3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

昭和へのタイムスリップ

Edit Category 3Dカメラ
前回記事で訪れた新梅田シティ梅田スカイビルの地下一階に『滝見小路』という昭和の街並を再現したレトロな食堂街ある。本来は『ドイツ・クリスマスマーケット大阪2013』を目的に新梅田シティを訪れたのだが、この『滝見小路』から漂うレトロな雰囲気に惹かれ、何枚も写真撮影してしまった。

昭和の街並を再現したレトロな食堂街 『滝見小路』
滝見小路

最近、このようなレトロな雰囲気をわざわざ醸し出す店舗を見かける機会も多いが、この『滝見小路』の昭和時代の再現は秀逸で、石畳の路地に昔懐かしいダイハツミゼット、ビクターのニッパー君、丸い郵便ポスト、井戸、レトロな看板、格子戸、お稲荷さんなどを眺めながら歩くと、昭和にタイムスリップしたような感覚に浸れる。

ダイハツミゼット
(交差法)
滝見小路ミゼット①(交差法)
(平行法)
滝見小路ミゼット①(平行法)

(交差法)
滝見小路ミゼット②(交差法)
(平行法)
滝見小路ミゼット②(平行法)

串かつ専門店 串の坊
(交差法)
滝見小路串の坊(交差法)
(平行法)
滝見小路串の坊(平行法)

滝見交番
(交差法)
滝見小路滝見交番(交差法)
(平行法)
滝見小路滝見交番(平行法)

ビクターのニッパー君
(交差法)
滝見小路ニッパー君①(交差法)
(平行法)
滝見小路ニッパー君①(平行法)

(交差法)
滝見小路ニッパー君②(交差法)
(平行法)
滝見小路ニッパー君②(平行法)

丸い郵便ポスト
(交差法)
滝見小路ポスト(交差法)
(平行法)
滝見小路ポスト(平行法)

店舗もバラエティに富み、重複せぬよううまく構成されており、各々の外観も昭和初期を思わせる造の建物が軒を連ね、まるで実物の街の一角を切り取ったような設定になっている。残念ながら、午後三時頃の訪問であったので準備中の店舗が多かったが、反面、人もそれほど多くなかったため、比較的撮影しやすく感じられた。

らーめん 喜らく
(交差法)
滝見小路喜らく(交差法)
(平行法)
滝見小路喜らく(平行法)

レトロな看板
(交差法)
滝見小路レトロ看板(交差法)
(平行法)
滝見小路レトロ看板(平行法)

美容室 やわらぎ 〜和〜
(交差法)
滝見小路美容室やわらぎ(交差法)
(平行法)
滝見小路美容室やわらぎ(平行法)

いなせ寿司
(交差法)
滝見小路いなせ寿司(交差法)
(平行法)
滝見小路いなせ寿司(平行法)

鳥料理 大阪 新三浦
(交差法)
滝見小路大阪新三浦①(交差法)
(平行法)
滝見小路大阪新三浦①(平行法)

(交差法)
滝見小路大阪新三浦②(交差法)
(平行法)
滝見小路大阪新三浦②(平行法)

梅田スカイビルという近代的で無機質な建築デザインのビルディングとは対照的な『滝見小路』の雰囲気に意外性を感じると同時に、地下一階という設定条件もあって、映画やドラマのセットの様に、昭和の街を統一感のある色調で、少し薄暗い雰囲気を醸し出して表現していることが、撮影した写真を観ると良く判る。

滝見指南(お稲荷さん)
(交差法)
滝見小路滝見指南(交差法)
(平行法)
滝見小路滝見指南(平行法)

牛たん料理専門店 たんや舌
(交差法)
滝見小路たんや舌(交差法)
(平行法)
滝見小路たんや舌(平行法)

タバコ屋
(交差法)
滝見小路タバコ屋①(交差法)
(平行法)
滝見小路タバコ屋①(平行法)

(交差法)
滝見小路タバコ屋②(交差法)
(平行法)
滝見小路タバコ屋②(平行法)

『滝見小路』の街並みは昭和初期の再現という触れ込みではあるが、西洋洗濯屋(現在のクリーニング屋の元祖?)と称する店舗空間には、ウルトラQのカネゴンやリカちゃん人形、平凡パンチ、ビートルズのLPレコード、VANのジャケット、マジソンバックなど、昭和40年代の象徴的なものが展示されていた。

西洋洗濯屋
(交差法)
滝見小路①(交差法)
(平行法)
滝見小路西洋洗濯屋①(平行法)

(交差法)
滝見小路西洋洗濯屋②(交差法)
(平行法)
滝見小路西洋洗濯屋②(平行法)

この『滝見小路』では、毎月第1土曜日の11:00~19:00は、手作りアクセサリーやアンティーク時計他、なつかしいオモチャ、生活骨董などを販売するノスタルジックマーケットが開催される。又、大阪を360度の視界で一望できる梅田スカイビル最上部の空中庭園の入場チケットによる割引制もあるとのこと。

梅田スカイビル
(交差法)
梅田スカイビル(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル(平行法)

以前、このブログで記事にした”ノスタルジックジオラマへの挑戦”として、昭和40年代をターゲットにした『ALWAYS 三丁目の夕日 情景フィギュア』やその前の時代設定の『梅ちゃん先生 大衆酒場 木製キット』を制作したこともノスタルジックな世界に浸りたい想いからであり、年齢を重ねるごとにその想いが強くなっていくことを感じている。

『ALWAYS 三丁目の夕日』 ジオラマセット
(交差法)
『ALWAYS 三丁目の夕日』ジオラマセット①(交差法)
(平行法)
『ALWAYS 三丁目の夕日』ジオラマセット①(平行法)

(交差法)
『ALWAYS 三丁目の夕日』ジオラマセット②(交差法)
(平行法)
『ALWAYS 三丁目の夕日』ジオラマセット②(平行法)

『梅ちゃん先生』 大衆酒場模型
(交差法)
梅ちゃん先生 大衆酒場模型(交差法)
(平行法)
梅ちゃん先生 大衆酒場模型(平行法)

『サザエさん』 磯野家の模型(フジテレビ本社展示)
(交差法)
磯野家の模型(交差法)
(平行法)
磯野家の模型(平行法)

『ニッパー君』 陶器の置物
(交差法)
ニッパー君(交差法)
(平行法)
ニッパー君(平行法)

これは、多感な子供の頃に、見る物、聞く物に新鮮な感動を覚えた記憶という捉え方も出来るのだが、一方で、現在の考えや想いが少年時代と実はあまり変わっていないのでは?という感覚に陥り、そのことに対する実際の時間の経過、或いは、その間の著しい進化とのギャップから生じる心理、という捉え方もできるのである。

絵で見る昭和 『白黒で見たオリンピック』
絵で見る昭和『白黒で見たオリンピック』

何れにせよ、ノスタルジックなモノを目の当たりにすることで、子供の頃の夢や空想などに似た感覚を懐かしむように、この心地の良い空間へのタイムスリップを今後も求めていくのであろう。

レトロ
スポンサーサイト

大阪 12月のイベント

Edit Category 3Dカメラ
大阪に引越して間もない昨年の12月に中之島の大阪市役所前~中之島公園で開催される『OSAKA光のルネサンス』を嫁さんと訪れたが、今年もクリスマスシーズンを迎え、JR大阪駅北地域「うめきた」の先行開発区域に新たなランドマークとして今年4月にオープンした複合施設「グランフロント大阪」を起点にし、昨年とは違う冬のイベントを訪れ、一味違った冬の大阪を堪能することにした。

グランフロント大阪
グランフロント大阪

グランフロント大阪北館の中核施設、“知的創造拠点” として誕生した「ナレッジキャピタル」はコワーキングスペースや事務所スペース、会議スペース、展示、商業スペースなど、さまざまなピースが集まってできた複合施設である。建物に入ってすぐのホールはかなり広く、開放的な吹き抜けに大きなクリスマスツリーが吊るされ、空間を圧迫することなく、クリスマスムードを盛り上げている。

(交差法)
グランフロント大阪①(交差法)
(平行法)
グランフロント大阪①(平行法)

「ナレッジキャピタル」内、The Lab.(ザ・ラボ)の3階において独立行政法人 情報通信研究機構(NICT:National Institute of Information and Communications Technology)によるメガネなしで立体映像を見ることができる世界初の200インチ裸眼立体ディスプレイ(REI:Ray Emergent Imaging)が展示されていた。REIは約200視点の多視点映像が表示可能で、見る位置に応じて自然な立体像を同時に観察でき、3Dカメラでこのビジョンを撮影した画像も立体感があることにあらためて驚愕した。

(交差法)
200インチ裸眼立体ディスプレイ(交差法)
(平行法)
200インチ裸眼立体ディスプレイ(平行法)

グランフロント大阪は、都心の一等地にいながら緑や水、光を感じられる空間で、ゆっくりそぞろ歩きしながら買い物や食事を楽しめることを意識している。南館と北館9階には屋上庭園が広がり、敷地内の西側をせせらぎが流れ、いちょう並木が続く。南館と北館の間を東西に横断する幅11mの歩道はケヤキ並木に整備され、公道を活用したオープンテラスカフェがある。

(交差法)
グランフロント大阪②(交差法)
(平行法)
グランフロント大阪②(平行法)

(交差法)
グランフロント大阪③(交差法)
(平行法)
グランフロント大阪③(平行法)

グランフロント大阪の南館と北館の間の道路を西方向の横断歩道を渡ると地下歩道があり、地下歩道を抜けた反対側の出口から地上に上がった横断歩道の先の新梅田シティは、ウェスティンホテル大阪空中庭園展望台が最上部にある「梅田スカイビル」「中自然の森」、日本の原風景「花野・新里山」などから構成されている。

(交差法)
新梅田シティ①(交差法)
(平行法)
新梅田シティ①(平行法)

二棟連結超高層ビル「梅田スカイビル」は、地下1階に昭和初期の街並を再現したレトロな食堂街「滝見小路」がある他、オフィス・イベントホール・映画館などを備えた近未来的外観のビルとは対照的に、森や田畑では自然に触れながら都会の喧騒を忘れさせられる「都会のオアシス」的な存在として憩いの場所としても親しまれている。

(交差法)
新梅田シティ②(交差法)
(平行法)
新梅田シティ②(平行法)

(交差法)
新梅田シティ③(交差法)
(平行法)
新梅田シティ③(平行法)

新梅田シティ・ワンダースクエアで開催されている『ドイツ・クリスマスマーケット大阪2013』は、2013年11月15日(金)~12月25日(水)の期間に開催され、大阪で本場ドイツを味わえる冬季大阪の最大級イベントである。

ドイツ・クリスマスマーケット大阪2013

梅田スカイビルにドイツ総領事館が入っている関係で、ヨーロッパで2番目に古く、毎年はるばるドイツから運ばれる本物の木製アンティーク・メリーゴーランドの利用が実現できているとのこと。会場には世界最大級のクリスマスツリーもある。

(交差法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013①(交差法)
(平行法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013①(平行法)

(交差法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013②(交差法)
(平行法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013②(平行法)

ドイツは、クリスマスマーケット発祥の地として有名で、会場に並ぶヨーロッパ式木製の小屋(ヒュッテ)には、屋根には熟練のドイツ職人が造った屋根飾り人形が並び、ドイツのクリスマスマーケットを再現している。今年で12回目を迎え、もはや大阪の冬の風物詩といっても過言ではないくらいに浸透した新梅田シティの定番のクリスマスイベントである。

(交差法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013③(交差法)
(平行法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013③(平行法)

(交差法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013④(交差法)
(平行法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013④(平行法)

(交差法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013⑤(交差法)
(平行法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013⑤(平行法)

クリスマスオーナメントやエルツ人形などの民芸品の販売や、ドイツ直輸入の本場ソーセージやビールや名物ホットワインなど、本場の雰囲気さながらのクリスマスを楽しめるとあって、会場は家族連れや若いカップルで溢れかえっていた。

(交差法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013⑥(交差法)
(平行法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013⑥(平行法)

(交差法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013⑦(交差法)
(平行法)
新梅田シティ ドイツクリスマスマーケット大阪2013⑦(平行法)

オープンから3年目を迎える大阪ステーションシティでは、5階 時空の広場にて、2013年11月6日(水)~2014年1月19日(日)の期間、『Twilight Fantasy トワイライトファンタジー ~光り輝く天空の城~』が催されている。

大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー

「光り輝く天空の城」を空間コンセプトとし、煌びやかなヨーロッパのお城をモチーフに「時空(とき)の広場」を約12万5千球のLEDで彩られ、幻想的な空間を演出する。

(交差法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー①(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー①(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー②(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー②(平行法)

最大で高さ18m×幅20mの大迫力の星空のヴェールのストロボライトが点滅する。延べ床面積約240㎡にLEDが敷き詰められ、イルミネーションで魅せる華やかな庭園を表現している。ドーム屋根からのびる3本のバトンから、最大で高さ6m×幅20mの圧倒的なスケール感で、3つの異なる形のお城が浮かび上がり、見る角度により様々に変化する「光り輝く天空の城」を楽しめた。

(交差法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー③(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー③(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー④(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー④(平行法)

巨大な屋根を設置し、2011年5月に『大阪ステーションシティ』(OSAKA STATION CITY)として装いを新たにしたJR大阪駅から、電車で帰路に就く前に或いは梅田で食事する前に気軽に立ち寄れる位置にあり、会場ではイルミネーションを背景にして多くの人が記念撮影している様子が散見された。

(交差法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー⑤(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ トワイライトファンタジー⑤(平行法)

日も暮れて京橋で買い物して帰るつもりだったが、テレビのCMで見た『大阪城3Dマッピング・スーパーイルミネーション』がこの日から開催され、開始時間の18:30までに大阪城天守閣に行ける場所にいることから、近くまで行ってみることにした。

大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション ハウステンボス×大阪観光局

CMによればハウステンボス大阪観光局との共同主催によるこのイベントは有料で、「大阪城プロジェクションマッピング」をはじめ、城内西の丸庭園一帯をイルミネーションで彩る所要時間10分弱の催しが1600円(通常開催日料金)以上もするとのこと。大阪城の見える場所まで行けば、あわよくば“タダ”で観れるかも知れないという魂胆であることは言うまでもない。

大阪城3Dマッピング・スーパーイルミネーション
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション

大阪城天守閣をスクリーンに、立体映像を投影する3Dプロジェクションマッピングは、この光の芸術祭の目玉。計12台の大型プロジェクターを使い、10分弱にわたって天守閣に、チョウや花、龍や虎、幾何学模様、しま模様、モザイク模様、時には燃え盛る炎に包まれる大阪城は、普段の勇壮な姿とは違う姿を演出するとのこと。

(交差法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション①(交差法)
(平行法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション①(平行法)

日本国内でもポピュラーになってきたプロジェクションマッピング。2013年の冬に新装されて間もない東京駅舎で開催された大規模なプロジェクションマッピングは大きな反響を呼び、『OSAKA光のルネサンス』でも大阪市中央公会堂で3Dマッピングが催され、その迫力ある演出を堪能することができた。

(交差法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション②(交差法)
(平行法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション②(平行法)

(交差法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション③(交差法)
(平行法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション③(平行法)

大阪城の天守閣の周りには、我々夫婦と同様に“タダ観狙い”の人が数多く集まっていた。さすがに距離が近すぎて、大阪市中央公会堂の3Dマッピングとときと違い画像演出が解かりにくいのだが、目まぐるしい色彩変化などは堪能できる。音響も遠くで聞こえてくるので臨場感が湧かないのだが、“タダ”と思えば、不思議に我慢できるものである。

(交差法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション④(交差法)
(平行法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション④(平行法)

(交差法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション⑤(交差法)
(平行法)
大阪城3Dマッピング スーパー イルミネーション⑤(平行法)

12月はクリスマスシーズンでもあり、冬の夜に冷え込んで澄んだ空気の中で見るイルミネーションは幻想的なイメージも掻き立てることもあり、近年大阪では、この時期に数多くのイベントが開催される。一昔前の歓楽街やパチンコ屋のネオンと違い、LED普及により、電飾量に対する電力消費を節約できていることも無関係ではないようだ。大阪のイルミネーションイベントは年々拡大していき、大阪城天守閣までも艶やかに演出するところは如何にも大阪らしい。

エアポートの回想

Edit Category 3Dカメラ
我々夫婦の結婚記念日は11月25日である。22年前のこの日にハワイオアフ島(Oahu Island )のカハラ ヒルトンホテル(現在のカハラホテル&リゾート)のプライベートビーチを含む式場で結婚式を挙げた日である。お互いの両親と嫁さんの妹をハワイに招き、身内だけの挙式であったが、当時はまだまだ海外で身内のみの挙式をしようものなら、「サラリーマンとして、如何なものか。」とか、「芸能人じゃあるまいし・・・。」などの批判を浴びていた時代背景を妙に懐かしく想い出す。

カハラ ヒルトンホテル(現在のカハラホテル&リゾート)
カハラホテル&リゾート

海外での挙式を選んだ理由は、こういう機会でもなければ、お互いの両親は海外旅行など行かないと思ったこと。大勢の人の前でマジシャンみたいなタキシードに身を包み、大工職人の親父がおふくろと共に各テーブルを廻り、挨拶しながらお酌していく姿などどうしても回避したかったこと。結婚資金を効果的な使い方にするべく、両親に孝行したかったこと。等々、お金の使い方は人により千差万別だが、当時は嫁さんとの価値観が一致していたことを思い出し、あらためて驚かされる。

カハラ ヒルトンホテルのプライベートビーチ挙式場
カハラホテル&リゾート プライベートビーチ

ハネムーンも兼ねた旅は、大阪~ロサンゼルス(Los Angeles)~ラスベガス(Las Vegas)~サンフランシスコ(San Francisco)を経て、ハワイオアフ島でお互いの家族立会いの挙式であった。当時 関西空港はまだ完成しておらず、大阪国際空港(伊丹空港)からロサンゼルス直行便で旅立ち、お互いの家族も後日同じ空港からホノルル行きの直行便で合流した。私は現在でもドキドキするほど飛行機に乗るのが苦手なのだが、このときは、ラスベガスからグランドキャニオン(Grand Canyon National Park)を訪れるセスナ機での往復を含め、合計7回のフライトを経験し、帰国便ではまったく平気になっていたことを良く覚えている。

ロサンゼルス(左上)・ラスベガス(右上)・グランドキャニオン(左下)・サンフランシスコ(右下)
honeymoon.jpg

休日にその当時のことが何気に懐かしくなり、飛行機に乗る予定もなく大阪国際空港(伊丹空港)を訪れた。関西国際空港が完成して以来、国内線メインの空港となり、搭乗口は中央を境に日本航空(JAL)全日空(ANA)にハッキリと別れている。数年前に社長から、“羽田から伊丹に到着した際に誰かを迎えに来させてくれ”と云われ、当時の部下に“JAL側やで、間違えるな!”と差し向けたが、社長から電話で“来とらんぞ!”と叱責を浴びた。なんとJALの到着ゲートでなく、JALの出発ゲートで待っていたのである。

伊丹空港空撮
伊丹空港

空港ビルに入りまずは展望デッキに出てみた。旅客機は日本航空と全日空しか見当たらない風景であった。海外の航空会社の旅客機が見当たらないのは、少し淋しく感じるが、日本の航空会社に限定されていることで、統一感のあるデザインの旅客機を眺めるのもなかなか趣きがある。ましてや展望エリアからの距離感が関西国際空港や羽田国際空港に比べて近く、特に立体写真の撮影に適している。一方、南からこの空港に向かう航空機は、大阪市内から低空飛行せざるをえず、地元住民は、かなりの騒音を強いられており、民間機は7時以前・21時以降の離着陸が制限されているため、あまり夜遅くまで楽しめる場所ではない。

大阪市内を低空で降下する伊丹空港
伊丹空港2

夕日に染まりかけた西の空に向かって離陸する飛行機を見ながら、“この空港から結婚に向けてスタートしたんだなぁ。”とか、“お互いの父親(2011年他界)も当時はまだ還暦を迎えて元気だった。今思えば多少強引にハワイに連れ出して良かったなぁ。”など、いろんな想いが湧き上がってきた。そのことを嫁さんにしんみり話しかけると、「とにかく寒いので中に入るから、出来るだけさっさと写真を撮り終えてね。」とだけ言われた。

(交差法)
伊丹空港①(交差法)
(平行法)
伊丹空港①(平行法)

(交差法)
伊丹空港②(交差法)
(平行法)
伊丹空港②(平行法)

(交差法)
伊丹空港③(交差法)
(平行法)
伊丹空港③(平行法)

(交差法)
伊丹空港④(交差法)
(平行法)
伊丹空港④(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑤(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑤(平行法)

1994年開港した関西国際空港からは、2006年11月中旬に中国出張で利用したことがある。恥ずかしながらハネムーン以来の国際線フライトだったので、遅れないよう新大阪から関西国際空港まで特急はるかで向かった。新大阪駅ではるかに乗車する際、両手に大きなキャリーバックを携えた男の人が、階段を必至に下ってギリギリ間に合う残り僅かで階段を踏み外して転倒し、無情にも特急はるかのドアが閉まり発車したのである。関空快速と特急はるかの所要時間には雲泥の差があり、あの人は果たしてフライト時刻に間に合ったんだろうか?ということが後々気に掛かったことを良く覚えている。

(交差法)
伊丹空港⑥(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑥(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑦(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑦(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑧(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑧(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑨(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑨(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑩(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑩(平行法)

そのときの中国出張は、大阪~上海(Shanghai)~深圳(Shenzhen)※フェリー便~香港(Hong Kong)~大阪という経路であった。関西国際空港からは所要二時間で上海浦東空港に着いたが、上海浦東空港から深圳空港までは、所要三時間弱掛かったことで、中国の広さをあらためて痛感した。一方では、香港国際空港から帰国便を待つサクララウンジ(当時)で、日常業務での知人数名に遭遇したことで世間の狭さを感じた。今振り返れば、北京オリンピックを控え世界の注目を浴びて急成長していく中国に対して、日本企業がビジネスターゲットと捉え始めた当時の状況を顕著に現している。

(交差法)
伊丹空港⑪(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑪(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑫(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑫(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑬(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑬(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑭(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑭(平行法)

(交差法)
伊丹空港⑮(交差法)
(平行法)
伊丹空港⑮(平行法)

東京在住時の2010年10月に東京国際空港(羽田空港)国際線ターミナルが開業し、混雑が緩和した頃には是非と訪れたいと思っていたが、その一年後にその機会が訪れた。2011年の11月中旬に韓国への出張が確定し、又々恥ずかしながら5年ぶりに国際線フライトの機会が訪れた。なにせ羽田空港も過去に一度だけしか利用したことがなく、当時の住まいの江東区東雲から空港へのアクセスを経験することも併せ、空港ターミナルも満喫してみよう、ということで嫁さんと一緒に10月末頃に訪れた。

羽田空港空撮
羽田空港

りんかい線の東雲駅から天王洲アイル駅で東京モノレールに乗り換え、羽田空港国際線ターミナルまで約30分程度なのだが、天王洲アイルでの乗り換えは信号待ちで道路を横断するため、荷物が多い時や万一雨天の際には少々面倒な印象を抱いた。帰りは羽田空港~豊洲駅のリムジンバスを試してみたが、羽田からお台場を通過してウォーターフロントの景色を眺めながら約20分程度で豊洲駅に到着したのである。韓国出張当日は、フライト時間の3時間前発のリムジンバスに乗れば余裕もでき、苦手な飛行機搭乗前に嫁さんとゆっくりとコーヒーを飲んだり、訪問先へのお土産品を選んだりすることにした。しかしこの判断がとんでもない事態を招くことなど、この時は知る由もなかったのである。

(交差法)
羽田空港⑥(交差法)
(平行法)
羽田空港⑥(平行法)

(交差法)
羽田空港⑦(交差法)
(平行法)
羽田空港⑦(平行法)

11月中旬韓国出張への出発の日は晴天に恵まれた。予定通り豊洲駅前でリムジンバスの列に並んだが、予定時間になってもバスがなかなか現れず焦ったが、20分程度遅れて到着するや否や運転手がバスから降りてきて、「羽田空港への道路がかなり渋滞しており、一時間程度遅れる見込みですが、ご承知の方のみお乗り下さい。」とアナウンスされ、列の先頭に近い我々は躊躇し、急遽、タクシーに切り替える決断をした。しかし殆どの人はそのままバスに乗り込んだのである。

(交差法)
羽田空港①(交差法)
(平行法)
羽田空港①(平行法)

(交差法)
羽田空港②(交差法)
(平行法)
羽田空港②(平行法)

タクシーに乗って運転手に羽田空港までと告げると「お客さん、運が強いねぇ。私は羽田だけでなく、都内から成田に何度も間に合わせた経験があるから、リムジンバスに乗らなくて正解だったよ!」と心強いセリフが返ってきた。フライト時間を訊かれ、その運転手の過去の武勇伝を聞かされるとそれほどハードルは高くなさそうである。実際にその数分後にはお台場を通過したから、東京港トンネルを抜けて暫く走ると羽田空港が見えてくる筈だ。しかしその後に想像を絶する渋滞に直面し、暗雲が立ち込めてきたのである。

(交差法)
羽田空港③(交差法)
(平行法)
羽田空港③(平行法)

トンネルの中は当然ながら抜け道もなどなく、ジワジワと停止と前進を繰り返すしかない。暫くして運転手は「こんなの見たことねぇや。」と呟き、「しょうがねぇ、やるしかねぇか!」と言って隙を見て渋滞列を抜けて何度も執拗に先に割り込んでくれた。しかし羽田空港は一向に見えてこない。そのうちあれだけ威勢のよかった運転手から「お客さん、もしかしたら、マズイかも知らねぇな。今まで諦めたことないが、どうすることもできねぇや。」と告げられ、一旦は搭乗時刻に間に合わないことも覚悟したのである。

(交差法)
羽田空港④(交差法)
(平行法)
羽田空港④(平行法)

やきもきしながら、何度も諦めかけながら、タクシーは奇跡的に搭乗手続き時間ギリギリに空港に到着した。トランクから荷物を出して手渡してくれた後、「ハラハラさせて申し訳ねえな。料金割引かなきゃ気が済まねえよ。」と言って結構割引いてくれたのである。運転手は満面の笑みを浮かべ、「気をつけて、いってらっしゃい。」と言って握手してくれた。御礼を言うや否や、搭乗手続き窓口に急いだ。手続きを終えると係員から、「搭乗口までご案内しますので一緒に駆け足でお願いします。」と言われ、周囲からは結構目立つレベルで走り、息を切らすような感じで飛行機に乗り込んだ。

(交差法)
羽田空港⑤(交差法)
(平行法)
羽田空港⑤(平行法)

飛行機が離陸して安定飛行に達するまで心臓の鼓動が激しくなるものなのだが、この日は、ギリギリ間に合ったことへの安堵感と見送りに来てくれた嫁さんとコーヒーさえ飲むことも訪問先への土産物を買うこともできなかったことが交錯し、いつものようにドキドキするほど緊張するような状態に至らなかったのである。瞬く間に東京の上空を旋回した際に飛行機の窓から東京ウォーターフロントが見えてきた時に、つい先ほどまで渋滞で身動きがとれなかった地域を眺め、間に合うか否かでやきもきしていたことが何だか滑稽に感じられた。

東京空撮
東京空撮

いつもなら飛行機の中は落ち着かず、只々早く到着することだけを考えているものだが、この日は隣の席の女性から話しかけられ、搭乗時刻にギリギリ間に合ったことを説明すると、興味深く話を聞いてくれた。なんでもオペラや合唱団のプロのピアニストで、海外のイベントなどで歌曲、宗教曲、カンツォーネなども演奏する機会があるとのこと。この日もソウルでのイベントのピアノ演奏の仕事に向かうとのことであった。おかげで飛行機の中で楽しくリラックスした時間を過ごすことができ、退屈する間も無く金浦(Gimpo)国際空港に到着した。お互いに名刺交換し、私のブログも紹介したので、もしこの記事をどこかで読んでいただけたら幸甚である。

(交差法)
飛行機模型(交差法)
(平行法)
飛行機模型(平行法)


戦闘機の模型が主流ではあるが、私は飛行機の模型は好きなので、MOTO’s Museumにも旅客機の模型を飾ってあるのだが、前出にもあるように現在も飛行機に乗ることが億劫なのである。それ故、空港を利用する機会は極めて少ない方だと思う。しかし、空港を訪れたり、離陸する飛行機を見るたびに、感慨深くて面白くて滑稽で印象的な想い出や各々の一期一会やドラマが鮮やかに蘇ってくるのである。その想い出の映像は、中学生の頃に良く聞いたハイ・ファイ・セットが歌う『土曜の夜は羽田に来るの』(荒井由実 作詞・村井邦彦 作曲)が、バックグランドとして流れているのである。

羽田空港とスカイツリー
羽田空港とスカイツリー
 
12 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

11 01


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS