3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

連覇の軌跡

Edit Category 野球
緒方監督胴上げ
広島東洋カープ 2017セントラル・リーグ優勝!
9月18日 阪神-広島 甲子園を赤で染めたカープファンの歓喜 9月18日 阪神-広島 赤で染まる甲子園球場 9月18日 阪神-広島 甲子園スコアボードの緒方監督胴上げ

我が広島東洋カープが2年連続8度目の優勝を甲子園球場で飾った。9月18日、敵地の半分が真っ赤に染まった甲子園球場のマウンド付近で歓喜の輪が出来上がり、その中心で選手たちに持ち上げられた緒方監督の身体が11回宙を舞う。レフトスタンドに陣取ったカープファンの拍手と喝采が鳴りやまない。「諦めないんですよ、うちの選手は!」優勝監督インタビューで緒方監督が少し興奮気味に声高らかに語ると真っ赤なスタンドが大きく湧いた。

9月18日 阪神-広島 優勝決定の瞬間
9月18日 阪神-広島 9回裏 田中 ショートフライキャッチ ゲームセット 9月18日 阪神-広島 優勝決定してマウンドに集まるカープナイン

1979年1980年の古葉竹識監督率いるカープ以来の37年ぶりの連覇を成し遂げた。これまでセ・リーグで連覇を達成しているチームは、カープ、スワローズ、ドラゴンズがそれぞれ2連覇を一度経験しているだけで、複数回の連覇は巨人のみであったが、今季のカープの優勝は、セ・リーグで巨人以外で初の連覇を成し遂げた偉業となった。

1979年~1980年 連覇した広島の古葉竹識率いる広島カープ
古葉監督の胴上げ(1979年10月6日) 80年Vの主力たち。左から山本浩二、高橋慶彦、江夏豊、北別府学、古葉竹識監督 1979年・1980年連覇した広島の古葉竹識監督 新幹線の中で連覇決定(1980年10月17日)
プレイバック連覇

「昨年の優勝経験を自信にして力を付け、開幕から頑張ってくれました。ピンチのときもチャンスのときも本当に沢山の声援を戴き、ファンと共に戦いながら力を付けました。」と続けた。噛み締めるように歓びを語った緒方監督は、選手たちに向かい、「ほんとに、ホントにご苦労さん、頼もしい奴らだ、本当に!」と声を掛けた。

9月18日 阪神-広島 優勝決定の瞬間のカープナイン

今季のカープは逆転勝利が勝利の過半数を占め、“逆転のカープ”として他球団に恐れられた。打撃・走塁では、打率.273、得点736、本塁打152、盗塁112とリーグトップのチーム成績を収め、特に打率と得点はDH制のパ・リーグを含めた12球団でも群を抜く。田中、菊池、丸の1・2・3番とセンターラインが固定され、カープ68代目の4番に定着した鈴木が8月末に骨折で離脱しても、松山が代役4番を務めて打ち勝った。昨年は脇役であった安部、西川らが堂々と活躍し、昨季MVPの新井のプレースタイルである“フォア・ザ・チーム”が、攻守に手を抜かないカープの野球として外国人選手にも浸透し、チーム全体が最後まで諦めないプレーを見せた。

スタンドのカープファンに手を振る緒方監督(左)/優勝会見で喜びの心境を語るカープ選手(中)/樽酒を浴びる緒方監督と新井(右)
9月18日 阪神-広島 スタンドのカープファンに手を振る緒方監督 優勝会見で喜びの心境を語るカープ選手 9月18日 樽酒を浴びる緒方監督と新井

打線が牽引したことは確かだが、“逆転のカープ”の背景には投手陣の踏ん張りも噛み合った。先発陣では、ジョンソンが離脱する中、岡田、九里、薮田らの若い力が台頭した。ブルペン陣では、ストッパーの中崎が腰を痛めて離脱し、開幕から連続無失点を続けてきたジャクソンや、昨季は中継ぎ・先発をこなしたヘーゲンズは、球のキレが戻らず連打を浴びるようになる。やりくりを余儀なくされたベンチは調子のいい投手から選ばれ、必然的に投手陣には競争意識があった。代役ストッパーに抜擢された今村は嘗ての輝きを取り戻し、中崎が復帰後も暫く抑えのポジションをキープしていた。

2016年優勝主力メンバー
2016年優勝主力メンバー

昨年25年ぶりにリーグ優勝したカープの主力メンバーの中から黒田が引退し、その穴をどう埋めるかが、連覇の大きな課題だった。昨季の黒田は24試合に先発、150回2/3を投げて10勝8敗の成績を残し、何よりチームの精神支柱であった。投手陣はブルペンで黒田の背中を見て学び、直接アドバイスを受けてきた。

3月18日 黒田博樹引退記念始球式(左)/5月18日 ロサンゼルスでカーショー・イチロー・マエケンと再会する黒田博樹(右)
3月18日 始球式に備えてキャッチボールする黒田と新井 3月18日 黒田博樹引退記念始球式 5月18日 ロサンゼルスでカーショー と再会した黒田博樹 5月18日 ロサンゼルスでイチローに引退を報告した黒田博樹 5月18日 ロサンゼルスで再開する前田健太と黒田博樹

黒田が最も繰り返して指導してきたのは配球の基本であった。ファーストストライクからストライクゾーンの隅を狙わず、カウントが整ってから内外コースを狙う。ツーシーム、或いは内角球を積極的に配球に組み込む。大胆さと繊細さを使い分けることで、投球の幅が広がると同時に逃げないピッチングに変わり、結果が出れば更なる自信として好循環になると諭した。黒田のメッセージや魂の伝承が遺産となって連覇を支えたのである。

カープ連覇への道

広島東洋カープ 2017年シーズン開幕ダッシュ
広島東洋カープ 開幕ダッシュ① 広島東洋カープ 開幕ダッシュ② 広島東洋カープ 開幕ダッシュ③

2017年のカープは開幕ゲームこそ敗北を喫したが、その後は引き分けを挟んで10連勝するなど、理想的な“開幕ダッシュ”を実現した。しかし決して順風満帆とはいかず、何度か試練が待ち受けていた。象徴的だったのが9点差を逆転された5月6日の阪神戦での“甲子園の悲劇”である。カープはコンディションが芳しくない菊池をスタメンから外すも、5回表を終わって9-0と一方的にリードしたが、5回まで2安打1失点だった先発の岡田が急変し、代わった中田も打たれて6回に7失点。7回には3番手の薮田が打たれて逆転された。

5月6日 阪神-広島 甲子園の悲劇
5月6日 阪神-広島 甲子園の悲劇 投手陣9点差守れず 5月6日 阪神-広島 甲子園の悲劇 9点差大逆転負け 5月6日 阪神-広島 甲子園の悲劇 大逆転に沸くライトスタンド

9点差以上の逆転負けを喫したチームに優勝した前例がないと報じられ、阪神に首位を奪取される現実に直面した。翌日も完封負けを喫して地元甲子園球場で阪神がカープとの首位攻防戦で3連勝したことで、関西地区のテレビ番組では早くも阪神優勝の予感を連呼した。“甲子園の悲劇”の屈辱により、チーム内に不穏な空気が漂うという危機に晒されたが、何故昨季に優勝できたのか、何がチームに必要なのかを結果的に喚起させる方向に作用し、共通の目標を再認識しながら時間を掛けて軌道修正した。その結果カープは、リードしても油断せず、リードされても諦めず、チーム一丸の粘り強さを回帰させ、22日後の5月28日に再び首位を奪還した。

カープベンチ前の円陣

“開幕ダッシュ”から“甲子園の悲劇”への流れが、長いシーズンの序盤にチームの戦い方を点検する機会になり、勢いで突っ走った昨季と違い、連覇の難しさを早い段階で認識したことが振り返れば大きかったのかも知れない。序盤に押され気味のゲームもベンチ前で円陣を組んだ直後、上位打線、下位打線に拘らず一気呵成に攻め込むシーンを何度も目にしてきた。やがて7月に入り“悲劇”と対照的な“奇跡”を目撃することになる。7月7日 神宮球場でのヤクルト戦“七夕の奇跡”である。

7月7日 ヤクルト-広島 七夕の奇跡 最終回 代打 新井 逆転3ラン
7月7日 ヤクルト-広島 新井七夕の奇跡逆転3ラン

昨年7月以来の先発マウンドとなった戸田は、5回7失点、1−7で降板した。7回に好調の菊・丸コンビで2点を返したが、その裏には更なる追加点を許し、3−8の5点ビハインドで敗色濃厚な最終回のカープの攻撃を迎えた。この日初めてヤクルトの新守護神として9回のマウンドに登場した小川に対して、いきなり先頭のバティスタがソロを浴びせ、1死後に菊池のソロ、さらに松山の適時打などで2点差に迫った。2死からも西川の執念の内野安打で一、三塁とし、真打ち“代打 新井”が登場する。

7月7日 ヤクルト-広島 七夕の奇跡
7月7日 ヤクルト-広島 七夕の奇跡!代打新井が逆転3ラン 7月7日 ヤクルト-広島 七夕の奇跡!最終回5点差を逆転したスコアボード

地鳴りのような大歓声で迎えられると、4球目を打った新井の弾道は真っ直ぐバックスクリーンへ命中した。ミラクルを完結させた瞬間、スタンドの大歓声が悲鳴をかき消した。昨季通算300号本塁打と通算2000安打を達成した神宮球場で奇跡の代打逆転3ランを放った新井は「回ってくる予感あった。」と語り、「ファンの方の声援と回してくれたチームメートが打たせてくれたホームランだと思います。いつも、いつも、いつも、ありがとうございます!」と七夕の夜空に叫んだ。今季49勝目となる“七夕の奇跡”は、既に28回目の逆転勝利であった。

7月14日 オールスター戦 ナゴヤドーム カープ選出メンバー(左)/7月16日 ZOZOマリンスタジアム ユニホームを間違えた新井(右)
7月14日 オールスター戦 ナゴヤドーム カープ選出メンバー 球宴出場の全セ新井、ユニホーム間違えて笑い誘う

カープは2年連続で前半戦を首位で折り返し、2位阪神に8ゲーム差で貯金23の成績でオールスター戦を迎えた。独走状態に入り連覇の可能性が高まる頃、会社内のカープファン2名と一緒に広島まで観戦する計画を立てた。シーズン終了までのマツダスタジアムの指定席は既に完売しており、7月下旬に9月17日(日)デーゲームのヤクルト戦の自由席 定価1,700円のチケットを5倍の8,500円で3枚購入した。一旦購入すれば、優勝決定のVデー予測が気に掛かり、観戦予定メンバー間では、宝くじの当選を待つ心境になる。8月8日には球団最速となるマジック33が点灯した後、3度も消滅しながらマジックの数と観戦試合までの試合数をチェックする日々が続いていくのであった。

(交差法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27①(交差法)
(平行法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27①(平行法)

(交差法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27②(交差法)
(平行法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27②(平行法)

(交差法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27③(交差法)
(平行法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27③(平行法)

(交差法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27④(交差法)
(平行法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27④(平行法)

7月27日 巨人-広島 鈴木誠也”幻の1発”
7月27日 巨人-広島 巨人 広島鈴木誠也「幻の1発」① 7月27日 巨人-広島 巨人 広島鈴木誠也「幻の1発」②

その後、2度のカープに関わるイベントがあった。ひとつは、前述のチケット購入3名の中の関西在住者によってチケット入手した7月27日 京セラドーム大阪での巨人-広島を観戦したことである。我々は三塁側2階席というビジター応援エリアだったので、周囲はカープファンで囲まれた。初回2死一塁で鈴木は左翼ポール際に豪快な1発を放って悠々とダイヤモンドを1周し、幸先の良い2戦連続先制弾かと思われたが、巨人側がファウルを主張してリプレー検証した結果、判定が覆った。打ち直しとなった鈴木は結局見逃し三振。幻の先制点となり、幸先の悪さを感じてしまった。

(交差法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27⑤(交差法)
(平行法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27⑤(平行法)

7月27日 巨人-広島 阿部が右中間に2点二塁打(左)/11戦目で“魔の木曜日”に今季初勝利の巨人(右)
7月27日 巨人-広島 阿部が右中間に2点二塁打 7月27日 巨人-広島 巨人 11戦目で“魔の木曜日”に今季初勝利

(交差法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27⑥(交差法)
(平行法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27⑥(平行法)

(交差法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27⑦(交差法)
(平行法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27⑦(平行法)

(交差法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27⑧(交差法)
(平行法)
巨人―広島 京セラドーム大阪 2017.7.27⑧(平行法)

カープとの対戦でここまで大きく負け越している巨人であったが、カープ先発の中村に対して中盤に集中打を浴びせた。カープ1点リードの4回、中村はマギーと坂本勇に連打されて無死一、三塁となり、4番阿部に右中間へ逆転2点二塁打を打たれた。巨人は今季10戦全敗だった“木曜日の呪い”に終止符を打った。カープの打線は苦手とする田口を攻略し切れず、連勝は4で止まった。今季初観戦の試合として勝利を味わうことができず、個人的にカープ観戦の勝率の悪さを再認識する日になった。9月17日の試合は何としても勝ちゲームに立会いたい想いが募った。

第8回 広島カープまつり in 大阪パンフレット(左)/スポニチ記事(右)
第8回 広島カープまつり in 大阪 第8回 広島カープまつり in 大阪 スポニチ記事

(交差法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 大野豊トークショー①(交差法)
(平行法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 大野豊トークショー①(平行法)

もうひとつのイベントは、8月15日~17日 あべのキューズモールで催されている「広島カープまつり 2017 in 大阪」での16日の「大野豊氏トークショー」を訪れたことである。昼食前に3Fスカイコートの会場を覗いてみると、14時開催のイベントにも拘らず約2時間前からカープファンの人が席を確保していた。チュートリアル徳井義実が熱烈なファンでもある大野豊の絶大な人気をあらためて思い知った。

(交差法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 ガリバー岡崎①(交差法)
(平行法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 ガリバー岡崎①(平行法)

(交差法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 ガリバー岡崎②(交差法)
(平行法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 ガリバー岡崎②(平行法)

(交差法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 ガリバー岡崎③(交差法)
(平行法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 ガリバー岡崎③(平行法)

1Fフロアでは、広島東洋カープ球団キャラクター“カープ坊や”製作者 ガリバー岡崎が似顔絵を画く催しや主催のスポニチ広島版の記念スポーツ新聞セットや選手直筆サイン入り写真パネルなどの販売コーナーもあった。カープ坊やは、初優勝の年にリリースされた「それ行けカープ(若き鯉たち)」と同様に長い年月に亘りファンに愛用され、ユニフォームのモデルチェンジに合わせてデザインも変化しながら、現在使用されるプロ野球球団のマスコットとして最古参となる。キャラクター製品も様々なバリエーションが拡がり、カープファンの愛着感が窺える。

カープ坊やの遍歴・アレンジの数々
「それ行けカープ(若き鯉たち)」レコードジャケット 「やったぜ!赤ヘル軍団」レコードジャケット カープ坊や マンホール蓋ミルキー(ペコ&カープ坊や)Carp BoyYankees Boy

カープ坊やのイラストは、1975年の初優勝の年に誕生した。帽子の色を紺色から燃える闘志を表す赤色に変えた新監督のジョー・ルーツ(Rollin Joseph Lutz)は、遠征移動の選手の負担を軽減するために用具運搬専用トラックを確立し、そのコンテナパネルに球団マスコットのデザイン公募が行われ、当時、広告代理店のカープ担当としてポスター製作に関わる28歳のイラストレーター 岡崎福雄氏のデザインが採用された。被写体モデルが存在すると噂されていたが、実際には特定モデルはおらず、酷似した少年の写真が憶測を生んだようである。製作者本人が言うから間違いない。

(交差法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 あべのキューズモール(交差法)
(平行法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 あべのキューズモール(平行法)

8月の日差しが厳しい午後になり、3Fスカイコートに戻った私は1時間前から座って場所を確保し、阪神ファンの嫁さんは、屋根のある少し距離を置いた場所で待機することになった。私は梅雨時期の湿気よりも真夏の焼きつけるような暑さの方が耐えられるが、この日の日差しの強さは、恐らく暫しの時間でも充分日焼けするだろう。それでも会場は、イベントが始まる頃には想像を絶する大勢のカープファンで溢れ、夏の暑さに負けない熱気に満ちていた。

(交差法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 大野豊トークショー②(交差法)
(平行法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 大野豊トークショー②(平行法)

(交差法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 大野豊トークショー③(交差法)
(平行法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 大野豊トークショー③(平行法)

(交差法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 大野豊トークショー④(交差法)
(平行法)
第8回 広島カープまつり in 大阪 大野豊トークショー④(平行法)

大野豊 ベースボールカード(左)/大野豊 投球フォーム(中)/大野ツッコミ(右)
大野 豊 カード 大野豊 投球フォーム 大野ツッコミ

いよいよ大野豊が登場し、スポニチの広島カープ担当の江尾卓也記者と進行役のブランケット(お笑いコンビ)のメンバーでトークショーが始まった。スポニチの野球評論家でNHK野球解説者でもある大野氏は、説明が判りやすくて聞き易いテンポのトークであった。大野氏は、Vデー予測は9月2週目~3周目と語り、入手したチケットはターゲット範囲内なので安堵して大きく頷いた。最後は会場のリクエストで応援歌の“宮島さん”を会場全員立ち上がって合唱し、万歳三唱で締められた。大野氏も「アメトーーク! 広島カープ芸人」で“大野ツッコミ”として真似された投球フォームを披露するサービスで応えて会場を後にした。

横浜スタジアム 2017年8月22~24日

8月のカープは本拠地マツダスタジアムでの6連戦は1度もなく、移動距離は途轍もなく嵩み、遠征先も真夏の暑さの中でドームでの試合(27試合中9試合)が少ない。過酷な日程が余儀なくされる中、カープナインは疲労が蓄積しているようにも感じられた。そのような状況の中で“悪夢”が訪れた。8月22日からの横浜スタジアムでのDeNA3連戦で3試合連続サヨナラ負けを喫した“横浜の悪夢”である。

8月22日 DeNA-広島 横浜の悪夢 今村サヨナラ被弾
8月22日 DeNA-広島 横浜の悪夢 今村サヨナラ被弾

初戦、好投を見せていた先発の野村が5-1と4点リードで迎えた8回裏、嶺井にソロを打たれ、9回裏には3番の筒香に2ランを浴びて1点差に詰め寄られ、救援した今村は4番のロペス、続く5番の宮崎に連続弾を浴び、クリーンナップにまさかの3者連続被弾でサヨナラ負けとなった。

8月23日 DeNA-広島 横浜の悪夢 鈴木誠也 右足首を剥離骨折
鈴木誠也負傷

2戦目は鈴木がフェンス際でジャンプして好捕して着地する時に、右足がフェンスの下に引っ掛って体重が掛かるような落ち方をした。鈴木は立ち上れずに担架で運ばれて退場し、右足首を剥離骨折するアクシデントに見舞われた。真の4番に定着した鈴木は、1回に26号のソロホームランを放ったが、この試合でシーズンの終焉を迎え、悔しさの中でチームの終盤戦を見守ることになった。ショックを引きずるカープは延長10回に打たれ連夜のサヨナラ負けを食らった。

8月24日 DeNA-広島 横浜の悪夢 3戦連続サヨナラ負け
8月24日 DeNA-広島 横浜の悪夢 3戦連続サヨナラ負け

3戦目は8回1点リードで登板した一岡が筒香の適時打を浴び同点に追いつかれる。9回には、2死二塁から倉本の不規則な回転の打球が二塁手菊池の前で跳ねる不運も重なり、首位チームが3試合連続サヨナラ負けとなるプロ野球史上初の屈辱となった。前夜の試合で4番打者が離脱した“横浜の悪夢”と併せて、カープは予期せぬ危機を迎えた。8月の戦績は12勝13敗2分となり、緒方監督就任直後の苦しい船出となった2015年の3・4月(9勝16敗)以来となる月間負け越しとなった。

阪神 金本監督と広島 緒方監督
阪神 金本監督と広島 緒方監督

カープが苦戦している間、2位阪神は8月1日時点で今季最大の11ゲーム差を8月31日には5.5ゲーム差まで縮めてきた。暫く阪神の戦績に関して静かだった関西地区のテレビ番組では、直接対決で3連勝すれば、という仮説が繰り返され再び賑やかになった。阪神の金本監督がチームの戦いに手応えを語り、8月上旬にメッセンジャーが負傷離脱した中でも8月以降は19勝10敗1分けと貯金を増やしてきた。一方のカープは、鈴木の離脱で確定的だと思われたリーグ優勝に暗雲が立ち込める中、9月1日からはヤクルトに3連勝した流れの中で本拠地に帰還して阪神を迎え撃つ。

9月5日 広島-阪神 ルーズベルトゲーム 9回表 福留逆転2ラン(左)/安部逆転サヨナラ2ラン(右)
9月5日 広島-阪神 ルーズベルトゲーム 9回表 福留逆転2ラン  9月5日 広島-阪神 ルーズベルトゲーム 安部逆転サヨナラ2ラン

9月5日からのマツダスタジアムでの阪神との直接対決の初戦は、天王山に相応しい“死闘”となった。シーソーゲーム展開の5-5の7回裏、安部の適時打で勝ち越したが、1点リードで迎えた阪神の最終回、中﨑が福留に逆転2ランを浴び敗戦濃厚となる。1点を追う9回裏1死二塁、ドリスの高めに浮いた155km/hを振り抜いた安部の打球は、赤く染まった右中間席へ突き刺さった。劇的な安部の逆転サヨナラ2ランで地鳴りのような歓声が上がり、ルーズベルトゲームに終止符が打たれた。安部の放った人生初のサヨナラ弾は、ドリスにとって来日初の被弾となった。カープはマジック12が再点灯し、貯金を今季最多30に増やし、阪神と7.5ゲーム差に広げた。

9月5日 広島-阪神 ルーズベルトゲーム 安部 初めてのサヨナラホームラン(左・中)/ドリス 来日初被弾(右)
9月5日 広島-阪神 ルーズベルトゲーム 安部 逆転サヨナラ弾 9月5日 広島-阪神 ルーズベルトゲーム 安部 逆転サヨナラ2ラン 9月5日 広島-阪神 ルーズベルトゲーム ドリス 来日初被弾

この試合、私はリビングルームでテレビを観ていたが、流れが行ったり来たりする展開にイライラして落ち着かず、入浴しながらお風呂テレビで観ることにした。最後は中崎が抑える場面を祈るようにイメージしていたところ、福留の逆転弾を観た瞬間にテレビを消しかけるも最後まで観ようと留まった。安部の逆転サヨナラ弾を見届けたとき、浴槽に浸かったまま無意識に歓喜の雄叫びを上げ、嫁さんが心臓発作による絶叫と勘違いして慌てて浴室に駆けつけてきた。首位攻防戦らしい激戦となった一戦は、今季のカープのベストゲームと言っても過言ではない。

MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島

初戦の接戦を制したカープは、翌日、翌々日も阪神に逆転勝ちを収めて直接対決を3タテし、次のナゴヤドームの中日戦も3タテして9月に入って9連勝した。マジックナンバーを5まで減らし、完全にラストスパートのスイッチが入ったのである。9月12日(月)以降、我々がチケットを入手した9月17日(日)までの5試合は、すべて本拠地マツダスタジアムで行われ、昨季に実現出来なかった地元胴上げと併せて、マジック5で観戦まで5試合目で迎える状況に、ひょっとしたら胴上げ試合を観戦できるかも知れないという期待が高まり、興奮のカウントダウンとなる一週間を過ごすことになる。

台風の目(左)/2017年台風18号の進路(中・右)
台風の目 2017年台風18号 2017年台風18号5日先までの進路予想

順調にマジックを減らし、広島での週末の観戦準備を整える中、突然予測外の危機に阻まれた。台風18号が先島諸島を通過後に東シナ海を北上し、急カーブして日本に接近し、三連休は台風の影響で各地で大荒れの天気となると報じられた。2ヶ月前にチケットを入手して以来、①晴天で且つノーゲームとならぬこと、②試合が勝ちゲームであること、③試合で胴上げに遭遇できること、を祈願してきたが、最低条件である①すら危うくなり、台風上陸前に地元で胴上げを決めた方がカープにとっては良いのかも知れない、と考えてしまった。一方で今季の雨天中止は2試合のみというマツダスタジアムの奇跡に賭けたい想いもあった。

9月14日 広島-DeNA 勝利の瞬間(左)/スコアボード映像で阪神の試合を見守る(右)
9月14日 広島-DeNA 勝利の瞬間 9月14日 広島-DeNA スコアボード映像で阪神の試合を見守る

9月14日(木)マジック2で迎えたDeNA戦、同点で迎えた8回表、3番手の今村が連打を浴びるなどノーアウト満塁のピンチを迎えた際、巨人が阪神に追いついたと知った広島ファンの歓声により、DeNAのチャンステーマが完全にかき消され、球場が異様なムードに包まれる。その後今村が絶体絶命のピンチを無失点で切り抜けると、直後の8回裏にバティスタの犠牲フライで勝ち越し、カープは5-4で勝利を収めた時点でマジック1となる。その後マツダスタジアムは阪神-巨人の試合を見守る会場となり、延長12回の末、阪神の負けがなくなった時点で、優勝は16日以降(15日は何れも試合無し)に持ち越された。

9月16日 広島-ヤクルト 3回裏 丸 先制の2点タイムリー/4回裏 新井 追撃ソロ/7回表 大松 同点タイムリー/カープ地元胴上げならず
9月16日 広島-ヤクルト 3回裏 丸 先制の2点タイムリー 9月16日 広島-ヤクルト 4回裏 新井 追撃ソロ 9月16日 広島-ヤクルト 7回表 大松 同点タイムリー 9月16日 広島-ヤクルト カープ地元胴上げならず

9月16日(土)地元胴上げを願うファンの想いが奇跡的に雨を曇りに変えて開始されたヤクルト戦、カープは新井のソロを含む2点をリードして迎えた7回表、先発の薮田が代打の切り札 大松に2点タイムリーを浴びて同点に追いつかれると、8回表には3番手 今村が連続四球などによる満塁のピンチで犠牲フライによる勝ち越しを許す。カープは最終回に見せ場を作るが、代打 エルドレッドの空振り三振でゲームセットとなり、4-5で逆転負けを喫した。この日2度目の奇跡を起こすことは出来ず、試合後に降り始めた涙雨の中で球場のカープファンは帰路に就いた。

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2017.9.17①(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2017.9.17①(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2017.9.17②(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2017.9.17②(平行法)

9月17日に備えて尾道に帰郷したことで親父の墓参りは出来たが、まさかカープが敗れると思っていなかったので複雑な心境に陥った。就寝前に奇跡的に台風進路が外れることになって試合が行われ、勝って優勝決定することを祈願して翌朝を迎えた。起床時間の6時には、曇空ながら雨はまったく降っておらず、奇跡が起こる予感さえした。当日に合わせて広島市内に帰郷した観戦メンバーから、既にマツダスタジアムでは自由席入場者の行列が出来ているとの情報が入り、急いで新尾道から新幹線に乗って小雨そぼ降る広島に降り立った。9時前にはカープのビニールポンチョに身を包み、既に70m程に達する行列に並んだ。

(交差法)
幻のマジック1チケット 2017.9.17(交差法)
(平行法)
幻のマジック1チケット 2017.9.17(平行法)

9月17日 マツダスタジアムを後にするカープファン(左)/閉店を知らせるグッズショップ(中)/ 雨天中止を知らせるスコアボード(右)
9月17日 台風18号の影響で試合が雨天中止となり、マツダスタジアムを後にするカープファン 9月17日 台風18号の影響で閉店したことを知らせるグッズショップの張り紙 MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 雨天中止 2017.9.17

淡い期待はしかし、程なくして小雨から大粒に変わった雨に流され、9時45分に台風18号接近のため試合中止が発表された。マジック1で迎えたこの日のチケットが、プラチナチケットになるかも知れぬ期待が夢破れた事を知り、暫し落胆に見舞われ佇んだ。球場では10時よりチケットの払い戻しの受付けが始まり、せめてチケットを写真に収めたが、定価の5倍価格のチケット故に払い戻しに更なる二次ショックが襲った。受付窓口では、各々“佐賀から駆けつけた”とか“神奈川県から前日入りした”と語る人がいたが、チケット受付担当の人が申し訳なさそうに対応していたことで、多少は気が和らいだ。

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2017.9.17③(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2017.9.17③(平行法)

(交差法)
広島カープ屋内練習場 2017.9.17①(交差法)
(平行法)
広島カープ屋内練習場 2017.9.17①(平行法)

(交差法)
広島カープ屋内練習場 2017.9.17②(交差法)
(平行法)
広島カープ屋内練習場 2017.9.17②(平行法)

2011年8月5日マツダスタジアム始球式での中沢啓治氏(左)/「広島カープ誕生物語」(中)/ 中沢啓治氏の代表作「はだしのゲン」(右)
マツダスタジアムで始球式を行った中沢啓治氏(2011年8月5日) 広島カープ誕生物語 中沢啓治 はだしのゲン

広島カープ誕生物語① 広島カープ誕生物語② 広島カープ誕生物語③ 広島カープ誕生物語④

(交差法)
カープ誕生物語 像 2017.9.17①(交差法)
(平行法)
カープ誕生物語 像 2017.9.17①(平行法)

(交差法)
カープ誕生物語 像 2017.9.17②(交差法)
(平行法)
カープ誕生物語 像 2017.9.17②(平行法)

(交差法)
カープ誕生物語 像 2017.9.17③(交差法)
(平行法)
カープ誕生物語 像 2017.9.17③(平行法)

2015年03月20日「広島カープ誕生物語」の像の前で記念写真に納まる妻の中沢ミサヨさん(左)/企画段階の1/10サイズの模型(右)
「広島カープ誕生物語」のキャラクター銅像の前で記念写真に納まる中沢ミサヨさん(右から4人目)2015年03月20日 粘土でできた10分の1サイズの模型でデザインを確認する中沢さんの妻ミサヨさん

中止が決定して選手は屋内練習場で翌日の阪神戦に備え調整を行っていた。屋内練習場の入口付近には、「はだしのゲン」など、自身の被爆体験を題材とした漫画家 中沢啓治「広島カープ誕生物語」の登場人物をモチーフにした銅像の特設広場があった。銅像の周囲には、復興時のバラック、旧市民球場の積石、被爆レンガ、被爆瓦、被爆3日後に運転を再開した広島電鉄の被爆敷石やレールが装飾された特設広場は、被爆70年を迎えるにあたり、広島の復興の歩みと被爆5年後にカープが誕生した当時の喜びを表現しようとマツダスタジアムの屋内練習場の敷地内に作られた。

(交差法)
電光石火 駅前ひろば店 2017.9.17①(交差法)
(平行法)
電光石火 駅前ひろば店 2017.9.17①(平行法)

(交差法)
電光石火 駅前ひろば店 2017.9.17②(交差法)
(平行法)
電光石火 駅前ひろば店 2017.9.17②(平行法)

試合中止になったショックを癒すため、取り敢えず3人でお好み焼きを食べに行くことになり、広島フルフォーカスビル6Fにある「お好み物語駅前ひろば」に移動した。昼食にはまだ早い時間で人はまばらだったが、一周すると一軒に客が溢れていた「電光石火」があり、40分待ちだが並んでみることにした。ふんわり玉子で包み込んだ「電光石火」は押さえず空気を入れて焼くことで野菜の甘みを閉じ込め、広島定番のイカ天や爽やかな青葉が入って青ネギがかかったドーム型のお好み焼きである。個性的な形状だが、広島のお好み焼きの基軸を崩さず、ビールのつまみとなるサイドメニューも美味しい。「ミシュランガイト広島 2013 特別版」に掲載され、お好み焼き店として初の“ミシュラン ビブグルマン マーク”を獲得している。

(交差法)
雨の広島市内散策 2017.9.17(交差法)
(平行法)
雨の広島市内散策 2017.9.17(平行法)

CARP BASEBALL GALLERY

(交差法)
カープベースボールギャラリー 2017.9.17①(交差法)
(平行法)
カープベースボールギャラリー 2017.9.17①(平行法)

(交差法)
カープベースボールギャラリー 2017.9.17②(交差法)
(平行法)
カープベースボールギャラリー 2017.9.17②(平行法)

ビールを飲んでお好み焼きを食べると少しずつ元気になってきた。せっかくの広島訪問なので、この日の縁として少しだけ市内を散策することにした。路面電車に乗って八丁堀で下車して徒歩5分の場所に「カープベースボールギャラリー(CARP Baseball Gallery)」を訪れたが、シャッターが閉められ、“臨時休業”の貼り紙があった。決して比較にはならないが、この日2度目の中止に向き合い、お好み焼きで癒した筈の気持ちが再び落胆した。

(交差法)
広島市民球場跡地・おりづるタワー・原爆ドーム 2017.9.17(交差法)
(平行法)
広島市民球場跡地・おりづるタワー・原爆ドーム 2017.9.17(平行法)

(交差法)
広島市民球場跡地 勝鯉の森 リーグ優勝祈念碑 2017.9.17(交差法)
(平行法)
広島市民球場跡地 勝鯉の森 リーグ優勝祈念碑 2017.9.17(平行法)

2016年11月5日 25年振りのリーグ優勝を刻んだ勝鯉の森 優勝祈念碑除幕式
広島市民球場跡地 勝鯉の森 リーグ優勝祈念碑除幕式 2016.11.5

仕方なく雨天の中で定番の旧市民球場跡地~勝鯉の森を訪ねたが、意外にも私以外のメンバーは、旧市民球場跡地の勝鯉の森や各々の祈念碑の存在をまったく知らなかったらしく、撮影に勤しむ姿に少しだけ誇らしい気分になった。

(交差法)
シャレオ中央広場 広島ホームテレビ ぽるぽるSTUDIO 2017.9.17(交差法)
(平行法)
シャレオ中央広場 広島ホームテレビ ぽるぽるSTUDIO 2017.9.17(平行法)

(交差法)
ダイニング慶彦(Dining慶彦) 2017.9.17(交差法)
(平行法)
ダイニング慶彦(Dining慶彦) 2017.9.17(平行法)

Dining慶彦/高橋慶彦ベースボールカード/日本新記録の33試合連続安打/スイッチヒッター打撃フォーム/アメトーーク! 広島カープ芸人
ダイニング慶彦(Dining慶彦) 2016 EPOCH 広島東洋カープ STARS LEGENDS 直筆サインカード 高橋慶彦 日本新記録の33試合連続安打を達成した高橋慶彦 1979年7月31日 スイッチヒッター高橋慶彦の打撃フォーム アメトーーク! 広島カープ芸人

こうして広島市内を散策してみると、街の中にはカープが溢れている。中区胡町ではカープOBの高橋慶彦が経営する「ダイニング慶彦(Dining慶彦)」の看板を見つけた。カープの永遠のヒーローである高橋慶彦は、3度の盗塁王や33試合連続安打の日本記録(未だ破られず)を打ち立てるなど、黄金時代の主力選手として活躍し、現役時代は好打と俊足で山本浩二らに劣らぬ人気者であった。

(交差法)
廣文館 金座街本店 2017.9.17(交差法)
(平行法)
廣文館 金座街本店 2017.9.17(平行法)

1915年(大正9年)創業の老舗書店「廣文館 金座街本店」は、創業100周年の2015年に2階の一部エリアに「カープグッズショップ」をオープンさせた。カープ関連の書籍は勿論、ユニフォームや応援グッズから日用品まで多岐に亘るオフィシャルグッズも充実している。

(交差法)
広島駅南口地下広場 2017.9.17(交差法)
(平行法)
広島駅南口地下広場 2017.9.17(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2017.9.17④(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2017.9.17④(平行法)

暫く歩き続けると、強風によって横殴りの雨に変化していき、カープのビニールポンチョだけでは視界が厳しくなってきた。広島駅に何とか辿り着いた時には、台風18号上陸に伴って広島地区では全線区列車の運転を見合わせていた。山陽新幹線も運転見合わせとならぬよう、便がある時間帯に退散するべく帰阪することにした。後ほど判ったことだが、既にこの時刻には、カープの選手たちは翌日の甲子園球場での阪神戦に備えて広島を出発していた。

9月18日 阪神-広島 甲子園球場に集結するカープファン
9月18日 阪神-広島 甲子園球場に集結するカープファン

9月18日 阪神-広島 1回表 松山 先制タイムリー(左)/3回表 野村 スクイズ成功 追加点(右)
9月18日 阪神-広島 1回表 松山 先制タイムリー 9月18日 阪神-広島 3回表 野村 スクイズ成功 追加点

翌9月18日(月)の甲子園球場での阪神戦は、台風一過の晴天の下、左半分のスタンドが赤色に染まる異様な雰囲気の中で試合が開始された。広島は初回、松山の適時打で先制、4回表には野村がスクイズを決めて追加点をもたらしたが、直後の4回裏の中谷の追撃弾、7回裏の代打 陽川に2番手一岡が同点弾を浴びて追いつかれる。

9月18日 阪神-広島 8回表 バティスタ 勝ち越しタイムリー(左)/生還する菊池と呆然とする金本監督(右)
9月18日 阪神-広島 8回表 バティスタ 勝ち越しタイムリー 9月18日 阪神-広島 8回表 タイムリーで生還する菊池と呆然とする金本監督

9月18日 阪神-広島 9回裏 田中 ショートフライキャッチ ゲームセット(左)/優勝決定の瞬間 中崎と新井(中)/マウンドに集まるカープナイン(右)
9月18日 阪神-広島 9回裏 田中 ショートフライキャッチ ゲームセット 9月18日 阪神-広島 優勝決定の瞬間 中崎と新井 9月18日 阪神-広島 優勝決定してマウンドに集まるカープナイン

2-2で迎えた8回表、バティスタが値千金の適時打を放ちリードを奪った。8回裏は3番手 ジャクソン、最終回はストッパー 中崎とリレーし、最後は田中へのフライをキャッチしてカープが2年連続のリーグ優勝を決め、“甲子園の悲劇”から135日を経て、同じ甲子園球場でカープは頂点に立ち、セ・リーグでは巨人以来2球団目となる2度目の連覇となる偉業を達成した。

9月18日 阪神-広島 全員野球の優勝シーン
9月18日 阪神-広島 エルドレッドにおんぶされる鈴木誠也 9月18日 阪神-広島 エルドレッドにおんぶされる鈴木誠也をカンチョーする菊池涼介 9月18日 阪神-広島 赤松と菊池 9月18日 阪神-広島 田中・小窪・松山・丸・會澤

優勝の輪の中には右足首剥離骨折で離脱した鈴木の姿もあり、レフトスタンドのファンに挨拶に向かう時、野間と西川に肩を支えられ、戻る際にエルドレッドにおんぶされた場面は今季のチームを象徴している。無防備な鈴木にカンチョーしまくる菊池に爆笑するカープナインの姿には、張り詰めた緊張を解してきたシーズン中の雰囲気を垣間見ることが出来る。1月に胃がんの手術をして1軍復帰を目指してリハビリ中の赤松も合流して栄冠の瞬間を共有するなど、昨季とは一味違う優勝シーンに全員野球の進化の証しが映し出されていた。

9月21日 セ・リーグ優勝セレモニー
9月21日 セ・リーグ優勝セレモニー③ 9月21日 セ・リーグ優勝セレモニー②

カープの連覇の軌跡を辿り、相反する現象を考察して私なりの仮説を抱いた。今季のカープは、悲劇、奇跡、悪夢を辿りながら目の前の壁を乗り越える度にチームは粘り強くなり、昨季より“逆転のカープ”が色濃い戦い方となった。また昨季以上にMVPの選出に迷ってしまう程、“全員野球”の様相を呈した。離脱した戦力を見事に代役が埋めてチームの勝利に貢献し、その循環が昨季以上の層の厚さを感じさせた。

9月21日 セ・リーグ優勝セレモニー①

前述の“相反する現象”とは、カープは未だチームとして発展途上であり、強さと脆さが宿った未完成段階にある。その未熟さ故にチーム一丸で戦う進化を繰り返し、その継続によって苦難を乗り越える術を獲得する。未完の循環によって逆に黄金期が到来するかも知れないとの仮説を抱いたのである。開幕前の優勝候補の筆頭は、大型補強を施した巨人であったが、“物理的な戦力”ではなく“進化する戦力”がペナントを制する日本のプロ野球に移行すれば、今以上に目が離せなくなる筈である。
スポンサーサイト

魂の伝承

Edit Category 野球
優勝パレード

先日、広島市街地で催された優勝パレードを訪れた。一昨年、マツダスタジアムで一緒に観戦した安佐南区の住む叔父さんと待ち合わせし、平和記念公園平和大通り沿いでパレードを見守った。優勝パレードは、西観音町電停東交差点東側から鶴見橋西詰までの約3kmをオープンカーとパレードバスで走行する。晴天の青空に中継のヘリコプターが7機飛び交い、地元のすべての民放テレビ局がパレード生中継番組を放映すると云う。想像を絶する人出だが、25年振りのリーグ優勝を祝うパレードは、混乱を招くような物々しさはなく、暖かい陽射しと笑顔に溢れ、沿道には31万3000人のファンが集まった。

広島東洋カープ初優勝パレード(1975.10.20)
広島カープ初優勝パレード(1975.10.20)

(交差法)
衣笠祥雄・黒田博樹 レジェンドユニフォーム①(交差法)
(平行法)
衣笠祥雄・黒田博樹 レジェンドユニフォーム①(平行法)

(交差法)
衣笠祥雄・黒田博樹 レジェンドユニフォーム②(交差法)
(平行法)
衣笠祥雄・黒田博樹 レジェンドユニフォーム②(平行法)

前回の優勝パレードが行われた1975年の人口92万人(2016年3月現在119万人)の広島市で、約30万人(県警発表)が詰めかけ沿道を人が覆った。パレードの道脇には、悲願達成を見届けずして亡くなった親族を偲んで、多く人が遺影を高々と掲げていた。その光景に感極まり涙に咽せた古葉監督が、後日、「広島市民の心が一つになる大きな祭りを確立して欲しい。」と懇願し、市民の祭典「ひろしまフラワーフェスティバル」が1977年から毎年開催されるようになる。衣笠祥雄の背番号3のユニフォームの上に黒田博樹の背番号15のユニフォームを羽織り、1975年以来のパレード(衣笠のユニフォームは1975年仕様とは異なるが)に想いを馳せて臨んだ。

広島東洋カープ優勝パレード(2016.11.5)
優勝パレード1優勝パレード2優勝パレード3優勝パレード4
優勝パレード5優勝パレード6優勝パレード7優勝パレード8

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5①(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5①(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5②(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5②(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5③(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5③(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5④(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5④(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5⑤(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5⑤(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5⑥(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5⑥(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5⑦(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5⑦(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5⑧(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5⑧(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5⑨(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5⑨(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5⑩(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5⑩(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5⑪(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5⑪(平行法)

(交差法)
優勝パレード 2016.11.5⑫(交差法)
(平行法)
優勝パレード 2016.11.5⑫(平行法)

(交差法)
原爆ドーム・元安橋 2016.11.5(交差法)
(平行法)
原爆ドーム・元安橋 2016.11.5(平行法)

(交差法)
広島本通 2016.11.5(交差法)
(平行法)
広島本通 2016.11.5(平行法)

パレード先頭のオープンカーには、緒方監督や黒田、新井が乗車しているとのことだが、車高が低くて残念ながら観ることが出来なかった。一方、2階建てのパレードバスに乗った選手は思った以上に近い距離で観ることが出来た。テレビの絶好のアングルで観るのも良いが、こうして実際パレードを目の当たりにすると“本当に優勝したんだ。”という実感が溢れてくる。パレード後はマツダスタジアムで優勝報告会と称するイベントが催されるが、事前に入場整理券を入手する必要があるので入場は諦め、叔父さんの家を訪れ、近所で家族の方と一緒に昼食を食べた後、叔父さんの家のテレビで優勝報告会の中継番組を観ることにした。

広島東洋カープ優勝報告会
優勝報告会
広島カープ 優勝報告会 黒田・新井・菊池胴上げされる黒田優勝報告会でマウンドの前でひざまずく広島の黒田博樹投手優勝報告会でマウンドの前でひざまずく広島の黒田博樹投手2優勝報告会でグランドを去る広島の黒田博樹投手

優勝報告会では今シーズン限りで引退する黒田が、満面の笑みでナインから背番号15と同じ15回胴上げされた。チームメート一人一人と抱擁を交わして引き揚げた後、黒田は誰もいないマウンドの前でひざまずき、3万810人の大観衆の前で33秒間瞑想し、感極まって込み上げる熱いものを抑えきれず涙を拭う仕草を見せた。スタンドも涙に暮れ、“ありがとう”の声援が鳴りやまなかった。黒田の大きな背中の15番が目に焼き付き、思わず目頭が熱くなった。マウンドに別れを告げて立ち上がるとベンチ向かって歩き出し、B’zが“アメリカから帰って来たサムライ”をイメージして、黒田に捧げた曲「RED」が流れる中、グラウンドを後にした。

(交差法)
マツダスタジアム 2016.11.5①(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム 2016.11.5①(平行法)

(交差法)
マツダスタジアム 2016.11.5②(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム 2016.11.5②(平行法)

(交差法)
マツダスタジアム 2016.11.5③(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム 2016.11.5③(平行法)

(交差法)
マツダスタジアム カープロード 「カープの星」山本一義レリーフ(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム カープロード 「カープの星」山本一義レリーフ(平行法)

(交差法)
マツダスタジアム カープロード スロープ(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム カープロード スロープ(平行法)

(交差法)
マツダスタジアム カープロード 赤いローソン カープ祝V7カー(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム カープロード 赤いローソン カープ祝V7カー(平行法)

(交差法)
マツダスタジアム カープロード 黒田パネル(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム カープロード 黒田パネル(平行法)

(交差法)
山陽本線からのマツダスタジアム 2016.11.5(交差法)
(平行法)
山陽本線からのマツダスタジアム 2016.11.5(平行法)

(交差法)
尾道駅前渡船 2016.11.5(交差法)
(平行法)
尾道駅前渡船 2016.11.5(平行法)

(交差法)
尾道水道夕景 2016.11.5(交差法)
(平行法)
尾道水道夕景 2016.11.5(平行法)

テレビ中継終了後、私の実家の尾道に向かうため、叔父さんが広島駅まで送ってくれたが、黒田の最後の姿が心に残り、余韻に浸りたくてマツダスタジアムで降ろしてもらった。既に球場内は飾り付けの解体作業を始めており、おそらく優勝報告会が終了して一時間程度は経過している筈だが、大勢のファンがまだ残っていた。マツダスタジアム周辺は勿論だが、広島の街は子供からお年寄りまで遠方からでも堂々とカープのユニフォームを身に纏い、看板や垂れ幕、電車の外装など至る処でカープが溢れており、球団と都市が一体化していることを感じられる。尾道までの在来線の車内のみならず、実家への最終の交通機関となる駅前渡船でも赤いユニフォーム姿の人が見られた。

新たに2016年のリーグ優勝記録が刻まれた勝鯉の森 記念碑
勝鯉の森 記念碑除幕式

レギュラーシーズンを89勝52敗2分けの勝率.631という球団史上最高成績でリーグ優勝を達成した今シーズンの我が広島東洋カープは、32年振りの日本一を目指してポストシーズンに臨んだが、残念ながら、北海道日本ハム ファイターズとの日本シリーズを制することが出来ず、2勝4敗で幕を閉じた。期待が大きかっただけに随分落胆したが、2016年の日本プロ野球は、マツダスタジアムの試合で締め括られたことへの歓びをあらためて噛締めながら回想してみることにした。

【CSファースト第3戦】DeNAファイナルシリーズ進出
【CSファースト第3戦】DeNAがファイナルシリーズ進出

25年振りにセ・リーグ優勝を果たしたカープは両ステージを通じて初めてマツダスタジアムでの開催となる。11年振りにAクラス入りを果たした横浜DeNAベイスターズは初めての出場となる。ファーストステージは、レギュラーシーズン2位の読売ジャイアンツと3位のDeNAが3戦2勝先取制で争い、レギュラーシーズンの最後の巨人2連戦に圧勝したDeNAは勢いを保った状態でシリーズに突入した。菅野が離脱して投手陣に不安がある巨人との接戦を粘り勝ったDeNAは、2勝1敗で2013年のカープ以来となる3位からのファイナルステージ進出を果たした。

DeNAがCSファイナルステージ進出
【CSファースト第3戦】DeNAがファイナルシリーズ進出

ファイナルステージは、レギュラーシーズン1位(1勝分のアドバンテージ)のカープとファーストステージ勝者のDeNAが6戦4勝先取制で争い、勝者が日本シリーズへの出場権を得る。カープがペナントレースを独走したことで、“クライマックスシリーズ制度の是非”について語られる機会が多かったが、本拠地 マツダスタジアムで全試合を戦うカープにとってのカギは、“ペナントレースを独走した優勝球団として勝率5割に満たない球団には必ず勝たなければいけない”というプレッシャーを払拭し、レギュラーシーズン同様に本拠地での強さを発揮する戦い方ができるか否かがポイントとなる。戦いに臨む日、キャンプから優勝に至る軌跡を編集したビデオを黒田がサプライズで用意し、選手全員が見て士気を高めている。

CSファイナルステージ 広島東洋カープ vs DeNA横浜ベイスターズ
CSファイナル 広島東洋カープ vs DeNA横浜ベイスターズ

第1戦 ○広島 5-0 DeNA●(マツダスタジアム)
先発のジョンソンは2塁を踏ませないピッチングで9回を被安打3の好投で完封し、ファーストステージからのDeNAの打線の勢いを封じた。野手では先頭打者の田中が3安打と攻撃の起点になり、後続もこれに続いてチャンスに確実に点を重ね、アドバンテージの1勝と合わせ2勝とした。DeNAのモスコーソも力投したが3回・7回のピンチで踏ん張れず、味方の援護も無かった。6回の打席で負傷交代となったルナは「右肩関節唇損傷と右肩鎖関節捻挫で全治3ヶ月」と診断され、翌日登録を抹消された。

【CSファイナル第1戦】ジョンソン3安打完封
【CSファイナル第1戦】ジョンソン完封

第2戦 ○広島 3-0 DeNA●(マツダスタジアム)
先発の野村が何度かピンチを迎えても要所を上手く切り抜け、今村・ジャクソン・中崎と勝利の方程式の継投で横浜打線を見事2試合続けて0点で抑え、連夜の完封勝利を収めた。DeNAは第1戦同様、ロペス、筒香の主軸が完全に押さえ込まれた。丸が先制のタイムリーを含む2打点を挙げ、昨日絶好調だった田中は、1回、3回にヒットや四球で得点に絡むと、8回にはソロホームランと連日の活躍を見せ、安定した戦い方で連勝し、早くもファイナルステージ突破に王手を掛けた。

【CSファイナル第2戦】田中 ホームラン
【CSファイナル第2戦】田中 ホームラン

第3戦 ●広島 0-3 DeNA○(マツダスタジアム)
2試合連続で完封負けを喫して後がないDeNAが一矢を報う意地を見せた。初回から毎回ランナーを出していたDeNA打線だったが、4回に遂にエリアンが先発の黒田から2ランホームランを放ち、ファイナルステージ22イニング目にしての初得点を挙げた。5回にも左手指を骨折しながらも出場している梶谷のタイムリーで貴重な追加点を上げ3点差とし、井納が7回を3安打に抑える好投や8回裏のピンチも守備陣の奮闘もあり無失点に凌ぎ、カープのクリーンアップも無安打に封じられ、3連勝での日本シリーズ進出とはならなかった。

【CSファイナル第3戦】黒田 エリアンに先制ホームランを浴びる
【CSファイナル第3戦】黒田 エリアンに先制ホームランを浴びる

第4戦 ○広島 8-7 DeNA●(マツダスタジアム)
カープは1回裏、エルドレッドの3ランホームランなど打者一巡の猛攻で6点を先制した。DeNAの先発はカープに相性の良い今永だったが、初回で既にマウンドから引きずり下ろされた。DeNAも2回・3回に2点ずつを返すもののカープも中押し点を加点した。DeNAは諦めずに1点差まで詰め寄って逆転も射程圏内に追い込んだが、8回からジャクソン、最終回は中崎の継投で逃げ切った。1番打者 田中はシリーズ通算で打率.833の活躍でチームを牽引し、本塁打王と打点王の二冠に輝いたDeNAの筒香を4試合で僅か1安打に封じたことが勝因に繋がり、初のファイナルステージ突破で日本シリーズ進出を決めた。

【CSファイナル第4戦】中崎が筒香を三振に打ち取りゲームセット
【CSファイナル第4戦】ゲームセットの瞬間

CSファイナルステージを突破し、日本シリーズ進出を決めたカープ
CSファイナルステージを突破し、日本シリーズ進出を決めた広島ナイン握手する緒方監督とラミレス監督CSファイナルステージを突破したカープ

昨シーズン最下位であったDeNAだが、ラミレス監督の初年度采配により大躍進した。アレックス・ラミレス(Alexander Ramón Ramírez)はヤクルト~巨人~DeNAで日本球界通算2000本安打を達成したが、DeNA退団後は群馬のシニアディレクター~オリックス バファローズ3ヶ月契約巡回アドバイザーを務めた後、中畑監督の後任としてDeNAから白羽の矢が立ち、監督就任を要請された。外国人監督である故、コミュニケーション面など不安視されたが、先発投手が揃って投手陣は充実し、日本の4番打者に成長した筒香をはじめ自前の選手の成長により、11年振りのAクラス入りを果たした。本音を云えば開幕前には脅威を感じなかったが、今シーズン、最もカープを苦しめた相手はDeNAであり、カープ同様、選手育成を貫いて健闘したDeNAには、互いに低迷期を乗り越えた対決に万感胸に迫るものを感じる。

【パ・リーグ CSファイナル】大谷クローザー 165km/h
【パ・リーグ CSファイナル】大谷クローザー km/h

一方、パ・リーグのファイナルステージは、日本球界に衝撃を与えた。北海道日本ハムファイターズは4点差を逆転し、最後はクローザーとして登場した大谷が、圧巻の投球で劇的に締めたのである。王手をかけた第5戦に3番・DHで先発出場した大谷が、9回にDHを解除してストッパー登板し、自身の164km/hの日本最速を更新する165km/hを出し、まるで劇画のヒーローのように、マウンド上で日本シリーズ進出のガッツポーズを見せた。カープに一日遅れて日本シリーズ進出が決まった日本ハムだが、大谷の165km/hのスピード記録の話題に世間の注目が拐われた。

緒方監督・栗山監督(左)/SMBC日本シリーズ2016公式プログラム(右)
緒方監督・栗山監督SMBC日本シリーズ2016公式プログラム

日本ハムは、福岡ソフトバンクホークスとの最大11.5ゲーム差を歴史的な大逆転劇によってパ・リーグを制し、クライマックスシリーズでも返り討ちにした。セ・リーグ覇者のカープとの対決となる今年の日本シリーズは初顔合わせであり、カープは1991年(VS西武ライオンズ)以来32年振り4度目、日本ハムは2012年(VS読売ジャイアンツ)10年振り3度目の日本一を賭けて雌雄を決する時を迎えた。

黒田引退会見(左)/練習中に選手や関係者に辞意を伝える黒田(右)
黒田引退会見練習中に選手や関係者に辞意を伝える黒田

日本ハムとの日本シリーズ対決が確定し、後日、黒田は日本シリーズ終了後に現役を引退すると発表した。今季、野茂に続く史上2人目の日米通算200勝を達成、シーズン10勝(8敗)し、メジャー時代を含め7年連続2桁勝利をマークし、投手陣の精神的支柱として25年振りの優勝に大きく貢献した。全体練習の前、円陣の中心に立った黒田は「日本シリーズを最後にユニフォームを脱ぐことに決めました」とチームメートに報告し、会見では「選手にもファンにも最後の真剣勝負の前に伝えないといけない」として、日本シリーズ直前のタイミングでの発表の理由を説明した。

ドジャース時代に頭部に打球受けた黒田
Hiroki Kuroda Hit in head

黒田がドジャース時代に打球を受けて生死を彷徨った際の首痛は慢性化し、ファイナルステージ登板3日前にはキャッチボールの途中で肩が上がらなくなり、登板回避も検討される程、既に満身創痍の状態であった。選手では新井にだけ事前に打ち明け「もう1年やらないんですか?」と慰留されたと云うが、最後は意思が尊重されたという。黒田はチームメートの前で「最後は笑顔で皆でもう1回ビールかけができたらいい」と語りかけた。それを実現すべくチーム一丸で必勝を期して日本シリーズに挑む。

Carp vs Fighters

三大都市圏に本拠地を置かない球団の対戦は日本シリーズ史上初であり、マツダスタジアムと札幌ドームは直線距離で1,231km離れており、これは2006、2007年の中日(ナゴヤドーム)と日本ハム(札幌ドーム)の約952kmを上回り、最も遠距離の日本シリーズとなる。今季のカープはホームで51勝20敗1分けの勝率.718と圧倒的な強さを見せ、日本ハムもホームで45勝24敗2分けの勝率.652と両チーム共に本拠地での戦いに滅法強い。マツダスタジアムを真っ赤に埋め尽くしたカープファンと札幌ドームのファンの熱狂は、日本シリーズでもチームを鼓舞し、試合展開にも大きく影響することが予測される。今季のチーム成績に目を向けると、両チームともに他チームを走行守すべてにおいて凌駕していた。

【広島東洋カープ】
打率.272・本塁打153本・盗塁118・得点684・防御率3.20・失点497
広島東洋カープ 2016年セ・リーグ制覇CARP2016.jpg

【北海道日本ハムファイターズ】
打率.266・本塁打121本・盗塁132・得点619・防御率3.06・失点467
日本ハム 2016年パ・リーグ制覇FIGHTERS2016.jpg

カープの各部門のチーム成績はすべてセ・リーグトップ。日本ハムは本塁打と得点だけはリーグ2位だが、他の部門ではリーグトップで、互いに攻・走・守に優れた選手を揃え、先発・中継ぎ・抑えという勝利の方程式を確立している。共に外国人以外は自前で育てたレギュラー選手が並ぶなど共通点が多い。カープのレギュラー選手も若いが、日本ハムのレギュラー選手の方が少し若く、“寿司ポーズ”のレアードも29歳と外見よりも意外に若い。大きな違いは、カープは監督采配を含め、日本シリーズを殆ど経験しておらず、日本ハムは、2006年、2007年、2009年、2012年に日本シリーズに出場しており、メンバーでは、陽、中田、田中らが大舞台の経験がある。

大谷入団発表での栗山監督
大谷入団発表での栗山監督

日本ハムの栗山監督に対しては、以前から他者に無い才能を感じていた。選手として際立った成績を残さなかったが、爽やかな語り口調や説明の旨さで、野球解説者として人気を博し、日本ハムから白羽の矢が立ち監督に就任した。当時は前出のラミレス以上に監督適性を疑問視したが、初年度でリーグ優勝を果たして度肝を抜かれた。印象として、勝負勘、試合展開における嗅覚に優れ、大胆且つ繊細な采配は、栗山監督が最も尊敬する三原脩の監督時代の異名である“魔術師”の如く異彩を放っている。大谷の“二刀流”は絶えず是非を論じられるが、大谷の才能を信じて疑わない栗山監督の信念は、今シーズン初めて“批判や話題”から、見事に“最大の武器”に変貌させた。カープが最も警戒すべきは、栗山監督の采配なのかも知れない。

MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島での日本シリーズ開幕戦
日本シリーズ2016 マツダスタジアム

日本シリーズはマツダスタジアムでのナイトゲームからスタートとなる。メジャーリーグテイストの総天然芝のマツダスタジアムの空撮映像は、夕景の都市の光も相まって、ワールドシリーズの中継映像のような雰囲気が醸し出され、例年のドームや人工芝のスタジアムとは違う光景は際立って美しい。開場以来、初めて行われる日本シリーズは何よりも相応しい舞台のようにも思える。オープニングセレモニーでは、両チームの選手がラインに沿って整列し、広島出身の吉川晃司の国歌斉唱、紫綬褒章受章と国民栄誉賞受賞した女子レスリング選手の伊調馨による始球式によって日本シリーズはスタートした。

日本シリーズ オープニングセレモニー
レスリング伊調馨、日本シリーズ開幕戦始球式日本シリーズ オープニングセレモニー

第1戦 ○広島 5-1 日本ハム●(マツダスタジアム)
カープ先発はシリーズ直前に沢村賞を受賞したジョンソン、日本ハムは“リアル二刀流”大谷で日本シリーズが始まった。最速165km/hを誇る大谷では得点チャンスは少ないと捉え、カープは足を絡めて攻めた。2回、先頭の鈴木は四球を選び、1死後、安部の右前安打で1塁・3塁とした。石原は、初球と4球目の2度、スクイズを試みるも鋭いスライダーにバント失敗し、結局、空振り三振を喫した。チャンスは潰えたかに見えたが、安部が盗塁を試みた際、大野が2塁へ送球後、大谷が送球カットサインを見逃したことを確かめてから、3塁走者の鈴木がスタートを切りダブルスチールが成功した。先制点に拘ったカープの本領発揮となった。

【日本シリーズ第1戦】ダブルスチールによる先制点
【日本シリーズ第1戦】ダブルスチール

公式戦で投手と打者を両立する大谷の“リアル二刀流”は奇しくも2013年6月18日マツダスタジアムでのカープとの交流戦が最初であった。その試合、大谷はプロ初本塁打を浴びており、歴史は繰り返された。2回に1点を先制した広島は、4回先頭の松山に2ボールからの155km/hが真ん中に入り、打球は右中間席へ運ばれた。松山には3年前も一発を浴びており、奇しくも初被本塁打という因縁の相手である。

【日本シリーズ第1戦】松山ホームラン
【日本シリーズ第1戦】松山ホームラン

大谷は悔しさから口を真一文字に結び、赤い波がうねる右翼のパフォーマンスシートを凝視する。1死後、今度はエルドレッドに150キロを中堅右に運ばれ3点のリードを奪われた。大谷にとって1イニングは勿論、1試合2本塁打も今季初の被弾であった。ジョンソンは7回にレアードのホームランで1点を献上するが、カープはそのすぐ裏に丸のタイムリーヒットやエルドレッドの犠牲フライなどで2点を追加して試合を決めた。カープは難攻不落の大谷を攻略し、幸先のよい滑り出しとなった。

【日本シリーズ第1戦】広島先勝
【日本シリーズ第1戦】広島先勝

第2戦 ○広島 5-1 日本ハム●(マツダスタジアム)
カープは2回に小窪のタイムリーヒットなどで先制したが、4回にエラーで同点に追いつかれた。試合が膠着状態に入っていた6回無死2塁、ファーストの猛チャージの裏をかいた菊池のバスターの打球は、大きく空いた三遊間を抜いた。レフトの西川の好返球によるホームでのクロスプレーに対し、球審は“アウト”の判定だったが、ビデオ判定によってセーフへと覆った。複数のカメラで確認すると、田中は捕球直後の捕手・大野のミットを掻い潜ってホームインしており、完全にアウトと思われたプレーは確実なセーフであった。

【日本シリーズ第2戦】菊池 バスターエンドラン(左)/田中 ホームでのクロスプレー(右)
【日本シリーズ第2戦】菊池 バスターエンドラン【日本シリーズ第2戦】田中 ホームでのクロスプレー

1つの判定が試合の流れを決める典型的な展開となる。増井はビデオ判定で3分ほど待たされたのが地味に効いた。試合再開直後、丸はいきなりセーフティバントを敢行し、増井は一塁に悪送球によって追加点をもぎ取り、増井自身も降板することになった。バッテリーエラーからの鈴木の犠牲フライで追加点が入り、バッテリーが外角高めに外した球をエルドレッドがジャスミートして完璧なホームランで止めを刺した。

【日本シリーズ第2戦】エルドレッド 2試合連続ホームラン
【日本シリーズ第2戦】エルドレッド ホームラン

結局試合は、野村祐輔が相手をエラーの1点に抑えて6回2安打ピッチング。続く今村・ジャクソン・中崎もランナーは出したが、後続を完璧に抑えた。9回表1アウト1塁・2塁での代打・大谷のシーンは一段と盛り上がり、ホームランが出れば1点差となる場面だったが、中崎は大谷のインコースに見事なストレートを投げて空振り三振に打ち取った。大谷も窮屈そうではあるがフルスイングした。カープの試合内容は、2戦とも完勝だったが、投手陣がほぼ完璧に日本ハム打線を抑えた(18イニングで自責点1)からこそ際立っていた。

【日本シリーズ第2戦】代打大谷三振
【日本シリーズ第2戦】代打大谷三振

広島東洋カープ 日本シリーズ移動チャーター機 ジャパンエア4921 J-AIR ERJ-170
広島東洋カープチャーター機 ジャパンエア4921 J-AIR ERJ-170

カープは札幌への移動に日本航空(JAL)のチャーター機を手配し、諸経費を含め往復で約1,000万円を掛けて、体調管理を最優先にした準備を進めてきた。球団関係者による万全の状態でシリーズに臨ませる配慮は、日本一に賭ける意気込みを感じる。6・7戦目に備えて移動日の28日に広島に戻る便も既に予約しており、4連勝で一気に日本一となれば、チャーター機の出発日まで一日余るため、その際は“北海道プチ優勝旅行”&“黒田慰労会”との記事を読んで、余裕が油断に繋がる懸念を感じた。一方、栗山監督は第3戦先発の黒田を大横綱 千代の富士に見立て、貴乃花に負けて世代交代したように大谷らの若手が黒田に引導を渡して反撃の狼煙(のろし)を上げることを期待するコメントを発した。

北海道日本ハム ファイターズ

第3戦 日本ハム○ 4-3 広島●(札幌ドーム)
戦いの場を札幌に移しての日本シリーズ第3戦は、引退を発表した黒田がマウンドに立ち、初回一死2塁3塁から中田の内野ゴロの間に日本ハムに先制を許した。しかし、2回のカープはエルドレッドが3試合連続となる2ランホームランで逆転した。黒田は手元で動く球をコーナーに投げ分け好投したが、この試合2打席連続で安打を浴びた大谷をレフトフライに打ちとった直後の6回1死時点で両足のふくらはぎが攣り、一旦ベンチ奥でテーピングをして、マウンドに戻って投球練習をしたが、交代を申し出て被安打4本で降板した。

【日本シリーズ第3戦】黒田vs大谷
【日本シリーズ第3戦】黒田vs大谷

引退を表明した黒田の最終登板になる可能性もあり、どうしても勝ちたい一戦だった。黒田は緊急降板したが6回途中まで1失点の内容で、1点リードを守る体制に入った。しかし、へーゲンズへの継投で逃げ切りを図りながらも守備固めを徹底できず、松山がスライディングキャッチを試みるも後逸して逆転の2点を献上した。カープは敗戦濃厚であったが、9回2アウトから安部のタイムリーで追いつき粘りを見せた。9回から2イニング目の大瀬良は久しぶりの登板にも拘らず好投し、石原の要求するコースに投げてスピードもあった。サヨナラのランナーとなった西川への四球も、突然3球コントロールが乱れたものの、最後は際どいコースがボール判定だったものだ。

【日本シリーズ第3戦】松山スライディングキャッチを試みるも後逸
【日本シリーズ第3戦】松山後逸

10回、勝負を決めたのは3番DHの大谷だった。ランナー2塁で大谷を迎えたカープは、カウントが悪くなるまでは、ボール気味に際どいコースを突く選択だった筈だが、大谷は足を踏み込んで腰を引き、内角ボール球を捌くような打撃でサヨナラヒットを放った。中継解説のカープOBの前田智徳が、「何なんですか?これは…」と驚嘆した。今季カープは、黒田が石原に教授した内角攻めが功を奏しており、大谷は交流戦のカープとの対戦でその印象を抱き、第2戦でも中崎の内角の際どいコースのストレートに窮屈なスイングで三振を喫したことも意識したかも知れない。大谷は初戦の借りをバッティングで返し、日本ハムにシリーズ初勝利をもたらした。

【日本シリーズ第3戦】大谷サヨナラタイムリーヒット
【日本シリーズ第3戦】大谷サヨナラタイムリー

第4戦 日本ハム○ 3-1 広島●(札幌ドーム)
カープは4回にエルドレッドの打ち上げたフライをライト・近藤が目測を誤り落球している間に1塁ランナーの新井が長駆ホームインするラッキーな先制の1点を奪う。これに対しカープ先発の岡田は序盤に直球の制球に苦しみ、2回には2四球を出した。しかし比較的安定してきたスライダーの前に5回までチャンスを作りつつも得点を奪えなかった日本ハム打線は、6回に4番・中田がソロホームラン一発で同点に追いつく。

【日本シリーズ第4戦】近藤 ライトフライ落球
【日本シリーズ第4戦】近藤 ライトフライ落球

8回には2死一塁から、レアードは広島の3番手・ジャクソンの甘く入ったスライダーを捉えた。第1戦に本塁打を放って以降は、2試合で8打数1安打。この日も第3打席まで無安打だったレアードは、初球から続いた外角攻めの投球の中で根気強く打てる球だけに狙いを絞り、バックスクリーン左へ放り込んで試合を決めた。各々のチームが本拠地でのゲームに勝利する“内弁慶シリーズ”の様相を呈する展開となり、2勝2敗のタイに持ち込んだ。

【日本シリーズ第4戦】中田 同点ホームラン
【日本シリーズ第4戦】中田 同点ホームラン

日本シリーズでは、ジャクソンがレギュラーシーズン通りに抑え切れておらず、4連投のジャクソンが3人で切り抜けたのは第2戦のみであった。第1戦ではランナーを二人出して、近藤にセンターへ大きな打球を放たれた(丸が好捕)。第3戦でも、先頭バッターを四球で歩かせて、中田の逆転タイムリーを打たれた。レアードに打たれたホームランも甘いコースに入ったスライダーである。シーズンでは盤石の成績であったジャクソンだけに9失点中4失点がというのは痛い。カープとしては、3・4戦を勝利の方程式が崩されての敗戦となれば修正することも困難となり、この先の戦い方に不安が募ってしまう。

【日本シリーズ第4戦】【日本シリーズ】レアード 勝ち越し2ラン
【日本シリーズ第4戦】【日本シリーズ】レアード 勝ち越し2ラン

第5戦 日本ハム○ 4-3 広島●(札幌ドーム)
2勝2敗で迎えた第5戦、この試合の勝者が日本一に王手を掛ける試合となる。昨日に引き続き先制したのはカープであった。初回、鈴木のタイムリーヒットで1点を奪い、その後両チームとも得点がないまま7回まで進むが、7回裏に日本ハムが岡の犠飛で同点に追いつく。1-1の均衡のままで延長戦へ突入かとも思われたが、9回裏に試合は急展開する。日本ハムは一死からフォアボール、内野安打、送りバント、死球で満塁となる。中でも岡が受けた死球を巡って両軍のベンチがグラウンドに飛び出し、一触即発ムードとなったことで中崎は動揺し、厳しく内角を突けない心理状態に陥った。

【日本シリーズ第5戦】岡の犠牲フライで同点に追いつく
【日本シリーズ第5戦】岡の犠牲フライで同点に追いつく

続く西川が日本シリーズ史上でもまだ2回目となる劇的な満塁サヨナラホームランで勝利し、日本一に王手を掛けた。一方、広島カープは札幌で3連敗を喫し、窮地に追い込まれた。困惑と絶望が入り混じった前出の解説の前田智徳が「はぁ?ホームランはないだろぉ…」と思わず絶句した。ここまでを簡単に振り返ってみると、広島での2試合はカープが完勝、札幌ドームでの3試合は日本ハムが粘り強さを見せてすべて逆転勝ちした。ここまでホームチームがすべて勝っており、完全に“内弁慶シリーズ”の展開となった。投手陣も第5戦先発の加藤以外は好投しており、とくに中継ぎ陣は3試合で1点しか取られていない。

【日本シリーズ第5戦】岡 死球に激怒
【日本シリーズ第5戦】岡 死球に激怒

一方、カープは先発投手陣は好投を続けているものの、僅差のリードを守りきれず、シーズン中は盤石だったリリーフ陣が打たれて3試合を落とした。札幌では打線も湿りがちとなり、3試合で5得点だが、ひとつはエラーによるものなので、実質的には4点しか取れていない。試合の序盤はカープが優位に進め、終盤に日本ハムが追いつきひっくり返すという3試合だった。シーズンでは、今村もジャクソンも4連投が最多で、日本シリーズでは1日移動日があったとは云え、5連投は初めてとなる。3~5戦目を観ていると、紙一重の展開だが、カープの中継ぎが打ち込まれたのは、1~2戦の采配が地味に影響していると感じられた。

【日本シリーズ第5戦】西川サヨナラ満塁ホームラン
【日本シリーズ第5戦】西川サヨナラ満塁ホームラン

札幌ドームは、世界唯一のサッカーと野球のプロチームの本拠地で、スポーツやコンサートなど、多彩なイベントを行う日本最北の全天候型ドームである。寒冷地の北海道でプロ野球チームの誘致を可能にし、札幌ドーム移転後、日本ハムは顕著に強くなり、東京ドーム時代よりも大幅に観客が増加した。マツダスタジアムとは対照的な球場で、黒い座席が並ぶスタンド、高く聳えるフェンス、不自然な色彩の人工芝、野球の試合が映し出される空間に違和感を覚え、個人的にはあまり好きではない。結果的に3連敗を喫してカープ球団史上日本シリーズ未勝利の唯一の球場となり、その印象が強くなったかも知れない。こうなれば“内弁慶シリーズ”として割り切り、地元広島での巻き返しに期待したい。

日本シリーズ2016 札幌ドーム
日本シリーズ2016 札幌ドーム日本シリーズ2016 札幌ドーム1日本シリーズ2016 札幌ドーム2

第6戦 ●広島 4-10 日本ハム○(マツダスタジアム)
日本ハムが王手で迎えたこの日本シリーズの第6戦は、再度、広島に戻って争われた。第5戦のサヨナラ勝ちの勢いを維持して攻め込む日本ハムは、試合開始直後の野村の初球を先頭の西川が三塁打を放ち、岡がタイムリー内野安打で1点を先制する。一方のカープは2回無死2塁3塁のチャンスに暴投やエラーなどで2点を奪って逆転し、札幌から続いた嫌な流れを断ち切る雰囲気が漂った。

【日本シリーズ第6戦】丸 追撃のホームラン
【日本シリーズ第6戦】丸 追撃のホームラン

日本ハムは増井を3回で降板させて勝負に出た。それは中継ぎへの信頼の厚さもあったが、戦況のなかでの臨機応変な対応でもあった。そして4回、完全にスイッチが入った西川のタイムリーヒットなどにより、日本ハムは一挙に3点を奪う再逆転で再び流れを戻した。後がない広島は5回に丸のソロホームラン、6回に下水流のタイムリーヒットと堅実に得点を重ねて同点へと喰らいつき、勝負を振り出しに戻した。第6戦に勝てば、第7戦には引退する黒田が先発となり花道を飾ることができるという想いもあり、カープも必死に粘った。

【日本シリーズ第6戦】投手のバースがタイムリーヒット
【日本シリーズ第6戦】バース タイムリーヒット

勝負は、8回表2アウトから決まった。6連投のジャクソンが2死無走者から崩れ、西川、中島、岡に3連打を浴びて満塁となる。中田の打席の際、ネクストバッターサークルに大谷を立たせ、勝負どころで強烈なプレッシャーを掛けてきた。中田には4球連続ボールで押し出しとなり、結局、代打は告げずピッチャーのバースが打席に立ち、タイムリーを放った。続くレアードは、甘く入ったスライダーを豪快に振り抜き、打球は左中間席へと消える満塁本塁打となった。白球の到達点を確認すると、2年目の陽気な助っ人は会心の手応えが残る右手を掲げた。唖然として声も出ず唯々テレビ画面を静視するのみであった。

【日本シリーズ第6戦】レアード満塁ホームラン
【日本シリーズ第6戦】レアード満塁弾

レアードのグランドスラムで一挙に6点の大差がつき、勝負が確定してから試合終了までの暫くが、落胆しつつも冷静に敗戦を受け入れる時間となり、カープの今季の戦いは終了した。日本ハムが10年振り3度目の日本一輝き、栗山監督がマツダスタジアムで胴上げされ、インタビューを受ける場面も冷静に見届けることが出来た。粘って追いついたが、2死無走者からの一挙6点が強烈過ぎて“完敗”を徐々に理解する思考に変化し、栗山監督の采配が秀逸であったことを冷静に勝負の節目ごとに痛感できた。

日本ハム 栗山監督胴上げ(左)/敗退して静まり返るカープナイン(中)/日本シリーズ表彰選手(右)
日本ハム 栗山監督胴上げ日本シリーズを敗退し、静まり返る広島ナイン日本シリーズ表彰選手

今年の日本シリーズの注目度が高かった。メジャーからカープに復帰しリーグ優勝に貢献した後、潔く引退を表明した黒田や、野手と投手の二刀流として成功し、日本最速の球速を誇る大谷が話題を集め、地方球団の頂上決戦ではあったが、全国のプロ野球ファンを沸かせた。カープは戦力的には決して引けを取らず、日本シリーズを制するチャンスも大いにあったが、2連勝スタートから敵地での3連敗し、勢いを止められないまま本拠地で散った。短期決戦でのDH制に戸惑い、選手起用も信頼と決断の間で揺れ、脆さも出た。緒方監督は最後の最後に采配のタクトが鈍り、敵将の胴上げを目に焼き付ける悔しさを刻んだ。

日本シリーズに敗れたカープナインと黒田
日本シリーズに敗れた広島カープ日本シリーズ敗戦後の黒田と新井日本シリーズに敗退したカープ

カープにとって、日本シリーズの敗退は今後への糧となることを祈願する。マエケンが抜け、黒田も抜けて、カープは2年で先発投手2人を失うこととなる。若手投手陣が覚醒しないことには連覇はそう簡単ではなく、今シーズンの野村のような奮起や躍進が望まれる。打線は来年もそれなりの結果を出すだろうが、新井やエルドレッドも現役はそう長くはない。安部、堂林、野間らの準ギュラーらの飛躍を見据えた強化策が急務となるかも知れない。カープはこの悔しさを忘れないで欲しい。昨季4位の悔しさが、今季の25年振りのリーグ優勝を果たしたように。

日本シリーズの黒田と大谷
黒田と大谷黒田と大谷2

今季限りで引退する黒田は、第7戦に備えて登板準備をし、大谷との最初で最後の対決に期待が集まったが、幻となり登板は叶わなかった。黒田はカープに復帰しての2年間で、ポストシーズンを合わせて計5,100球を投じた。その背中を通して若手投手が成長し、チームは戦う集団に変貌して25年振りの悲願の優勝を果たした。

広島のエース 黒田と巨人の4番 松井の対決(左)/ヤンキースタジアムのセレモニーで再開した黒田と松井(右)
黒田vs松井黒田松井

嘗て広島のエースと巨人の4番として幾多の鎬(しのぎ)を削る対決を繰り広げてきた黒田と松井が、ヤンキースタジアムのセレモニーで再開した際、既に引退していた松井に対して、当時ヤンキース現役の黒田が「まだやれたのでは?」と訊くと「もうやりきった。」と答えた松井の言葉に選手としての引き際を熟考し、カープ復帰への決断にも影響を与えたと云う。“ミスター完投”の異名をとった黒田は、完投という自分のスタイルを貫けなくなったことを引き際と捉えて決断をした。

優勝報告会でマウンドの前でひざまずく広島の黒田博樹投手

海を渡った侍の帰還のストーリーは完結した。黒田のプロ20年間の現役で成し遂げられなかった日本一は後輩に託した。球団は黒田の背番号「15」を永久欠番にすると発表した。カープの永久欠番は山本浩二の「8」、衣笠祥雄の「3」に続く3例目となる。黒田博樹の背番号「15」は、メジャー移籍後の2008年から2014年まで、黒田が帰って来る想いを馳せて空けていたが、2015年に復帰して再び着用したことで、過去の永久欠番とは違うドラマがある。カープの永久欠番3名の共通点は、長い低迷期を乗り越えてチームに栄冠を齎したことである。黒田は「僕個人というよりも皆さんの背番号かなと思う」との言葉には、チームやファンへの感謝と同時にカープ魂の伝承が込められているのではないか。

広島東洋カープ 黒田博樹

晴れの暁

Edit Category 野球
緒方監督 胴上げ

我が広島東洋カープが1991年(平成3年)以来25年振り7回目の優勝を果たした。独立採算企業としてカープを経営する株式会社広島東洋カープは、マツダの創業一族の松田元氏が42.7%を保有する筆頭株主としてオーナーを務め、マツダ本社も34.2%の株を保有するが経営には携わっていない。特定の親会社を持たず、セ・パ12球団で最も優勝から遠ざかっていた“市民球団”は、様々なハンディを乗り越え、四半世紀振りに悲願の優勝を遂げた。

カープ優勝記者会見(左)/カープ優勝祝賀会の黒田と新井(中)/カープ優勝祝賀会鏡割り
カープ優勝記者会見祝賀会の黒田と新井カープ優勝祝賀会

職場や取引先の人から想像以上に祝福の言葉やメールを戴き、周囲の連中と優勝祝賀会なるものも催して祝杯も上げた。東京で暮らす息子はあまり野球に興味がないのだが、優勝した日にお祝いの電話があった。年配のカープファンの中には、“生きているうちに再び優勝を味わえて良かった。”との言葉も聞かれ、私はそれほど厳粛に受け止めてはいなかったが“このブログを継続中に果たして優勝できるのだろうか?”と真剣に危惧したことがあったのは事実である。

1991年(平成3年)25年前のカープ優勝
カープ25年前1991年優勝の胴上げカープ25年前1991年優勝のビールかけ2カープ25年前1991年優勝メンバー

前回の優勝の胴上げは、結婚を直前に控えていた年に婚約者(嫁さん)とのデート中に居酒屋のテレビで観た。嫁さんから「ここは大阪やで!恥ずかしいから大きな声出したらアカンで!!」と釘を刺され、優勝の瞬間にテーブルの下で小さくガッツポーズをしたことを憶えている。その時は、数年待てば何度も胴上げを観ることができると思ったが、結婚して初めてのカープ優勝は、銀婚式を来年迎える年齢まで待つこととなり、気の遠くなるような感慨に浸った。7回目の優勝でありながら25年振りとなれば、球団創設から26年目で初優勝したことを鑑みて“2度目の初優勝”とも云える感覚になる。

旧広島市民球場1975年(昭和50年)
旧広島市民球場1975年(昭和50年)

思えば1975年(昭和50年)初優勝~1980年代の黄金時代に野球中継に熱中した当時は地上波放送しかなく、試合終了まで放映されない時代であり、地元の放送局 RCC(中国放送)のラジオ中継を駆使することも多かった。しかもカープはローカル球団なので全国放映される機会が乏しく、大学時代を過ごした大阪では、サンテレビのように阪神の試合を徹底的にカバーするチャンネルを羨ましく感じた。しかし現在は、有料放送契約によって、略全試合を試合終了までテレビ観戦が可能な時代となったが、昨年までは「俺が観るから負ける」と根拠の無い非科学的思考でテレビを消すことも多かった。今年に限っては、嘗てない頻度でプロ野球をテレビ観戦することが出来たのである。

広島-巨人 2016.8.7 菊池 同点ホームラン(左)/新井 サヨナラヒット(中)/歓喜の新井と菊池(右)
広島-巨人 2016.8.7 菊池 同点ホームラン広島-巨人 2016.8.7 新井 サヨナラヒット広島-巨人 2016.8.7 サヨナラ勝ち

8月5日、マツダスタジアムを訪れた巨人戦は惜敗し、翌日6日 原爆記念日のピースナイターにも敗れたカープは、今シーズン初の4連敗を喫し、2位巨人とのゲーム差は4.5まで縮まった。8月7日の巨人戦で1点を追う9回、2死 無走者からの菊池の同点ホームランと新井のサヨナラツーベースにより、奇跡的な勝利を収めて連敗を食い止めると、再び勢いを取り戻した。リードされても逆転する脅威の粘りで勝利を重ね、8月24日には優勝へのマジックナンバー20が点灯し、更に勢いを加速させた広島とは対照的に2位巨人は失速して大きく引き離され、驚異的なスピードでマジックが減っていった。

25年振りの優勝に向かってカープファンが熱狂する満員のマツダスタジアム
25年振りの優勝に向かって満員のマツダスタジアム

カープが優勝することは最早疑う余地は無くなったが、ファンの間では25年振りの優勝の胴上げを果たして地元のマツダスタジアムで迎えることが出来るか否かが懸念された。予測の上での心配は、マジックが減るスピードが速く、マツダスタジアムの試合日程に命中させることが極めて厳しいのであった。そのような状況の中、9月6日・7日・8日 マツダスタジアムでの対中日戦を3連勝し、同日程の阪神甲子園球場で、巨人が阪神に1敗でもすれば本拠地で優勝決定となる。カープファンはこのパターンに夢を託したが、この時点で阪神は今シーズンの甲子園での対巨人戦に於いて未勝利の状態であった。

2016.9.8 中日を破って優勝マジックを1に減らした広島ナイン
中日を破って優勝マジックを1に減らした広島ナイン

9月6日・7日・8日は台風13号による試合開催への影響も懸念されたが、広島地区、西宮地区とも予定通り試合が行われた。それまでの直近10試合を1勝9敗と大苦戦していた巨人ではあったが、6日は先発 菅野が投打で勝利に貢献し、チームの不調にストップを掛けた。7日は、先発 田口が7回1失点と力投してマシソンに繋ぎ、2点リードの8回2死二、三塁で鳥谷の右中間を襲う打球を長野の超美技で阻み、抑えの澤村は、最終回 北条のソロを浴びるも阪神の反撃を絶った。その間カープは中日を圧倒して連勝し、着々とマジックを“2”まで減らした。

2016.9.7 巨人 長野 超ファインプレー(左)/2016.9.8 巨人 坂本 逆転ホームラン
長野 超ファインプレー 坂本 逆転ホームラン

三連戦の三戦目となる8日は、カープのユニフォームを着たファンが甲子園球場に現れ、阪神を応援する珍しい光景も見られた。巨人は1点ビハインドの8回1死一、二塁で青柳を救援した藤川から、代打 坂本が値千金の3ランを放ち、起死回生の逆転勝利を収めた。一方、カープは同日の中日戦に3連勝を飾ってマジックを1つ減らしたが、本拠地優勝の目論みは消滅し、一部の阪神ファンからカープファンに詫びるSNSなどもあった。移動日となる翌日9日に神宮球場で行われたヤクルト-巨人戦は、元カープの巨人 大竹が7回1失点と好投し、カープの優勝決定は10日の東京ドームでの巨人-広島戦まで持ち越されることになった。

1997.4.25 黒田 プロ初登板・初完投・初勝利(左)/2007.7.14 黒田 通算100勝(右)
黒田プロ初登板・初完投・初勝利 黒田 通算100勝

黒田博樹の球歴:カープ (1997~2007年)、ドジャース (2008~2011年)、ヤンキース (2012~2014年)、カープ (2015年~)
黒田博樹の球歴

優勝へのマジックを“1”としていたカープは、10日 東京ドームでの巨人戦に勝つか引き分ければ優勝が決まる。1975年(昭和50年)の初優勝も当時の後楽園球場での巨人戦であった。大一番のこの日の試合、カープの先発投手は、7月に日米通算で200勝を達成し、今シーズン8勝を挙げている黒田が務める巡り合わせとなった。東京ドームは、黒田が1997年4月25日にプロ初登板・初完投・初勝利を達成し、メジャー挑戦前の2007年7月14日に完投で通算100勝を達成した球場であり、奇しくも球歴の節目ごとに“縁”がある。日本球界復帰後は東京ドームでは未勝利であり、白星を挙げれば100勝を達成した試合以来、3346日振りとなる。

2016.9.10 坂本に先制ホームランを打たれた先発の黒田
力投する広島の先発・黒田 坂本 先制ホームラン 坂本に先制ホームランを打たれた先発の黒田

黒田が日米通算200勝達成した際、「今年は20年やってきた中でもベストのチームであり、そのチームメイトと優勝したい。」と宣言した夢を自らの力で叶えることが出来る時を迎えた。東京ドームは、バックネット裏から左翼外野席まで赤く埋め尽くされ、試合は18:00に開始された。黒田は初回に5試合ぶりに先発に復帰した坂本に、甲子園で藤川から打ったホームランの再現のような左翼席への2ランを浴びて先制を許した。百戦錬磨の黒田だが、表情は明らかに固く強張っているのが判る。昨シーズン、黒田がカープに復帰したドラマからこの試合に至る経過を辿れば、2位巨人を大きく引き離しているとは云え、必勝を期したやり直しの利かないマウンドとなった。

2016.9.10 鈴木 同点ホームラン(左)/松山 逆転ホームラン(右)
鈴木 同点ホームラン 松山 逆転ホームラン

3回表、先発 マイコラスに対し一死から1番 田中が四球で出塁すると、2番 菊池の痛烈な遊ゴロを坂本がファンブルし、ボールが中堅と右翼の間を転々とする間に一塁走者の田中が一気にホームへ滑り込んだ。1-2で迎えた4回は、先頭の5番 鈴木がマイコラスのカーブを完璧に捉え、左中間席へ飛び込む同点の25号ソロを浴びせた。場内の盛り上がりが収まらぬ中、続く6番 松山も初球の変化球を右中間スタンドへ運ぶ10号ホームランを浴びせ、僅か2球で3対2と逆転した。敵地ながらカープファンで赤く染まったスタンドの興奮は絶頂に達し、マウンド上のマイコラスは明らかに苛立っていた。

2016.9.10 黒田、安部への死球にマイコラスに向かって激昴
広島・黒田、安部への死球に怒りあらわ…新井もベンチ飛び出す

その直後、続く7番 安部への初球は報復とも取れるデッドボールとなり、ベンチ前でキャッチボールをしていた黒田はマイコラスに向かって両手を挙げながら激昴し、ベンチ奥から新井も加勢したが周囲が制止した。若手選手は圧倒されて呆然と見つめたが、黒田と新井の勝利への執念が感じられるシーンであった。続く5回、再び鈴木がマイコラスの変化球を捉え左翼席に飛び込む2打席連続となる26号2ランで、5-2とリードを広げた。黒田はその裏に1点を返され、6回も二死一、二塁のピンチを切り抜け3失点でマウンドを降りる際はファンからの黒田コールを一身に浴び、7回に代打を送られリリーフ陣に後を託した。

2016.9.10 カープ優勝が決定しマウンド付近に集まるカープナイン
広島カープ優勝シーン①広島カープ優勝シーン②広島カープ優勝シーン③

7回からは今村、ジャクソン、中崎の必勝パターンの投入となった。8回にジャクソンが1点を返されたが、9回、中崎が先頭 片岡、代打 重信を二者連続三振に抑えると、平静を保ったカープナインは一気にベンチ前に乗り出し、胴上げ準備態勢に入る。二死後に長野に安打を許すも亀井を遊ゴロに仕留め、新井がウイニングボールを掴み、6-4で勝利を収めると同時に優勝が決まった。黒田は優勝決定試合での史上最年長勝利投手となった。カープナインがマウンド付近に集まり笑顔で抱き合う中、黒田と新井が肩を震わせながら咽び泣き、固く抱き合う光景は感動を呼んだ。緒方監督の胴上げが始まり、東京ドームを赤く染めたスタンドのバンザイの掛け声を受けながら7度、宙を舞った。

2016.9.10 カープ優勝決定(左)シーン/抱き合う黒田と新井(右)
カープ優勝 優勝して抱き合う黒田と新井

2016.9.10 黒田の胴上げ(左)/新井の胴上げ(右)
黒田 胴上げ 新井 胴上げ

緒方監督胴上げの後、チームメイトに胴上げされた黒田は、帽子を目深に被って涙を隠すように顔を覆ったまま5度、宙を舞った。新井は「俺はいいよ」と拒みつつ輪の中心に押しやられると観念して黒田とは対照的に満面の笑みで両手を広げ胴上げに身を委ねた。昨年、共に8年振りにカープに復帰した2人の“カープで優勝したい”という想いが叶った歓喜の光景は、精神的支柱として共に背中で投打を牽引したシーズンを象徴しており、先制されたが逆転し、黒田の粘り強い投球と必勝パターンの投手リレーによる試合展開も演出を盛り上げ、嘗て味わったことのない感動の胴上げシーンとして深く印象に刻まれたのである。

2016.9.10 緒方監督優勝インタビュー
広島カープ優勝決定試合①緒方監督優勝インタビュー広島カープ優勝決定試合②

緒方監督への優勝インタビューでは「胴上げは最高に気持ち良かったです。」と笑顔で話した。この試合で今シーズン42回目の逆転勝ちで優勝を決めたことについて、「今シーズンの戦い方が今日も出来ました。本当に選手たちは1試合、1試合、力を付け頼もしい限りです。厳しい練習を乗り越えてよく頑張ってくれた。本当にありがとう。」と選手を称え、「広島や全国のカープファンの皆さん、本当に長い間お待たせしました。おめでとうございます!」とファンに感謝を示したあと、「クライマックスシリーズを勝ち上がって日本一を掴み取りましょう!」と力強い言葉で締め括った。

ベースを投げて判定に怒るブラウン監督(左)帽子を投げて判定に怒る野村監督(右)
ブラウン ノムケン

カープのセ・リーグ優勝を決めた試合を中継したNHK「プロ野球 巨人―広島」の地元・広島地区の平均視聴率が60.3%であった。広島地区の歴代平均視聴率では、カープがリーグ優勝を決めた1986年(昭和61年)10月12日のヤクルト-広島戦の63.5%(テレビ新広島)に次ぐ2位の記録となる。瞬間最高視聴率は、緒方監督、黒田、新井の胴上げと緒方監督の優勝インタビューの場面での71.0%であった。広島県の人口は約282万人(2016年8月1日現在)を鑑みれば、単純計算で県民の約200万人が歓喜の胴上げを目撃したことになる。中継の解説のカープOBの小早川は、「ブラウン監督が荒地を耕し、野村監督が種を撒き、緒方監督が花を咲かせた」と喩えて中継放送は締め括られた。

2016.9.10 田中・丸・鈴木・菊池
田中・丸・鈴木・菊池

2007年オフ 黒田 ドジャース移籍を表明(左)/新井 阪神移籍を表明(右)
大リーグ移籍を表明した会見でカープへの思いを聞かれ、涙を見せる黒田博樹ドジャース 黒田 新井貴浩、涙のFA宣言阪神タイガース時代の新井貴浩選手

前回優勝した1991年(平成3年)1~3番に定着した田中、菊池、丸の同級生トリオ“タナキクマル”は1989年※菊池は1990年3月(平成元年)生まれで2歳の赤ん坊だった。“神ってる”鈴木に至っては1994年(平成6年)生まれで、未だこの世に生を受けていない。一方、黒田は1997年(平成9年)に入団、新井は1999年(平成11年)に入団し、1989年から15年連続Bクラスという暗黒時代を過ごしてきた。そして2007年(平成19年)オフ、共にFA宣言をして黒田はドジャース、新井は阪神に移籍し、優勝を知らないままチームを去ることになる。

カープ殿堂入りメンバー 衣笠祥雄・古葉竹識・山本浩二・北別府学・津田恒実・大野豊・外木場義郎
衣笠祥雄古葉竹識山本浩二北別府学津田恒実大野豊外木場義郎

「太陽が西から昇ることはあってもカープが優勝することは絶対ない」と揶揄されながら、球団創設26年目の1975年(昭和50年)ルーツ監督退団後に古葉監督の下で悲願の初優勝を果たすと、1979年(昭和54年)1980年(昭和55年)1984年(昭和59年)、阿南監督に代わった1986年(昭和61年)、さらに山本監督が指揮を執った1991年(平成3年)と17年間で6度の優勝を重ね、3度の日本一に輝いた。現在、殿堂入りしているカープOBの競技者表彰はこの時期に活躍しており、衣笠(1996年)、古葉(1999年)、山本(2008年)、北別府津田(2012年)、大野外木場(2013年)の7名を輩出している。

2005年 最多勝の黒田と本塁打王の新井(左)/空席スタンドの旧広島市民球場でプレイする黒田と新井(右)
2005年最多勝の黒田と本塁打王の新井 カープ暗黒時代の黒田と新井

しかし、一時代を築いたカープは24シーズンも優勝から見放され迷走していく。大きな要因は1993年(平成5年)に同時導入された「FA(フリーエージェント)制度」と「ドラフト逆指名制度」(後年、自由獲得枠制度、希望入団枠制度と名称を変え、2006年を最後に廃止)にあった。観客動員が伸び悩んで資金力に乏しいカープには、FA制度は一方通行となる。権利を行使して出ていく選手は引き留められず、他球団から手を挙げた選手は獲得出来ない。豊富な資金力によって補強を続ける球団に対抗出来ない苦難の時代が続いた。しかし、ドラフト候補選手への裏金発覚の問題に伴って2007年に希望入団枠が廃止となり、従来の入札制度に戻って、少しずつ風向きが変わってきた。

2008.9.28 最後のセントラル・リーグ公式戦(通算3182試合目)での旧広島市民球場
旧広島市民球場

さらに2009年(平成21年)マツダスタジアム(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)開場が大きな転機となった。旧広島市民球場は開設後約50年以上経過して老朽化し、東広島駅貨物ヤード跡地(南区)の活用策として新球場建設が推進されたが、厳しい財政事情やディベロッパーの撤退などもあって建設計画は挫折した。現状を打破できない悪循環に陥る状況の中、近鉄球団の消滅に端を発した球界再編騒動で揺れた2004年(平成16年)球団存続に危機感を抱いた地元は、新球場建設を目指して樽募金を実施し、1億2600万円を集める熱意によって広島市を動かし、収容人数3万2000人の新市民球場建設に漕ぎ着けた。

マツダスタジアム(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

総工費は90億円と格安(因みに甲子園リニューアル総工費は200億円)だが、米国のボールパークを参考にした遊び心溢れる新球場は、選手に優しい内外野総天然芝の美しさも人気を博し、初年度に前年比35%増の187万人の観衆を集めた。昨年は211万人と初の大台に乗せ、入場料収入は約54億円まで伸びた。今期は昨年を既に上回っており、記録を更新中である。新球場建設が観客動員を増加させて収益をもたらし、資金力が徐々に強化されて選手の補強にも好循環が生まれ、奇しくも球団初のFA獲得選手となる黒田のカープ復帰も実現したのである。

2015年オールスター戦に選出されたカープ選手 ※左から菊池・會澤・黒田・新井・丸
2015年オールスター戦に選出されたカープ選手

メジャーの高額オファーを蹴って帰国した黒田とメジャー挑戦を踏み止まったマエケンとの新旧エースの共演に“2015年こそ優勝”とカープファンの期待は高まり、マツダスタジアムの年間指定席は早々に完売した。阪神でポジションを失った新井も復帰したが、カープでは異例の一億円の高額で契約したグスマンの控えだった。しかし僅かなチャンスを活かしてレギュラーに定着し、ファン投票でオールスターゲーム選出(広島在籍中では初)を果たした。15年続いたBクラスを脱してクライマックスシリーズ進出を2度味わった後、悲願の優勝に向けて奇跡的に駒が揃う巡り合わせのドラマを感じ、このシーズンを逃せばカープは暫く優勝できない、とまで云われた。

2015.10.7 最終戦に敗れて3年振りのBクラス確定となり、悔しい想いでセレモニーを迎えた大瀬良・黒田・マエケン
大瀬良・黒田・前田

しかし、先発投手が踏ん張ったが中継ぎ抑えが安定できず、打線が奮わない試合が多くて、僅差の敗戦が目立った。投手継投、走塁判断にもミスが多く、最後まで上昇ムードに乗り切れなかったチームは、勝率5割に届きそうで突破出来ない展開を繰り返した。マツダスタジアム最終戦となる10月7日 5位の中日戦で勝利すれば、勝率5割に達し、クライマックスシリーズ進出が決定という妥協したハードルさえ果たせず、満員のマツダスタジアムは3年振りのBクラス確定という残酷な光景を目の当たりにして、2015年の悔しいペナントレースは幕を閉じた。オフには絶対的エースと称されたマエケンはドジャースへの移籍が決まり、もう暫くは優勝出来ないのかも知れないという虚しさに浸った。

2015.10.7 最終戦で敗れた緒方監督(左)/河田外野守備・走塁コーチと石井打撃コーチ(右)
マツダスタジアム最終戦で敗れた緒方監督 河田コーチ・石井コーチ

「戦う集団を作る。何が何でも優勝する。」と臨んだ緒方監督は、「無力なんだと感じた1年だった。」と省みた。厳しさは誤解を生み、闘志は空回りした。先発投手の無理な続投や送りバントの多用、リスキーな盗塁やエンドランの乱発などの采配ミスで接戦を落とした。守備・走塁担当だった石井コーチを打撃部門に配置転換し、13年間西武で指導者経験を積んだ河田外野守備・走塁コーチが古巣へ復帰した。石井コーチは三振を減らすことを主眼に秋季キャンプから基本である素振りを徹底させ、河田コーチは選手の個性を重視し、成功率の高い走塁の指導を徹底した。2人のコーチは、三振が減る⇒出塁率が高まる⇒盗塁が増える、という“意識革命”を目論んだ。

2016.4.26 新井 2000本安打達成(左)/チームメイトとの記念撮影
新井 2000本安打新井 2000本安打

2016.7.23 黒田 日米通算200勝達成(左)/チームメイトとの記念撮影
黒田 日米通算200勝黒田 日米通算200勝

そして翌2016年のシーズンを迎えた。黒田は、熟考の上で現役続行を発表し、新井は、慣れ親しんだ背番号25を再び着用した。黒田は日米通算200勝、新井は2000本安打と300本塁打を目前に控えており、個人記録を求める二人ではないが、目標として掲げることでモチベーションになると発言した。まずは新井が4月26日 神宮球場でのヤクルト戦で自身も“まさか達成できるとは”と思った2000本安打を達成し、黒田は7月23日 マツダスタジアムでの阪神戦で通算200勝を達成し、嘗てヤンキースで同僚だったマーリンズのイチローから「日米合算なんて俺は認めない。」と自身がピート・ローズから受けた批判を引用した祝福コメントが寄せられた。

CARP2016.jpg


黒田、新井の記録達成へのモチベーションは周囲もファンも共有し、次第にチームがひとつに纏まっていった。カープナインの明るさと活気が漲る雰囲気は、やがて勝負強さや劣勢でも諦めない粘りに繋がっていった。不動の上位打線、田中、菊池、丸が塁を賑わせ、鈴木は覚醒して驚異的な勝負強さを発揮し、新加入のルナは確実性、エルドレッドは長打力で貢献した。マエケンの穴が懸念された投手陣は、昨季5勝だった野村が5月下旬からは8連勝し、ジョンソンと競いながら勝ち星を重ね、開幕当初は不安定だった救援陣もヘーゲンズ、ジャクソン、中崎がゲームを締める“必勝パターン”を確立した。中盤以降の得点が多くなり、投打が噛み合って、勝利の半数以上が逆転勝ちとなる“逆転のカープ”が形成された。一軍メンバーのみならず、二軍では優勝争いに加わるための準備を怠らない雰囲気が漂い、正に理想的な“全員野球”の体制が築かれていった。

湯崎知事(左)から県民栄誉賞を贈られた黒田と新井
湯崎英彦知事(左)から県民栄誉賞を贈られた黒田博樹と新井貴浩

今季成し遂げた黒田の日米通算200勝と新井の通算2000安打の偉業を称えて、広島県から県民栄誉賞が贈られた。9月22日 マツダスタジアムでの試合前の県民栄誉賞の顕彰式に臨み、黒田は「2人で帰ってきて優勝し、さらにこういう賞を受賞して嬉しく思う。」と述べ、新井も「生まれも育ちも広島だし、こういう賞を貰えて感謝したい。黒田さんとの縁を感じるし、記念の1年になった」と喜びを語った。

黒田と新井「カープの魂」

録画した優勝決定の試合は何度も繰り返し観ているが、同時期にカープを去り戻ってきた盟友同志の黒田と新井が抱き合うシーンを数年前に誰が想像できただろうか。長い間カープファンが儚い夢を描いた都合の良い空想でも思いつかないドラマは、2015年の悔しいシーズンとの連動で成り立っており、2016年の優勝の歓びを企画・演出する上で必要不可欠なのである。苦しい時代を支えたエースと4番打者の歓喜に咽ぶ光景が、若い選手たちによるカープの黄金時代を再来させる糧となることを期待している。

優勝セレモニー

カープの優勝までの道程には、人を惹きつけるストーリー性がある。原爆で70年間は草木も生えないと云われた広島市民の復興への熱意は市民球団を誕生させ、資金難を市民の樽募金で凌ぎ、FA導入やドラフト制度の改変の煽りを受けて弱体化したが、それにも打ち拉がれず、優秀なスカウトたちは、全国、全米から原石を見つけ出し磨き上げていった。他球団では考えも及ばない多くのハンディを克服してきたカープには、球団とファンで掴みとった尊い想いが込められた歴史とアイデンティティがあり、MLBが確立した地域密着型のフランチャイズ制に習うプロスポーツチームのあるべき姿なのではないだろうか。

優勝ペナント記念写真

安芸の夏(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島編)

Edit Category 野球
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島

この夏に嫁さんと広島を訪れることを決めたのは、6月中旬を過ぎた頃であった。我が広島東洋カープは、毎年“鬼門”として苦手であったセ・パ交流戦を“神ってる”奇跡の逆転劇の連続で見事に勝ち越し、ペナントレース再開後もチームは好調を維持し、6月14日の西武戦から6月29日の東京ヤクルト戦まで11連勝した。球団としては32年振りの快挙となり、一気に独走態勢となった。近年稀に見る絶好調の年、本拠地であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(マツダスタジアム)で観戦せずにはいられなくなり、早速、球団公式サイトより、チケットを確保するところからすべてがスタートした。

鈴木誠也”神ってる”ホームラン(左)/勝利のヒップアタック ※写真は7月12日対巨人戦(中)/32年振りの11連勝(右)
鈴木誠也”神ってる”ホームラン広島カープ2016年広島カープ 11連勝

ある程度予測はしていたが、既に今シーズンのマツダスタジアムでの公式戦の指定席はすべて完売しており、僅かに内野自由席しか残っていなかった。それでも諦めず、何とか8月5日(金)対 読売ジャイアンツ戦を予約することが出来た。自由席ともなれば試合開始前に早めに並んで席を確保しなければならず、またナイトゲームの試合終了後に帰阪など論外で、実家のある尾道に向かうことも時間的に厳しく、ましてや母親を夜中まで寝ずに待たせることは回避したい。ということで、試合の前後日にも予定を立ててみることにしたのである。

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.4(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.4(平行法)

いろいろ模索した結果、8月4日(木)嚴島神社のある宮島に宿泊し、8月6日(土)原爆記念日の平和祈念式典を訪れた後、尾道の実家に向うことにした。読売ジャイアンツ戦への拘りは無かったのだが、阪神タイガースのファンの嫁さんは、目の前でカープにタイガースが負ける試合を観戦することだけは屈辱的なので“断固拒否”となり、平和祈念式典前後の最も広島市内が混雑する時期での野球観戦となった。カープ二つの世界遺産という鉄板の広島観光コースであったが、意外とハードな日程ということをこのときは知る由もなかった。

(交差法)
広島電鉄(交差法)
(平行法)
広島電鉄(平行法)

広島電鉄 カープ電車 2016
広島電鉄 カープ電車 2016
広島電鉄 カープ電車 2016デザイン

8月5日(金)の朝、宮島口から広島電鉄 原爆ドーム駅で下車し、7月11日にプレオープンした「おりづるタワー」を見学後、広島駅に向かった。広島電鉄の路面電車は、100年以上も広島市民の暮らしに沿って走り続け、7路線9系統で運行している広電は、136編成という日本一の車両数で、規模は全国で約20ヶ所ある路面電車が走る街の中でも日本一とのこと。車輌の種類も豊富で、何十年と走り続けるレトロ型から話題の超低床型まで、25種類のタイプが現役で走っている。中でもカープ選手の写真やロゴ、キャッチフレーズ等を車輌に装飾を施した「カープ電車」は、広島ならではの光景を感じることが出来る。

赤いローソン(左)/黒田博樹LINEアートマフラータオル(右)
赤いローソン黒田博樹LINEアートマフラータオル

広島駅ビル内の「酔心」で瀬戸内の魚の刺身と牡蠣釜飯の昼食を堪能し、少し早いと思ったが、いよいよカープロードを通ってマツダスタジアムに向かうことにした。18:00試合開始なのだが、13:30頃の時間帯にも拘らず、カープのユニフォーム姿で球場に向かう人が散見される。カープロードに掲げられた監督や選手のパネルが決戦の場所に進んでいく心を掻き立て、ボルテージが少しずつ上がっていくことを自身でも感じられる。途中の”赤いローソン”で、軽食と「黒田博樹LINEアートマフラータオル」を購入し、マツダスタジアムに到着した。

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5①(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5①(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5②(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5②(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5③(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5③(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑥(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑥(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑦(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑦(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑧(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑧(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑨(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑨(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑩(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑩(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑪(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑪(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5④(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5④(平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑤(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.5⑤(平行法)

自由席の開門待ちの行列は既に70m程度に達していた。屋根のない場所での行列は、一度並ぶとそこからは忍耐あるのみとなる。嫁さんは日傘で直射日光を遮っていたが、帽子も被らない私は、天然の日焼けサロンに晒された状態になった。15:00になり自由席が開門となった。競うように走って二階スタンドに駆け上がり、一塁ベンチの真上に位置する席を何とか確保することが出来た。グラウンドでは、巨人の打撃練習が行われていたが、想像以上に暑いのである。中学生の頃の炎天下での野球部の練習や試合を想い出し、あらためて野球というスポーツの過酷さが身に染みてくる。

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5①(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5①(平行法)

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5②(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5②(平行法)

「それ行けカープ(若き鯉たち)」レコードジャケット(左)/2015年版 奥田民生(中)/2016年版(右)
「それ行けカープ(若き鯉たち)」レコードジャケットそれ行けカープ!2015年版 奥田民生それ行けカープ!2016

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5③(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5③(平行法)

両チームの打撃練習やシートノックが終わり、少しずつ陽が傾き始めたのだが、相変わらず観客席は暑くて堪らない。瀬戸内海に位置する広島は、海風と陸風の入れ替わる朝と夕方には風が止まる朝凪、夕凪と称する状態になる。7月から8月にかけて太平洋高気圧に覆われると、陸地の気温が高くなり、凪が顕著に現れるため、特に夕凪の時には暑さが一層厳しくなる。空の色が夕陽に染まる時間でも観客席のウチワを仰ぐ動きは活発だが、カープが初優勝した年にリリースされた「それ行けカープ」をカープファンの有名人がリレーで歌う映像は毎年新しいバージョンに更新され、カープファンをスタンドの暑苦しさから一気に熱いエネルギーに変化させ、やがて試合が開始された。

広島-巨人 2016.8.5 先発投手 野村・菅野
広島-巨人 2016.8.5 先発投手 野村・菅野

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5④(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5④(平行法)

広島-巨人 2016.8.5 會澤 先制ホームラン
広島-巨人 2016.8.5 會澤 先制ホームラン

1991年(平成3年)以来、25年振りのリーグ優勝を目指すカープと20年前の1996年(平成8年)のメイクドラマを再現するリメークドラマを目指すジャイアンツとの首位攻防戦 第1ラウンドは、壮絶な試合展開となった。カープの先発は野村、ジャイアンツの先発は菅野がという両チームを代表する投手同士の投げ合いとなったこの試合、両チームともに“勝ちパターン”を務める中継ぎ陣をつぎ込む総力戦となったが、序盤の攻防は意外な展開からスタートする。カープは2回、簡単に二死を打ち取られた後、8番・會澤が甘いスライダーをバックスクリーンに叩き込んで先制した。

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5⑤(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5⑤(平行法)

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5⑥(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5⑥(平行法)

3回、巨人は先頭の小林に田中の遊ゴロ失策で出塁され、菅野の犠打で二塁に進むと、続く長野に右前同点適時打を浴びた。しかし菅野はピリッとしない投球が続き、三回、先頭の田中に1球投げたところで、何らかのアクシデントでベンチへ下がったが、再びマウンドに戻った。菊池が左前打を浴びせ、ルナが左中間を破る適時二塁打を放ち、再び1点を勝ち越した。5回、巨人は先頭のギャレットは野村のチェンジアップをすくい上げ、右翼席に飛び込む技ありの一発で同点に追いつかれた。

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5⑦(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5⑦(平行法)

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5⑧(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5⑧(平行法)

6回、巨人2番手の田原に先頭の鈴木が左前打を浴びせる。安部の投ゴロの間に二塁に進むと続く會澤は四球を選ぶ。代打・岩本が告げられると田原から3番手・戸根に交代し、カープは代打の代打として新井が告げられ、スタンドは湧いたがあえなく三振を喫し、続く田中も抑えられた。7回、カープ2番手・ヘーゲンズは、脇谷に中前打で出塁され、小林の一ゴロの間に二塁に進み、代打・相川の時にパスボールで脇谷は三塁へ達したが、相川を二ゴロ、長野も二ゴロに抑えた。

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5⑨(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5⑨(平行法)

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5⑩(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5⑩(平行法)

7回、カープは4番手・西村をとらえた。1死後、丸が中前打で出塁し、続くルナに三塁線を襲う左前打の間にスタートを切っていた丸が一気にホームインし、遂に勝ち越し点を奪った。更に連続四球で1死満塁となると、5番手・山口に交代し、代打・小窪を二直、會澤を右飛に抑えた。しかし8回、3番手・ジャクソンは、先頭の橋本に左中間に二塁打を浴び、続く坂本の右前打で一三塁となる。1点覚悟でゲッツー狙いのカープは、続く阿部を併殺打に打ち取るも橋本にホームインされ、同点に追いつかれる。

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5⑪(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5⑪(平行法)

8回、1死後、田中が6番手・マシソンに左越え二塁打を浴びせ、菊池の右飛で三塁へ達したが、続く丸は一ゴロに抑えられた。9回、6月17日以来、12試合連続で無失点を記録している抑えの中崎は、先頭の小林に左前打、松本の犠打で二塁に進まれ、長野が左前打、さらに盗塁で1死二三塁となり、橋本が四球を選んで満塁となる。ここで坂本に左前適時打で勝ち越され、さらに阿部の犠飛で1点を加えられた。この時点で既に22:00を過ぎており、試合展開としては、“万事休す”となる筈が、今年のカープの粘りに期待して多くのファンは声援を続けた。

(交差法)
広島-巨人 2016.8.5⑫(交差法)
(平行法)
広島-巨人 2016.8.5⑫(平行法)

いよいよ9回裏、抑えの澤村に対して先頭のルナは左前打で出塁し、続く赤松へのワイルドピッチで労せずして二塁に進んだ。赤松は三塁手の頭を越える適時二塁打を放ち、無死で同点のチャンスとなり、殆ど諦めかけていた試合が、もしすると最高の試合となるかも知れない奇跡への期待が最高潮に達する。しかし、続く鈴木、小窪は連続三振に倒れてしまう。會澤は左前打を放って赤松は三塁を回りかけたが、河田コーチに止められ踵を返して帰塁した。進んでおればアウトは必至であった。代打・下水流は粘ったが、右飛に抑えられ、広島4-5巨人でゲームセットとなった。

広島-巨人 2016.8.5 下水流 凡退 ゲームセット
広島-巨人 2016.8.5 下水流 凡退 ゲームセット

カープはこの試合3度勝ち越したが、後から追い付かれる苦しい展開となり、シーソーゲームに屈した。カープは勝利の方程式が失点し、今季102試合目で初の3連敗を喫した。前半戦終了時に10ゲーム差だった2位・巨人には5.5ゲーム差に迫られた。攻撃陣も粘ったが、7回の1死満塁、9回の無死一塁の好機に1本が出なかった。最後の最後まで勝負の行方が判らない試合は、野球観戦の醍醐味でもある。6月中旬頃に計画した観戦だけに悔しさはあったが、見応えのある試合であったことは間違いない。多くの観客の動員した球場を後にする頃は、既に時刻は23:00に達しようとしていた。

エールエールA館(福屋広島駅前店)
エールエールA館(福屋広島駅前店)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.6(交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 2016.8.6(平行法)

翌日、初めて広島平和記念式典を訪れた後、広島駅ビルでお好み焼きの昼食後に尾道に向うことにした。広島駅に10:00頃到着したが、さすがに11:00から営業開始となっていたので、「エールエールA館」(福屋 広島駅前店)のフードコートで時間を潰すことにした。屋上展望フロアにも訪れたが、広島駅周辺の開発が進む中、高層ビルの間からマツダスタジアムも辛うじて見える。球場が完成した2009年には、ここから休場全景が見えた筈だが、近年の広島市街地の大規模再開発により、大きく進化し、風景も変化していることが判る。

(交差法)
カープ歴代ユニフォーム①(交差法)
(平行法)
カープ歴代ユニフォーム①(平行法)

(交差法)
カープ歴代ユニフォーム②(交差法)
(平行法)
カープ歴代ユニフォーム②(平行法)

(交差法)
カープ歴代ユニフォーム③(交差法)
(平行法)
カープ歴代ユニフォーム③(平行法)

(交差法)
カープ歴代ユニフォーム④(交差法)
(平行法)
カープ歴代ユニフォーム④(平行法)

(交差法)
カープ歴代ユニフォーム⑤(交差法)
(平行法)
カープ歴代ユニフォーム⑤(平行法)

(交差法)
カープ歴代ユニフォーム⑥(交差法)
(平行法)
カープ歴代ユニフォーム⑥(平行法)

そろそろ駅ビルに向うため、エスカレーターで降りていく途中、偶然にもカープグッズ売り場に遭遇した。昨夜の観戦でカープのユニフォームを着た観客に囲まれ、羨ましくて無性に欲しくなっていた。嫁さんにねだって何とか了承を得て、以前当ブログで記事にした黒田博樹のユニフォーム(ホーム用)を購入した。別のフロアでは、カープの歴代ユニフォームが展示されており、大勢の人で賑わっている。思わずカメラを向けて撮影したが、年配の女性が撮影の邪魔にならないように足を止めて戴いていたようで、「すみません。」と頭を下げると「撮れた?みんなここで写真撮りょうるけぇねぇ。」と優しい口調の広島弁と満面の笑みが返ってきた。

(交差法)
お好み焼き「よっちゃん」スペシャルうどん・牡蠣入りそば(交差法)
(平行法)
お好み焼き「よっちゃん」スペシャルうどん・牡蠣入りそば(平行法)

(交差法)
尾道①(交差法)
(平行法)
尾道①(平行法)

(交差法)
尾道②(交差法)
(平行法)
尾道②(平行法)

「ひろしま駅ビル ASSE(アッセ)」では、以前も訪れた「よっちゃん」に入った。スペシャル(ミックス)うどんのお好み焼きと牡蠣入りそばのお好み焼きを注文し、嫁さんとシェアした。前日の「酔心」での瀬戸内の魚も美味しいが、広島で食べるお好み焼きも格別な美味しさがある。広島からは在来線で実家のある尾道に向かったが、二人とも疲れたためか途中寝てしまったようで、あまり道中の所要時間の長さを感じなかった。実家では、夕刻からマツダスタジアムでの広島-巨人の中継が始まり、惜しくも敗けた昨夜の雪辱を期して試合の行方を見守った。

広島-巨人 2016.8.6 ピースナイター
広島-巨人 2016.8.6 ピースナイター 黙祷広島-巨人 2016.8.6 ピースナイター エンブレム

71回目の原爆の日を迎える広島で行われるこの日の試合は「ピースナイター」として開催される。試合前には両チームのナインを含めて黙祷し、球場には半旗が掲げられる。応援団は鳴り物応援を自粛し、5回終了時には配布された緑色を基調としたピースポスターを左右に揺らして球場全体をグリーンに染めるなど、被爆者を追悼し、核兵器廃絶を訴える行事が集中する中で異色のイベントが行われる。野球と平和が結びつく広島とカープの歴史があるからこその企画であり、平和を願う特別な試合となる。

広島-巨人 2016.8.6 先発投手 黒田・大竹
広島-巨人 2016.8.6 先発投手 黒田・大竹

黒田無念の降板(左)/逆転を期待するカープのラッキー7のスタンド(右)
広島-巨人 2016.8.6 ピースナイター 黒田広島-巨人 2016.8.6 ピースナイター スタンド

黒田と嘗てのチームメイト大竹との先発投手で始まった第2ラウンドとなる試合、黒田は、カープ復帰後ワーストとなる11安打を浴び、5回3失点で7敗目を喫した。初回1死一、三塁で阿部、村田を打ち取り無失点発進したが、2点リードの2回に1失点。2-1の5回は先頭・長野の二塁打によりピンチを招くと坂本の右前適時打で同点にされ、村田の中越え適時二塁打で逆転を許した。5回を投げ終え、グラブをベンチに叩きつけて悔しさを露にした。攻撃陣も3回、1死満塁で新井が三ゴロ併殺打となり、1点ビハインドの6回、1死満塁で會澤が遊ゴロ併殺に仕留められるなど、黒田を援護できなかった。カープは4連敗を喫し、ジャイアンツは7連勝となり4.5ゲーム差に詰め寄った。

広島-巨人 2016.8.7 先発投手 岡田・マイコラス
広島-巨人 2016.8.7 先発投手 岡田・マイコラス

広島-巨人 2016.8.7 菊池 同点ホームラン(左)/新井 サヨナラヒット(中)/歓喜の新井と菊池(右)
広島-巨人 2016.8.7 菊池 同点ホームラン広島-巨人 2016.8.7 新井 サヨナラヒット広島-巨人 2016.8.7 サヨナラ勝ち

翌日、帰阪して自宅のテレビで観戦した第3ラウンドは、カープはルーキーの岡田、ジァイアンツはマイコラスの先発となった。カープは2回1死一、二塁から會澤の3ランで先制したが、3回の阿部の3ランなどで追いつかれるなど、互いに点を取り合い6—7で迎えた。9回2死走者無しでカープは敗色濃厚となり、この3連戦の中でも最悪のゲームとして幕を閉じることを覚悟したが、菊池が起死回生のソロホームランを放って追いつくと、丸が四球で出塁し、続く新井が左越えにサヨナラ二塁打を放って試合を決め、球場は歓喜に渦に包まれた。カープはチームの連敗を4で止め、巨人とのゲーム差を再び5.5に戻し、リーグ60勝一番乗りを果たした。

広島-巨人 2016.8.7 新井・菊池 ヒーローインタビュー
広島-巨人 2016.8.7 新井・菊池 ヒーローインタビュー

この3連戦はいずれも1点差となる壮絶な闘いとなり、どちらかが3連勝、或いは3連敗する可能性もあったことで、首位攻防戦としてはスリリングで目が離せない展開となった。広島の現地、尾道の実家、大阪の自宅の3ヶ所で各々試合の展開を見守ったことも相まって更に印象深い対戦であった。願わくば観戦した試合でカープの勝利を味わいたかったが、こればかりは巡り合わせなので仕方がない。暑くてハードな野球観戦となったが、首位攻防戦としての今後の熱い闘いは暫く続きそうである。

カープ初優勝 1975年(昭和50年)(左)/カープ 25年前の優勝 1991年(平成3年)(右)
広島東洋カープ初優勝 1975年(昭和50年)広島東洋カープ 25年前の優勝 1991年(平成3年)

7月に10ゲームの差が開いた頃、カープファンの間では、この時期に“優勝”の可能性を口にする是非が問われていた。早ければ○月○日にもマジックナンバー点灯する、などの記事にも無反応を装った。25年間優勝を果たせなかったファンにとって、球団創立26年目の1975年(昭和50年)初優勝のシーズンのファン心理に匹敵する。好調なチーム状況から期待度は高まり、その可能性が具体的になる頃には、もはや悪い結果を受け入れられなくなり、現時点のカープファンにとって、優勝を口にする云々を既に通り越し、優勝を逃すことなど絶対に許容できないレベルに達しているのである。ファンの熱い声援は、カープにとって期待と共に逃げ場のない恐怖と表裏一体なのかも知れない。

(交差法)
衣笠祥雄・黒田博樹 レジェンドユニフォーム①(交差法)
(平行法)
衣笠祥雄・黒田博樹 レジェンドユニフォーム①(平行法)

(交差法)
衣笠祥雄・黒田博樹 レジェンドユニフォーム②(交差法)
(平行法)
衣笠祥雄・黒田博樹 レジェンドユニフォーム②(平行法)

(交差法)
山本衣笠(交差法)
(平行法)
山本衣笠(平行法)

自宅に戻ってからは購入した黒田のユニフォームと並べて、以前に購入したカープ黄金期復刻版の衣笠祥雄のユニフォームを今シーズンが終了するまで掲げておくことにした。MOTO's Museumに展示された聖地であるマツダスタジアムの球場模型と共に“御守”として祈りを捧げる。前年まで3年連続最下位だったチームの帽子の色を、それまでの紺色から燃える闘志を表す赤色に変えたジョー・ルーツ(Rollin Joseph Lutz)が残したメッセージは、時代を超えて勝利への執念を喚起させることが今こそカープに必要なのである。勝つことがすべてではない。しかし、勝たねばならない。

(交差法)
マツダスタジアム模型(交差法)
(平行法)
マツダスタジアム模型(平行法)

聖地巡礼 球場物語

Edit Category 野球
広島出張での前回の記事に続き、広島市内中心部、原爆ドームから路面電車が通る相生通りを挟んだ向かい側に位置する旧広島市民球場跡地を訪れた。球場跡地と相生通りの間に、“勝鯉の森”という一角があり、セントラルリーグ優勝記念碑と日本選手権シリーズ優勝記念碑が並び、その右側には、衣笠祥雄 世界新記録(2131試合連続出場)達成記念碑が佇む。

(交差法)
旧広島市民球場跡地 勝鯉の森 セントラルリーグ優勝記念碑・日本選手権シリーズ優勝記念碑(交差法)
(平行法)
旧広島市民球場跡地 勝鯉の森 セントラルリーグ優勝記念碑・日本選手権シリーズ優勝記念碑(平行法)

(交差法)
旧広島市民球場跡地 勝鯉の森 衣笠祥雄2131試合連続出場 世界新記録達成記念碑(交差法)
(平行法)
旧広島市民球場跡地 勝鯉の森 衣笠祥雄2131試合連続出場 世界新記録達成記念碑(平行法)

優勝記念碑には、優勝年月と勝敗戦績が刻まれており、追記できるスペースが空いているが、セントラルリーグ優勝記念碑は25年間、日本選手権シリーズ優勝記念碑は32年間、文字は刻まれないまま、この場所に鎮座している。

旧広島市民球場と周辺の景観の変貌
旧広島市民球場の変貌

1970年代の広島市中区
(交差法)
広島市中区70年代(交差法)
(平行法)
広島市中区70年代(平行法)

旧広島市民球場があった場所は、前回記事で触れた丹下健三による平和記念公園の直線軸上に位置する。1957年(昭和32年)完成し、以来2009年(平成21年)まで広島カープの本拠地球場として使用された。短期間での土盛りの突貫工事で建設された広島市民球場が開場したときには、グラウンドから原爆ドームが見えていたのだが、その後、プロ野球人気が高まり、入場者数増加に伴うスタンド増設により、球場内部からは、原爆ドームの頭頂部分が辛うじて望めるだけとなり、1970年代後半から1980年代に亘って広島カープが黄金期に迎えて更に二階席が増設され、原爆ドームの姿は完全に見えなくなった。

旧広島市民球場1975年(昭和50年)
旧広島市民球場1975年(昭和50年)

1950年(昭和25年)創設した広島カープは長らく低迷し、19年目の1968年(昭和43年)根本睦夫監督の時代に僅かに一度だけ3位になるが、1972年~1974年(昭和47年~49年)には3年連続最下位という深刻なチーム状態に陥った。1975年(昭和50年)に日本球界初のメジャーリーグ出身者としてカープの監督に就任したジョー・ルーツ(Rollin Joseph Lutz)は、濃紺色から赤い帽子に変えてチーム改革を断行したが、フロントとの確執により僅か15試合で監督を辞任した。ルーツ退団後のカープは、後任の古葉竹識監督に率いられてリーグ初優勝を達成し、その後のカープの黄金期の礎を築いた。原爆が投下され、70年間は草木も生えないと云われた広島の街は、被爆30年目にして歓喜に包まれた。

(交差法)
山本衣笠(交差法)
(平行法)
山本衣笠(平行法)

広島市民球場では、山本浩二と衣笠祥雄という二人の永久欠番を輩出した。濃紺色のヘルメット時代には衣笠祥雄が四番打者であったが、赤ヘル元年から四番打者には山本浩二が座り、やがてカープは黄金時代を迎える。山本浩二は、球団史上最強打者として引退するまで四番打者として君臨し、衣笠祥雄は、プロ野球では王選手に次ぐ国民栄誉賞を受ける大記録を樹立する選手に成長していくことになる。チームの主力として、カープを5度のリーグ優勝、3度の日本一に輝く黄金期を牽引した両雄は、決して天才型の選手ではなかったが、共に攻・走・守のバランスの採れたプレイスタイルと人間味溢れる存在感がファンを魅了した。

旧広島市民球場
旧広島市民球場

開設して約50年以上経過した広島市民球場は、施設は老朽化し、狭い観客席などのサービス面やロッカールームなどの選手諸室等の機能面で多くの課題があった。この頃、近鉄バファローズ、オリックスブルーウエーブの合併問題に端を発した球界再編問題が起き、カープ存続を危惧する声もあり、新球場建設の議論が交わされた。“復興と平和のシンボル”である現在地に拘るべきとの意見と“神聖な鎮魂の場所”として平和記念公園の直線上の景観に野球場があることに異を唱えると同時に、未だ活用計画が決まっていなかったヤード跡地にすべきとの意見に分かれた。

HATグループの新球場案
HATグループの新球場案

環境デザイン研究所 新球場案
環境デザイン研究所 新球場案

旧広島市民球場の現在地での建替えは技術的制約要因が多く、広島市の厳しい財政状況を鑑みれば極めて困難であり、球場建設場所はヤード跡地にならざるを得ないと判断した。第1回目の新球場設計コンペでは、HATグループ(原広司・アトリエ・ファイ建築研究所(統括代表者)、竹中工務店広島支店(代表者)、戸田建設広島支店、淺沼組広島支店)案が単独で選考されたが、広島カープは、HATグループが提案された球場で、今後50年間に亘ってプロ野球興行を行う自信が持てないとし、あらためて新球場の設計者を選定する「広島市新球場設計提案競技」を2006年(平成18年)に実施し、当選作品提案者である環境デザイン研究所と設計業務委託契約を締結を経て、2009年(平成21年)現在のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島が完成した。

旧広島市民球場の解体
旧広島市民球場
旧広島市民球場の解体

旧広島市民球場は、戦後の復興と共に歩んできた広島市の歴史を継承していくシンボルとして、多くの広島市民は解体に反対し、訴訟も起こされたが、その中で広島市側は「広島市民球場は市民のものではない」と主張し、その訴えが認められたことで市民の反発はさらに大きくなった。協議の最中にも解体作業は進行したが、広島市民、カープファンの「解体反対」の声は根強く、その折衷案としてライトスタンドの一部のみ残す、という手法が採られたという経緯がある。

(交差法)
旧広島市民球場跡地(交差法)
(平行法)
旧広島市民球場跡地(平行法)

嘗て旧広島市民球場があった場所が、現在、更地となった状態を目の当たりにすると、必然的に感傷的になるものだが、以前の記事「球史を偲ぶ空間」に於ける南海ホークスや阪急ブレーブスとは違い、広島カープは現在も存続しており、新しいスタジアムに移ったこととは大きな違いがある。

関西のパ・リーグにあった鉄道会社母体の3球団
関西消滅球団

関西のパ・リーグにあった3球団は、経営譲渡や再編を経て、現在のオリックスバファローズのみとなった。プロ野球創設時から参加していた阪急ブレーブスのオーナーである小林一三は、元々「鉄道リーグ」という構想を持っており、パ・リーグを鉄道リーグにすべく関西を中心とする私鉄各社に声を掛けた経緯がある。各々の球団の本拠地球場はすべて解体され、何れも複合商業施設として生まれ変わる運命を辿った。

大阪球場(左)/大阪球場住宅展示場(右)
大阪球場 大阪球場住宅展示場

江夏の21球(1979年)
大阪球場 江夏の21球 江夏の21球

なんばパークス
なんばパークス

(交差法)
なんばパークスからの眺望②(交差法)
(平行法)
なんばパークスからの眺望②(平行法)

南海難波駅に面した場所であったため“ナンバ(難波)球場”と称された南海ホークスの本拠地であった大阪スタヂアムは、バックネット裏から内野にかけてのスタンドの急な傾斜が特徴だった。1979年(昭和54年)近鉄バファローズとの日本シリーズで死闘を繰り広げ、ドラマチックな幕切れで伝説化した「江夏の21球」の舞台になった球場でもある。住宅展示場「なんば大阪球場住宅博」などに利用された後、跡地には、2003年(平成15年)「なんばパークス」が開業した。

西宮球場
西宮球場外観
(交差法)
阪急西宮ギャラリー 西宮球場模型(交差法)
(平行法)
阪急西宮ギャラリー 西宮球場模型(平行法)

阪急西宮ガーデンズ
阪急西宮ガーデンズ

日本初の二階建スタンドと全面天然芝の野球場として、阪急ブレーブスの本拠地であった阪急西宮球場は、1937年(昭和12年)「大毎フェア・ランド」と称する遊技場の跡地に開場した。モダンな造り外観で人気を集めた。ブレーブスが阪急からオリックスに譲渡した後も使用されたが、2004年(平成16年)に取り壊され、跡地には、2008年(平成20年)「阪急西宮ガーデンズ」が開業した。

日生球場
日本生命球場
もりのみやキューズモールBASE 広告

(交差法)
大阪城天守閣 もりのみやキューズモールより(交差法)
(平行法)
大阪城天守閣 もりのみやキューズモールより(平行法)

大阪市の中心に位置する森ノ宮に1950年(昭和25年)開場した日生球場は、1958年(昭和33年)準本拠地として夜間のみ使用許可を得た近鉄球団は、照明等を設置し、所有者の日本生命に譲渡し、1963年(昭和38年)設備一新し実質的な本拠地球場となる。近鉄バファローズの第一次黄金時代の後、藤井寺球場のナイター設備建設の裁判に勝訴した1983年(昭和58年)まで本拠地として使用された。跡地には、コインパーキングが設けられていたが、2015年(平成27年)「もりのみやキューズモールBASE」が開業した。

基町クレド・パセーラ
(交差法)
基町クレド(交差法)
(平行法)
基町クレド(平行法)

旧広島市民球場の近くにも大規模な複合商業施設「基町クレド・パセーラ」がある。広島中心街の紙屋町にあるパセーラは、話題の芸能人・タレントのイベントが頻繁に開催され、来場者が年間20万人を超えるNTTクレドホールでは様々な催事が行われるショッピングセンターである。そごう広島店広島バスセンターリーガロイヤルホテル広島と連結しており、原爆ドームも至近で世界各国の観光客や県内外からの人で賑わっている。広島という地方都市ではあるが、旧広島市民球場の周辺地は、商業の中心部である繁華街に位置しており、東京都内で云えば、銀座に相当する場所にある稀な野球場であったことをあらためて実感する。

(交差法)
阪神甲子園球場外観①(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場外観①(平行法)

(交差法)
阪神甲子園球場レリーフ①(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場レリーフ①(平行法)

(交差法)
阪神甲子園球場レリーフ②(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場レリーフ②(平行法)

(交差法)
阪神甲子園球場外観②(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場外観②(平行法)

(交差法)
阪神甲子園球場外観③(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場外観③(平行法)

(交差法)
阪神甲子園球場外観④(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場外観④(平行法)

(交差法)
阪神甲子園球場外観⑤(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場外観⑤(平行法)

嘗て関西地区にあったプロ野球の本拠地球場が消滅していく中、長い歴史を誇る阪神甲子園球場は現在も多くの野球ファンで賑わっている。嘗ての勤務地が近かったこともあり、最も数多く観戦した甲子園球場だが、21世紀の大改修によって新しくなってからは、未だ観戦したことがない。先般、仕事で阪神甲子園駅を訪れた機会に甲子園球場周辺を散策した。まだ春の選抜高校野球大会前の時期なので、人通りが少なく閑散としていた。1924年(大正13年)全国中等学校優勝野球大会の開催を主目的として建設された甲子園球場は、阪神タイガースの本拠地球場であり、高校野球全国大会が戦前から優先的に開催され、“野球の聖地”と称される。数多くのプロ野球・高校野球の歴史や名場面が刻まれ伝えられてきた。

(交差法)
阪神甲子園球場外観⑥(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場外観⑥(平行法)

(交差法)
阪神甲子園球場外観⑦(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場外観⑦(平行法)

(交差法)
阪神甲子園球場外観⑧(交差法)
(平行法)
阪神甲子園球場外観⑧(平行法)

(交差法)
甲子園大運動場記念碑(交差法)
(平行法)
甲子園大運動場記念碑(平行法)

甲子園球場の歴史の中で、1945年(昭和20年)西宮大空襲、1956年(昭和31年)ナイター設備竣工、1984年(昭和59年)電光式スコアボードに変わり、1992年(平成4年)ラッキーゾーンを撤去、1994年(平成6年)開設70周年記念「甲子園大運動場建設記念碑」建設、1995年(平成7年)阪神淡路大震災(大きな被害なし)、2007年(平成19年)阪神タイガースクラブハウス完成、2007年~2009年(平成19年~21年)21世紀の大改修、2010年(平成22年)外野スタンド下に「甲子園歴史館」開業、という経緯で現在に至っている。因みに21世紀の大改修は、総工費約200億円で工期3年だが、同時期に新建設したMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島は、総工費約90億円で工期1年6ヶ月とされる。

甲子園の遍歴
甲子園の遍歴

甲子園と野球マンガ(左)/花形満 大リーグボール1号を打ち砕くホームラン(右)
甲子園と野球マンガ 花形満 大リーグボール1号攻略

2014年の台湾映画「KANO 1931 海の向こうの甲子園」では、日本統治下時代、台湾代表として全国高校野球選手権に出場し、準優勝を果たした嘉義農林学校野球部の実話を描いた甲子園大運動場の景観が再現されている。甲子園球場では歴史的なホームランも多く、1985年(昭和60年)4月17日 阪神×巨人戦でのバース、掛布 、岡田のバックスクリーン3連発は伝説シーンとして語り継がれている。“野球の聖地”である故に数多くの“野球マンガ”の舞台にもなり、我々世代では、「巨人の星」の名シーンとして、打倒 星飛雄馬に燃える花形満が、鉄球を鉄バットで打つ破天荒な特訓の末、大リーグボール1号を見事に打ち砕いたホームランが印象深い。その衝撃で花形満は重傷を負うのだが、よく見るとファールにも見え、誤審の疑念も残るシーンである。

阪神×広島戦 世紀の大誤審 田中広輔 幻のホームラン
阪神×広島戦 世紀の大誤審 田中広輔 幻のホームラン
左から順に、フェンスを越える打球(左)、観客席側にある進入防止用のワイヤーに当たり(中央)、跳ね返った場面(右)

話を広島訪問時に戻そう。基町クレドからタクシーで広島駅に向かうことにした。年配の運転手から「どこから来んさったんね?」と訊かれ、「現在、大阪在住ですが、出身は尾道です。」と答えると「私と同郷じゃねぇ。」と云われ、そこから会話が弾んだ。何でも年配の運転手は、昨年、カープがCS(クライマックスシリーズ)進出することを信じて疑わず、横浜に住む息子夫婦の家に泊まって東京でCS観戦する計画でチケットを予約したとのこと。孫に会えたのは良かったが、結果的にカープはCSに進出できず、巨人×阪神戦のCS観戦が辛かったと話され、結果的に、甲子園球場で行われた阪神×広島戦の世紀の大誤審による田中広輔の幻のホームランが、余計に悔やまれると言っていたことに深く頷いた。

(交差法)
ひろしま駅ビル ASSE 2階 (交差法)
(平行法)
ひろしま駅ビル ASSE 2階 (平行法)

(交差法)
ひろしま駅ビル ASSE 2階 カープ展示①(交差法)
(平行法)
ひろしま駅ビル ASSE 2階 カープ展示①(平行法)

(交差法)
ひろしま駅ビル ASSE 2階 カープ展示②(交差法)
(平行法)
ひろしま駅ビル ASSE 2階 カープ展示②(平行法)

広島駅に到着し、「ひろしま駅ビルASSE」の2階で昼食を食べることにした。飲食店フロアにはカープの選手のユニフォームやスタジアムジャンパーなどが展示され、お好み焼き屋さんが軒を並べており、“広島”を実感させる空間である。過去にも何度か訪れた「よっちゃん」は、典型的な広島のお好み焼きで、客の回転も早く、カープソースを使って馴染みやすい味である。過去訪れた際には、“スペシャル”と称するミックス焼きを食べたが、折角の広島なので牡蠣が食べたくなり、スペシャルと同価格の“牡蠣入り”を注文した。カウンター席に座ったので、目の前の鉄板で次々に焼かれるお好み焼きのソースとキャベツが香ばしく焼ける香りがたまらない。そこに牡蠣が焼ける香りが加わり、期待がどんどん膨らんでいく。

(交差法)
ひろしま駅ビル ASSE お好み焼き よっちゃん(交差法)
(平行法)
ひろしま駅ビル ASSE お好み焼き よっちゃん(平行法)

「よっちゃん」で使用されるカープソースは、専門店が愛用する”通好み”のソースと云われる。著名なオタフクソースが甘いのに対して、カープソースは少し辛口で風味豊かで、ビールとの相性が良いとされ、東京、大阪のスーパーや、お土産屋でも滅多に手に入らず、故郷の尾道でも殆ど見掛けなかったソースである。製造元の広島県三次市にある毛利醸造株式会社は、1872年(明治2年)創業という老舗で、酒造業から始め、酢造業を経て、昭和初期からサクラヤソースとしてソース作りを手掛けた県内の草分けメーカーである。1956年(昭和31年)カープソースの登録商標を取得しているが、球団創設間もない成績不振の市民球団のカープではなく、意外にも“滝のぼりする鯉”に因んだとのこと。

オタフクお好みソース・カープお好みソース
オタフクお好みソース・カープお好みソース

オタフクソースは、デーツと称する果実を使用したまろやかな味わいのソースで、広島県内のみならず、全国でも高いシェアを誇る。1922年(大正11年)創業者の佐々木清一が、広島市横川町で酒、醤油類の卸小売業「佐々木商店」を始め、醸造酢「お多福酢」の製造販売を経て、1950年(昭和25年)ソースの製造販売を開始した。因みに私の母が長年看護士として勤めた開業医院の夫人の妹は、オタフクソースの当時の社長夫人とのことで、当時の院長の長男(現在の院長)の披露宴で、母はオタフクソースの社長夫妻と同じテーブルで、ソース同様にまろやかな雰囲気の社長に気さくに話しかけられたとのこと。

(交差法)
カープロード 黒田博樹2015年ボード (交差法)
(平行法)
カープロード 黒田博樹2015年ボード (平行法)

(交差法)
カープロード 赤いローソン (交差法)
(平行法)
カープロード 赤いローソン (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑨ (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑨ (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 カープの星レリーフ 江夏豊 (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 カープの星レリーフ 江夏豊 (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑧ (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑧ (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 屋内練習場 (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 屋内練習場 (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島② (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島② (平行法)

お好み焼きを食べた後は、いよいよ、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に向かった。広島駅から線路沿いに5分ぐらい歩くと踏切があり、その先スタジアムまでの通りはカープロードと称され、カープの現役選手紹介や往年の名選手のパネルが並べられている。このパネルを観ながら少しずつ近づくスタジアムとの距離により、観戦ボルテージが盛り上がるよう演出されている。少し先にはカープグッズやカープの観戦チケットが購入できるカープ仕様の赤いローソンが見えてくる。スロープ南側には、昨年3月にオープンしたゲストハウス型婚礼施設「ララシャンス HIROSHIMA 迎賓館」の多くの樹木が目立ち、スロープには「カープの星」と称する歴代選手のフォトレリーフが設置されている。昨年完成したカープ屋内練習場を通過するとスタジアムゲートブリッジが見えてくる。

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島③ (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島③ (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島④ (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島④ (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑤ (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑤ (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑥ (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑥ (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑦ (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島⑦ (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 CARPの歴史碑 (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 CARPの歴史碑 (平行法)

スロープ到達地点の階段を降りた場所の広場には、“-CARPの歴史-(1949~2008)” と記された碑が設置されており、“1949年(昭和ふ24)年11月 広島カープス(広島野球倶楽部)のセ・リーグへの参加が承認される。”と記されている。鯉は本来群れを成す魚類などを表す単複同形の名詞carpとすべきとの指摘があり、カープに改め正式名称とした経緯がある。しかし種類を表す時は、単複同形でも“s”を付け、チーム名として使う場合も単複同形に“s”を付けても良いとするルールがあり、結果として、広島カープスでも間違いではなかったようである。実は、Buffloも単複同形で、近鉄球団に於ける1959年~1961年(昭和34年~36年)のチーム名は、近鉄バファローであった。

MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 天然芝の張替えと赤土化
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 天然芝の張替えと赤土化

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島① (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島① (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 グッズショップ (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 グッズショップ (平行法)

(交差法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 C garden (交差法)
(平行法)
MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島 C garden (平行法)

(交差法)
新幹線車窓からのMAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島① (交差法)
(平行法)
新幹線車窓からのMAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島① (平行法)

(交差法)
新幹線車窓からのMAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島② (交差法)
(平行法)
新幹線車窓からのMAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム 広島② (平行法)

MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島は、毎年少しずつ改良が加えられおり、このオフには、開場以来初めて全面的に天然芝の張り替えが行われ、土部分はアンツーカーとなり、メジャーリーグのボールパークの様な雰囲気が漂っている。球場正面1階には、広島カープオフィシャルグッズショップの他、「C garden」(シーガーデン)と称する雑貨屋がオープンした。通常のカープグッズとは異なり、オシャレな小物や 民芸品など、ここでしか買えないカープオリジナルの雑貨を揃えている。新たなイベントとしてスタジアム内で、五味弘文プロデュースによるお化け屋敷も催される。

黒田博樹の球歴:カープ (1997~2007年)、ドジャース (2008~2011年)、ヤンキース (2012~2014年)、カープ (2015年)
黒田博樹の球歴

昨年、黒田博樹が幾つかのメジャー球団からのオファー(最高額21億円強)を蹴って、4億円+出来高払いの一年契約で広島東洋カープに2007年以来8年ぶりに復帰し、開幕前からカープファンは大いに盛り上がった。しかし、残念ながら地元最終戦で惜敗し、勝ち越せないままシーズンを終え、3年振りにBクラスとなった。敗因はいろいろ語られたが、先発投手が踏ん張ったが中継ぎ抑えが安定できず、打線が奮わない試合が多くて、僅差の敗戦が目立った。投手継投、走塁判断にもミスが多く、最後まで上昇ムードに乗り切れなかった。
達川光男

毎年、シーズン開幕前には期待を膨らませ、妄想的にペナントレースをシュミレーションするものだが、今シーズンは、広島カープへの評価も芳しくなく、殆どの野球解説者は、広島カープの順位はBクラスと予想している。因みに昨年まで中日ドラゴンズのバッテリーコーチだった広島カープOBの達川光男は、広島カープの優勝を予想しているが、同氏の解説は理論的なのだが、ことごとく予想が外れると云う“逆神伝説”があり、その伝説が解ける日が来ることを祈りたい。取り分け絶対的エースの前田健太が抜けた後をどう補えるかが戦力の課題である。

広島ボールパークタウン

嘗てプロ野球の本拠地球場があった場所は、多くの人で賑わい、名選手、名場面を輩出した数々の記録や、野球ファンの夢を育んだ記憶が刻まれた歴史が宿っている。球場跡地に開業した各々の複合商業施設にも多くの人が訪れ賑わうが、スタジアム観戦に訪れる人々の賑わいとは異なるものである。昨今、プロ野球人気に陰りが見え始め、プロ野球を巡る様々な問題が話題になっている。戦後の復興を支えた娯楽の骨格であったプロ野球は、テレビの発展と共に不動の人気を博したが、今や地上波での放映も僅かとなった。こうして現存の野球場や嘗て野球場があった場所を巡ってみて、次の時代に継承されるプロ野球のあり方に想いを巡らせた。
 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS