ち取られることを不憫に思い、涙を呑んで若武者の首を刎ねた。討ち取られた平敦盛の鎧直垂を解いて腰に差した錦の袋に入った笛に気付き、合戦の明け方、陣中で心奪われた美しい笛の音色は、この若武者のものであったのかと思い至った。

須磨寺法物館に展示される「青葉の笛」(左)/「笛吹若武者」1955年東映作品(右)
青葉の笛 「笛吹若武者」(1955年東映作品)

源義経にその笛を見せ、若武者の最期を涙ながらに語ると、戦いの場にも笛を持つという凛とした高雅さに心を打たれ、鎧の袖を絞らぬ者は居なかったと云われる。熊谷直実は平敦盛を討ったことへの懺悔により仏心を抱き、法然上人の弟子となり出家して蓮生法師と名乗る事になる。平敦盛の笛は父の平経盛から譲られたもので、祖父 平忠盛が鳥羽法皇から給わった小枝(さえだ)と称する青葉竹から作られた笛とされ、数え年16歳で初陣に散った笛の名手 平敦盛の遺愛の青葉の笛は、今も須磨寺に伝えられている。

平敦盛と追う熊谷直実の絵巻各種
対峙する平敦盛と熊谷直実の出で立ち 平敦盛と追う熊谷直実 敦盛絵巻

平安時代後期、“平家にあらずんば人にあらず”と驕り高ぶって隆盛を極めた平家だが、平清盛亡き後はその勢いが陰り、後白河法皇は源頼朝と共に平氏追討を企てる。1184年(寿永3年/治承8年)“一の谷の戦い”での源義経の急襲により、平氏は海へ敗走した後、屋島、壇ノ浦と滅亡に向かって加速する歴史の転換点となった須磨は、平家物語が伝える最も美しく最も哀しい平敦盛の悲劇の地でもあった。

歌舞伎「無官太夫敦盛」「熊谷次郎直実」各種
「組討」 熊谷が沖へと向う敦盛を呼び戻すという場面。四代目中村歌右衛門の熊谷次郎直実、初代中村福助の無官太夫あつ盛 「無官太夫敦盛」「熊谷次郎直実」歌川国貞 敦盛 熊谷

この場面は「源平合戦図屏風」や「一の谷合戦図屏風」などの他、幸若舞(室町時代に流行した語りを伴う曲舞)・歌舞伎・浄瑠璃、能などの様々な作品に取り上げられ伝承された。

(交差法)
須磨寺 寺務所①(交差法)
(平行法)
須磨寺 寺務所①(平行法)

(交差法)
須磨寺 唐門①(交差法)
(平行法)
須磨寺 唐門①(平行法)

(交差法)
須磨寺 唐門②(交差法)
(平行法)
須磨寺 唐門②(平行法)

(交差法)
須磨寺 本堂前焼香鉢(交差法)
(平行法)
須磨寺 本堂前焼香鉢(平行法)

(交差法)
須磨寺 本堂(交差法)
(平行法)
須磨寺 本堂(平行法)


石段を登って唐門を潜ると本堂前に位置する。仁和二年開創当時の本堂は、火災、洪水、地震などにより度々建て直された。現在の本堂は1602年(慶長7年)豊臣秀頼が再建され、本尊聖観世音菩薩、脇侍毘沙門天、不動明王を祀る重要文化財の内陣の宮殿は1368年(応安元年)建造された。

(交差法)
須磨寺 大師堂(交差法)
(平行法)
須磨寺 大師堂(平行法)

大師堂は2007年(平成19年)修復された。宗祖弘法大師並びに真言八祖が祀られている。線香台を持ち上げる子供の像は、阿吽の形相を成している。豊かな表情が愛おしくて撫でられるためなのか、頭に光沢がある。奥には弘法大師像が見える。

(交差法)
須磨寺 寺務所②(交差法)
(平行法)
須磨寺 寺務所②(平行法)

寺務所・納経所は1999年(平成11年)春に大改装され、広間には須磨寺「からくり時計」が飾られている。

(交差法)
須磨寺 孫悟空のおみくじ結び(交差法)
(平行法)
須磨寺 孫悟空のおみくじ結び(平行法)

寺務所・納経所前には一風変わった“みくじ結び”があり、“ご自分の干支の下にお結びください”と書かれている。干支ごとにおみくじを結ぶ紐を筋斗雲に乗った孫悟空が束ねているのが謎である。

(交差法)
須磨寺 源義経卿腰掛松(交差法)
(平行法)
須磨寺 源義経卿腰掛松(平行法)

「義経腰掛松」は源義経が平敦盛の首を実地検分した際に座った松の木と伝えられている。松の木の手前下側の小さな池は、熊谷直実が源義経に見せるために平敦盛の首を洗ったと云われる「敦盛首洗池」と称されている。

(交差法)
須磨寺 本坊・書院(交差法)
(平行法)
須磨寺 本坊・書院(平行法)

本坊・書院は本堂と共に須磨寺一山の中心で、真言宗須磨寺派の宗務所ともなっており、書院は阿弥陀如来を本尊とする持仏堂でもある。庭前には、滝の流れる庭、芭蕉句碑、真鍋豊平の歌碑などがある。阪神淡路大震災で倒壊を免れた本坊は、遺体安置所として読経の声に包まれた。

(交差法)
須磨寺 三重塔(交差法)
(平行法)
須磨寺 三重塔(平行法)

三重塔の旧塔は400年前の文禄大地震の際に倒壊した。現在の三重塔は、弘法大師1150年御遠忌、当山開創1100年、平敦盛卿800年遠忌を記念し、1984年(昭和59年)再建された。室町時代様式を基調とし、内部には大日如来が祀られている。

(交差法)
須磨寺 三重塔・出世稲荷(交差法)
(平行法)
須磨寺 三重塔・出世稲荷(平行法)

内陣の天井と壁面に多数の摶仏を配し、四方扉の内面に八祖像と六ヶ国語による般若心経を刻銘し、塔上の水煙に釈迦誕生像を配されている。塔敷地の周囲には四国八十八カ所のお砂踏み霊場があり、各札所の砂をガラス越しに踏むことで参詣が出来るとされる。

(交差法)
須磨寺 境内②(交差法)
(平行法)
須磨寺 境内②(平行法)

(交差法)
須磨寺 境内①(交差法)
(平行法)
須磨寺 境内①(平行法)

比較的広い境内だが、各施設が建て込んでいるためか距離感を感じない。海から近い所にあるお寺だが、こうして仰ぎ見ると山寺の雰囲気も漂う。明治初期には、本堂、大師堂、仁王門のみを残すほどに荒れ果てていたが、名所の古刹として整備された。

(交差法)
須磨寺 参道①(交差法)
(平行法)
須磨寺 参道①(平行法)

(交差法)
須磨寺 参道②(交差法)
(平行法)
須磨寺 参道②(平行法)

綱敷天満宮から須磨寺前商店街を通り、須磨寺までを結ぶ道は、須磨智慧の道と称される。 天神さんは、学問の神様の菅原道真、須磨寺は“いろは”を考案した弘法大師という「智慧」を持つ方が祀られた社寺を結ぶことから名付けられた。

(交差法)
須磨寺 龍華橋②(交差法)
(平行法)
須磨寺 龍華橋②(平行法)

龍華橋を渡る老夫婦の後ろ姿に心が和む。街中を歩いて感じられたのだが、ご年配の方を多く見掛けるような気がした。須磨区は、「日本創成会議・人口減少問題検討分科会」が発表した30年後の人口推計では、20歳から39歳までの若年女性の減少率が現状比で51.4%となり、消滅可能性都市の1つとされている。

(交差法)
須磨寺 神戸震災地蔵尊(交差法)
(平行法)
須磨寺 神戸震災地蔵尊(平行法)

龍華橋に再び戻ると袂に阪神淡路大震災の被災地で安住の場を失ったお地蔵様を住職が造られた台座に奉られており、現在も元住民の手により地蔵盆と1月17日には涎掛けや帽子が取り替えられるとのこと。側には「神戸震災地蔵尊にお花をお供え下さい。」と記され、約30体のお地蔵様の数の地域の歴史と共にこの場所から見守り続けている。

(交差法)
須磨寺公園⑥(交差法)
(平行法)
須磨寺公園⑥(平行法)

(交差法)
須磨寺公園⑦(交差法)
(平行法)
須磨寺公園⑦(平行法)

先程は龍華橋の横から参道を進んだが、あらためて橋を渡って須磨寺前商店街で昼食を摂ることにした。須磨寺前商店街を暫く直進したところにある「生そば 大槻」を選んだ。4~5人も入れば満席になるような小さな店だが、一つずつ丁寧に作る蕎麦をじっと待つのも悪くない。関西風の出汁が美味しい蕎麦であった。昼食後は、須磨寺公園を抜け須磨離宮公園を目指した。

須磨離宮公園MAP
須磨離宮公園MAP

須磨寺から坂道を登ったところにある“花緑と歴史と眺望のオアシス”を標榜する神戸市立須磨離宮公園は、1000年以上の歴史を持つ由緒ある月見の名所として知られる。源氏物語の光源氏のモデルとされる平安貴族 在原行平が配流されたこの地の月に、都で見た名月に想いを巡らせて都を偲んだとされる場所が須磨離宮公園内の月見台と云われ、月見山の呼称名に因んでいる。

(交差法)
須磨離宮道(交差法)
(平行法)
須磨離宮道(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 正面入口(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 正面入口(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 馬車道(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 馬車道(平行法)

須磨離宮公園に向かう離宮道は、松並木を含めて離宮当時の面影を留めている。門扉は創建当時のものではないが、正門の外両側の豪華な御影石・正亀甲石積みは当初からのもので、周囲の石垣がその歴史を伝える。中門広場へ続く馬車道沿いの斜面には、繋ぎのモルタルを肉盛りして彫刻風に造る西洋の美意識を導入した装石(ロカイユ)という壮大な岩組みを観ることができる。

(交差法)
須磨離宮公園 中門広場(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 中門広場(平行法)

須磨離宮公園の前身である武庫離宮御殿は戦火により焼失してしまったが、中門とそれに続く白漆喰の壁や瓦葺が格調高く美しい白壁は、須磨離宮創建時に造られたままの姿が維持され、往時を偲ぶことができる。

武庫離宮・御殿
武庫離宮・御殿

元々、明治天皇の神戸沖観艦式等の宿泊地として、西本願寺大谷光瑞伯の別荘「月見山海荘」を1907年(明治40年)宮内庁が買い取り前身の武庫離宮の建造が始まった。名称である武庫離宮は、孝徳天皇が有馬温泉からの帰路途中で武庫の行宮に泊まったことが「日本書紀」に記されていたことに由来する。明治天皇は、敷地面積約63,700坪、建物は36棟からなる1,544坪の総檜造りの白木の御殿の完成を心待ちにしていた。

武庫離宮・車寄せ(左)/謁見所(中)/御殿内部(右)
武庫離宮・車寄せ 武庫離宮・謁見所 武庫離宮・御殿内部

しかし、完成を待たずして明治天皇は崩御し、竣工は1914年(大正3年)のことであった。1958年(昭和33年)4月、皇太子殿下(今上天皇)ご成婚記念事業として整備が始まり、1967年(昭和42年)神戸市に下賜されたものを自然と調和した近代的な欧風庭園として造営し、植物園、子供の森やバラ園が増設され、四季を通じて憩える公園として一般開放した。

武庫離宮

“離宮”とは、皇居や王宮以外の地に定められた、一定規模の建造物と敷地を有する宮殿の総称で、“御用邸”は、避寒、避暑の目的の比較的小規模のものとされる。現存する離宮は、京都の桂離宮と修学院離宮のみで、下賜された離宮は、赤坂離宮(迎賓館)、霞ヶ関離宮(現国会前庭南地区)、芝離宮(現旧芝離宮恩賜庭園)、名古屋離宮(名古屋城)、二条離宮(二条城)、浜離宮(現浜離宮恩賜庭園)があり、須磨(武庫)離宮もこれに含まれる。

(交差法)
須磨離宮公園 王侯貴族のバラ園(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 王侯貴族のバラ園(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 大噴水①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 大噴水①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 大噴水②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 大噴水②(平行法)

須磨離宮公園は、須磨離宮跡に造られた景観地である月見山に綺麗に整備された本園と隣接する植物園も兼ね備えた23ha(本園17.8ha/植物園5.2ha ※有料区域)の広大な都市庭園には、年間約25万人が来場する。約300種、8万株の草花や花木が植えられ、一年を通して花が咲き、本園のランドマークの噴水広場は、水をモチーフにした美しい欧風庭園となる。

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 キャナル小噴水①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 キャナル小噴水①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 キャナル小噴水②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 キャナル小噴水②(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 キャナル小噴水③(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 キャナル小噴水③(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 カスケード①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 カスケード①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 カスケード②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 カスケード②(平行法)

宮殿を模したレストハウスから湧き出た水は、メインフォールの滝としてカスケードを下ってキャナルのリズミカルな小噴水となり、最後は天高く噴き上がるダイナミックな大噴水と続く。海へ注ぎ込むような水の流れは、離宮公園のテーマの一翼を担っている。

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール②(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール③(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール③(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール④(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール④(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール⑤(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール⑤(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール⑥(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール⑥(平行法)

周囲には約180種のバラが育てられ、春・秋になると4,000株が開花する。噴水を中心に東西で左右対称に同じ品種のバラが配置され、近代的ながら欧風庭園の伝統様式を備える。ヨーロッパの宮殿を彷彿とさせる前庭、噴水越しに見下ろす瀬戸内海の穏やかな海と船影の眺め、緑豊かな広大な敷地、四季折々の花々や整然と並んだ噴水により、贅沢な景観を創出する。

(交差法)
須磨離宮公園 噴水広場 ポセイドン像(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 噴水広場 ポセイドン像(平行法)

須磨離宮公園 噴水広場 ライトアップ
須磨離宮公園 噴水広場 メインフォール ライトアップ 100万人のキャンドルナイト KOBE in 離宮 須磨離宮公園 噴水広場 ポセイドン像 ライトアップ

神話に登場する海神ポセイドンの像は、ギリシア政府から1970年(昭和45年)開催の大阪万国博覧会ギリシア館に展示されたものを「須磨離宮公園現代彫刻展」の功績を称え、1970年5月31日、須磨神戸市編入50周年記念日に贈呈された。ポセイドン像は1926年にエーゲ海の底から発掘され、作者不詳だが、紀元前5世紀頃の貴重なブロンズ像作品と云われている。ベルサイユ宮殿を彷彿させる日中の華やかな景色に対して、夜はライトアップされて神秘的な空間が演出される。

(交差法)
須磨離宮公園 児童遊園 ジャンボすべり台(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 児童遊園 ジャンボすべり台(平行法)

本園のトンネルを抜けた先は長い階段があり、階段を下った場所は、児童遊園となっている。両脇には子供用のジャンボ滑り台が備えられている。上には高速道路が走っていて日当りが良くないが、夏の日中や少々の雨でも遊ぶことができるかも知れない。児童遊園を通過し連絡橋を渡って植物園に向かった。

(交差法)
須磨離宮公園 植物園①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 みどり滝(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 みどり滝(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園②(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 もみじ滝(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 もみじ滝(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室②(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室③(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室③(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室④(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室④(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室⑤(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室⑤(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室⑥(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 鑑賞温室⑥(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 三段滝(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 三段滝(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 竹林(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 竹林(平行法)

須磨離宮公園の東側にある植物園は、嘗ての岡崎財閥の神戸銀行頭取(当時)岡崎忠の屋敷跡地を1973年(昭和48年)神戸市が用地買収して整備したもの。植物園のエリアの中心的施設として、阪神淡路大震災で倒壊した洋館跡に鑑賞温室が建てられた。内部には急勾配の小さな滝が水の流れを作り、熱帯や亜熱帯の樹木、果樹などを鑑賞できる。外部からもガラス越しにディスプレイ全体が見下ろせる。2階には軽食・喫茶のコーナーがあり、鑑賞温室の北側には三段滝がある。

「華麗なる一族」上・中・下 山崎豊子著(1973年新潮社)
「華麗なる一族」上・中・下 山崎豊子著(1973年新潮社) 山崎豊子 新潮文庫

「華麗なる一族」1974年東宝作品(左)/1974年テレビドラマ(中)/2007年テレビドラマ(右)
「華麗なる一族」(1974年東宝作品) 「華麗なる一族」(1974年テレビドラマ) 「華麗なる一族」(2007年東芝日曜劇場テレビドラマ)

岡崎藤吉が創始した岡崎財閥は、岡崎汽船を基盤に、山陽特殊製鋼、神戸海上運送火災保険(現 あいおいニッセイ同和損保)などの企業集団を形成し、神戸で一大財閥を築いた。中でも神戸岡崎銀行は、有力銀行と合併して神戸銀行となり、戦後の都市銀行の一角を占めた。岡崎家は「華麗なる一族」(山崎豊子著)の万俵家のモデルと噂された。山崎豊子自身は特定のモデルはないと否定するが、作品発表当時、神戸銀行会長(当時)岡崎忠が彼女を訴えると怒った際、甥の岡崎真雄(元 あいおいニッセイ同和損保会長)がなだめた事実もある。

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園②(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園③(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園③(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園④(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園④(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園⑤(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 和庭園⑤(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 花の広場①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 花の広場①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 花の広場②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 花の広場②(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 梅園①(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 梅園①(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 梅園②(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 梅園②(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 梅園③(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 梅園③(平行法)

(交差法)
須磨離宮公園 植物園 東門への道(交差法)
(平行法)
須磨離宮公園 植物園 東門への道(平行法)

鑑賞音質の西側に位置する日本庭園は、芝生が広がり花木と松の木が調和する。岡崎家の日本家屋を戦災で焼失した後、戦後に急いで普請させた和室は、茶会・句会やグループの会合等に利用できる有料の貸室で、展示会やイベント会場として一般開放される。花の広場や花の庭園辺りは、テニスコートや園遊会の芝地として現在も趣は遺されており、その北側は岡崎山と称される。「華麗なる一族」に思いを馳せながら植物園を散策するのも一興である。嘗ての岡崎邸の正門であった東門から退場し、須磨離宮公園を後にした。

(交差法)
須磨浦公園駅前①(交差法)
(平行法)
須磨浦公園駅前①(平行法)

(交差法)
須磨浦公園駅前②(交差法)
(平行法)
須磨浦公園駅前②(平行法)

(交差法)
須磨浦公園駅前③(交差法)
(平行法)
須磨浦公園駅前③(平行法)

(交差法)
須磨浦公園駅③(交差法)
(平行法)
須磨浦公園駅③(平行法)

須磨離宮公園を堪能後、再び「須磨さくらめぐりバス」に乗り、須磨浦公園駅前に戻った。山陽電車須磨浦公園駅の駅前ロータリー前には、「PATISSERIE TOOTH TOOTH」がリニューアルオープンしている。当駅に到着するや否や須磨寺公園に向かったので、最後になってしまったが、須磨浦公園の桜を満喫することにした。須磨浦公園は、昭和天皇御成婚記念として、鉄拐山、鉢伏山地の御料林、国道沿いの松原の有償払い下げを受け、1935年(昭和10年)クロマツとソメイヨシノの植栽を機に開園された神戸でも歴史ある公園のひとつである。

(交差法)
須磨浦公園 西エリア①(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア①(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 西エリア②(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア②(平行法)


鉢伏山の濃い緑が広がる一方、南には須磨灘の海岸がすぐ目の前に広がり、遠くは淡路島を臨める景観を誇り、老若男女問わず憩いの場として利用される。公園内には「須磨浦山上遊園」、隣接する海岸の沖合に「神戸市立須磨・平磯海づり公園」などの観光施設がある。又、六甲縦走コースの一部でもあり、ハイキングコースとしての利用も多い。

(交差法)
須磨浦公園 西エリア③(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア③(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 西エリア④(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア④(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 西エリア⑤(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア⑤(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 西エリア⑥(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア⑥(平行法)

100ha超の園内には約3,200本ものソメイヨシノが公園を彩る。「こうべ花の名所」にも選ばれる須磨浦公園は、兵庫県内では夙川公園や姫路城に次いで人気のあるお花見スポットとされる。くつろいで腰を据えながら仲間と燥ぐ姿や、美しい桜を見ながら園内をゆったりと散策する姿が散見される。

(交差法)
須磨浦公園 西エリア 敦盛野点①(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア 敦盛野点①(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 西エリア 敦盛野点②(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア 敦盛野点②(平行法)

須磨浦公園をメイン会場とする桜イベント「敦盛桜」では、瀬戸内海に映える「陽桜(ひざくら)」とライトアップされた幻想的な「夜桜」が堪能できる。他にも「D-K(デジタル掛け軸)」が展開され、デジタル映像を組み合わせた色彩豊かな光の芸術が楽しめる。「敦盛野点」や「敦盛恋みくじ」などの催しもあり、桜餡を練り込んだロールケーキやパウンドケーキ、純米吟醸酒「敦盛桜」なども販売される。

(交差法)
須磨浦公園 西エリア 与謝蕪村句碑(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 西エリア 与謝蕪村句碑(平行法)

”春の海 終日のたりのたりかな” 江戸時代の俳人 与謝蕪村(1716~1783年)が詠んだ句碑は、高さ1.8m、ひょうたん形の「どろかぶり」という仙台石で、碑面の字は蕪村の直筆を模刻したものである。主観的な芭蕉の句に対して、蕪村は光に満ちた写実的な叙景句を数多く書き残した。俳人であると同時に優れた画家でもあった蕪村は、生涯の大半を旅に明け暮れ、漂泊を創作の糧とした。

(交差法)
須磨浦公園駅前④(交差法)
(平行法)
須磨浦公園駅前④(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 東エリア①(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 東エリア①(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 東エリア②(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 東エリア②(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 東エリア みどりの塔(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 東エリア みどりの塔(平行法)

(交差法)
須磨浦公園 東エリア③(交差法)
(平行法)
須磨浦公園 東エリア③(平行法)

須磨浦公園の東端、桜並木の散策路の山側には1953年(昭和28年)建立の「みどりの塔」がある。塔をコの字形に石塀が囲み、左右の塀の上に高さ1.5mの石柱が立つ。中央の薫風像の両端に一対の直径1.2m、重さ2.4tの石の地球儀が載っていたが、阪神淡路大震災の揺れで左の地球儀が塀の外側に落下してしまった。忌まわしい震災の日々の記憶を留めるため、落下した状態でモニュメント化した。

「源氏物語絵色紙帖」(左)/源義経の逆落とし「源平合戦図屏風」(中)/「平敦盛像」(右)
「源氏物語絵色紙帖」土佐光吉 筆 源義経の逆落とし「源平合戦図屏風」 狩野安信筆「平敦盛像」部分(江戸時代、寛文元年(1661)

大化改新(645年)と律令の制定により、神戸周辺は摂津国となり、須磨は八部郡の長田郷の一部であった。地形上の問題もあり、田畑が少なく浜辺に漁師の家が点在する寂しい地域だったと云われる。奈良時代には、山と海に挟まれ西国と畿内を結ぶ位置にある要地として須磨の関が置かれ、平安時代には、「源氏物語 須磨の巻」として描かれた貴族の隠棲の場所になり、平安末期には源義経による“一の谷の逆落とし”や“平敦盛の悲話”など源平合戦の舞台として歴史に刻まれた。

須磨境濱の海邊 絵葉書(左)/須磨武庫離宮 絵葉書(右)
須磨境濱の海邊 絵葉書 須磨武庫離宮 絵葉書

江戸時代には、西国街道を多くの人が往来し、著名な文人が古戦場の史跡を偲んで訪れ、須磨の地を織り込んだ歌や句を数多く残している。明治30年代、武庫離宮が造営され、温暖で風光明媚な景勝地として、岡崎財閥藤田傳三郎男爵など財界重鎮の別荘地として華麗なる須磨の近代史を彩られた。神戸とは異なる静粛で落ち着いた雰囲気が漂っていた須磨だが、第二次世界大戦後、別荘は殆ど建築されず、阪神淡路大震災により倒壊した屋敷もあり、往時の雰囲気は失われつつある。

須磨の敦盛桜

須磨の街は海が傍にあり、砂浜が長く続く海岸は、嘗ては東の湘南、西の須磨とも云われたが、昭和後期の汚染により、今では知名度は低下した。それでも夏には行楽客で賑わう。須磨海岸と須磨山を擁した桜の名所は、桜の木が密集しておらず、公園らしい開放感も同時に楽しむことができる。松並木との組み合わせに風情があり、青い海を背景にした桜の花が映える。派手さは無いのだが、ここでしか味わえない“海と花の景勝地”の趣が感じられた。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry“第二の心臓”の活性化

Older Entry歴史浪漫 江戸~東京

Comments
ブログ拝見しました 
ブログ拝見しました

今年は ”明後日あたりが満開”かと思ったら 雨、寒波、風
桜はショボイままで終わってしまいました・・・・

”ブログお花見”ありがとうございました ♪♪♪。
 
Re: ブログ拝見しました 
kim_uraさん、毎度です。

花見は毎年”MUST”ではありませんが、
意識して前年とは違う場所を訪れるようになり
新しい発見を感じるようになりました。

でも仰る通り、天候次第ですよねぇ。
”儚さ”も桜の花の美しさなのです(´σ`) 
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS