3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

茜色の週末

Edit Category 3Dカメラ
天気の良い週末の午後、嫁さんと三井アウトレットパーク マリンピア神戸を訪れ、全長3,911mで現在世界最長の吊り橋を誇り、本州四国連絡架橋事業の一環として、1988年(昭和63年)5月に現地工事に着手し、およそ10年の歳月を経て1998年(平成10年)4月に完成した明石海峡大橋を一望できる場所で、写真撮影を楽しむことにした。阪神梅田駅から山陽電鉄直通特急で須磨で乗り換え、JR西日本 山陽本線 垂水駅のすぐ北側に隣接する山陽垂水駅に着いた。

神戸市垂水区からの明石大橋全容
明石大橋全容

山陽電鉄は、本線(西代~山陽姫路)と網干線(飾磨~山陽網干)の約70Kmの2路線を運行し、JR山陽本線の南側をほぼ並走し、大阪~姫路間で競合している。速さと運賃の安さでJRが圧倒しているため新快速などは混雑してなかなか座れないのだが、山陽電鉄は乗客がまばらで座れる確率が高いことを利点とする人もいる。因みに山陽電鉄の筆頭株主は阪神電気鉄道だが、阪急阪神ホールディングスグループには参加していない。

山陽電車
山陽電車

三井アウトレットパーク マリンピア神戸
マリンピア神戸

マリンピア神戸は、神戸市垂水区のウォーターフロントにあるテーマパーク。三井不動産(ららぽーと)運営の「南欧の港町」をコンセプトにし、店舗面積16,600㎡。約90の店舗が入り、商圏人口は約500万人のアウトレットモールである。瀬戸内海に面した敷地からは、垂水漁港や神戸市及びヤマハ発動機運営のヨットハーバー 神戸フィッシャリーナなどが雰囲気を盛り上げ、買い物目当てのみならず、明石海峡大橋のビューポイントとしても訪れる価値がある。

マリンピア神戸

DIESEL LARKEE WASH 0885V
DIESEL LARKEE WASH 0885V

この日は特に目当ての買い物はなく、当初の目的通り明石海峡大橋をメインに写真撮影を楽しむことにしていたのだが、ブラブラとアウトレットモールの店舗を興味本位に巡っているうちにディーゼルのジーンズを相当気に入ってしまい、結果的に購入してしまった。他にトレッキングシューズなど有名ブランドから格安で販売されていたが、これ以上の衝動買いは控えることにした。

(交差法)
マリンピア神戸①(交差法)
(平行法)
マリンピア神戸①(平行法)

(交差法)
マリンピア神戸②(交差法)
(平行法)
マリンピア神戸②(平行法)

(交差法)
マリンピア神戸③(交差法)
(平行法)
マリンピア神戸③(平行法)

(交差法)
マリンピア神戸④(交差法)
(平行法)
マリンピア神戸④(平行法)

(交差法)
マリンピア神戸⑤(交差法)
(平行法)
マリンピア神戸⑤(平行法)

夕刻が迫り、目的の明石海峡大橋の方向に向かったが、既に陽が西に傾いてきており、想像以上の速度で夕陽の位置が下がっていった。神戸フィッシャリーナの先にある堤防には、多くの人が茜色の夕陽を浴びながら、明石海峡を眺めている。夕陽の形が見えなくなりかけた頃、明石海峡大橋近くの鳥の群れが一斉にこちら側(東の方向)に向かってくる様子が壮観であった。

(交差法)
明石大橋①(交差法)
(平行法)
明石大橋①(平行法)

(交差法)
明石大橋②(交差法)
(平行法)
明石大橋②(平行法)

(交差法)
明石大橋③(交差法)
(平行法)
明石大橋③(平行法)

(交差法)
明石大橋④(交差法)
(平行法)
明石大橋④(平行法)

(交差法)
明石大橋⑤(交差法)
(平行法)
明石大橋⑤(平行法)

(交差法)
明石大橋⑥(交差法)
(平行法)
明石大橋⑥(平行法)

(交差法)
明石大橋⑦(交差法)
(平行法)
明石大橋⑦(平行法)

この場所から見る夕陽は実に素晴らしい。三脚のついたカメラで夕景の時間帯をじっと待っていた人も数多く見受けられた。尾道出身の私は、橋のある風景に馴染んでいる為、レインボーブリッジ東京ゲートブリッジを一望できる東京湾岸地域の風景もお気に入りなのだが、残念ながら高所恐怖症が災いし、明石海峡大橋を含むこれらの橋を歩いて渡りたい欲求などなく、様々な距離や角度から眺めていたいのである。

明石大橋夕景
明石大橋夕景

翌週の休日は、先週買ったディーゼルのジーンズを早速履き、嫁さんと紅葉の名所 明治の森 箕面国定公園を訪れた。阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道が、1910年に宝塚本線と併せて阪急箕面線を開業した。1918年には「阪神急行電鉄」と社名を変え、1920年に神戸線を完成させ、1936年に現在の三宮へ延伸された。箕面へは、梅田~石橋(宝塚線)石橋~箕面(箕面線)という阪急電鉄の起源である路線で訪れた。

阪急箕面線
阪急箕面線

1967年(昭和42年)に「明治100年」を記念して、国定公園の指定を受けた明治の森 箕面国定公園内には、箕面の滝(若しくは箕面大滝)と称する日本の滝百選の一つに選定された高さ約33mの滝がある。そもそも箕面の地名は、古くは山伏が修行の場であった滝の姿が“蓑”に似ていることに由来し、周辺に“尾”のつく地名が多いことから水尾から転じたと云う説がある。緑の乏しい大阪における自然の宝庫としての景観を求め、大阪近郊から多くの観光客が訪れ、その数は年間200万人と云われる。

箕面国定公園MAP
箕面国定公園MAP

箕面山には400~500匹の猿が生息するが、1954年(昭和29年)に当時大阪市立大学の川村俊蔵教授が、猿の餌付けに成功したことが起源となるり、「滝とお猿と紅葉の天ぷら」と云われるほど観光に寄与した時期もあったが、猿の繁殖は加速し、食べ物目当てに観光客を襲うなどの猿害が拡がるため、猿を人間から分離するべく自然動物園は廃止した。ニホンザルの研究に余生を捧げた間 直之助 氏[1899~1982]は、箕面山で行方不明になっていたオスザルに何と比叡山で出会ったという興味深いエピソードもある。

箕面大滝 レトロ絵葉書・切手・猿
箕面大滝 絵葉書・切手・猿

平成18年12月14日には「箕面の滝は人工滝」との衝撃的な新聞報道により、箕面大滝を巡ってネガティブな噂が拡がった。大阪府は1999年(平成12年)から、約1千億円の公費を使い、広大な山地を切り開き、2900戸、人口9600人のニュータウン『水と緑の健康都市・箕面森町』建設をスタートしたものの、造成計画はバブル期である故に地下は著しく下落し、3年前に大阪府が造成した『彩都』(国際文化公園都市)と併せ、全てを分譲しても750億円の赤字が予測された為、2001年に一旦中断した。

(交差法)
箕面大滝①(交差法)
(平行法)
箕面大滝①(平行法)

(交差法)
箕面大滝②(交差法)
(平行法)
箕面大滝②(平行法)

(交差法)
箕面大滝③(交差法)
(平行法)
箕面大滝③(平行法)

(交差法)
箕面大滝④(交差法)
(平行法)
箕面大滝④(平行法)

(交差法)
箕面大滝⑤(交差法)
(平行法)
箕面大滝⑤(平行法)

しかし、その後大阪府は赤字を税金で穴埋めすることを決めて工事を再開し、箕面の山にニュータウンの交通アクセスとする813億円のトンネル『箕面グリーンロード』の工事により、地下の水脈が分断され、箕面の滝の水量は枯渇の危機に見舞われた。対策として巨大なポンプで箕面の滝に流れる水量の約2割を汲み上げ、ポンプの電気代に年間3000万円が支払われているとのこと。真相は未だ不明だが、真実であれば大阪府は都市開発の見極めを誤っただけでなく、古来から地元に親しまれてきた箕面の滝に対する自然破壊の代償は計り知れない。

音羽山荘
(交差法)
音羽山荘(交差法)
(平行法)
音羽山荘(平行法)

山本珈琲館
(交差法)
山本珈琲館(交差法)
(平行法)
山本珈琲館(平行法)

華麗なる和の雰囲気が醸し出す建物と、恵まれた自然の中で、一日一組限定の由緒あるウエディングを誇る音羽山荘然り、紅葉や川のせせらぎ、小鳥や虫の声、四季折々の風情を感じる“森のカフェ”として親しまれている山本珈琲館然り、昔も今も箕面の滝道を魅惑的に演出しているが、すべては箕面の滝と共に共存と重ねてきた歴史の賜物であり、箕面の猿や滝など、自然環境さえ危ぶまれる事態が断続的に起きているのであれば、極めて恐ろしいことである。

箕面山瀧安寺
(交差法)
箕面山瀧安寺①(交差法)
(平行法)
箕面山瀧安寺①(平行法)

(交差法)
箕面山瀧安寺②(交差法)
(平行法)
箕面山瀧安寺②(平行法)

(交差法)
箕面山瀧安寺③(交差法)
(平行法)
箕面山瀧安寺③(平行法)

明治の森 箕面の国定公園内には、共に658年(斉明天皇4年)に役行者によって創建され、現在もなお山岳信仰修験道の根本道場であり、紅葉の名所として知られる寺がある。箕面山(みのおさん)と称する山号で、宝くじの発祥である富くじの発祥のお寺と云われる瀧安寺は、色鮮やかな瑞雲橋が紅葉の茜色を一層引き立て、地元では「箕面の聖天さん」と呼ばれ親しまれている。西江寺は、日本最初の大聖歓喜天出現の地とされ、境内は境内では新緑のモミジ、秋の紅葉を楽しむことができ、冬は椿が美しい場所として知られている。

聖天宮西江寺
(交差法)
聖天宮西江寺①(交差法)
(平行法)
聖天宮西江寺①(平行法)

(交差法)
聖天宮西江寺②(交差法)
(平行法)
聖天宮西江寺②(平行法)

(交差法)
聖天宮西江寺③(交差法)
(平行法)
聖天宮西江寺③(平行法)

梅田から僅か電車で約30分で滝と渓流と森に遭遇できる箕面の滝道は、身近に都会の喧騒を忘れさせる全国でも希な観光地と云える。阪急箕面駅から箕面の滝までの約2.8km・約50分の道程は、滝道の森林の香りと渓流の水音とともに涼風が頬を過って行く。箕面の自然によって齎される森林によるフィトンチッドや滝や渓流によるマイナスイオンが、五感に優しく心身を癒してくれるのである。これらの人を惹きつける作用を政治的で無計画な都市開発の犠牲になるのはあまりにも無念である。

(交差法)
箕面滝道①(交差法)
(平行法)
箕面滝道①(平行法)

(交差法)
箕面滝道②(交差法)
(平行法)
箕面滝道②(平行法)

(交差法)
箕面滝道③(交差法)
(平行法)
箕面滝道③(平行法)

(交差法)
箕面滝道④(交差法)
(平行法)
箕面滝道④(平行法)

(交差法)
箕面滝道⑤(交差法)
(平行法)
箕面滝道⑤(平行法)

明石海峡大橋を一望できる漁港の街とリゾート感覚を鼓舞したアウトレットパークで、絶妙な茜色の夕景を堪能した翌週には、箕面の滝を訪れる滝道を彩る紅葉の行楽地で一味違う茜色の滝道を散策した。極めて対照的ではあるが、開放的で眺望が素晴らしく、観て歩きながら景観や雰囲気を堪能でき、何より機能的で殆ど金が掛からない場所に人々が集まり賑わうことは間違いない。週末の充実した時間を過ごした茜色の美しい情景が、今後も不変であることを願う。
スポンサーサイト

歴史街道 宇治探訪記

Edit Category ウォーキング
宇治には過去に一度だけ訪れたことがある。嫁さんとつきあい始めた頃、平等院鳳凰堂を観に行き、その庭園と鳳凰堂を実際に観て、その厳かな雰囲気を堪能している間に数多くの修学旅行の生徒に囲まれ、思わず苦笑してしまったことを良く憶えている。その時には平等院以外は殆ど巡らなかったので、宇治の街の他の場所も散策してみたいと思い、晴天の休日にいつものように嫁さんと出掛けることにした。

平等院鳳凰堂
平等院鳳凰堂

京橋から京阪電車で中書島で京阪宇治線に乗り換え、京阪宇治駅に着いた。駅から暫く歩くと想像以上に多くの観光客が訪れていた。行き交う人の多くは各々にスタンプラリーの用紙を持ってコースを順序良く巡っていたが、宇治川を挟んで準備しておいた簡単な地図だけ持って、思いつくままに歩いてみることにした。

歴史街道 宇治探訪記マップ

宇治map

(交差法)
京阪 宇治駅(交差法)
(平行法)
京阪 宇治駅(平行法)

宇治川東岸の道を川上へと進み、朝霧橋の東詰に宇治神社の鳥居が見えてくる。宇治神社は、応神天皇が崩御後、兄の仁徳天皇に皇位を譲ろうとして宇治川に入水して命を絶った弟の莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)の邸宅跡で、「宇治」の名の由来とされる莵道稚郎子の死後にその霊を祭ったのが神社建立の起こりと云われている。宇治川の東岸、京阪宇治駅の北側にあるこんもりとした杜が宇治陵で、莵道稚郎子の墓とされている。

(交差法)
宇治神社①(交差法)
(平行法)
宇治神社①(平行法)

(交差法)
宇治神社②(交差法)
(平行法)
宇治神社②(平行法)

菟道稚郎子が河内の国からこの地へ向かう途中で道に迷った際に1羽のウサギが現れ、振り返りながら菟道稚郎子を正しく道案内して助けたという伝説を「見返り兎」と称して語り継がれ、宇治神社は人生を正しい道へと導く神様として崇められており、この日はウサギの絵をあしらったコップや色鮮やかな風車が大量に飾られていた。

見返り兎
見返り兎

(交差法)
宇治神社③(交差法)
(平行法)
宇治神社③(平行法)

(交差法)
宇治神社④(交差法)
(平行法)
宇治神社④(平行法)

宇治神社のすぐ近くには1994年(平成6年)に平等院とともに世界文化遺産に登録された宇治上神社がある。明治維新までは、宇治神上社は「上社」・「本宮」、宇治神社は「下社」・「若宮」と呼ばれたほか、両方を合わせて「宇治離宮明神」・「八幡社」と呼ばれた。『延喜式神名帳』には「山城国宇治郡 宇治神社二座 鍬靫」とあり、二座はそれぞれ宇治神社・宇治上神社を指す。祭神は応神天皇とその皇子菟道稚郎子及び兄の仁徳天皇とされている。

(交差法)
宇治上神社①(交差法)
(平行法)
宇治上神社①(平行法)

(交差法)
宇治上神社②(交差法)
(平行法)
宇治上神社②(平行法)

(交差法)
宇治上神社③(交差法)
(平行法)
宇治上神社③(平行法)

境内正面の拝殿は鎌倉初頭のもので、寝殿造りの様相を伝える。特に縋破風(すがるはふ)といわれる手法を用いた独特の美しい屋根の美しさは格別である。その美しさから、宇治離宮「宇治院」の建物が下賜されたのではないかとも云われ、切妻造桧皮葺きで、左右にひさしを出し、中央には板唐戸、左右に蔀戸(しとみど)があり、鎌倉時代の寝殿造形式の住宅建築として国宝に指定。

(交差法)
宇治上神社④(交差法)
(平行法)
宇治上神社④(平行法)

(交差法)
宇治上神社⑤(交差法)
(平行法)
宇治上神社⑤(平行法)

(交差法)
宇治上神社⑥(交差法)
(平行法)
宇治上神社⑥(平行法)

本殿は、平安時代後期に建てられた、現存するわが国最古の神社建築で、中を覗けば横一列に並ぶ内殿三社を目にすることができる。内殿はそれぞれ祭神を菟道稚郎子、応神天皇、仁徳天皇とし、三棟の内殿を一列に並べ共通の屋根で覆われた特殊な形式の建物で、左右の社殿にある蟇股(かえるまた)も建築年代の証として重要とされている。

(交差法)
宇治上神社⑦(交差法)
(平行法)
宇治上神社⑦(平行法)

(交差法)
宇治上神社⑧(交差法)
(平行法)
宇治上神社⑧(平行法)

(交差法)
宇治上神社⑨(交差法)
(平行法)
宇治上神社⑨(平行法)

宇治市などによる年輪年代測定調査では、本殿は1060年頃のものとされ、現存最古の神社建築であることが裏付けられ、1052年創建の平等院との深い関連性が指摘されている。境内には御神木としてケヤキの巨木があり、その存在感は威厳を放っている。立てられた看板によれば 幹周:4.8m、樹高27m、樹齢300年とのことだが、本殿と比べれば相当若い樹齢と云える。

(交差法)
源氏物語ミュージアム(交差法)
(平行法)
源氏物語ミュージアム(平行法)

源氏物語絵鑑
源氏物語絵鑑

宇治上神社から暫く歩いた場所に源氏物語ミュージアムがある。宇治は日本の誇る世界最古の長編小説「源氏物語」の最後を飾る宇治十帖の主要な舞台であり、源氏物語ミュージアムは、平成10年11月に開館し「源氏物語」を身近に感じる催し物や宇治十帖に関連した展示品を保有する施設とのこと。入場はしなかったが、今年の5月に誕生した宇治のゆるキャラの『ちはや姫』(後日の確認で判明)が係員に手を引かれながら歩いている姿を発見した。

田んぼアート『ちはや姫』
田んぼアート『ちはや姫』

『ちはや姫』は、宇治の枕詞である“ちはやぶる”から名づけられているとのこと。“ちはやぶる”の言葉の意味は、“勢いのあるさま”とのことで、『ちはや姫』によって宇治市の発展に勢いを付けるという作者の想いが込められているとのこと。宇治市のPRを担う宣伝大使『ちはや姫』を、種類の違う稲で表現した「田んぼアート」も存在している。

(交差法)
宇治橋①(交差法)
(平行法)
宇治橋①(平行法)

(交差法)
宇治橋②(交差法)
(平行法)
宇治橋②(平行法)

源氏物語ミュージアムから宇治橋付近まで歩き、今度は宇治川対岸の道を歩いてみることにした。宇治橋は、646年(大化2年)に初めて架けられたという伝承のある日本最古の橋とされ、東詰の橋寺放生院にある「宇治橋断碑」と刻まれており、断碑の上半分は、奈良時代のものと云われ、江戸時代に境内から掘り出され下部を補ったものである。その断碑には、宇治橋を架けたのは僧道登とあるが、続日本紀は奈良元興寺の僧「道登(どうと)」によって架けられたと記されている。尚、宇治橋の中央部に上流側に突き出た部分は、豊臣秀吉が茶の湯の水を汲ませた場所と伝えられている。

(交差法)
宇治橋③(交差法)
(平行法)
宇治橋③(平行法)

(交差法)
紫式部像(交差法)
(平行法)
紫式部像(平行法)

架橋以来、度重なる洪水で流出したり戦渦に巻き込まれたりしながらも交通の要である宇治橋は幾度となく架替えられてきた、現在の宇治橋は、従来の伝統的な木橋のイメージを残しつつ、様々な土木技術が駆使されて1996年(平成8年)3月に完成したものである。長さは155.4m、幅は25mある。桧造りの高欄は擬宝珠を冠した木製高覧という伝統的な形状を使用し、強度の高い檜を使用してある。橋の西詰には、平安時代の女性作家であり、『源氏物語』の作者と考えられている紫式部の像がある。

紫式部像 土佐光起筆 石山寺蔵(左)と月岡芳年 月百姿 石山月(右)
紫式部 (土佐光起筆 石山寺蔵)    紫式部 ( 月岡芳年 月百姿 石山月)

源氏物語 千年の謎(2011年東宝作品)
源氏物語 千年の謎

紫式部は、高名な漢詩文家である藤原為時の娘として誕生。幼くして母を亡くし、父の影響を受けて育った。結婚三年後に夫が病死し、悲しみを紛らせるために書き始めた物語が『源氏物語』だと云われる。『源氏物語』は評判になり、当時最大の実力者・藤原道長の娘にあたる一条天皇の中宮彰子に女房として仕えることになった。女房とは職場に房(ぼう=個室)を設けられたキャリアウーマンのことで、紫式部は家庭教師のような役割を担ったとのこと。

(交差法)
平等院表参道①(交差法)
(平行法)
平等院表参道①(平行法)

(交差法)
平等院表参道②(交差法)
(平行法)
平等院表参道②(平行法)

紫式部像を過ぎると平等院表参道が見えてきた。室町時代から続く宇治茶の老舗がずらりと並び、お茶の香りと宇治の特産品も充実した歴史ある表参道だけに観光客で賑わいなかなか雰囲気がある。暫く歩くと、今年4月に誕生した宇治の新しいゆるキャラの『チャチャ王国のおうじちゃま』(後日の確認で判明)が係員に手を引かれながらこちらに歩いてくる。
宇治市植物公園 タペストリー立体花壇『チャチャ王国のおうじちゃま』
宇治市植物公園 タペストリー立体花壇『チャチャ王国のおうじちゃま』

日本茶の中で誉れ高い宇治茶のPRを担う宣伝大使『チャチャ王国のおうじちゃま』は、宇治市植物公園のタペストリー作品にも採用されている。前出の『ちはや姫』と共に宇治市のゆるキャラに賭ける意気込みを垣間見ることが出来た。こちらの方はおやじのダジャレっぽいネーミングなのだが、和服の出で立ちの『ちはや姫』より、子供達には馴染み易いかも知れない。

(交差法)
平等院表門(交差法)
(平行法)
平等院表門(平行法)

(交差法)
宇治製茶記念碑(交差法)
(平行法)
宇治製茶記念碑(平行法)

(交差法)
辻利右衛門翁像(交差法)
(平行法)
辻利右衛門翁像(平行法)

参道を進むと平等院表門に到達した。表門近くには久邇宮朝彦親王の筆による巨大な宇治製茶記念碑と辻利右衛門翁像が建てられている。宇治製茶記念碑は、1879年(明治12年)、横浜で開催された全国製茶共連会で、宇治製茶法が特別一等賞を受賞したことを記念したものである。辻利右衛門翁像は、幕末の動乱時期、幕府や武士の茶離れにより、宇治の茶園が荒廃していた時期、私財を投じて茶業の改善を図り、玉露製法を完成させるとともに茶箱(缶櫃)を考案して販路を拡大し、宇治茶を復興させた辻利右衛門の功績を称えて、没後に宇治の人々により建立されたものである。

修理中の平等院鳳凰堂
(交差法)
修理中の平等院鳳凰堂(交差法)
(平行法)
修理中の平等院鳳凰堂(平行法)

さて、いよいよ二十数年ぶりに世界遺産の平等院を拝観しようとして愕然とした。何と鳳凰堂(国宝)を平安時代の色調で復元するべく、2012年(平成24年)9月3日から2014年(平成26年)3月31日まで、退色した柱全体や屋根瓦を赤や黒で仕上げ、屋根の上の鳳凰像(複製)に金箔を施す改修工事を行っており、鳳凰堂は仮設素屋根に覆われて内部の観覧は出来ない状態であるとのこと。仕方なく拝観を諦めることにした。

10円硬貨

平等院鳳凰堂 10円硬貨とジオラマ模型
平等院鳳凰堂 10円硬貨とジオラマ模型
平等院鳳凰堂鳳凰像
平等院鳳凰堂鳳凰像

鳳凰堂は、平安貴族の藤原頼通が極楽浄土を現そうと平安後期の1053年に創建し、日本を代表するシンメトリー(左右対称)建造物として10円硬貨の絵柄でも著名。
※対比写真はジオラマ建築模型ブログ「名城本舗」から引用。

前回の昭和の修理(1950~57年)で瓦はいぶして銀色に、柱は上部だけ赤色に塗られたが、12世紀の最初の修理では柱全体が酸化鉄と黄土を混ぜた赤茶色の丹土で塗られていたことが、近年の調査で判明。鳳凰像には金箔の跡が残っていた。以前、鳳凰堂を観たときは、朽ち果てたような色彩も含め、古来に建立された寺院らしい厳かな雰囲気を強く感じられた印象が強い。

平等院鳳凰堂(左)と耕三寺本堂(右)
平等院鳳凰堂(左)と耕三寺本堂(右)

東照宮陽明門(左)と耕三寺老陽門(右)
東照宮陽明門(左)と耕三寺老陽門(右)

果たして平安時代の色調とは如何なるものなのだろう、と想像した際に真っ先に浮かんだイメージが、私の故郷の広島県尾道市(生口島)に耕三寺と云う寺院があり、境内は日本各地の著名な歴史的建造物を模した堂宇で埋めつくされ、その本堂は平等院鳳凰堂を鮮やかな色彩で模している。陽明門を模した孝養門から「西の日光」と呼ばれるようになり、瀬戸内海の観光地の一つとなった。平成期に入ってからは、建築物の特殊性が評価され、15棟が登録有形文化財として登録されている。私にとって幼い頃に遠足で何度も訪れた馴染み深い場所である。

平等院鳳凰堂(左)と平等院テンプル(右)
平等院鳳凰堂(左)と平等院テンプル(右)

平等院鳳凰堂(左)と平等院テンプル(右)②

又、ハワイ オアフ島・カネオヘには平等院テンプルと云う鳳凰堂を模した建築物がある。布教活動を行う寺院とは異なり、建物内の壁には建立に賛同した諸宗派のシンボルマークが飾られており、仏教や教派神道の宗派の紋のほか、キリスト教の十字架も掲げられている。平等院テンプルは、ハワイの住民や日本からの観光客によって、しばしば結婚式場として使われ、映画『パール・ハーバー』(2001年作品)では宇治の平等院に見立てて撮影も行われた。いずれも平安時代の鳳凰堂の色調を想像する上では興味深い建造物である。

(交差法)
宇治川舟茶席(交差法)
(平行法)
宇治川舟茶席(平行法)

宇治川の中洲である「中の島」には二つの川洲があり、下流側が橘島、上流側が塔の島と称する。塔の島には、現存する日本最大の最古の石塔と云われる高さ15mの十三重石塔がある。鎌倉時代に奈良西大寺の高僧の叡尊によって、宇治川での殺生の罪を戒める供養塔として建立された。1756年(宝暦6年)の大洪水による流失以降、約150年間、川中に埋没していたが、1907年(明治40年)からの再興工事で、川床に埋もれた巨石の所在確認より発掘工事が行われ、現在の姿が再現された。

宇治川の鵜飼
宇治川の鵜飼

宇治川では、平安時代には既に鵜飼が行われていたと云われ、藤原道綱母(ふじわらのみちつなのはは)が残した「蜻蛉日記」では、川幅一杯に数え切れぬほどの鵜舟が出て、かがり火を焚き、夜通し鮎を捕りつづけている様子が書き留められている。前出の日本最大の十三重石塔を建立された後は魚霊を供養し、宇治橋の再興を行った。その後、平安貴族の衰微とともに、宇治川の鵜飼も衰退していった。現在の鵜飼は、大正15年に再興し、宇治川花火大会と共に宇治の夏の風物詩となっている。

(交差法)
観流橋(交差法)
(平行法)
観流橋(平行法)

(交差法)
朝霧橋(交差法)
(平行法)
朝霧橋(平行法)

橘島から朝霧橋を経由して、再び宇治川の東側対岸に渡った。そこから宇治橋右岸を川沿いに宇治神社の鳥居前を通り過ぎ、宇治川水力発電所の放水路を越えたところに興聖寺の石造りの表門が見えてくる。この表門から山門まで続く約200mの参道の脇を流れる谷川のせせらぎが琴の音に似ていることから琴坂と呼ばれ、両側が岩壁となった直線的な参道を通り過ぎると、竜宮造りの山門(楼門)、続いて薬医門をくぐると石組みの庭園へ続く。

(交差法)
興聖寺表門(交差法)
(平行法)
興聖寺表門(平行法)

(交差法)
興聖寺琴坂と楼門(交差法)
(平行法)
興聖寺琴坂と楼門(平行法)

(交差法)
興聖寺楼門①(交差法)
(平行法)
興聖寺楼門①(平行法)

(交差法)
興聖寺楼門②(交差法)
(平行法)
興聖寺楼門②(平行法)

興聖寺は仏徳山と号する曹洞宗のお寺で道元禅師を開祖としている。1236年に伏見深草に建てられたが途中で廃絶し、1649年、当時の淀城主、永井尚政によって、宇治七名園の一つの朝日茶園であった現在の場所に再興された。本堂は伏見城の遺構と伝えられ、その奥に建つ天竺堂には、宇治十帖古跡の「手習の杜」に祭られていた「手習観音」が安置されている。

(交差法)
興聖寺薬医門①(交差法)
(平行法)
興聖寺薬医門①(平行法)

(交差法)
興聖寺薬医門②(交差法)
(平行法)
興聖寺薬医門②(平行法)

(交差法)
興聖寺本堂(交差法)
(平行法)
興聖寺本堂(平行法)

観光客の多い平等院や宇治神社、宇治上神社などからは少し離れている故、訪れる人は決して多くないが、全体が整然としていて、曹洞宗に相応しい静けさと美しさをもったお寺として、カメラ好きな人が多く訪れるとのこと。実際に観光客で賑わう寺院とは一線を画した雰囲気が漂い、自然にシャッターを押す回数が増えてしまう風景である。帰路の下りの琴坂は上りの景色とは違った趣きがある。

(交差法)
興聖寺秋葉大権現(交差法)
(平行法)
興聖寺秋葉大権現(平行法)

(交差法)
興聖寺鐘楼(交差法)
(平行法)
興聖寺鐘楼(平行法)

(交差法)
興聖寺庭園①(交差法)
(平行法)
興聖寺庭園①(平行法)

(交差法)
興聖寺庭園②(交差法)
(平行法)
興聖寺庭園②(平行法)

(交差法)
興聖寺琴坂(交差法)
(平行法)
興聖寺琴坂(平行法)

宇治川東岸の道を川上に向かって進むと、朝霧橋の手前に宇治十帖モニュメントが建っている。浮舟(右側の女性)は薫に連れられて宇治に移るが、匂宮(左側の男性)は浮舟を追って宇治を訪れる。モニュメントは二人が小舟で橘の小島へ渡った場面をモチーフにしている。平安貴族にとって、都にも近く山紫水明の宇治川に育まれ、風光明媚な別業として舟遊びや紅葉狩りなどを楽しむ地であり、魂の安らぐ宗教的な地でもあった。この時代の宇治を舞台にした源氏物語宇治十帖は「橋」を巡る文学とも云われ、昔も今も宇治川に掛かる橋は“宇治の象徴”と云うべき風景である。

(交差法)
源氏物語「宇治十帖」モニュメント(交差法)
(平行法)
源氏物語「宇治十帖」モニュメント(平行法)

(交差法)
宇治川②(交差法)
(平行法)
宇治川②(平行法)

(交差法)
宇治川①(交差法)
(平行法)
宇治川①(平行法)

陽が傾きはじめ、宇治川沿いの道を宇治橋付近まで戻った。橋の東詰には、狂言の「通圓」という演目のモデルとなった通圓茶屋(宇治本店)がある。足利義政・豊臣秀吉・徳川家康を始め諸大名も、この茶屋でお茶を召し上がって行かれたことが記録に残っており、小説「宮本武蔵」に登場することでも有名なこの店で、三菜茶そば880円(山菜・錦糸玉子・のり入り)を食べた。二昼夜の時間をかけ低温倉庫で熟成し、冷風により乾燥した無農薬有機栽培抹茶を練りこみ、そば粉は国産の「石臼挽き」とのこと。結構歩き疲れたこともあり、美味しくいただけた。

(交差法)
通圓 宇治本店(交差法)
(平行法)
通圓 宇治本店(平行法)

鳳凰堂を拝観できなかったことは残念ではあるが、宇治の探訪は、想像以上に興味深いものになった。寧ろ平等院をゆっくり拝観していたら、今回その魅力の虜になった興聖寺を訪れるに至らなかったかも知れない。華やかな観光地とは違い、日本古来の歴史が随所に残された神秘性も漂う故、歴史を紐解く度に訪れたくなる場所になるのであろう。大阪からも比較的近い距離に位置しており、今度は2014年(平成26年)3月31日以降、平安時代の色調で復元された鳳凰堂を観に是非とも訪れたい。

宝塚巡礼街道

Edit Category ウォーキング
ブログの更新が滞ったが、その間に自らの不注意による忌まわしい出来事により、相当落胆する日々を過ごしていた。ここでは敢えてその詳細は省くが、嫁さんから、気晴らしに近場を散策に出掛けようと言われ、宝塚巡礼街道と称される一部である中山寺~売布神社~清荒神清澄寺を訪ねてみることにした。

宝塚巡礼街道 中山寺~売布神社~清荒神清澄寺
宝塚巡礼街道

前回の記事では、無料展望スペースで3D写真の撮影をしながら梅田界隈の都市開発を考察したが、巨大な屋根に覆われた『大阪ステーションシティ』(OSAKA STATION CITY)をカメラに収めてみると、リドリー・スコット(Sir Ridley Scott)監督の『ブレードランナー』(Blade Runner 1982年米国作品)で描かれた近未来のロサンゼルスのような雰囲気である。機能的で重厚で最新の建築デザインなのだが、無機質で極めて冷たい感じにも映る。

(交差法)
JR大阪駅①(交差法)
(平行法)
JR大阪駅①(平行法)

(交差法)
JR大阪駅②(交差法)
(平行法)
JR大阪駅②(平行法)

(交差法)
JR大阪駅③(交差法)
(平行法)
JR大阪駅③(平行法)

(交差法)
JR大阪駅④(交差法)
(平行法)
JR大阪駅④(平行法)

(交差法)
JR大阪駅⑤(交差法)
(平行法)
JR大阪駅⑤(平行法)

赤レンガ駅舎の愛称で親しまれてきた東京駅丸の内駅舎を約100年前の開業時の姿に復元した東京駅とは対照的な開発となり、滑稽でユーモラスな3D看板が競うように立ち並ぶ道頓堀とも対極的なJR大阪駅はクールな雰囲気を徹底している。

(交差法)
阪急中山駅(交差法)
(平行法)
阪急中山駅(平行法)

さて本題に戻るが、この日は様々な出来事による傷心を癒すことが目的である故、この空間とは対照的な空間を求め、阪急宝塚線でまずは中山寺のある阪急 中山駅に向かった。

中山寺で配布された絵葉書セット
中山寺絵葉書

中山寺は、聖徳太子が開いたと伝えられ、安産信仰や西国三十三カ所24番札所として有名な寺院。もともとは奥の院付近の山中にあったが、戦乱により焼失し、現在の大門や本堂は豊臣秀頼によって再建された。本尊の十一面観音立像(国・重要文化財)をはじめ多くの文化財がある。参道には、水子供養や厄除けのお堂があり、祈祷と供養の集約施設のような寺である。

(交差法)
中山寺①(交差法)
(平行法)
中山寺①(平行法)

(交差法)
中山寺②(交差法)
(平行法)
中山寺②(平行法)

(交差法)
中山寺③(交差法)
(平行法)
中山寺③(平行法)

(交差法)
中山寺④(交差法)
(平行法)
中山寺④(平行法)

安産祈願の霊場として皇室、源頼朝など武家、庶民より深く信仰を集めた。豊臣秀吉が祈願して豊臣秀頼を授かったとされる。また、幕末には中山一位局が明治天皇を出産する時に、安産祈願して無事出産したことから、日本唯一の明治天皇勅願所となり、安産の寺として知られる。

(交差法)
中山寺⑤(交差法)
(平行法)
中山寺⑤(平行法)

(交差法)
中山寺⑥(交差法)
(平行法)
中山寺⑥(平行法)

(交差法)
中山寺⑦(交差法)
(平行法)
中山寺⑦(平行法)

毎月の戌(いぬ)の日は、安産祈祷会があり、安産を願い、又、鐘の緒(祈祷を受けた腹帯)の授与を求めて、日本各地から多くの参詣者が訪れる。嫁さんが妊娠中に、私は急性肝炎で約2カ月間入院していたが、その間に中山寺を訪れ、安産祈祷したとのこと。私は初めての訪問であったが、当時の不安や慌ただしさを想い出し、感慨にふけった。境内からは以前嫁さんと登った甲山も見える場所にある。

(交差法)
中山寺⑧(交差法)
(平行法)
中山寺⑧(平行法)

(交差法)
中山寺⑨(交差法)
(平行法)
中山寺⑨(平行法)

中山寺の境内にある大きな横穴式石室を持った白鳥塚古墳がある。大仲姫(仲哀天皇の先皇后)の墓とも伝えられており、7世紀の初め頃に造られたこの地方の豪族の墓だと考えられており、石室内には家形石棺が残っている。

(交差法)
中山寺⑩(交差法)
(平行法)
中山寺⑩(平行法)

中山という山が背後にあり、山麓にある中山寺奥之院には厄神明王がまつられ、本堂脇にある湧水は大悲水と呼ばれている。中山寺の境内からは、徒歩50分程度で参拝する事ができる。安産祈祷の妊婦の足元の安全の為、エスカレータも設置されている。この日は、少し早い七五三参りの家族も多く訪れ、地元で「中山さん」と昔から親しまれているお寺の賑わいを味わうことができた。

(交差法)
中山寺⑪(交差法)
(平行法)
中山寺⑪(平行法)

(交差法)
中山寺⑫(交差法)
(平行法)
中山寺⑫(平行法)

(交差法)
中山寺⑬(交差法)
(平行法)
中山寺⑬(平行法)

(交差法)
中山寺⑭(交差法)
(平行法)
中山寺⑭(平行法)

阪急 中山駅から徒歩で阪急 売布神社駅に達し、傾斜の緩い坂を登った場所に白いイエス様の像が目の前に現れた。この建物はカトリック修道院らしく、地図には「宝塚黙想の家」と記されている。引き寄せられるように白いイエス像に近づき静寂な林道を歩いてみると暫くして和風と洋風の入り混ざった屋敷と綺麗に手入れされた庭園が見えてきた。何とも不思議な雰囲気の空間だが、後で調べて判ったのは、黙想するための施設のようで、仏教に例えるとお寺の座禅会のようなものなのかも知れない。

(交差法)
宝塚黙想の家①(交差法)
(平行法)
宝塚黙想の家①(平行法)

(交差法)
宝塚黙想の家②(交差法)
(平行法)
宝塚黙想の家②(平行法)

黙想の家を抜け、少し道に迷いながら売布神社に向かった。売布神社は、推古天皇18年(605年)の創建で、食物と衣服の神を祀る神社と伝えられている。当地に来られた下照姫神は住民が飢えと寒さで困窮せるを見給いて稲を植え麻を紡ぎ布を織ることを教え、その後、豊かな生活を送ることができた里人は、その御神徳を慕い、聡明で美しい姫神を祀ったという伝承が残る。

(交差法)
売布神社①(交差法)
(平行法)
売布神社①(平行法)

(交差法)
売布神社②(交差法)
(平行法)
売布神社②(平行法)


江戸時代には貴船大明神と呼ばれ、大岡忠相(おおおかただすけ)の命を受けた並河誠所(なみかわせいしょ)という人が調査し「売布神社」であることを確認した。本殿前の石碑はその時に立てられたものである。

(交差法)
売布神社③(交差法)
(平行法)
売布神社③(平行法)

(交差法)
売布神社④(交差法)
(平行法)
売布神社④(平行法)

歴史の古い神社ではあるが、前出の中山寺のような華やかさや賑わいもなく、ひっそりとした雰囲気で地味な社殿だが、現在でもお伊勢さんの天照大御神と生活の足元を照らす下照姫神を一連にしてお参りするとご利益があると云われ多くの参拝者が訪れる。特に本殿右の豊玉神社のパワーは強力であると云われている。

(交差法)
清荒神清澄寺①(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺①(平行法)

(交差法)
清荒神清澄寺②(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺②(平行法)

売布神社から最後の目的地である清荒神清澄寺を目指したが、住宅街を当分歩いてようやく参道に達することが出来た。

(交差法)
清荒神清澄寺③(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺③(平行法)

(交差法)
清荒神清澄寺④(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺④(平行法)

門前の緩やかな坂道には、名物の鯖寿司、和菓子、竹細工、仏像等、様々な屋台を含め200近い店舗が軒を並べて門前町を形成している。参道を暫く歩くと風格のある山門が姿を現し、門をくぐると想像以上の広さのお寺の全容が見えてきた。

(交差法)
清荒神清澄寺⑤(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺⑤(平行法)

(交差法)
清荒神清澄寺⑥(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺⑥(平行法)

(交差法)
清荒神清澄寺⑩(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺⑩(平行法)

(交差法)
清荒神清澄寺⑦(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺⑦(平行法)

清荒神清澄寺は、宇多天皇より「日本第一清荒神」という称号を与えられ、近隣地域では、「荒神さん」の名で親しまれる真言三宝宗の古刹で、「かまどの神様」として現在も篤い信仰を集めている。

(交差法)
清荒神清澄寺⑨(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺⑨(平行法)

(交差法)
清荒神清澄寺⑪(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺⑪(平行法)

清荒神清澄寺は、896年(寛平8年)に宇多天皇の勅願寺として静観僧正により建てられた。鎮守社として三宝荒神社があり、竃の神の荒神などを祀る神仏習合から「清荒神清澄寺」の名称がある。

(交差法)
清荒神清澄寺⑧(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺⑧(平行法)

清荒神清澄寺資料館パンフレット
清荒神清澄寺資料館パンフレット

本尊は大日如来で、国の重要文化財に指定されている。又、境内には無料の資料館があり、型破りな構成で思いのままに描き続けた片岡球子の代表作、富士山の版画作品も展示されている。

(交差法)
清荒神清澄寺⑫(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺⑫(平行法)

本堂正面の階段を下りて左手に『一願地蔵尊』が目に入る。見上げなければならないほど巨大なこの像は金銅製で、清荒神清澄寺の中でも、多くの方が訪れる人気のポイントとなっており、この像に水をかけて、「一つだけ」お願いをすれば、望みが叶うと云われている。

(交差法)
鉄斎美術館(交差法)
(平行法)
鉄斎美術館(平行法)

鉄斎美術館は、清荒神清澄寺の光浄和上の意志を受けて蒐集された「画聖」富岡鉄斎の作品を一般に公開展示する美術館で、昭和50年、清荒神清澄寺の境内にてオープンした。幕末から大正期にかけて活躍した南画家の富岡鉄斎と当時の清澄寺の坂本光浄法主との間には親交があり、お寺の所蔵する鉄斎のコレクションは1000点に及ぶ。これらの作品は海外でも展示され、高い評価を受けている。

(交差法)
清荒神清澄寺参道(交差法)
(平行法)
清荒神清澄寺参道(平行法)

(交差法)
阪急清荒神駅(交差法)
(平行法)
阪急清荒神駅(平行法)

山門を再びくぐると石畳の参道沿いに雰囲気のある土産物店が軒を並べている。宝塚巡礼街道は結構な距離を久しぶりに嫁さんと歩く機会になり、その間の会話も楽しく、健康にも傷心にも効果的な散策となった。

(交差法)
JR大阪駅⑥(交差法)
(平行法)
JR大阪駅⑥(平行法)

阪急電車で梅田に戻り、再びJR大阪駅から帰路に就くのだが、出発時に近未来のSF映画の様に世紀末のような冷たい雰囲気に映ったこの風景さえも、新鮮な空気を味わい、癒しの時間を過ごした後には、少し趣きの違った風景に感じるのだから不思議である。果たしてそれは、巡礼街道のパワースポットとしての威力によるものなのか?嫁さんとの充実した時間が齎すものなのか?
 
11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10 12


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS