3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

東京マラソンにて

Edit Category 3Dカメラ
前日の予想では雨時々曇りとなっていたが東京マラソンの日は晴れて良い天気となった。初めて見学した昨年は大勢の参加者を見て道路がカラフルに染まる光景が見事だった為、今年は何としても3Dカメラで撮影しようと意気込んでいた。昨年と違うのは仮装大会のような楽しいコスチュームが減少し、どちらかというと真面目に完走を目指す人が多く感じられたのは気のせいだろうか。私の家からコースがすぐ近くなので、嫁さんと二人でゴール地点まで歩きながら見学した。
(交差法)
東京マラソン①11.02.27(交差法)
(平行法)
東京マラソン①11.02.27(平行法)

(交差法)
東京マラソン②11.02.27(交差法)
(平行法)
東京マラソン②11.02.27(平行法)

(交差法)
東京マラソン③11.02.27(交差法)
(平行法)
東京マラソン③11.02.27(平行法)

(交差法)
東京マラソン④11.02.27(交差法)
(平行法)
東京マラソン④11.02.27(平行法)

(交差法)
東京マラソン⑤11.02.27(交差法)
(平行法)
東京マラソン⑤11.02.27(平行法)

今年も芸能人が参加したようだが、残念ながら実際に走っている姿に遭遇することはなかった。テレビ中継では昨日と同じ機体のヘリコプターから中継されていたが、東京タワーや東京スカイツリーなど、要所での映像が昨日のヘリコプター クルージングの興奮がリアルに蘇った。驚いたことに月曜日に会社に行ってみると同じ課の私の部下の女の子が「昨日の東京マラソンで完走しました。これはそのおみやげです。」と言って”東京マラソン2011 完走しました!”と書かれたクッキーを配っていたことだ。こんなに身近に完走者がいたなんて・・・・。

スポンサーサイト

ヘリコプター 東京クルージング

Edit Category 3Dカメラ
2月26日 遂にヘリコプター 東京クルージングの日が来た。以前にも書いたが、嫁さんが懸賞で当てて前から欲しかった3Dカメラを購入したきっかけになったイベントである。ヘリコプターに乗るのは初めてなので朝から少し緊張している自分がわかった。天気は良いようだが・・・・・。

嫁さんとJR舞浜駅からシャトルバスに乗り、10分程度で浦安へリポートに着いた。エクセル航空の事務所で手続きを終え、搭乗時刻近くになってに名前を呼ばれた。我々二人だけでなく同乗者もいるようだ。説明を聞くと10人の乗客席に6人で搭乗するようだ。他の4名は若い姉弟とその両親のなかなか良い雰囲気の家族だった。この手のクルージングに多いと思われる気障なカップルでなくて良かった。万一、プロポーズなんかを計画していたり、指輪を渡す場面に他人として居合わせたくないもんだ。

ヘリコプターはジェットエンジン搭載で思ったより大きな機体だ。アメリカ シコルスキー社製のシコルスキー S-76 (Sikorsky S-76) という機体だ。このヘリコプターで浦安を飛び立ち、東京タワーや新宿や東京ドームを上空から眺め、現在建設中の東京スカイツリーを間近に見るというコースである。特に東京スカイツリーは最上部をクレーン工事中の為、完成後には二度と見れない姿だけに価値があるとのこと。

【TOKYO CITY CRUISE】のコース概要
TOKYO CITY CRUISE

エクセル航空社のシコルスキー S-76 (Sikorsky S-76)
Helicopter Excel Air Service S-76C JA6691

さあ、安全ベルトを締めていよいよ飛び立つのかなぁと思うや否や、少し浮いて前かがみになったまますごい勢いで飛び出した。後部座席の家族から悲鳴が沸き、ほんの数十秒間に海や建物が小さくなっていった。「これは思ったより怖いかも・・。」と感じた。私は機体の左端の席だったので最初は東京湾の遥彼方の風景を眺めながら高さやヘリの振動や音に慣れていこう思った次の瞬間、右に大きく旋回し機体も想像以上に傾斜した為、またもや後部座席の家族から悲鳴が湧いた。

飛んでいる最中、ドキドキが止まらずとにかくカメラのシャッターを押しまくった。構図やズームなど細かく考えることが出来ない。気を紛らわそうとするのだが、このヘリコプターの床の厚みはどれぐらいなのだろうか、などと考えていたら段々気持ちが悪くなっていった。冷静に覚えているのは嫁さんが私の顔を見てニヤニヤしていたことぐらいである。飛び立って10分程度経ったぐらいから機体も安定し、ドキドキも治まり気分的に随分落ち着いてきた。心の中で「ヘリコプターって慣れれば快適やな。」と感じ出したのである。


レインボーブリッジ(交差法)
レインボーブリッジ11.02.26(交差法)
レインボーブリッジ(平行法)
レインボーブリッジ11.02.26(平行法)

東京タワー(交差法)
東京タワー11.02.26(交差法)
東京タワー(平行法)
東京タワー11.02.26(平行法)

新宿高層ビル(交差法)
新宿高層ビル11.02.26(交差法)
新宿高層ビル(平行法)
新宿高層ビル11.02.26(平行法)

いよいよメインのスカイツリーが近づいてきた。後から考えれば当たり前のことなのだが、今までの風景は上空から小さく見える建物に高さを感じて怖く感じていたが、スカイツリーの場合、略横手に見えることが余計に高さを感じてしまい、冷静に考えれば考えるほど怖さを感じてしまった。
しかし二度とないチャンスなのだからと踏ん張り、何とか写真を数枚撮影することが出来た。

東京スカイツリー①(交差法)
東京スカイツリー①11.02.26(交差法)
東京スカイツリー①(平行法)
東京スカイツリー①11.02.26(平行法)

東京スカイツリー②(交差法)
東京スカイツリー②11.02.26(交差法)
東京スカイツリー②(平行法)
東京スカイツリー②11.02.26(平行法)
東京スカイツリー③(交差法)
東京スカイツリー③11.02.26(交差法)
東京スカイツリー③(平行法)
東京スカイツリー③11.02.26(平行法)

スカイツリーを離れ、いよいよ浦安へリポートに戻る時点では、少し名残惜しい気がしていた。短い時間でのヘリコプター クルージングであったが、想像していたより怖くて、ドキドキして、楽しいものであったと思う。さすがに私は怖くても悲鳴はあげなかったが、後部座席の男の子が旋回するときの傾斜にビビッて「もうダメだぁ!!」と声を震わせながら吐いた言葉に思わず笑わってしまった。

都内空撮①(交差法)
都内空撮①11.02.26(交差法)
都内空撮①(平行法)
都内空撮①11.02.26(平行法)

都内空撮②(交差法)
都内空撮②11.02.26(交差法)
都内空撮②(平行法)
都内空撮②11.02.26(平行法)

都内空撮③(交差法)
都内空撮③11.02.26(交差法)
都内空撮③(平行法)
都内空撮③11.02.26(平行法)

都内空撮④(交差法)
都内空撮④11.02.26(交差法)
都内空撮④(平行法)
都内空撮④11.02.26(平行法)

無事に浦安へリポートに到着し、余韻に浸りながらイクスペアリで買い物をして帰路に着いた。家でヘリコプターから写した写真をアップロードしてみたが、立体感があまり出ていないことが残念だった。空撮となると殆どが距離の長い被写体ばかりなので、距離の違いがあまりハッキリ現れないのかも知れない。せっかくの3Dカメラなので、もう少し立体感を出す為のテクニックを習得していきたい。今日の貴重な体験とともに行き帰りに撮影した写真をアップロードし、一緒に記録に残こすことにした。

(交差法)
3D写真①11.02.26(交差法)
(平行法)
3D写真①11.02.26(平行法)

(交差法)
3D写真②11.02.26(交差法)
(平行法)
3D写真②11.02.26(平行法)

(交差法)
3D写真③11.02.26(交差法)
(平行法)
3D写真③11.02.26(平行法)

(交差法)
3D写真④11.02.26(交差法)
(平行法)
3D写真④11.02.26(平行法)

(交差法)
3D写真⑤11.02.26(交差法)
(平行法)
3D写真⑤11.02.26(平行法)

亡き父へ

Edit Category 未分類
2月16日の朝、尾道に住む母より父が危篤状態との連絡が入り、急遽帰省の準備をしていたが、間のなく再度母からの電話で「駄目だった。」との一言。暫く冷静になろうと自ら言い聞かせながら喪服も準備して新幹線で東京から尾道に向かった。

父の兄が描いたの尾道風景画 ※画の真中方面に私の実家がある。父は入院室の枕元にいつもこの画を飾っていた。
尾道鶴湾

午後二時頃尾道につき遺体安置室で父と対面したが、昨年の6月に最後に会った時よりも痩せて小さくなったように感じた。母は時間の経過と父の兄夫婦と一緒だった為か気丈であった。

私が幼い頃に父の印象はとても逞しく、大工職人らしい力強いイメージばかりが浮かんでしまう。子供の頃に”ちからこぶ”を「見せて」とか「触らせて」などとせがんでいたものだった。

私が小学一年生のとき、干汐(ひしお)という海岸沿い地域に住んでいた頃、二つ上の姉と父と私の三人で目の前の海にある”上江府島”という小さな無人島まで泳いで渡ったことがある。私は泳げるようになるまで周囲の子供より比較的時間が掛かったが、泳げるようになったことを報告するや否や、この夏休み中に上江府島まで一緒に泳ぐぞ、と告げられたのだ。沖に進むにつれて冷たく且つ色が濃くなっていく海に少し怖さも感じたが、父が隣にいる安心感で何とか泳ぎきることができた。その時の嬉しさは今でも鮮明に憶えている。

干汐海岸から見た上江府島
上江府島

小学三年生の頃、我家は小さな伝馬船を所有していたが、台風で伝馬船を繋ぐロープが切れ沖に流された時、父は無謀にも荒れ狂う海の中泳いで伝馬船を追い、みごとに持ち帰ってきたこともあった。海岸沿いの家に住んでいた頃の父は、常に強くて逞しくて元気な姿ばかりであった。父自身も体力に自信があったのだと思う。

そんな父も歳を重ねるごとに病気がちになり、腎臓が悪化し、ついには人工透析生活を強いられるようになった。入院や手術の繰り返しで、この二~三年間は尾道に帰省しても実家で会うことはなく、入院先の病室で会うことばかりが続いた。数多くの手術で全身縫い痕だらけの満身創痍の状態で母の介護が欠かせない状態まで悪化してしまった。昨年も手術後に病室に見舞いに行ったのだが、麻酔をかけることが出来ないままで手術せざるを得なかったらしい。そのことに一瞬耳を疑ったが、父が「ものすげぇ痛かったど」とニッコリ笑って説明したときは背筋が凍りつくような感じであったが、平然と語る父に幼かった頃の強くて逞しいイメージが蘇ったような気がした。

葬儀は滞りなく終えることが出来た。私も高校卒業以来 遠く離れて暮らす生活だった為、親孝行らしいことはろくにできていないのだが、喪主を務めて最低限の責任を果たせたようで少しほっとしている。今は父の新しい旅立ちを見守ると同時に長い間痛みや苦しみと必死に闘ってきた父を労いたい。父の棺に花を添えたときに気付かぬままに私の数珠も一緒に入ってしまった。最後に顔を拝んだときに数珠が棺の中にあるのを見つけたが、そのままにしておいた。今後は父の数珠を形見代わりに私が譲り受けることにした。

母も長い看病生活を通じてできる限りのことはしてあげれたので後悔はしていないと言っていた。葬儀を終えたばかりなのでおそらく母も私も気丈なのかも知れない。季節が変り、ギラギラした夏の海を見たときにあらためて父の居ない淋しさを痛感するのかも知れない。

近所の3D写真展

Edit Category 3Dカメラ
今日は久しぶりに天気が良かったので、午前中は嫁さんと、午後からは年始の初詣以来家族三人でウォーキングすることになった(理由は本日の別ブログ参照)。歩きながら立体見て見たい風景を写してみたが、その中でも特に立体的というか、距離感の出ている写真をアップロードしてみた。

(交差法)
3D写真①11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真①11.02.13(平行法)

(交差法)
3D写真②11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真②11.02.13(平行法)

(交差法)
3D写真③11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真③11.02.13(平行法)

(交差法)
3D写真④11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真④11.02.13(平行法)

(交差法)
3D写真⑤11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真⑤11.02.13(平行法)

(交差法)
3D写真⑥11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真⑥11.02.13(平行法)

(交差法)
3D写真⑦11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真⑦11.02.13(平行法)

(交差法)
3D写真⑧11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真⑧11.02.13(平行法)

(交差法)
3D写真⑨11.02.13(交差法)
(平行法)
3D写真⑨11.02.13(平行法)

写した中には期待したより立体的になっていない写真も数多くあり、残念ながら没にしたが、出来るだけ手前の被写体と遠くの被写体がうまく構図に入ったものが、結果的により立体的に見えるようだ。逆にどれほど綺麗な景色でも遠く風景だけをズームして写しても距離感は出ない。

その昔”特撮の神様”円谷英二は、遠くの巨大な物を表現する時にスケール感の違う樹木や電柱をわざと手前の構図に入れて距離感・スケール感を表現したことと似ているような気がする。
今後、3D映画が当たり前になる時代には、スケール感や奥行きや距離感が映像にとって重要なファクターになっていくのかも知れない。

3Dカメラって思った以上に難しいのだが、使いこなすと意外に面白いかも知れない。

アクアテラリウムのジャングル化

Edit Category アクアテラリウム
先週、ビーシュリンプが抱卵状態にあると書いたが、今週は何とエンドラーズが二度目の繁殖に成功した。最初は稚魚を見て、何でこんなに育たない稚魚がいるのだろうと思っていたが、よく見ると新しく誕生した大きさの稚魚が4匹いるではないか。先々週生まれた稚魚たちは少しずつ大きくなっており、生まれたてサイズに比べて明らかに大きくなっているのですぐに見分けがつく。よ~し、今週もアクアテラリウムを強化するぞ!できればジャングルのように草木を増やしてみよう、という訳で写した写真です。

アクアテラリウム(交差法)
アクアテラリウム11.02.13(平行法)

アクアテラリウム(平行法)
アクアテラリウム11.02.13(交差法)

今週末は三連休だったが、最初の二日は天候悪かった為、ホームセンターでアクアテラリウム用に観葉植物を購入しに行く程度だったが、三日目が良い天気だったので午前中は嫁さんと近くの公園を散歩、午後からは息子が私のビッグカメラのポイントを狙ってI・PODを買いたいので有楽町へ一緒に行きたいというので、家族三人でウォーキングを兼ねて有楽町まで一時間ぐらいかけて歩いた。
その間に写した写真をアップロードしたかったのだが、息子が長い時間パソコンを独占した為、私のブログの時間が削られてしまった。
せっかく樹木の生い茂ったジャングルを表現し、少しずつ成長している水中の『侘び草』に関しても詳しく書きたかったのだが、買ってきたI・PODへのダウンロードに夢中になってエンドレスになってしまったから仕方がない。

今は余裕はないが、近いうちに息子専用のパソコンが必要になるのかも知れない。
と言うわけで今週のアクアテラリウムの説明は中途半端で終わらざるを得ないのだ。残念!!
 
02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

01 03


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
 
 
Category

  • 3Dカメラ (43件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (15件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball


 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS