3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

MOTO’s Museumのご案内(本館編)

Edit Category 模型
先々週に嫁さんのお義父さんが亡くなり、週末に嫁さんと出掛けることもなく、又、気持ちの上でもブログを更新するには至れずにいた。今年の二月には実父も他界し、仕事関係でも悲しい別れが連鎖のように多く、法事も含めて今年は喪服を着る機会が多い年になった。

久しぶりにブログを更新するにあたり、自宅に飾ってある私のミュージアムを3D写真でアップしてみることにした。タイトルには”本館編”(自称)となっている故に別館(当然 自称)なるものも存在しているのだが、今回は球場模型をメインにしたMOTO’s Museum本館を紹介してみることにした。

まずは全体写真から紹介する。

(交差法)
ミュージアムA②(交差法)
(平行法)
ミュージアムA②(平行法)

(交差法)
ミュージアムA①(交差法)
(平行法)
ミュージアムA①(平行法)

ガラス板の棚になった収納スペースに球場模型、野球選手フィギュア、艦船模型、飛行機デスクトップモデル等々、お気に入りの物を飾っており、ちょうどパソコン用デスクの隣に位置している。内容をすべて紹介していたらキリがないので、その中でもあまり収集している例が少ない球場模型に絞って紹介することにした。

【Yankee Stadium (旧)】
ベーブ・ルースが建てた家と呼ばれる最も有名で伝統的な球場。左中間がやや広いが、両翼までの距離は狭くホームランが出やすい。特に左打者に有利と云える。松井秀喜やデレク・ジーターの印象が強い球場だが、1977年ドジャースとのワールドシリーズで一試合3本のホームランを放ったレジー・ジャクソンの姿も強烈な印象がある。ファールゾーンは狭く、選手と観客の距離は近く、独特の雰囲気がある。ある人は子供たちにニューヨークを教えるには「学校や美術館に行かせるよりヤンキースタジアムに連れて行くべきだ」と語った。2008年シーズンを最後に閉場。2009年シーズンから隣に完成した新ヤンキースタジアムに本拠地移転した。

ヤンキースタジアムの空撮写真
ヤンキースタジアム

(交差法)
ヤンキースタジアム②(交差法)
(平行法)
ヤンキースタジアム②(平行法)

(交差法)
ヤンキースタジアム③(交差法)
(平行法)
ヤンキースタジアム③(平行法)

(交差法)
ヤンキースタジアム①(交差法)
(平行法)
ヤンキースタジアム①(平行法)

他のスタジアム模型より大きく、照明塔のライトも点灯するデラックス版である。8年ぐらい前にDunbury Mint社のサイトで初めて見てどうしても欲しくなり、飯田橋にあるベースマンにお願いして取り寄せて貰ったものである。当時と現在では為替も随分違うが、確か¥48,000ぐらいしたように記憶している。球場に隣接されたサブウェイステーションもブロンクスの雰囲気を醸し出しており、ライトアップされたときの雰囲気も違和感が無く、球場内の広告や殿堂入りした選手を称えるモニュメントパークなどの細かい部分も忠実に再現されている。

購入後にヤンキースタジアムが取り壊され、新しい球場が建設されることが発表されたが、今思えばこうして精巧なモデルでこの球場の独特の雰囲気を少しでも堪能できるので、購入しておいて良かったと思う。フィギュアはバリー・ボンズがホームランを打ってホームインするのときのお馴染みのポーズ。日米野球で観たバッティング練習の打球のすごさは今でも鮮烈な印象がある。各々、思い入れもあり、お気に入りのグッズなのだ。

【Oriole Park at Camden Yards】
外野右翼席後方にレンガ造りの倉庫がそびえ立っており、レンガと鉄骨を組み合わせた外観、左右非対称のフィールドなど、新古典主義を初めて取り入れた球場として知られる。建設年のアーバン・デザイン・アウォードを受賞するほど高い評価を受けたこの球場は、21世紀の「フィールド・オブ・ドリームス」とも云われ、その後の球場建築に大きな影響を与えた。旧国鉄のヤード跡地に建設されたマツダスタジアムのスタジアムコンセプトも日本のカムデンヤーズと云われた時期もあった。カル・リプケンがルー・ゲーリックの連続試合出場の記録を更新した印象が強烈だが、野茂英雄がレッドソックス時代に二度目のノーヒット・ノーランを達成した球場でもある。石橋貴明が出演したメジャーリーグ2(Major League Ⅱ1994年アメリカ)でインディアンス(クリーブランド)の本拠地として撮影舞台にもなった。

オリオール アット カムデンヤーズの空撮写真
カムデンヤーズ

(交差法)
カムデンヤーズ(交差法)
(平行法)
カムデンヤーズ(平行法)

12年ぐらい前に初めてDunbury Mint社の模型を購入したものである。当時は日本のショップに殆ど在庫がなく、受注生産の為、オーダーして一年近く掛かったことを想い出す。

【Safeco Field】
日本人にはお馴染みのシアトル・マリナーズ イチローの本拠地球場。バンクワン・ボールパーク(現チェイス・フィールド)に次ぐ世界2番目の開閉式屋根付き天然芝の野球場である。マリナーズはキングドームを本拠地球場にしていたが、施設の老朽化に加え、ドーム球場の閉塞感などに対するファンの不満が高まっていたため、1990年代に入り新球場建設を決定。1995年10月14日、州議会臨時会において、新球場建設資金提供法案が可決され、地元自治体の支援を受け建設することとなった。1997年3月8日に工事開始。当時マリナーズに所属していた人気選手ケン・グリフィー・ジュニアも出席した記念式典には3万人のファンが詰めかけ、新球場への期待の高さが見て取れる。

セーフコ フィールドの空撮写真
セーフコフィールド

(交差法)
セーフコフィールド(交差法)
(平行法)
セーフコフィールド(平行法)

10年ぐらい前に購入したものだが、当時イチローは既に活躍していたので日本のショップにも在庫があり、比較的容易に入手できた。屋根付き球場のためか他モデルよりやや縮尺の小さい設定になっているが、スコアボードの再現等、この球場の特徴を良く掴んでいる。過去イチロー以外にも多くの日本人がプレーした為、無意識のうちにテレビ中継を一番多く観ている球場かも知れない。自分自身はメジャーリーグには詳しい部類だと思うが、他のモデルと違い、この球場だけはグリフィーJr.やAロッドでなく、イチローの印象度が他のプレイヤーを完全に凌駕している球場である。

【MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島】
我広島東洋カープの新しい本拠地球場。設計思想に1990年代以降、メジャーリーグで主流となっている「新古典派」の思想を取り入れている。その特徴として、内外野総天然芝、左右非対称のグラウンド、ファールゾーンの縮小、緩やかなスタンド勾配、多様な観客席、などが挙げられるが、なかでも最大の特徴は日本のプロ野球本拠地球場としては唯一の左右非対称なグラウンド形状(左翼101mm、右翼100m)である。客席形状も左右非対称であり、レフトスタンド席数が少なく抑えられ、ビジターチームの応援席は三塁側二階席に設けられている。
この特徴は敷地のすぐ北側をJR山陽線および山陽新幹線が通るという立地条件を考慮したものであり、車窓から低く抑えられたレフトスタンド越しにグラウンドを見通せるようになっている。
このほか、フードコートの充実や常設グッズショップの設置も旧広島市民球場にはなかった特徴である。

マツダスタジアムの空撮写真
マツダスタジアム

(交差法)
マツダスタジアム②(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム②(平行法)

(交差法)
マツダスタジアム①(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム①(平行法)

開場年度の2009年に球団の公式サイトにて購入。販売元にはエポック社と記載されているが、作り方の基本はDunbury Mint社の模型と殆ど一緒である。個人的には夢のようなグッズなのだが、人気が無かったのか、現在は販売されていない。縮尺は1/1500に設定されており、価格も¥15,000と少しだけ安価なのだが、スコアボードのレイアウトや広告等は一切省略されていた為、写真をパソコンで縮小したもの貼付するなどして、多少ディティールアップさせてみた。写真では判りにくいかもしれないが・・・・。

開場年度の2009年の巨人戦を嫁さんと観戦に訪れた。開放的で自然芝が映える綺麗な球場だったが、広島の夏の”凪の暑さ”を久しぶりに味わい、汗をかきながらの観戦となった。球場内をグランドを観ながら一周できる球場はメジャーでも珍しく、様々な角度からの風景が楽しむことが出来る。今度は是非、3D写真に納めたいものである。

(交差法)
ボールパーク(交差法)
(平行法)
ボールパーク(平行法)

マツダスタジアムはメジャーのボールパークと比較して、豪華さには多少見劣りするが、その特性と機能性は決して負けていない球場だと思う。以前にも書いたが、球場内のどこかにベルタワーを設けて、試合開始時に平和の鐘の音と共に試合が始まる演出ができないものかと思う。夕暮れに教会のような鐘の音が広島の街に流れ、両チームが今日の平和に感謝し永遠の平和を祈りながら試合が始まる、というのは世界初の被爆都市である広島に相応しい演出だと思うし、我ながら素晴らしいアイデアだと思うのだが・・・。

最後にミュージアムにある唯一のガンプラを紹介。

ガンダムRX-78-2(交差法)
ガンダムRX-78-2(平行法)

ガンプラは以前はその魅力にハマり数多く作ったのだが、引っ越す度に捨ててしまい唯一残ったのが所謂ファーストガンダムと呼ばれるRX-78-2である。初期の作品しか観ていないので、落合博満の熱心さには足元にも及ばないが、プラモデル好きながら一向に上手くならない者にとっては、ガンプラは優しい商品であり、且つヘビーユーザーもその魅力にハマるものである。この”一年戦争モデル”も墨入れを丁寧に仕上げるだけでも充分に見応えがある。最近のプラモデル売り場が殆どガンプラに占拠されている現状には、少し淋しく感じてしまうこともあるが、こうして3D写真であらためて見ると、かなり面白い被写体になることを痛感した。

こういう模型等は無意識の間に増えていき、展示場所に苦慮することも少なくない。その為出来るだけ大きいもの、高価なものは避けて、小さくて安価なものでいろんな種類を楽しめるように心掛けているが、最近ではその置き場の余地すら無くなってきた。過去の引越し経験もあり、今後は数を増やさないように抑制していくことも必要なのかも知れない。

機会があれば、MOTO’s Museum別館(自称)も案内したい。
スポンサーサイト

都会のオアシス 浜離宮恩賜庭園

Edit Category ウォーキング
10月1日、「都民の日」を記念し、施設の無料公開が行われる機会に”都会のオアシス”と云われる浜離宮恩賜庭園を例によって嫁さんと一緒に訪れた。浜離宮は周囲の開発がめまぐるしく、汐留、勝どき等の高層建築物に囲まれながら、徳川将軍家の別邸の様相を窺える庭園である。ウォーキングも兼ねていたが、銀座から15分ぐらい歩くと入口の大手門橋が見えてきた。

(交差法)
銀座11.10.01(交差法)
(平行法)
銀座11.10.01(平行法)

浜離宮は寛永年間(1624~1644年)までは徳川将軍家の鷹狩場で、江戸城の”出城”としての機能を果たしていた庭園である。ここに初めて屋敷を建てたのは、4代将軍家綱の弟で甲府宰相の松平綱重。承応3年(1654年)、綱重は将軍からこの地を賜り、海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てた。その後、綱重の息子の綱豊(家宣)が6代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家のものとなり、名称も「浜御殿」と改められた。

以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行われ、11代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成した。かつては目前に埋立地もなく、東京湾を臨むゆったりとした空間であった。庭園の周囲には遠山金四郎の屋敷や浅野内匠頭が切腹した田村右京太夫の屋敷があった。

明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も「浜離宮」となった。その後、関東大震災や空襲によって、大手門、御茶屋など数々の建造物や樹木が損傷し、往時の面影はなくなったが、昭和20年11月3日、東京都に下賜され、翌21年4月1日整備の上、有料公開を開始した。なお、国の文化財保護法に基づき、昭和23年12月には国の名勝及び史跡に、同27年11月には周囲の水面を含め、国の特別名勝及び特別史跡に指定された。

明治末期の浜離宮の鳥瞰図と写真
浜離宮鳥瞰図(明治37年)

この庭園の楽しみは何と言っても3D写真の撮影である。広い敷地の中で樹木や池、そして周囲の高層建築物など、変化に飛んだ風景は、日常では観ることが出来ない。特に今回は各々の”距離感”を意識した撮影を心掛けてみた。庭園内では一眼レフカメラで撮影する人が当然のように多かったが、恐竜博のときと同様に、この被写体こそが立体写真に最適なのである。

浜離宮の全体写真とMap ※クリックで拡大できます
浜離宮空撮Map

3D写真の構図として、面白いアングルが多く、いつもより数多くの写真を撮影してしまった。この際、長々した講釈は抜きにして、以下、一気に写真をアップすることにする。

(交差法)
浜離宮②11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮②11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮①11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮①11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮③11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮③11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮④11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮④11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑤11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑤11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑥11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑥11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑦11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑦11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑧11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑧11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑨11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑨11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑩11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑩11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑪11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑪11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑫11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑫11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑬11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑬11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑭11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑭11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑮11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑮11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑯11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑯11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑰11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑰11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑱11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑱11.10.01(平行法)

(交差法)
浜離宮⑳11.10.01(交差法)
(平行法)
浜離宮⑳11.10.01(平行法)

庭園からは周囲のビルだけでなく、遠くには東京タワーやレインボーブリッジ、はるか向こうには東京スカイツリーも見える。近代的な建築物も庭園内の松の木越しにフレームに納まれば、日本的な画となるところが何とも不思議である。いつも思うことなのだが、東京は都心に広大な公園や庭園が多く、しかも都心の喧騒から僅かな距離にあることに驚かされる。双方の空間を行き来しながら、華やかさとマイナスイオンを交互に味わえる街と云えるのかも知れない。冒頭の銀座の喧騒からウォーキングをスタートしたことも”そのこと”を痛感させたのかも知れない。

浜離宮の傍には汐留シオサイトや築地市場(東京都中央卸売市場)が見える。右上は東京タワー。
浜離宮庭園 空撮

都民の日の10月1日、政府の電力使用制限令が解除され、ライトアップ再開したレインボーブリッジが、帰路途中の日没後に鮮やかに浮かび上がって見えた。半年前までは見慣れた風景だったが、再開してみるとあらためて東京の夜景が戻ってきたように感じる。電力を巡る課題は解決されていないが、ブログに設置したレインボーブリッジのライブ映像にも再び華やかな東京の夜景画像が蘇えった。
 
10 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

09 11


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS