3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

アビーロードのジオラマ

Edit Category 模型
所要で大丸梅田店に行く機会があり、11階の東急ハンズに立ち寄ったところ、ビートルズの日本でのレコードデビュー50周年企画として「ビートルズコーナー」が設置されていた。1964年の2月5日、東芝音楽工業株式会社がビートルズの『抱きしめたい/こいつ』(I Want To Hold Your Hand / This Boy)のシングル・レコードを発売した。これが日本で最初に発売されたビートルズのレコードで、日本デビューから50周年を迎える。

The Beatles Title The Beatles

ビートルズだけでなく、デビュー50周年を迎えたローリングストーンズは8年振りに来日公演を催し、ブライアン・ジョーンズ没後の黄金期のギターメンバーのミック・テイラーがゲストで登場するなど話題満載である。昔バンドを組んでいた音楽好きで、実際にローリングストーンズのライブを観に行ったことがある私にとっては、何かとこのような企画は有難く、購買意欲も唆られるものだが、イエローサブマリンのホビーやマグカップや卓上カレンダーなどの商品が並ぶ中で、あまり聞いたことがないひと際異色のモノが目に留まり手に取ってみた。

THE Rolling Stones 14 on Fire Japan Tour
The Rolling Stones 14on Fire Japan Tour

それには『ザ・ビートルズ / アビーロード 立版古ペーパージオラマ組み立てキット』(1050円)と書かれており、ペーパークラフトによるジオラマセットとのこと。このジオラマセットは、「元祖 日本のペーパージオラマ」立版古シリーズとして、ビートルズのアルバムジャケット『アビーロード』が販売されたもの。切る、折る、貼る、という単純作業ながら、完成すれば箱型の3Dジオラマが出来上がる。“3D”“ジオラマ”というキーワードと気軽な価格に反応し、即効で購入することを決めた。
『ザ・ビートルズ アビーロード 立版古ペーパージオラマ組み立てキット』全容

この立版古なるものは、江戸時代より盛んに親しまれた「錦絵」を切り抜いて作る「おもちゃ絵」として広く楽しまれた。大正時代にはすっかり姿を消してしまったこの遊びを、現代風にアレンジしたもの。立版古の面白さは、「単純さに反しての視覚効果」や「誇張されたパース」といった不思議さであり、舞台の「書き割り」に近い視覚効果が得られる。輪郭線で表現された浮世絵は元々2D描写だが、境界線が明確であるだけに立版古に適した被写体と云える。私のお気に入りで、浮世絵を3Dで堪能できるゴマチチさんが制作するシャドーボックスに通じるものがある。

浮世絵の立版古

立版古

パッケージは「折れ防止」も兼ねた『アビーロード』のジャケットポスター(260mm×260mm)の表紙が目に留まる。出来上がりのサイズも120mm×120mm×76mmで、正面からは、丁度CDジャケットサイズになり、CD棚とかに飾ってもフィットするように考えられている。

『ザ・ビートルズ アビーロード 立版古ペーパージオラマ組み立てキット』② 『ザ・ビートルズ アビーロード 立版古ペーパージオラマ組み立てキット』③

箱型の裏面や側面は『アビーロード』の裏ジャケットの塀のデザインで表現され、イギリスApple社との提携によって実現した製品だけにビートルズマニアには垂涎の製品になっており、このアルバムに思い入れのある人や、まだ聞いた事無い人へ一生懸命組立てたジオラマをプレゼントできるよう、ミニギフトカードも作れるように入れてある。

『ザ・ビートルズ アビーロード 立版古ペーパージオラマ組み立てキット』④

詳細まで拘わった作りにで、小さな部品も多く、見た目ほど簡単なものではなさそうだ。元々、紙工作は好きな方で、部品ごとの輪郭を丁寧に切り抜けば、紙工作とは思えない立体ジオラマになるかも知れない、と思いながら、少しずつ組み立ててみることにした。組立てながらいつの間にか、オリジナルジャケットに思いを馳せながら作成していることにあらためて気付かされる。

『ザ・ビートルズ アビーロード 立版古ペーパージオラマ組み立てキット』①

私は年齢的にリアルタイムでビートルズを聴いた世代ではないのだが、中学生の頃にギターを弾き始めたときに、当時よく聴きよくギターを練習した『かぐや姫』の曲で『アビーロードの街』の歌詞にある ♪ビートルズの歌が聞こえてきそうと 二人で渡った交差点♪ という一節によって、ビートルズのアルバム名を認識したことから始まった。

『アビーロードの街』かぐや姫
『アビーロードの街』かぐや姫

このブログのプラグイン(左側のスペース)の一番下にも『アビーロード』のパロディGIFアニメを設置しており、これをクリックすると、ビートルズのアルバムによって、“世界一有名な横断歩道”のライブ映像に繋がるように設定している。叉、同じようなパロディGIFアニメもネットには数多く存在する。

ABBEY ROAD WALK ABBEY ROAD ANOTHER
ABBEY ROAD FINGER ABBEY ROAD to ROOFTOP

それほど『アビーロード』は時代を超えて語り継がれ、広く知れ渡り、こうして「元祖 日本のペーパージオラマ」立版古シリーズとしてジオラマセットにもなったビートルズの『アビーロード』は、果たしてどのようなアルバムだったのか?

The Beatles Albums

ビートルズは、2枚組の超大作『ザ・ビートルズ』(The Beatles通称:ホワイトアルバム)発表後、方向性の違いが顕著になり、各々の道を歩み始めていたメンバー達は、既にビートルズとして行動する事は殆どなくなっていた。メンバー4人の溝が深まる中、ポール・マッカートニーは何とか関係を修復するため、「観客を前にしたコンサート」を行なうことを提案した。

Beatles.jpg

他のメンバーは一旦興味を示したものの、規模や内容、開催時期について意見の食い違いを見せる。最終的には「スタジオでのコンサートを収めたテレビ番組を作り、幾つかの新曲を用意し、曲を仕上げていく過程も収める。コンサートで演奏するという前提で、新曲は複雑な編集作業を伴わないシンプルなものにする。音源はレコードとして発売する」ということで合意に達し「ゲット・バック・セッション」が始まった。

Get Back Session GET BACK

しかし、セッションは単なるレコード制作作業に切り替わり、「ゲット・バック」などのシングル曲を生んだだけで、1ヶ月足らずで打ち切られた。結果メンバー間の亀裂は埋まらず、この時作られたアルバム『ゲット・バック』も映画『レット・イット・ビー』との兼ね合いもあり、オクラ入りになってしまった。

ルーフ・トップ・コンサート
The Beatles Rooftop Concert

この時のセッションに、アップル社屋上で行われた映画用の通称”ルーフ・トップ・コンサート”の演奏を加えて、1970年に入ってフィル・スペクターの再プロデュースの下、一部の追加録音やオーケストラのオーヴァー・ダブが行われ、ビートルズのラストアルバム『レット・イット・ビー』として発表された。

The Beatles Let it be gif

ビートルズとしての存在意義が益々薄れていった頃、ポールはジョージ・マーティンを訪ね、以前の様に全員が一致協力したアルバムが制作したいと申し出た。ジョージ・マーティンも、4人全員の全面協力を条件に、アルバム制作を承諾した。

アビーロードのジャケット(左側が裏/右側が表)
ABBEY ROAD ①

中央の採用写真とNG版含むその他の写真(左)/背景写真(右)
ABBEY ROAD ②

メンバー達はソロ活動を一時中断し、アビーロード・スタジオに集り、1969年2月から同年8月まで断続的にレコーディングが行われた。『アビーロード』は、20世紀の文化史上に偉大な足跡を刻んだビートルズの最後の輝きと称するに相応しい内容に仕上り、1969年9月26日。12枚目のオリジナル・アルバムとしてリリースされ、ビートルズの全アルバム中でも1、2を争う傑作となった。再び一緒に演奏する事はないという意識で、過去の感傷に浸るというよりは、寧ろ晴れ晴れとして、爽やかな曲が多い。これで”ビートルズ”という重荷から解放される想いがこのようなトーンを生み出したのかも知れない。

ABBEY ROAD 3D

『レット・イット・ビー』は最後に発売された事もあり、解散間際のビートルズが収められているが、『アビーロード』は、ビートルズの原典であるハーモニーの魅力や爽やかなサウンドを持つ曲が収められ、メンバーの個性と共にビートルズというグループの魅力を堪能することが出来る。このような経緯から、『アビーロード』こそがビートルズの事実上のラストアルバムと呼ばれることも多い。

アビーロードスタジオのビートルズ
アビーロードスタジオのビートルズ

『アビーロード』の特色は、B面の大部分を占めるメドレーである。未完の曲を繋ぎ合わされたB面のメドレーは素晴らしいアイディアと云われ、ポールとリンゴは「B面のメドレーは僕らの最高傑作のひとつ」と発言したが、ジョンはジャンク(ガラクタ)を集めただけ、と些さか否定的である。ローリング・ストーン誌では、「本作のB面のみで、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に匹敵する」と評された。イギリスのミュージック・ウィーク誌では17週連続、アメリカのビルボード誌では11週連続1位を獲得し、1970年度年間ランキング第4位を記録している。

Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band
Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band

『アビーロード』のアルバムジャケットは、当時の「ポール・マッカートニー死亡説」を裏付けるものとされ、白いスーツで長髪にひげを蓄えたジョンは「神父」、黒いスーツを着たリンゴは「葬儀屋」、左利きにもかかわらず右手にタバコを持ちスーツ姿で裸足のポールは「死体」、デニムシャツにジーンズ姿のジョージは「墓堀人」とされ、路上に駐められたフォルクスワーゲンのナンバープレート「28IF」は、「もし(If)ポールが生きていたら28歳だった」というメッセージであると囁かれた。

ロンドンオリンピック開会式のポール・マッカートニー
London Olympic Paul McCartney

言うまでもなくポール・マッカートニーは現在も生きており、ロンドンオリンピックの開幕式で、「ヘイ・ジュード」を熱唱し、2013年11月には11年振りの日本公演を果たしている。色々言われたことは全て後付けの理屈で、4人の格好は単に私服であり、偶然駐車していた車のナンバーにも何の意味もなかった。都市伝説の成り立ちの性質を示している点でも、ビートルズのレジェンドを示している点でも大変興味深い話と云える。

ジャケット写真撮影の様子
Abbey Road Photography

ロンドンのアビーロード・スタジオ前の横断歩道で撮影されたあまりにも有名なジャケット写真は、ジョンの友人のカメラマン イアン・マクミランによって撮影され、1969年8月8日、警察に依頼して通行止めにしてもらい(背景にパトカーが写っているのはこのため)、30分の間にメンバーが横断歩道を6回往復するところを撮影した中の1枚を採用した。横断する方向が違うものや、ポールが裸足だったり、サンダルを履いていたりと色々な点で違った写真が残っている。

ポールが描いたアビー・ロードのジャケットアイデア・スケッチ
Abbey Road Sketch

横断歩道を横断するビジュアルはポールによる発案で、ポールが描いたアイデア・スケッチと簡単な貴重なメモが残っている。尚、フォトセッションの直前に撮影された写真が日本のシングル盤「オー・ダーリン/ヒア・カムズ・ザ・サン」のジャケットに用いられた。また裏ジャケの写真は“ABBEY ROAD”と表示のある塀を撮影したものだが、その際偶然に青い服の女性が横切ってしまい、この写真を面白がったメンバーにより、結局裏ジャケットとして採用された。

アビーロードのジャケット撮影(左)とオー・ダーリン/ヒア・カムズ・ザ・サン 日本シングル盤 ジャケット(右)
アビーロード撮影の様子 オー・ダーリン ヒア・カムズ・ザ・サン 日本シングル盤 ジャケット

アビーロード・スタジオ前のこの横断歩道は人気の観光スポットとなっており、道路は現在も通常に使用されているにも関わらずジャケット写真のポーズを取る観光客が後を絶たず、昔から観光客の死亡事故や接触事故などが起こっている。実際に前述の『アビーロード』の横断歩道のライブ映像サイトを覗けば、頻繁に通過する自動車と歩行者が映し出され、見ていてヒヤヒヤするほど危険な場所であることが判る。

アビーロード・スタジオ
Abbey Road Studios 2007.03.31

一方で、この横断歩道は世界中から多くのビートルズ・ファンが訪れる場所であり、その文化的背景から景観の保存が検討され、アルバムジャケット撮影から41年後の2010年12月、イギリス政府により、横断歩道は英国の文化的・歴史的遺産の指定を受けた。建物以外が指定されるのは初の事例である。

(交差法)
ABBEY ROAD 立版古①(交差法)
(平行法)
ABBEY ROAD 立版古①(平行法)

さて、肝心の『アビーロード』の立版古が完成した。略半日費やしたが、4人のメンバーの輪郭や樹木など出来るだけ“切りシロ”を残さないよう丁寧にきりとったので出来栄えには満足しており、道路には傾斜がある作りで、奥行の距離感が迫力を増すことで、立体感、ジオラマ感も今まで味わったことがない不思議な感覚が堪能出来る。

(交差法)
ABBEY ROAD 立版古②(交差法)
(平行法)
ABBEY ROAD 立版古②(平行法)

この製品の企画製作者によれば、オリジナルジャケットでは写ってない左右の見えない部分の背景を、ジオラマにした際には表現する必要があり、出来るだけ”当時の”本当の背景を意識した作りにしたとのこと。現地の画像のみならず、右側の真ん中くらいにある「教会」は、今は建て替えられて違う姿になっている為、再現にする際に苦労したらしいが、左側の「低いレンガ壁」は、実際の写真をベースに合成できたらしい。

Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band on GIF

この立版古ペーパージオラマ組み立てキットのビートルズアルバムシリーズの第二弾として、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)を準備中とのこと。アルバムジャケットの登場人物が多いため、『アビーロード』以上に、著しく細かい作業が不可欠なことが予測される。

(交差法)
ABBEY ROAD 立版古③(交差法)
(平行法)
ABBEY ROAD 立版古③(平行法)

(交差法)
ABBEY ROAD 立版古④(交差法)
(平行法)
ABBEY ROAD 立版古④(平行法)

異色のモノだけに他の模型やフィギュアとの釣り合いが難しく、MOTO’s Museumへの展示は諦めた。リビングの居酒屋におけるノスタルジックジオラマと同じような発想で、食事の合間に“アビーロードのジオラマ”を堪能できるようガラス天板のダイニングテーブルの中に展示することにした。
関連記事
スポンサーサイト

Newer Entry回想放浪記

Older Entry四天王寺の神秘と聖徳太子の謎

Comments
ブログ拝見しました 
ブログ拝見しました

この頃のMOTOさんブログは文章とても面白いです
今回の”立版古ペーパージオラマ"
じっくり読まさしていただきました、構成力UPしたように感じられます(失礼)

”立体画像”少なめなのがちょっと残念

また、また、また、関係の無いコメントですみません、懲りずにまた アニメUPしました 宜しければ。
 
 
去年、遺品にビートルズのアルバムがあった
聞きたいけど、プレイヤーがない
アビロードの街って歌は、かぐや姫も歌ってたのね
聞いた事があります
あの日の~君は~♪←ここまで(*^^*ゞ
 
Re: ブログ拝見しました 
KIM uraさん、毎度です。

アニメーション、素晴らしいです。
動きも音声もデザインも以前より
バージョンアップ(失礼)して
かなり洗練されてます。

ふと感じられたのは、宇宙以外の世界観
でも面白いと思いました。

漠然としたイメージですが、昭和時代の
ノスタルジックなシチュエーションも
面白く表現できることを痛感しました。

出来れば、KIM uraさん得意の
メカデザインを織り交ぜて・・・・。

新しい記事は、写真の少なさをカバー
するための構成でしたが、音楽好きなので
意識的にビートルズを掘り下げてみました。

いつもコメント戴き、心より深謝です。
 
Re: タイトルなし 
みゆきんさん、毎度です。

”アビーロードの街”をご存知なんですね\(◎o◎)/!
でも、私はかぐや姫以外は聴いたことありません。

大好きな伊勢正三のボーカルと'70年代の東京 青山を
イメージさせる曲と詩は、当時としては洗練されていると
感じられました。

でも、それらのすべては、ビートルズが影響を与えていた
ことに、あらためて驚かされます\(◎o◎)/!
 
ありがとうございます 
ありがとうございま~す

音関係もまだまだ勉強が必要なのです(トーンとピッチが何なのか解らない私ですので・・・)

昭和時代・・いいですね~、今まで何度か挑戦したのですが(みいちゃん)全く昭和らしくないのです
押さえ所が???なもんで

いずれ、再挑戦してみようと思ってます。
 
 
ビートルズが嫌いな人っていないと思うよ
広い世代で大好き
私の父も好き
私はかぐや姫や拓郎、サザン命(*^^*ゞ
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 


 
08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07 09


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
 
 
Category

  • 3Dカメラ (43件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (15件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball


 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS