3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

花の立体写真館

Edit Category 3Dカメラ
先般、吉野山に花見に出掛けた反動もあり、出来るだけ桜の花以外の被写体を近場で撮影できる場所を物色していたところ、WEBでは、『鶴見緑地公園』のチューリップが見頃であるとのこと。散歩気分の気軽な気持ちで、数え切れないほど訪れた『鶴見緑地公園』で、チューリップをはじめ、公園内の“花”をターゲットに撮影してみることにした。

鶴見緑地公園MAP
鶴見緑地公園MAP

『鶴見緑地公園』は、大阪市と守口市に股がる大阪を代表する公園。春の陽気もあって、公園内には、大芝生で球技を楽しんだり、バーベーキューを楽しんだり、ウォーキングやジョギングを楽しんだりなど、多くの人で溢れていた。

(交差法)
鶴見緑地公園の花①(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花①(平行法)

公園内の通路を抜け、まずは、少し小高い丘にあるチューリップが咲き誇る風車の広場に向かうことにした。坂の小道を抜け、風車の全容が見えたが、多くの人も集まっていた。過去何度も見たこの場所のチューリップの写真のイメージとは違う、薄いピンク色のチューリップが広範囲に咲き、なかなか絵になる風景であった。

(交差法)
鶴見緑地公園の花②(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花②(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花③(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花③(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花④(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花④(平行法)

風車は『国際花と緑の博覧会(花の万博)』以前から存在したものであるが、この一帯は大阪平野に位置していることを忘れさせてくれる異国の雰囲気が漂う空間でもある。足が不自由なお年寄りや車椅子の人も訪れることが出来るよう配慮され、誰もが癒される空間ではあるが、この日はチューリップを撮影する人が多く、シャッターチャンスもなかなか難しく感じられた。

(交差法)
鶴見緑地公園⑥(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園⑥(平行法)

以前、この場所で撮影したときは、黄色い花が咲いていたが、こうして様々な色彩で埋め尽くすたびに違う表情を楽しむことができる。その逆の発想より、今回は“花”だけの写真撮影を試みてみることになったのだが、何分、日常生活においてあまり花に対する意識が希薄である故、花の種類や名前を殆ど知らないのである。さすがに調べることも億劫なので、ただひたすらに撮影し、各々の花びらの距離感を楽しめる3D写真を目指すことにした。

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑤(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑤(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑥(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑥(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑦(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑦(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑧(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑧(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑨(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑨(平行法)

広大な敷地内では、花と緑がおりなす豊かな自然を満喫でき、公園内の国際庭園はアップダウンもあり、巡回すれば結構な距離になる。各国の庭園を再現した国際庭園では、大阪の街には希な非日常的空間であるためか、コスプレのロケーション撮影が頻繁に散見されるのもこの公園の特色である。

鶴見緑地公園空撮
鶴見緑地公園

この日も嫁さんと公園内で森林浴を楽しみながらの散策となった。いつもなら、途中にある人工の滝や茶室、或いは世界各国の庭園を堪能しながら巡るのだが、今回は、“花”をターゲットにしているので、緑色の中の鮮やかな色彩の花を求めて歩いているうち、いつもとは違うコースを辿っていた。

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑩(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑩(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑪(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑪(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑫(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑫(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑬(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑬(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑭(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑭(平行法)

緑が生い茂る空間は、自然の森林とまったく同じ味わいなのだが、こうして自宅から歩いて行ける距離で気軽に森林浴が楽しめること自体、大阪市内に住んでいることを鑑みれば、相当恵まれていると云える。

葛西臨海公園(左上)/千里中央公園(中上)/辰己の森 緑道公園(右上)
日比谷公園(左下)/鶴見緑地公園(中下)/木場公園(右下)
東京・大阪の馴染みの公園

結婚後に住んできた過去の何れの場所にも周辺には広大な空間の森林を有する公園があった。西葛西のときの『葛西臨海公園』、上新田のときは『千里中央公園』、東雲のときは『辰己の森 緑道公園』といった各々の場所の公園のみならず、他にも『日比谷公園』『木場公園』も相当“お気に入り”であった。

(交差法)
鶴見緑地公園内②(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園内②(平行法)

中でもこの『鶴見緑地公園』の敷地面積は際立っている。『鶴見緑地公園』は、広場で自由に球技を楽しめるだけでなく、公園内を観て歩く際の滝や庭園などの変化や、多くの種類の花を観賞したりなど、訪れるたびに違う楽しみ方が出来るため何度訪れても飽きることが無い。そして広大な空間の森林を有する公園は、私にとって生活場所を選択する上で、無意識の内に重要なファクターになっていたのかも知れない。

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑮(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑮(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑯(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑯(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑰(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑰(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑱(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑱(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園内①(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園内①(平行法)

現在のこの場所を公園にする計画は、1941年(昭和16年)に既にあり、長年この一帯はゴミ処理場として利用されていたが、1989年(平 成元年)大阪市制100周年事業としての国内博覧会を開催する方向で、このゴミ処理場を公園にするために準備が進められ、鶴見緑地では1984年(昭和59 年)から、博覧会に向けてのイベントが定期的に開催されていた。

国際花と緑の博覧会(花の万博)1990年
国際花と緑の博覧会(花の万博)

1990年(平成2年)には、『国際花と緑の博覧会(花の万博)』が 開催され、イベント終了後の会場跡地約126haに、『咲くやこの花館』『いのちの塔』(展望塔)『陳列館ホール』(大阪市立環境学習センター※通称・生き生き地球館)『水の館ホール』(現在は花の万博20周年を機に愛称をハナミズキホールと命名)『鶴見スポーツセンター』(体育館)風車を残して都市公園として再整備された。

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑲(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑲(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花⑳(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花⑳(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉑(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉑(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉒(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉒(平行法)

当初は、1970年(昭和45年)大阪で万博を開いていることもあり、大型国際博覧会は他都市開催が妥当とされていたが、環境問題が深刻化する中、博覧会のテーマが国の政策とも合致し、国際博覧会として1990年に開催されることが決定した。計画当初の日本経済は冷え込んでいたが、1980年代後半辺りから 日本経済はバブル景気を迎え、国内で大小数々のイベントが催されたバブル期でも国内最大規模の催事となった。

鶴見緑地のマンホールの蓋(左)/長堀鶴見緑地線(右)
鶴見緑地のマンホールの蓋 長堀鶴見緑地線


今でも『鶴見緑地公園』内のマンホールの蓋には、『国際花と緑の博覧会(花の万博)』のキャラクター『花ずきんちゃん』のイラストを見ることが出来る。博覧会へのアクセス路線として日本初の鉄輪式リニアモーターミニ地下鉄として建設された『長堀鶴見緑地線(当初は鶴見緑地線)』は、現在の私の通勤路線として利用している。

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉓(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉓(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉔(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉔(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉕(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉕(平行法)

私は『国際花と緑の博覧会』には行かなかったのだが、まだ独身の頃、現在の嫁さんと『鶴見緑地公園』を何気に訪れたことがあり、結婚して鶴見区に引っ越してからは、休日に度々利用する公園となった。野外の心地よさに触発されて息子が初めて歩いた記念の場所でもあり、度々訪れてきた我々家族の“原点”とも云える公園なのである。

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉖(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉖(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉗(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉗(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉘(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉘(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉙(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉙(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園の花㉚(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園の花㉚(平行法)

『鶴見緑地公園』の近くに出来た結婚式場『鶴見ノ森 迎賓館』で、東京在住の2011年に元部下の女性の披露宴に出席し、お祝いの余興として、ギターを弾きながら福山雅治の『Heart』を歌ったこともある。随分緊張したが、『鶴見緑地公園』の森林を背景にしたテラスが心地良かったことが印象に残っている。

(交差法)
鶴見緑地公園内③(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園内③(平行法)

(交差法)
鶴見緑地公園内④(交差法)
(平行法)
鶴見緑地公園内④(平行法)

独身の頃の偶然から、息子の幼少期の頃やこの公園で遊んだ日々の想い出に浸りながら、夕刻、帰路についた。非日常的な『鶴見緑地公園』の空間を離れ、日常生活観溢れる大阪の街を歩きながら、花に備わっている形、色彩、香りによるストレス解消や心の癒しなどの効能を吸収できたことを実感できたかも知れない。

鶴見緑地公園空撮
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry水都の遷移

Older Entry心沁みいる山桜

Comments
ブログ拝見しました 
ブログ拝見しました
花だらけの画面も良いものですね
チューリップ久しぶりに見ました(我が家のは、数年間植え替えしなかったので”消滅しました・・・)

何か都会の方が鳥や緑が多いような気がします、流石にカモシカ、狐を見る事は無いでしょうが・・。
 
Re: ブログ拝見しました 
KIM uraさん、毎度です。

確かに都会の方が、意識して森林を確保したり
遊歩道を整備して歩きやすかったりするかも
知れませんね。

でも、星は殆ど見えませんし、カラスは街中に
ふてぶてしく現れます。

生態系も都会独特のものとして、明確化されて
いくのかも知れません。

それにしても、KIM uraさんって、
むっちゃ早起きなんですね!
ビックリしました!!
 
 
凄いわ、花々競う公園
管理者の努力のたまものだわ♪
歌に酔いしれ、花に酔いしれ
(* ̄。 ̄*)ウットリ
 
Re: タイトルなし 
みゆきんさん、毎度です。

本音を言うとブログネタが思いつかず
近所の鶴見緑地公園を訪れた際に
花だけを撮影してみよう、思ったのが
キッカケです。

”花”がある場所に人が集まるのは、
昔から変わらないのかも知れません。

比較的、花に興味がなかった割には
不思議なくらい心が和みました。

ブログ記事にもなり、言うことなし!
 
早起きの秘訣 
朝、職場に着いたら”寝る”、昼ごはん食べたら”寝る”、夕ご飯食べたら”寝る”、時には夜食後”寝る”・・・その後 一般的な睡眠に入ります、休みの時は 朝、昼の間&昼夜の間に”寝る”これが私の睡眠パターンです・・・・良いのかな~(汗)・・・・。
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
Re: 早起きの秘訣 
KIM uraさん、毎度です。

器用ですよね、節目ごとに寝れるなんて・・・。

随分前にブログに書いたように、私は重度の
睡眠時無呼吸症候群の治療を現在も継続中なので、
こまめに睡眠が採れる人を羨ましく思います。
http://moto184.blog10.fc2.com/blog-entry-55.html
※ご参照

年齢も関係してますが、最近”夜ふかし”というものが
殆ど出来なくなりました。

休日でも7:00前後には必ず目覚めます。

週末に夜ふかししたり、朝帰りしていた若かりし頃が
妙に懐かしく感じられます。

結局、人生の半分近くは”睡眠”になりますので、
こまめにコントロール出来ることがベストですよ!
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
 
我が家の庭にもやっとツツジが咲き始めたわ♪
 
Re: タイトルなし 
みゆきんさん、毎度です。

やっとブログ記事を更新しました。
入れ込み過ぎてムッチャ長くなってしまいました。

みゆきんさんのように、スラスラ文章書ける人って
羨ましいなぁ!

又、我家はマンション(しかも分譲賃貸)なので
お庭があるって羨ましいなぁ!!
 


 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
 
 
Category

  • 3Dカメラ (43件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (15件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball


 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS