3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

INDOORな春の日

Edit Category 模型
季節の変わり目に風邪を引いてしまった。休日の天気の良い日でもなかなか外出する気になれない。少し体調が良くなった休日には天候が悪く、結果的に花見日和としても京橋方面に出掛けた際、大阪城公園の桜の花を堪能する程度に留まった。大阪城公園には散り際の桜を観る人で賑わっていたが、雨が降ったり止んだりの生憎の天気で、昨年の須磨一昨年の桜ノ宮の通り抜け二年前の吉野など、桜の名所の探訪記を記事にしてきたが、例年とは違う春の到来を過ごしていた。

(交差法)
大阪城公園の桜①(交差法)
(平行法)
大阪城公園の桜①(平行法)

(交差法)
大阪城公園の桜②(交差法)
(平行法)
大阪城公園の桜②(平行法)

(交差法)
大阪城公園の桜③(交差法)
(平行法)
大阪城公園の桜③(平行法)

(交差法)
大阪城公園の桜④(交差法)
(平行法)
大阪城公園の桜④(平行法)

(交差法)
大阪城公園の桜⑤(交差法)
(平行法)
大阪城公園の桜⑤(平行法)

(交差法)
大阪城公園の桜⑥(交差法)
(平行法)
大阪城公園の桜⑥(平行法)

(交差法)
大阪城公園の桜⑦(交差法)
(平行法)
大阪城公園の桜⑦(平行法)

“例年とは違う春”としては、プロ野球開幕における我が広島東洋カープの快進撃がある。開幕ゲームこそ敗北を喫したが、その後は引き分けを挟んで10連勝するなど、理想的な“開幕ダッシュ”を実現したのである。例年なら、開幕早々調子が上がらず思うように勝てなかったり、好調なスタートとしても5割をキープできるレベルしか記憶が無いのだが、今年の様な快進撃など過去には殆ど経験が無く、逆に喜んで良いのか否か戸惑いすら感じてしまう。

広島東洋カープ 2017年シーズン開幕ダッシュ
広島東洋カープ 開幕ダッシュ①広島東洋カープ 開幕ダッシュ②広島東洋カープ 開幕ダッシュ③

カープの打線こそ活発なのだが、開幕投手のジョンソンは敗戦後に風邪で離脱し、抑えの中崎も調子が上がらず登録抹消するなど、投手陣は大きな不安を抱えている。しかし空いた枠を埋める若い投手が堂々と活躍し、引退した黒田の穴は既に埋まった感じになった。勝利を重ねて貯金を殖やしていくことは嬉しいのだが、長いペナントレースでは何が起こるか予想もつかず、数ヶ月後、この記事を読み返して悔しがることがないシーズンとなることを祈念する。

(交差法)
MOTOs Museum 球場展示館 マツダスタジアム①(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 球場展示館 マツダスタジアム①(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 球場展示館 マツダスタジアム②(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 球場展示館 マツダスタジアム②(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum ランドマーク展示(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum ランドマーク展示(平行法)

さて前置きが長くなったが、要するに新しい記事に出来るような探訪もできず、梅雨時期でもなく、真夏の猛暑でもなく、極寒の真冬でもないのだが、この際、INDOORネタで記事を更新することにし、昨年、アマゾンで見つけて購入したMLBフィギュアを追加展示したMOTO's Museumとアクアテラリウムの状況を掲載することにしたのである。

Yankee Stadium I (1976 - 2008)
Yankee Stadium I (1976 - 2008)

      松井秀樹
Mcfarlane Hideki Matsui 松井秀樹 メジャー初本塁打(グランドスラム) 松井秀喜 グランドスラム(メジャー初ホームラン)

     Derek Jeter
Mcfarlane Derek Jeter Derek Jeter Derek Jeter Mr.November

    Mariano Rivera
Mcfarlane Mariano Rivera    Mariano Rivera World Series MVP Mariano Rivera

ワールドシリーズMVPに輝いた名門復活時代のヤンキースのプレイヤー
New York Yankees Dynasty World Series MVPS

(交差法)
MOTOs Museum 球場展示館 ヤンキースタジアム①(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 球場展示館 ヤンキースタジアム①(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 球場展示館①(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 球場展示館①(平行法)

アマゾンで購入したマクファーレン社(Mcfarlane)のMLBフィギュアは、ニューヨーク ヤンキース(New York Yankees)のデレク・ジーター(Derek Sanderson Jeter)、マリアノ・リベラ(Mariano Rivera)、松井秀喜の三体がセットになった商品で、奇しくも三名ともジョー・トーリ(Joseph Paul Torre )監督以降のヤンキース名門復活時代にワールドシリーズMVPに輝いたプレイヤーである。

(交差法)
MOTOs Museum 球場展示館 ヤンキースタジアム②(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 球場展示館 ヤンキースタジアム②(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 球場展示館②(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 球場展示館②(平行法)

松井秀樹とジーター
松井秀樹とジーターjeter matsui

2002年日米野球公式プログラム(左)/Barry Bonds(右)
2002年日米野球公式プログラム  Barry Bonds

各々のプレイヤーの野球用具も、松井はミズノ製のバット、ジーターはルイビルスラッガー (Louisville Slugger)製のバットなど、ディテール再現も見事であり、何より松井とジーターとのコンビは、ヤンキースタジアムの模型にフィットしている。元々、旧ヤンキースタジアムの模型の脇には、2002年11月、イチローの凱旋と松井のNPB最後の勇姿となった日米野球を実際に観戦した試合の主力であったサンフランシスコ ジャイアンツ(San Francisco Giants)のバリー・ボンズ(Barry Lamar Bonds)のフィギュアを飾っていたが、やはりヤンキースの選手の方がスタジアム模型にフィットとすると考えて、松井のフィギュアをWEBで探していた。

黒田博樹vs松井秀喜(左)/松井秀喜 オールスター戦の特大ホームラン(中)/ヤンキース時代の黒田とジーター(右)
黒田博樹vs松井秀喜 松井秀喜 オールスター戦の特大ホームラン Derek Jeter Unbelievable Reflexes

2013年(平成25年)5月5日に長嶋茂雄と共に国民栄誉賞を贈呈された松井は、1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、NPBで1390安打、332本塁打、889打点、MLBで1253安打、175本塁打、760打点の実績を残した桁外れの打者として、日米でゴジラ(Godzilla)の異名を得た。メジャーに日本人スラッガーとして初めてチャレンジした選手であり、黒田博樹の好敵手として昔から注目し、元巨人の選手ながら密かに応援してきた選手なのである。マクファーレン社のMLBフィギュアには、黒田はラインアップされていないことは誠に残念なのだが、2012年にヤンキースに入団した黒田は、2009年に開場した現在の新しいヤンキースタジアムでの本拠地経験しかなく、旧ヤンキースタジアムの模型との関連性は乏しいことで自ら納得した。

MLB ヤンキース 松井秀喜 フィギュア シリーズ8 McFarlane ロード(左)/NewYork Yankees 3PackMcFarlane(右)
MLB ヤンキース 松井秀喜 フィギュア シリーズ8 McFarlane ロードNewYork Yankees 3Pack

現在見つかる松井の単体MLBフィギュア商品は、すべてビジターユニフォームバージョンなので、購入を躊躇したのだが、三体がセットになったフィギュア商品は、ホーム用のピンストライプのユニフォームバージョンで、且つお得な価格設定だったので、果たしてすべてのフィギュアを置くスペースがあるか否かを懸念するも迷うことなく購入した。アマゾンで受け付けた注文は、米国からの輸入品としての扱いだったので、日本に到着して自宅に届くまでに約一ヶ月掛かった。MOTO's Museum 野球展示館のスペースあるヤンキースタジアムを囲むように置いてみると想像以上の迫力がある。

(交差法)
アクアテラリウム 2017年4月①(交差法)
(平行法)
アクアテラリウム 2017年4月①(平行法)

"AGPtek®超音波霧発生装置(左・中)/AC 110V 3W 小型水中ポンプ(右)
AGPtek®超音波霧発生装置① AGPtek®超音波霧発生装置② AC 110V 3W 小型水中ポンプ

(交差法)
時計・和噴水(交差法)
(平行法)
時計・和噴水(平行法)

(交差法)
和噴水(交差法)
(平行法)
和噴水(平行法)

さて、久しぶりのアクアテラリウムの掲載となるが、進化も含めて変更した内容と言えば、アクアテラリウムにとって3代目となる超音波方式の霧発生装置(AGPtek®ミストメーカー)をアマゾンで新しく購入したことである。この手の商品はホームセンターやペットショップコーナーで販売してなく、通販で入手するしかない。優劣の比較が難しく、消耗品と割り切って購入した商品は過去の商品のようなLEDが光る機能は無いが、霧の発生が安定しており、今後の交換時期にも同じタイプにしようと思った。同時にアマゾンで購入した水中ポンプにより、壊れていた蹲(つくばい)型の和噴水も復活させた。

(交差法)
アクアテラリウム 2017年4月②(交差法)
(平行法)
アクアテラリウム 2017年4月②(平行法)

アクアテラリウムにおける生態系の変化としては、一昨年の夏頃に西九条の熱帯魚専門「淡路屋商店(アクアテラリウム専門店 PLANSTON事業部)」で購入した南米ウィローモスが、水中の石壁に這うように活着しながら増殖してきた。一方、陸地部分は、苔オブジェ専門店「苔なっこ」で教示戴いたウィローモスを水上葉として増殖する方法で栽培させ、鮮やか色の陸地部分を形成できた。水槽の中のエンドラーズ、ミナミヌマエビの生態同様にウィローモスの繁殖サイクルも安定化し、各々購入して補充する機会が無くなった。

(交差法)
アクアテラリウム 2017年4月③(交差法)
(平行法)
アクアテラリウム 2017年4月③(平行法)

チチヤス 低糖ヨーグルト
チチヤス 低糖 ヨーグルト

モス・アート(wall moss design art)
wall-moss-design.jpgwall-moss-nature.jpgmoss-art.jpg

更には、地上葉のウィローモスを安定化させるため、毎朝、入浴後に私の地元である広島チチヤス ヨーグルトを食べた後のパックの底を水彩画用の筆で拭き取り、水上葉にヨーグルトを塗り付けている。これは、“モスアート”と称する苔グラフィティは、苔とプレーンヨーグルトやバターミルクをミキサーで混ぜた液体を壁に塗ることで、絵や文字を浮かびあがるストリートアートの手法に倣い、水苔であるウィローモスにヨーグルトを添加しているが、過去に経験した苔栽培よりも簡単で、水中で増殖するウィローモスは、際限なく補充できることが陸地部分の安定化に繋がっている。

(交差法)
東大阪市役所(交差法)
(平行法)
東大阪市役所(平行法)

(交差法)
東大阪市役所 展望ロビーからの眺望①(交差法)
(平行法)
東大阪市役所 展望ロビーからの眺望①(平行法)

(交差法)
東大阪市役所 展望ロビーからの眺望②(交差法)
(平行法)
東大阪市役所 展望ロビーからの眺望②(平行法)

(交差法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット ティラノサウルス・アパトサウルス①(交差法)
(平行法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット ティラノサウルス・アパトサウルス①(平行法)

(交差法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット ティラノサウルス・アパトサウルス②(交差法)
(平行法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット ティラノサウルス・アパトサウルス②(平行法)

(交差法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット アパトサウルス(交差法)
(平行法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット アパトサウルス(平行法)

(交差法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット ティラノサウルス①(交差法)
(平行法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット ティラノサウルス①(平行法)

(交差法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット ティラノサウルス②(交差法)
(平行法)
イオン東大阪店 恐竜ロボット ティラノサウルス②(平行法)

INDOOR生活が続く日々で、恐竜ジオラマのアクアテラリウムを整備していた中で、先日、東大阪市役所のある荒本駅を訪れる機会があり、駅周辺にあるイオン東大阪店のイベントコーナーで、恐竜ロボットが展示されていた。恐竜の背中には幼児が乗れる椅子もある微笑ましい恐竜ロボットなのだが、商業モールの催し物に似つかわしくないリアルな動きと精巧な作りにより、恐怖に慄く子供もいた。思わずカメラを向けて撮影したが、周囲の子供達より、私が最も楽しんでいる様子に見えたかも知れない。

(交差法)
アクアテラリウム 2017年4月④(交差法)
(平行法)
アクアテラリウム 2017年4月④(平行法)

風邪の初期症状で病院に行き、点滴や処方薬によって完治ももう少しの症状にまで回復してきた。プロ野球も開幕し、昨年のように最後まで楽しめるペナントレースであることを願っている。MOTO's Museumもアクアテラリウムもスタートして7年目となり、雨が続いたり、体調不良などで出掛ける機会が少なくなり、ブログ記事の更新に苦慮した際には、INDOORに徹して記事にするパターンも良いのかも知れない。でもゴールデンウィークには、嫁さんとどこかに出掛けた探訪を記事にしたいと思う。
スポンサーサイト

魅惑のアート「神の手●ニッポン展」

Edit Category 模型
神の手・ニッポン展第一期 神の手アーティスト近鉄アート館MAP

正月休み期間にあべのハルカス近鉄本店 ウイング館近鉄アート館で、1月2日~9日の期間で開催された「神の手ニッポン展」を訪れた。人間技とは思えない“神の手”を持つといわれる日本人アーティストの合同展覧会は、現代のセンスとフィールドで意欲的に創作活動を行ってきた作家たちの作品が一堂に集められ、アーティストの高度な技術に裏打ちされた作品群に、日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさが感じられる展覧会として注目され、東京・名古屋・九州でも開催されて、延べ11万人が来場している。

神の手・ニッポン展 パンフレット①神の手・ニッポン展 パンフレット②

この展示会開催を知ったのは奇遇であった。元々、模型好きの私は、ドールハウスをはじめとするミニチュア模型分野に興味があり、和風テイストのミニチュアハウスの作家のサイトを閲覧するのが好きなのだが、ミニチュア工房「カサ・デ・トンタ」島木英文氏による超絶技工の作品群に辿り着き、他の作品にない趣きの作品に釘付けになったのである。「カサ・デ・トンタ」の公式サイトによれば、正月期間に家から程近い「あべのハルカス」で催される展示会に参加にしており、実物の作品を観ることができること知り、迷うことなく嫁さんと一緒に訪れることにしたのであった。

(交差法)
「神の手・ニッポン展」あべのハルカス(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」あべのハルカス(平行法)

(交差法)
「神の手・ニッポン展」あべのハルカス 近鉄アート館(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」あべのハルカス 近鉄アート館(平行法)

(交差法)
「神の手・ニッポン展」展示作品(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」展示作品(平行法)

大阪での開催となる今回の展示会に参加しているアーティストは、紙の魔術師ことペーパーアーティストの太田隆司氏ビーズの織姫ことビーズアーティストの金谷美帆氏、前出の遠近法の匠ことミニチュアハウスアーティストの島木英文氏立体切り絵のプリンセスこと立体切り絵アーティストのSouMa氏情景王ことジオラマアーティストの山田卓司氏の計5人の作品を展示する。予定していたポップアップアーティストのHIROKO氏は、現在療養中のため辞退とのこと。会場内は撮影禁止だが、入場口付近に撮影用に5名のアーティストの作品が1点ずつ展示されていた。作品の殆どはWEBで閲覧できるが、立体写真に収めることができる唯一の展示コーナーとなる。


紙の魔術師 ペーパーアーティスト 太田隆司

「草むらのシンフォニー」
(交差法)
「神の手・ニッポン展」ペーパーアーティスト太田隆司「草むらのシンフォニー」①(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」ペーパーアーティスト太田隆司「草むらのシンフォニー」①(平行法)

(交差法)
「神の手・ニッポン展」ペーパーアーティスト太田隆司「草むらのシンフォニー」②(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」ペーパーアーティスト太田隆司「草むらのシンフォニー」②(平行法)

「紙の魔術師」の異名を持つ。日本大学芸術学部デザイン学科在学時より自動車のイラストを描きはじめ、卒業後ペーパーアート作品に専念。自動車専門誌「CAR GRAPHIC」で「PAPER MUSEUM」の連載を開始する。テレビ東京の「TVチャンピオン」ペーパークラフト王選手権にて優勝するなど、多数の受賞歴を持つ。紙に命を吹き込むペーパーアーティスト、太田隆司氏の作品は、顔の表情から看板の文字に至るまですべて紙のカッティングで表現されている。紙を微妙に重ねるだけで絵を描く、という技術の作品には、車や人、時間が描かれている。映画の1シーンのようでもあり、下町のノスタルジックな雰囲気の作品は、全て紙で出来ている。

「草むらのシンフォニー」奥行き
ペーパーアーティスト太田隆司「草むらのシンフォニー」奥行き

太田隆司氏の作品は、平面でも立体でもない僅か17cmの奥行きに、カッターナイフで紙を切り抜き、重ね合わせて配置することで、優しさ、柔らかさ、繊細さなど、情景が見事に表現されている。ペーパークラフトは“紙工作”を想像するのだが、「紙」は平面の2次元で「立体」は3次元とすれば、2.5次元ということになる。横から見れば舞台セットさながらの張りぼてと補強の跡が見て取れる。平面のようで平面ではない、立体のようで立体ではない作品は、以前の記事でも紹介した立版古のようであり、組み上げた作品の立体感、パノラマ感によって臨場感溢れる “ハイクオリティ立版古”と言える作品である。

「東京下町 人を、暮らしをのせて」
ペーパーアーティスト太田隆司「東京下町 人を、暮らしをのせて」

「しあわせ待つ明日へ。新潟市 白山神社」(左)/「嫁ぐ朝」(右)
ペーパーアーティスト太田隆司「しあわせ待つ明日へ。新潟市 白山神社」 ペーパーアーティスト太田隆司「嫁ぐ朝」

一点透視図法を用いた遠近感と立体感で、精度高く作り込まれたペーパーアートがフレームの中に配置され、誰も踏み入れたことのない表現の世界を自らで切り開いて磨いてきた。ペーパークラフトと単純には括れない程、立体感のある紙のオブジェは、すべての作品にはクルマと人と犬を登場させて、爽やかな空間に仕立て上げるテクニックが感動を生む。豊かな表情を持った紙だけの人々、陰影までリアルに紙で表現されたクルマや街並み、電車などが、視界を覆う大きさの作品は3D映像で展開され、忠実にしかもドラマチックに創造された風景に様々な車が溶け込み、日本車、日本の風景のみならず、外国の風景、新旧様々な車が融合されている。

「東京雷門 西暦2007」(左)/浅草寺 雷門 実景(右)
ペーパーアーティスト太田隆司「東京雷門 西暦2007」 浅草寺 雷門

「映画館の記憶」(左)/横浜日劇 実景(右)
ペーパーアーティスト太田隆司「映画館の記憶」 横浜日劇

太田隆司とペーパーアート作品
ペーパーアーティスト太田隆司「映画館の記憶」

立版古などのペーパークラフトの特徴として、色彩ごとのピース分けが明確で、浮世絵などの作品との相性が良い。明確な色分けの作品が多く、必然的に鮮明な色彩でポップなイメージの作風となる。個人的な印象だが、学生の頃のFMラジオのエアチェックの必需品であった「FM STATION」という雑誌の表紙を飾る自動車や風景を鮮やかな色彩で表現したイラストの鈴木英人氏の作風にも通ずるイメージがあり、当時のオシャレな作風を懐かしく思い浮かべることも相まって、太田隆司氏の作品には「浅草寺の雷門」「伊勢佐木町の横浜日劇」も鮮やかな色彩でポップだが、不思議なノスタルジックテイストが漂う。

雑誌「FM STATION」(左)/鈴木英人イラスト カセットレーベル(中)/山下達郎 Performance 2002 Tour パンフレット(右)
FM STATION表紙 鈴木英人イラスト FM STATION 鈴木英人イラスト 山下達郎 Performance 2002 Tour パンフレット by 鈴木英人


ビーズの織姫 ビーズアーティスト 金谷美帆

「フィボナッチのバラ」
(交差法)
「神の手・ニッポン展」ビーズアーティスト鈴木美帆「フィボナッチのバラ」(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」ビーズアーティスト鈴木美帆「フィボナッチのバラ」(平行法)

「ビーズの織姫」の異名を持つ。学習院大学在学中、ミス鎌倉、ミス熱海梅の女王となり、ケーブルテレビアナウンサーを経て、1998年よりビーズ創作活動を始める。代表作として「総ビーズ織り和衣裳」(165万余粒使用した重量13kgの着物作品。宝生流能楽師 山内崇生によるシェークスピアのマクベスの能となる「新作能 マクベス」の衣装に採用 )、総ビーズ織り六曲屏風「鎌倉世界遺産登録絵図」(2009年世界一たくさんのビーズを使った平面のビーズ作品としてギネス世界記録認定。206万3,738粒使用)などがある。

「総ビーズ織り和衣裳 秋来」(左)/ギネス世界記録に認定された「総ビーズ織り六曲屏風 鎌倉 世界遺産登録絵図」(右)
ビーズアーティスト金谷美帆「和衣裳 秋来」 「世界一たくさんのビーズを使った平面のビーズ作品」としてギネス世界記録に認定された総ビーズ織り六曲屏風「鎌倉 世界遺産登録絵図」

「蝶」(左)/「織り絵巻 徳川家康」(中)/「飾り扇子 原爆ドーム」(右)
ビーズアーティスト金谷美帆「蝶」 ビーズアーティスト金谷美帆「織り絵巻 徳川家康」 ビーズアーティスト金谷美帆「飾り扇子 原爆ドーム」

金谷美帆とビーズアート作品
ビーズアーティスト金谷美帆 作品群

ニューヨークへの旅行中にアメリカ工芸美術館で催されたビーズクイーンと賞されるジョイス・スコット(Joyce J. Scott)の作品展を訪れ、アートへの閃きを感じて以来、運命の糸に手繰り寄せられるようにビーズ織りの基礎を学び独立した。アクセサリー、ビーズ織りバック、額絵、ビーズ織り和衣装などのアート作品などデザイン、制作、販売するアートビーズクリエーターとして次々と大作を世に生み出してきた。ビーズの光沢が見る角度によって様々な趣きとなり、これらの作品も実物を観たときにしか味わえない迫力がある。

ジョイス・スコット(Joyce Scot)(左)/金谷美帆とジョイス・スコット(右)
Joyce Scott 金谷美帆とジョイス・スコット


遠近法の匠 ミニチュアハウスアーティスト 島木英文

「箱舞台 きじや」
(交差法)
「神の手・ニッポン展」ミニチュアハウスアーティスト島木英文「きじや」①(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」ミニチュアハウスアーティスト島木英文「きじや」①(平行法)

(交差法)
「神の手・ニッポン展」ミニチュアハウスアーティスト島木英文「きじや」②(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」ミニチュアハウスアーティスト島木英文「きじや」②(平行法)

(交差法)
「神の手・ニッポン展」ミニチュアハウスアーティスト島木英文「きじや」③(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」ミニチュアハウスアーティスト島木英文「きじや」③(平行法)

「遠近法の匠」の異名を持つ。山口県岩国市のミニチュア工房「カサ・デ・トンタ」は、一級建築士の島木英文氏が建物担当で、妻の啓子さんが小物を担当している。日本家屋をモチーフに1/20スケールで、「箱舞台」と称する木箱の中にリアルな空間を再現したミニチュアハウス(ドールハウス)は、規定の1/12スケールと異なるため、ドールハウス界の異端児と称されている。島木作品が独創的な理由は、建物内部(ミニチュアハウス)に奥行きを出すために、手前を1/20スケール、奥を1/24スケールにした透視図法による遠近法を採用し、奥に向かって徐々に幅が狭く、天井は低く、床は高くなるように作られている。ボックスの内部に設置されたライトの光が、自然光に見えるように緻密に計算され、屋外の庭園や町屋の中庭を見事に表している。

「箱舞台 きじや」
ミニチュアハウスアーティスト島木英文「きじや」

山口 柳井 きじや 実景(左)/柳井の郷土民芸品「金魚ちょうちん」(右)
山口県柳井市「きじや」 山口県柳井市の郷土民芸品「金魚ちょうちん」

柳井の町割りは室町時代からのもので、約200mの街路に面した両側に江戸時代の白壁の商家の家並みが続く。藩政時代には岩国藩のお納戸と称され、産物を満載した大八車が往来して賑わった町筋は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された。往時の面影を偲ばせる町並みで、柳井の郷土民芸品「金魚ちょうちん」柳井銘菓などを販売する「きじや」の実在の店の写真を見ればその再現クオリティに驚愕する。瓦、商品作り等、試行錯誤の中で、奥行き感の演出、覗き込む面白さへの気付きが、遠近法の採用に繋がる転機となった作品と云われる。

「箱舞台 ヘルン(小泉 八雲)旧居」(左)/島根 松江 ヘルン(小泉 八雲)旧居 実景(右)
ミニチュアハウスアーティスト島木英文「ヘルン(小泉 八雲)旧居」 ヘルン(小泉 八雲)旧居

怪談「耳なし芳一」や「雪女」などの著作で知られる小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)と元松江藩士の娘セツが、約5ヶ月間新婚生活を過ごした邸宅を再現したミニチュアハウス作品である。ギリシャ生まれのイギリス人文学者の八雲は、翻訳、紀行、随筆、文芸批評、民俗学などの分野で、偏見なく好意的に当時の日本を広く世界に紹介した。江戸時代中後期の松江藩士の武家屋敷には、八雲好んだ山水を絡めた造りの3つの美しい庭は、各々違う趣があり、居間から書斎、庭と続く軸線上にモノを配置していない空間は、静寂漂う凛とした日本美を見事に再現している。

「箱舞台 斜陽館(太宰治記念館)」(左)/ 青森 御所川原 斜陽館(太宰治記念館) 実景(右)
ミニチュアハウスアーティスト島木英文「斜陽館(太宰治記念館)」(1) 斜陽館(太宰治記念館)1階土間

斜陽館(太宰治記念館)外観(左)/斜陽館(太宰治記念館)1階間取図(右)
斜陽館(太宰治記念館)外観 斜陽館(太宰治記念館)1階間取図

「箱舞台 斜陽館(太宰治記念館)」座敷・土間
ミニチュアハウスアーティスト島木英文「斜陽館(太宰治記念館)」

10年間のミニチュアハウス制作の集大成の作品ともいうべき「斜陽館」は、文豪 太宰治の生家を再現しており、約2ヶ月の制作期間を費やした作品である。太宰が著書の中で「風情も何もない。ただ大きいのである。」と語っていた生家の玄関から米蔵まで続く、約25mの土間空間の奥行き感を表現するため、実際の斜陽館よりも黒い木材を使い、窓から差し込む薄日は3つのLEDライトを使用し、実際の建物より光の表現を控えめにしたとのこと。バラエティ番組「マツコ有吉の怒り新党」で“新三大こだわりがハンパないドールハウス”で紹介された作品である。

「箱舞台 寺田寅彦記念館」(左)/ 高知 寺田寅彦記念館 実景(右)
ミニチュアハウスアーティスト島木英文「寺田寅彦記念館」 高知県高知市「寺田寅彦記念館」

「箱舞台 広島 中島町 大正屋呉服店」(左)/ 「箱舞台 広島 猿楽町 田中食料品店」(右)
ミニチュアハウスアーティスト島木英文「大正屋呉服店」 ミニチュアハウスアーティスト島木英文「田中食料品店」

「箱舞台 京町屋の織屋 織秀」(左)/ 「箱舞台 京町屋の茶舗 香枦園」(右)
ミニチュアハウスアーティスト島木英文「京町屋の織屋・織秀」 ミニチュアハウスアーティスト島木英文「香露園」

他にも「寺田寅彦記念館」など、現在実在する建物をミニチュア化することに留まらず、嘗て存在したが既にない建物の再現にも挑んでいる。原爆投下前の広島の町の賑わいを再現した「広島シリーズ」として「中島町 大正屋呉服店」「猿楽町 田中食料品店」の作品が展示されていた。「ALWAYS 三丁目の夕日」の時代に登場する戦後の資料と比べ、戦前の資料は乏しいのだが、当時の店舗が扱った商品を探り出しながら再現されたとのこと。更には特定のモデルはないが、町や地域の雰囲気を彷彿させる作品「京町屋の織屋 織秀」「京町屋の茶舗 香枦園」などもある。空気感と奥行きが醸し出す時間感覚は、写真ではなかなか伝わらないので、是非とも実物のクオリティを堪能して欲しい作品と云える。

ミニチュアハウス「用心棒」猫と比較したスケール
ミニチュアハウスアーティスト島木英文「用心棒」


「カサ・デ・トンタ」の作品群は、建物が生み出す空気感や、日本家屋独特の明暗の再現への拘わりが感じられ、「箱舞台」を覗いた瞬間、外観では想像出来ない奥行きへの拡がりを堪能する醍醐味であり、視点のピントを移動させながら、時が経つのを忘れるほど眺めていたい魔法の虜になる。他のアーティスト展示コーナーと違い、まるで万華鏡でも覗き込むような独特な観覧スタイルの一角であった。会場内では、テレビ取材のカメラ撮影も行われていたが、昼食時間時間帯を狙って入場したので、想像以上にゆっくりと「箱舞台」の内装を満喫できた。


立体切り絵のプリンセス 立体切り絵アーティスト SouMa

(交差法)
「神の手・ニッポン展」立体切り絵アーティストSouMa「記念日」(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」立体切り絵アーティストSouMa「記念日」(平行法)

「立体切り絵のプリンセス」の異名を持つ。島根県出身のSouMa氏は、6歳の頃に切り絵を始めたと云う。最初は画用紙に写した浮世絵を切り抜いて遊んでいたそうだが、毎日楽しく切り抜いているうちに技術はめきめきと向上したとのこと。美術やデザイン関係の学校で学んだ経験はなく、全て自身の感性に任せて作品を創作するため、唯一無二の独創的な作風が特徴のアーティストとして島根県松江市の観光大使も勤めている。

立体切り絵(左より)「GARAKUTA」「Garden」「ティアラ」「向日葵」「髪の首飾り」
立体切り絵アーティストSouMa「GARAKUTA」 立体切り絵アーティストSouMa「Garden」 立体切り絵アーティストSouMa「ティアラ」 立体切り絵アーティストSouMa「向日葵」 立体切り絵アーティストSouMa「髪の首飾り」

SouMaと立体切り絵アート作品「自由」
立体切り絵アーティストSouMa「自由」


1枚の絵からできている切り絵は、下書きもせず、全て頭の中で造り上げる誰も真似のできないアート作品である。作風は非常に多岐に渡っており、平面的な作品に留まらず、立体的なもの、光との融合等、従来の切り絵作家という枠を完全に超えた創作活動を展開している。因みに作品「向日葵」の繊細な髪の毛は、割いた後に束ねて結うことで立体感を醸し出している。まさにマジックでも見ているような理屈では説明できない神の手の称号に値するアーティストである。


情景王 ジオラマアーティスト 山田卓司

(交差法)
「神の手・ニッポン展」ジオラマアーティスト山田卓司「プラモデルの日」①(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」ジオラマアーティスト山田卓司「プラモデルの日」①(平行法)

(交差法)
「神の手・ニッポン展」ジオラマアーティスト山田卓司「プラモデルの日」②(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」ジオラマアーティスト山田卓司「プラモデルの日」②(平行法)

「情景王」の異名を持つ。静岡県浜松市に生まれ、幼い頃より模型工作を趣味とし、中学時代には地元のデパートで行われた模型コンテストで毎年入賞。高校時代には模型同好会を発足、高校卒業後に上京、日本工学院専門学校に入学し、在学中に模型雑誌「月刊ホビージャパン」に執筆を始める。卒業後は工業模型製作会社にて、原子力プラントや工業模型の製作に従事後、浜松市に戻りフリーのプロモデラーとして活動を開始する。模型雑誌で作品を発表する傍ら、商品原型、イベント用情景を製作、ジオラマ作品展を開催、模型教室の講師、テレビ東京「TVチャンピオン」の企画で開催された「プロモデラー選手権」では5度の優勝を果たした。

あしたのジョー1970年(昭和45年)テレビアニメ 泪橋 丹下拳闘クラブ(左)/ ジオラマ作品「泪橋の丹下拳闘クラブ」(右)
あしたのジョー1970年(昭和45年)テレビアニメ 泪橋 丹下拳闘クラブ ジオラマアーティスト山田卓司「泪橋の丹下拳闘クラブ」

ジオラマ作品「破壊神」(左)/ ジオラマ作品「追撃」(右)
ジオラマアーティスト山田卓司「破壊神」 ジオラマアーティスト山田卓司「追撃」

ジオラマ作品「おつかいのおもいで」(左)/ ジオラマ作品「バス停留所」(右)
ジオラマアーティスト山田卓司「おつかいのおもいで」 ジオラマアーティスト山田卓司「バス停留所」

多岐に亘る様々なジャンルで活躍するモデラーである山田卓司氏の本領が発揮されるのは、何と言ってもジオラマである。「あしたのジョー」の丹下拳闘クラブ、街を破壊するゴジラ、廃墟に佇むガンダムなど、情景を見事にジオラマに作り込み、人物の表情や仕草が丁寧で躍動感に溢れている。いわゆる昭和ブーム以前より昭和の情景を映し出した作品を多数手がけており、TVチャンピオンで優勝した際のジオラマも「引越しのおもいで」や「終戦のおもいで」といった昭和ノスタルジーが漂うが、昭和の題材以外の作品でも情景を切り出すセンスが損なわれることはなく、日本のプロモデラー界を代表する作家の一人である。

(左より)「情景王 山田卓司作品集」「情景王 山田卓司作品集 第二集」「山田卓司作品集 昭和ノスタルジーの世界」ジオラマ作品「家族2」
情景王 山田卓司作品集 情景王 山田卓司作品集 第二集 OLD DAYS BUT GOOD DAYS 山田卓司作品集 昭和ノスタルジーの世界 ジオラマアーティスト山田卓司「家族2」

TVチャンピオン「第1回プロモデラー王選手権」への参加が大きなターニングポイントと捉えており、昆虫採集している少年を描いた優勝作品「蝉時雨」をおそらく記念碑的な作品として時間制限の制約の中で果たせなかったクオリティに拘ってリメイクしている。更に自らの「家族」をテーマに製作した「家族2」では、1/6スケール作品の机の上に更に1/6縮小スケールの作品「蝉時雨」と共に娘の成人を祝う家族のジオラマを作成し、「山田卓司作品集 情景王 第2集」の表紙を飾っている。着物の柔らかさも実に繊細に表現され、家族愛に溢れた情景ジオラマ作品が多い山田卓司ならではの作風に仕上げている。

山田卓司作品が集まる「浜松ジオラマファクトリー」
山田卓司作品が集まる「浜松ジオラマファクトリー」

静岡県浜松市の中心街にある「ザザシティ浜松」にオープンした「浜松ジオラマファクトリー」にはノスタルジーものをはじめ、ミリタリーものやゴジラ、ウルトラマン、エヴァンゲリオンなどの人気キャラクターを題材にした山田卓司作のジオラマ70点以上が展示されており、展示会場の覗き穴から館内にある山田卓司氏のアトリエの見ることができる。制作作業場を公開する事により、浜松の子供達や観光で訪れる皆様に“ものづくり”の素晴らしさやホビーとしての趣味の魅力を多くの皆様に伝えたいという願いが込められている。当初は半年間限定の設定だったが、来訪ツアーが組まれるなど、人気や知名度が上昇し、常設施設として継続されることになった。

ポップアップアーティストHIROKO作品集

療養中で辞退となったポップアップアーティストのHIROKO氏による1枚のカードを開くと観覧車やメリーゴーランド、ローラーコースターなど、紙で作られた立体的な造形物が飛びだす作品も僅かだが展示されていた。

(交差法)
「神の手・ニッポン展」グッズコーナー(交差法)
(平行法)
「神の手・ニッポン展」グッズコーナー(平行法)

太田隆司「東京雷門 西暦2007」ウッドBOX版・PAPER 3D BOX MUSEUM(左)/ 島木英文 写真集「記憶の箱舞台」(右)
太田隆司「東京雷門 西暦2007」ウッドBOX版・PAPER 3D BOX MUSEUM 写真集「記憶の箱舞台」島木英文

ジオラマあり、ミニチュアハウスあり、立体作品あり、想像以上に琴線に触れた作品展であったが、立体写真として記録したい衝動にも駆られ、撮影禁止の展示会が余計に悔やまれ、3Dカメラのみ撮影許可が下りるなど身勝手な空想に耽った。までグッズ販売コーナーでは、太田隆司作品の商品が最も多く、ポスカードなど数多く置かれていた。3DウッドBOXに目を奪われたが、さすがに一万円を超す高値に躊躇し、本屋では入手できそうもない島木英文作品写真集「記憶の箱舞台」だけ購入した。会場を去る時間帯には徐々に入場者も増えていった。

神の手・ニッポン展

“神の手(ゴットハンド)”とは“卓越した想像・創造力と技術を駆使し、日本独自の価値を持った オンリーワンの作品を作り出す作家たち”を敬う表現である。「神の手ニッポン展」は、日本のものづくりスピリッツを受け継ぎながら、現代において意欲的に創作活動を行ってきたアーティストたちの作品に魅せられた。高度な技術に裏打ちされた作品群を通じて、日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさ、探究心や真摯さの発信により、展示作品のジャンルの違いこそあれ、日本人ならではの意識・技・精神という共通した「軸=価値」を感じられたのかも知れない。

king_mt021.gif

旧年中は当ブログへご訪問戴きましてありがとうございました。本年も宜しくお願い申し上げます。

歴史浪漫 江戸~東京

Edit Category 模型
東京

この4月から社会人となる一人息子が都内で引っ越ししたので、先般、嫁さんと一緒に現地を訪れ、身の周りの生活用品の購入などを手伝った。息子の新天地となる江戸川区の船堀には、1999年(平成11年)3月にオープンした「タワーホール船堀」がある。高さ115mのタワーの展望室からは、都内全域が一望できる360°のパノラマを堪能できる。

(交差法)
富士山(交差法)
(平行法)
富士山(平行法)

(交差法)
タワーホール船堀(交差法)
(平行法)
タワーホール船堀(平行法)

(交差法)
タワーホール船堀からの東京スカイツリー①(交差法)
(平行法)
タワーホール船堀からの東京スカイツリー①(平行法)

(交差法)
タワーホール船堀からの東京スカイツリー②(交差法)
(平行法)
タワーホール船堀からの東京スカイツリー②(平行法)

(交差法)
タワーホール船堀からの東京都内①(交差法)
(平行法)
タワーホール船堀からの東京都内①(平行法)

(交差法)
タワーホール船堀からの東京都内②(交差法)
(平行法)
タワーホール船堀からの東京都内②(平行法)

(交差法)
タワーホール船堀からの東京都内③(交差法)
(平行法)
タワーホール船堀からの東京都内③(平行法)

(交差法)
タワーホール船堀の模型(交差法)
(平行法)
タワーホール船堀の模型(平行法)

翌日の朝、同じ江戸川区の西葛西に住んでいた時以来、10数年振りに展望階フロアを訪れた。当時と大きく景観が異なるのは、東京スカイツリーが完成したことである。タワーの展望台からは、東京スカイツリーの全容を比較的大きく眺めることが出来る。周囲に視界を遮る高層建造物もなく、朝景の東京の眺望を堪能した。

江戸東京博物館MAP

江戸東京博物館MAP

朝食後には、一昨年に東京スカイツリーを訪れて以来、久しぶりに嫁さんと一緒の東京探訪だったので、東京在住時に行きたくて行けなかった「江戸東京博物館」を訪れることにした。息子が新しく生活する船堀からもアクセスが良い。

(交差法)
江戸東京博物館からの東京スカイツリー①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館からの東京スカイツリー①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館からの東京スカイツリー②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館からの東京スカイツリー②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館からの東京スカイツリー③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館からの東京スカイツリー③(平行法)

JR総武線 両国駅西口徒歩3分、都営大江戸線 両国駅A3出口から徒歩1分に位置する江戸東京博物館は、東京スカイツリーからの距離も約2km位で、前述の船堀のタワー展望室より近い距離なので、格段に大きく見える。この広大な土地は、貨物駅として長年使用されていたが、時代がモータリゼーションの波に押され廃止された。

edotokyo-rogo.jpg

江戸東京博物館

両国国技館の隣にそびえる白い建物の博物館の館内には、江戸時代から戦後に至る“江戸~東京の歴史”に関連した模型や資料が展示され、江戸、東京の歴史と文化に関わる資料を収集、保存、展示することを目的に、“江戸と東京の歴史や文化を伝える博物館”として1993年(平成5年)3月28日に開館した。奇しくも息子と同い年ということになる。江戸東京博物館は、開館22年を迎えた2015年、常設展示室の改修を行った。年間80万人を超える来館者を迎える当館では、照明設備・映像設備、什器等の経年劣化への対応とともに、近年の外国人観光客の増加などの社会変化と多様化する利用者ニーズへの対応を重視した改修となった。

江戸東京博物館 常設展イラスト
江戸東京博物館 常設展

全9,000㎡の広大な展示面積の中に江戸ゾーンと東京ゾーンで構成される常設展は、江戸時代の文化、明治から近代までの江戸・東京の変遷を学ぶことができる。浮世絵や絵巻など約2500点や、大型の復元模型約50点などが溢れ、ジオラマや原寸大の復元模型もある。日本の文化や歴史を視覚的な展示によって理解することでき、充実した設備と臨場感により、外国人観光客に大変人気の高い博物館として知られる

江戸東京博物館 階層構成

江戸東京博物館の建物は、地上7階、地下1階の鉄骨造構造。地上部分の高さは約62mもあり、江戸城の天守閣とほぼ同じ高さとなる。隣接する両国国技館との調和を考え、高床式のユニークな構造の建物になっているが、東京下町の景観を損ねているとの批判もあるとのこと。4本脚で立つ獣のような建物は上部と下部に分かれている。

(交差法)
江戸東京博物館外観①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館外観①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館外観②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館外観②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館外観③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館外観③(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館外観 浅草寺旧本堂大棟部分復元(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館外観 浅草寺旧本堂大棟部分復元(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館外観 入場エスカレーター(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館外観 入場エスカレーター(平行法)

上部には常設展示室、収蔵庫、図書室、和風レストランがあり、下部には企画展示室、ホール、ミュージアムショップ、洋風レストランなどがある。3階部分にあたるピロティは、「江戸東京ひろば」と称する屋外空間となっている。常設展示室への入口は6階となり、1・3階の2ヶ所でまずはチケットを購入し、広場の空間を斜めに横切る赤いチューブのエスカレーターに乗ると、一気に常設展示室へ辿り着く。

(交差法)
江戸東京博物館 日本橋①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 日本橋①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 日本橋②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 日本橋②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 日本橋③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 日本橋③(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 日本橋④(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 日本橋④(平行法)

6階から常設展示室に入ると江戸東京博物館のシンボルでもある日本橋が目の前に現れ、壮大な規模の展示に圧倒される。江戸ゾーンへと繋がる日本橋が、まさにタイムスリップへの橋渡しとなるタイムブリッジとなっている。日本橋は、徳川家康の全国道路網整備計画に際して、日本橋は五街道の基点として、初代の木造の橋が架けられたのが始まりとされ、江戸幕府を開いた1603年に架けられた。実際の橋の大きさは、長さ約51m、幅は約8mであったが、立替えの記録や絵画などを元に、北側半分を復元している。

「東都名所駿河町之図」歌川広重(初代)画(左)/寛永の町人地 ジオラマ模型(右)
「東都名所駿河町之図」歌川広重(初代)画 江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型

プロジェクターの映像が映し出される側に日本橋を渡った場所から、「江戸ゾーン」エリアが始まる。目の前に現れる寛永の町人地のジオラマ模型は、壮大な規模ながら繊細に造り込まれており、その美しさは芸術の域に達している。

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型⑥(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の町人地ジオラマ模型⑥(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型③(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型④(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型④(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型⑤(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の町人地 ジオラマ模型⑤(平行法)

江戸時代初期にあたる寛永年間(1624~1629年)の日本橋付近の町の様子を1/30スケールで再現しており、“新しい城下町を作る”という活気や賑わいと併せて、人形の表情や衣服への細部への拘りにより、当時の街の雰囲気や生活模様が伝わってくる。周りに設置された眼鏡を覗けば、人形の表情や着物の柄、店の内部細かい部分まで観ることが出来る。

(交差法)
江戸東京博物館 幕末の江戸城 本丸・二丸御門 模型①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 幕末の江戸城 本丸・二丸御門 模型①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 幕末の江戸城 本丸・二丸御門 模型②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 幕末の江戸城 本丸・二丸御門 模型②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 幕末の江戸城 本丸・二丸御門 模型③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 幕末の江戸城 本丸・二丸御門 模型③(平行法)

その隣の展示エリアは、江戸城一本丸周りのジオラマが1/200スケールサイズで表現されている。現在の皇居東御苑と重ね合わせると、当時の江戸城の一本丸や二の丸御殿が脳裏に蘇る。

(交差法)
江戸東京博物館 江戸城本丸 松の廊下 模型①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 江戸城本丸 松の廊下 模型①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 江戸城本丸 松の廊下 模型②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 江戸城本丸 松の廊下 模型②(平行法)

江戸城本丸御殿の一部を縮小再現した模型では、忠臣蔵にも出てくる松の廊下がある。白書院の中の襖は金箔が貼られ、黄金以輝いている。この部屋は公式行事に使われていた。

(交差法)
江戸東京博物館 徳川家康木像(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 徳川家康木像(平行法)

江戸幕府の初代征夷大将軍である徳川家康公坐像(複製)は、徳川家康公が生前に作らせた等身大と云われる木像がある。あらためて見ると意外に小柄である。

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型③(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型④(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型④(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型⑤(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 寛永の大名屋敷 模型⑤(平行法)

大大名の江戸上屋敷の模型。各大名は参勤交代で国元と江戸に屋敷があった(ただし参勤交代せず江戸定府の大名もいた)。江戸には、主邸である上屋敷のほか、郊外に中屋敷や下屋敷があった。

(交差法)
江戸東京博物館 日吉山王社参詣図屏風(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 日吉山王社参詣図屏風(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 駕籠①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 駕籠①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 駕籠②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 駕籠②(平行法)

江戸前期の「日吉山王社参詣図屏風」や津山松平家の所用品などを通して、当時の大名の乗物について考察されている。駕籠に実際に入って、写真を撮ることも出来るため、常に人集りの絶えない、人気撮影スポットとなっている。

(交差法)
江戸東京博物館 棟割長屋①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 棟割長屋①(平行法)

6階から5階へ降りると、江戸時代の庶民の暮らしが分かる棟割長屋の展示コーナーがある。江戸町人が生活した最も一般的だった「九尺二間の裏長屋」と称する間口約2.7m(9尺)、奥行約3.9m(2間)の大きさの家の中に、人形を配置して当時の人々の様子を再現している。一人暮らしの独身男性の部屋では、当時の職人が自宅兼職場として利用したことを再現している。

(交差法)
江戸東京博物館 棟割長屋②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 棟割長屋②(平行法)

部屋の演出のポイントは「台所」である。よく見ると、他の部屋に比べて、殺風景で何もない。独身男性とだけあって、料理は御無沙汰している様子が判る。

(交差法)
江戸東京博物館 棟割長屋③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 棟割長屋③(平行法)

長屋の中にある寺子屋の展示では、江戸時代に、町人の子に読み書きや計算、道徳等を教える今でいう塾や学校のようなもので、退屈そうにしている子や、真面目に読み書きしている子が演出され、今も昔も変わらない光景が微笑ましく感じる。

(交差法)
江戸東京博物館 棟割長屋④(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 棟割長屋④(平行法)

出産シーンを再現した展示では、産婆さんを自宅に招いてお産をしている様子を再現していた。現代とは異なる出産方法や産後の過ごし方に関しても詳しく解説されている。

(交差法)
江戸東京博物館 絵本通俗三国志(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 絵本通俗三国志(平行法)

江戸時代、多くの民衆に正確で同一の情報を伝える瓦版など版には、桜などで文字や絵を彫った版木が必要となる。墨版でしたら版木は一つで済むが、錦絵の様な多色の場合は、色分けされた版木の枚数が必要になり、1色ずつ重ね刷りされて最後に1枚の絵になる。非常に高い技術が必要とされた。

(交差法)
江戸東京博物館 絵草紙屋(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 絵草紙屋(平行法)

浮世絵の一種である錦絵の制作工程と同時に当時の出版と情報の起源として、絵草紙屋(えぞうしや)が実物大で再現されている。お相撲さんや歌舞伎俳優など人気を集める人物の絵を浮世絵師に作成依頼して販売していた。著名な浮世絵師・葛飾北斎も芸術家の傍らで出版社からの発注も受けていた。手軽な価格で購入でき、現在の雑誌のような存在だった。

(交差法)
江戸東京博物館 江戸前寿司(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 江戸前寿司(平行法)

現在のお寿司と大きさ以外は一見変わりのない江戸前寿司の再現だが、現在の寿司は、多くが米から作られる米酢が使用されているが、当時は酒粕から作られた赤酢が安価で重宝されていた。因みに愛知の商売上手な商人が江戸に赤酢を運んだ人物こそミツカンの創業者とも云われている。

火消しの纏
火消しの纏

(交差法)
江戸東京博物館 火消しの纏(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 火消しの纏(平行法)

人口が過密化して火事が多かった江戸の町には、町人で形成された火消(ひけし)と称する消防組織があり、「い」「ろ」「は」などの文字で組分けされた。重さ15kgの纏は、各組のシンボルとして扱われ、上の球体はケシの実、下の正方形は枡を意味しており、合わせて“消します(ケシ+枡)”という意味が込められた。江戸時代は、駄洒落のように験を担ぐ名付けが数多く存在する。

(交差法)
江戸東京博物館 町火消し・竜吐水(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 町火消し・竜吐水(平行法)

絵のような町火消しも整備された。手前は消火用の水桶で、竜吐水という小さな手押し水ポンプへの給水などに使われたが、竜吐水も直接的な消火ではなく、火消しの人々への水かけに使われたようだ。竜吐水は明暦の大火の約100年後に導入されたもの。

「東都両国川開之図」歌川国貞 画(左)/ 両国橋西詰ジオラマ模型(右)
「東都両国川開之図」歌川国貞 江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型

江戸時代の文化、商業などについて展示しているコーナーには、「両国橋西詰」の賑わいを表す巨大で緻密なジオラマ模型の展示がある。ここでは、花火見物で盛り上がる天保頃の両国橋の西詰の様子を1/30スケールで再現している。軒に連なる見世物小屋や茶店などは、花火見物に合わせて臨時で設けられたもの。

(交差法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型③(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型④(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型④(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型⑤(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型⑤(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型⑥(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 両国橋西詰 ジオラマ模型⑥(平行法)

多くの芸術家から愛され、絵画や浮世絵にもよく登場する両国橋のジオラマ模型は、現在の浅草橋から東日本橋周辺のエリアが再現されている。隅田川に浮かぶ屋形船は、当時から娯楽として人気を博し、夏には花火も打ち上げられる人気スポットであった。船の引き波が美しい壮大なジオラマは圧巻である。江戸の人々は、自然と深く繋がりながら、四季折々の行事に彩られた日々を過ごしていた。

(交差法)
江戸東京博物館 神田明神山車(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 神田明神山車(平行法)

江戸三大祭に於いて「神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様」と謳われたように、神田明神の神田祭も元々は山車の出る祭りだったが、明治以降路面電車の開業や電信柱の敷設で山車の通行に支障を来すようになり、次第に曳行しなくなった。さらに関東大震災や戦災によって山車がすべて焼失した。現在は山車に代って町御輿が主流となっている。館内には神田祭の行列の縮小模型もある。

(交差法)
江戸東京博物館 菱垣廻船(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 菱垣廻船(平行法)

菱垣廻船は上方(関西)と江戸を結んだ物資輸送船によって、大量の物資を江戸へおよそ20日で運ぶことができた。中でも灘の酒は最高品質の酒として珍重されて江戸市場を席巻した。これらの物資を張り巡らされた運河によってスムーズに隅々まで運ばれ、当初は宿場町程度の小さな町が、江戸の城下町として発展を遂げる。

(交差法)
江戸東京博物館 三井越後屋 江戸本店 ジオラマ模型①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 三井越後屋 江戸本店 ジオラマ模型①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 三井越後屋 江戸本店 ジオラマ模型②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 三井越後屋 江戸本店 ジオラマ模型②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 三井越後屋 江戸本店 ジオラマ模型③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 三井越後屋 江戸本店 ジオラマ模型③(平行法)

武家諸法度により、各地の大名達は家族共々江戸に住まいを構えた。大名達の消費は江戸の経済を担い、その恩恵が徐々に町民の末端まで浸透して、商業が徐々に発展していく。三越創業者の三井高利は、釘抜越後屋を営んでいた兄が亡くなり江戸に再進出する。この時が江戸時代の代表的な呉服店で駿河町にあった三井越後屋(現在の三越)の始まりとなり、三井財閥の源流となった。三井越後屋の店先(たなさき)の模型は、本普請画図面(三井文庫所蔵)などを参照に再現された。

(交差法)
江戸東京博物館 中村座①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 中村座①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 中村座②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 中村座②(平行法)

当時、歌舞伎などの芝居見物は、庶民や武士といった身分の隔てなく、江戸の人々にとって最大の娯楽であった。美しい歌舞伎の舞台を再現した展示は、江戸ゾーンの最後を締め括りとなる。展示コーナーの中央には、19世紀初期にあった芝居小屋「中村座」の原寸大の復元模型がある。

(交差法)
江戸東京博物館 中村座③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 中村座③(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 中村座④(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 中村座④(平行法)

中村座とは幕府公認の劇場のひとつである。屋根の中央には、その証である「櫓」が掲げられ、館内でも特に日本らしさが溢れる展示コーナーの照明もどこか艶めかしい雰囲気があり、外国人にも大人気のスポットとなる。当時の歌舞伎小屋を完全に再現してあるセットも迫力満点で、今にも歌舞伎が始まるようなリアルさが漂う。

(交差法)
江戸東京博物館 朝野新聞社①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 朝野新聞社①(平行法)

江戸ゾーンが終わると、幕末から明治へと移り、文明開化の東京ゾーンに突入する。展示資料に写真が登場することが、江戸ゾーンとの大きな違いとなる。東京ゾーンでは、時代による東京の変化の様子が判るよう展示が工夫されている。江戸から東京への変化となる明治時代初期のレトロな東京が窺え、どこか懐かしい展示は同時に徐々に江戸らしさが薄れていく様子を感じることが出来る。

(交差法)
江戸東京博物館 朝野新聞社②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 朝野新聞社②(平行法)

東京ゾーンの入口には「朝野新聞社」の実寸模型がある。成島柳北が社長として始めたこの新聞社は、1874年(明治7年)に「朝野新聞」を創刊した。明治政府を批判し、自由民権運動が高まったころには“民権派”の新聞として人気が高かったと云う。この建物は銀座煉瓦街の中心、現在の銀座4丁目交差点辺りに実在した。

(交差法)
江戸東京博物館 日本橋 人力車(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 日本橋 人力車(平行法)

周辺には、明治時代に実際に使われていた人力車が展示されている。当時は、現在のタクシーのような存在であった。

(交差法)
江戸東京博物館 凌雲閣 模型①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 凌雲閣 模型①(平行法)

1890年(明治23年)に落成した凌雲閣は、明治時代から大正12年まで東京・浅草に存在した塔は、雲を凌ぐほど高いと云う由来から名付けられ、12階建てだったことから“浅草12階”という愛称で人々に親しまれた。模型前のタッチパネル式モニターでは、当時の凌雲閣周辺の景色をみることができる。

(交差法)
江戸東京博物館 凌雲閣 模型②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 凌雲閣 模型②(平行法)

凌雲閣の1階は演芸場、2階以上は世界各国の物産の店や、風景画を集めた美術陳列場であった。また、11・12階は望遠鏡を備えた展望台となっており、館内には日本初のエレベーターも設置され、1923年(大正12年)の関東大震災で倒壊するまで、浅草のシンボルとして広く知れ渡った。すぐ傍には関東大震災の被害を伝える展示もある。

(交差法)
江戸東京博物館 電氣館模型①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 電氣館模型①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 電氣館模型②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 電氣館模型②(平行法)

電氣館は、1903年(明治36年)に日本初の映画封切館として、活動写真小屋が多い浅草界隈に誕生した先駆け的な建物である。電氣館を再現した模型の入口付近の若い女性がラブレターを拾う場面を表現している。男性が偶然を装ってラブレターを意中の女性に渡すテクニックは常套手段として使われ、当時の恋愛模様が窺える細かな演出となっている。

(交差法)
江戸東京博物館 同潤会以前の不良住宅(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 同潤会以前の不良住宅(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 同潤会アパートメント(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 同潤会アパートメント(平行法)

1925年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災の義捐金により、震災後の住宅供給を目的として、内務省によって設立された財団法人同潤会は、鉄筋コンクリート造の地震や火災に強い集合住宅「同潤会アパート」(16か所)を建設した。同潤会猿江裏町不良住宅地区模型では、衛生状態が悪くて火事も起こりやすい改良前の住宅地と、同潤会による不燃住宅の建設によって環境の向上した改良後のアパートメントが、対照的に展示されている。

(交差法)
江戸東京博物館 フォード・モーター A型フォードアセダン(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 フォード・モーター A型フォードアセダン(平行法)

1925年(大正14年)横浜に作られたフォードの工場で日本製のT型フォードが生産された。写真の「フォード・モーター A型フォードアセダン」は、T型の後継車で1927年(昭和2年)に生産され、“円タク”と称するタクシーに使用された。フロントガラスには、市内一円、一人増二銭、郡部時間制、深夜5割増と記載されている。隣に置かれた赤い塔は「ビジブル型のサイホン方式のガソリン給油機」で、一旦ガラスの容器に汲み上げてから給油する。

(交差法)
江戸東京博物館 月島の庶民の暮らし(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 月島の庶民の暮らし(平行法)

工場労働者が多く住んでいた中央区月島の庶民の暮らしを再現した住宅のセットでは、長屋にガスが引かれたのは、昭和10年代、水道が個々の家に引かれたのは戦後だったことを説明している。ガスや水道が普及する以前は、外で水汲みや火起こしをするので、台所は露地に面した場所に設けられた。僅か二間に平均5~6人の家族が暮し、台所横の二畳間をダイニング、奥の6畳間をリビングとして使い分けていた。

(交差法)
江戸東京博物館 和洋折衷住宅(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 和洋折衷住宅(平行法)

庶民の家の横には1937年(昭和12年)に大熊喜英の設計によって改築された「和洋折衷住宅」の再現セットがある。室内は、昭和のモダンなライフスタイルとして、当時の流行だった「山小屋風」のデザインを踏襲しながらも襖で仕切られた畳の間も設けられている。大正から昭和前期にかけて、比較的裕福な家族が住んでいた住宅は、江戸の長屋とは大きく変わり、畳だけでなく今では一般的なフローリングも使用されていた。

(交差法)
江戸東京博物館 B29の機関銃と爆弾(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 B29の機関銃と爆弾(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 戦時下の服装(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 戦時下の服装(平行法)

「富国強兵」「殖産興業」と旗も掲げられ、産業発展と併せて軍国化政策下によって変化する東京を紹介した展示もある。1941年(昭和16年)12月8日、日本は真珠湾攻撃によって太平洋戦争に突入する。戦争が長引くにつれ、人々の生活は苦しくなり、食料や衣服、燃料などが入手困難となった。やがて戦況の悪化に伴い、空襲の危機も迫ってくる。「空襲と市民」のコーナーでは、戦時中の人々のくらしをはじめ、学童疎開や東京大空襲の悲惨さを物語る数々の資料が展示されている。

(交差法)
江戸東京博物館 戦時下の住まい(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 戦時下の住まい(平行法)

東京下町地区によく見られた家屋の一室では、空襲が本格化する直前の都民の生活ぶりがリアルに再現されている。室内には防空頭巾が掛けられ、空襲の情報を知るためのラジオも置かれている。窓には、暴風でガラスが飛び散るのを防ぐための紙が貼られ、外に明かりが漏れないように電灯にはカバーが掛けられた。東京大空襲に関する資料が多数展示されたコーナーでは、折れ曲がった鉄骨など戦争の恐さを物語る展示がある。

(交差法)
江戸東京博物館 新宿 夜の闇市(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 新宿 夜の闇市(平行法)

連合国軍総司令部(GHQ)の占領統治が始まった昭和20年、全国の都市部の焼け野原では、バラック建ての闇市が点在した。東京では、新宿、新橋、上野、池袋などに闇市が生まれた。饅頭、クジラベーコン、ピーナツ、タワシ、茶碗、食料や生活用品が所狭しと並び、威勢の良い声が響く。バラックの飲み屋街には、カストリと称する密造焼酎を求めて男達が集まった。翌年、瓦礫は次第に撤去され、並木路子の「リンゴの唄」があちこちで流れてきた。

(交差法)
江戸東京博物館 三種の神器(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 三種の神器(平行法)

戦後、物資不足や食料難に陥った日本だが、昭和30年頃から高度経済成長期に入り、奇跡的な再興を果たした。経済的の成長と共に、同時に人々の生活も豊かになっていく。そのような当時の様子の展示は、懐かしさが溢れている。

(交差法)
江戸東京博物館 ひばりが丘団地の一室 白黒テレビ(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 ひばりが丘団地の一室 白黒テレビ(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 ひばりが丘団地の一室①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 ひばりが丘団地の一室①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 ひばりが丘団地の一室②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 ひばりが丘団地の一室②(平行法)

住宅不足の解消を目的に、当時建設された集合住宅の中から「ひばりが丘団地」の一室が復元されている。「三種の神器」をはじめ、所や卓上、子ども用の椅子にかけられている帽子まで懐かしいものが並び、現代の生活必需品を数多く見つけることが出来る。

(交差法)
江戸東京博物館 富士重工業 軽自動車 スバル 360型(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 富士重工業 軽自動車 スバル 360型(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 日産自動車 ダットサントラック G222型(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 日産自動車 ダットサントラック G222型(平行法)

昭和30年代の車として、「富士重工業 軽自動車 スバル 360型」「日産自動車 ダットサントラック G222型」が展示されている。この時代には「鈴木自動車 スズライト」「ダイハツ工業 ミゼット」「マツダ キャロル」「ホンダ T360」などの軽自動車が数多く発売された。今の軽自動車は排気量と車体が大きくなり、当時の軽自動車が如何にコンパクトであったことが判る。

(交差法)
江戸東京博物館 東京オリンピック展示(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 東京オリンピック展示(平行法)

1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックは、東京の歴史を語る上で欠かせない展示である。2020年の東京オリンピック開催も決まり、当時の選手用ブレザーのある展示コーナーは、更に注目されている。

(交差法)
江戸東京博物館 1970年代の展示①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 1970年代の展示①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 1970年代の展示②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 1970年代の展示②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 1970年代の展示③(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 1970年代の展示③(平行法)

昨年リニューアルした新展示コーナーが懐かしさを蘇らせる。世界でも最大規模の人口の巨大都市である東京が、どのように形成されてきたのか、改めて時代の移り変わりを見ることができる展示コーナーとなっている。昨年新しく追加されたこのコーナーでは、記憶に新しい生活や文化に関する展示が盛り沢山で、1960年代から2000年までの世代が、10年ごとに区切られて展示されている。

(交差法)
江戸東京博物館 昭和初期の住宅①(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 昭和初期の住宅①(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 昭和初期の住宅②(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 昭和初期の住宅②(平行法)

(交差法)
江戸東京博物館 自動電話(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 自動電話(平行法)

江戸ゾーンから東京ゾーンにかけて体験型展示が多数あり、なかでも最も大きなものとして、昭和初期の住宅を再現した「体験コーナー」がある。ここでは靴を脱いで住宅に上がり、昔ながらの日本の暮らしを体感することができる。

(交差法)
江戸東京博物館 エポック社 オールスター野球盤B型(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館 エポック社 オールスター野球盤B型(平行法)

東京のライフスタイルは大きく変化し、インフラや住まい、余暇の過ごし方など、様々な側面にも大きな変化が現れ、家具や時計、おもちゃも進歩していく。長嶋茂雄のデビューと共にプロ野球人気が盛り上がり、野球盤は当時の少年の必須アイテムとなる。1967年(昭和42年)発売の「エポック社 オールスター野球盤B型盤」は、当時の人気プロ野球選手をイメージさせるイラストが盤面に描かれている。

大阪歴史博物館 ロゴ

(交差法)
NHK大阪放送会館(右)と大阪歴史博物館外観(交差法)
(平行法)
NHK大阪放送会館(右)と大阪歴史博物館外観(平行法)


大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館

(交差法)
住まい情報センター(交差法)
(平行法)
住まい情報センター(平行法)

同じような展示施設として、「大阪歴史博物館」(2001年開館)や「大阪くらしの今昔館」(2001年開館)を訪れたが、江戸東京博物館は、各々施設のテーマとする歴史と文化の側面を合わせた壮大な規模の博物館である。おそらく江戸東京博物館の開館は、大阪の二つの施設の開設を促しており、各地域における歴史と文化を大切に保存していく思考を触発しているとも云える。

(交差法)
江戸東京博物館外観 退場エスカレーター(交差法)
(平行法)
江戸東京博物館外観 退場エスカレーター(平行法)

豊洲港

江戸東京博物館を出て、再び息子と合流して買い物するため、以前、東京在住時に生活した東雲の近隣の豊洲に向かった。都市開発計画に則り、嘗てのIHI(石川島播磨重工)の造船所跡地に、2006年「ららぽーと豊洲」が開業して以来、豊洲は人気の的となり、周辺のマンションが高騰している。さらに2020年には東京オリンピックの開催が決定し、今後は一段と交通・宿泊施設などインフラ整備は加速すると思われる。

(交差法)
豊洲風景①(交差法)
(平行法)
豊洲風景①(平行法)

(交差法)
豊洲風景②(交差法)
(平行法)
豊洲風景②(平行法)

(交差法)
豊洲風景③(交差法)
(平行法)
豊洲風景③(平行法)

(交差法)
豊洲風景④(交差法)
(平行法)
豊洲風景④(平行法)

豊洲は、関東大震災の瓦礫処理の埋め立て地で、1937年(昭和12年)7月、埋立地に町名が名付けられる際、将来の発展を願って、豊かな土地になるよう「豊洲」とした。1980年代後半頃は、石川島播磨重工業などの工場や、新東京火力発電所などの他、関係者向けの商店や社宅が立ち並んでいた。1974年(昭和49年)セブンイレブンの国内1号店が開店し、1988年(昭和63年)6月、都営地下鉄有楽町線の豊洲駅が開通した。

(交差法)
豊洲風景⑤(交差法)
(平行法)
豊洲風景⑤(平行法)

(交差法)
豊洲風景⑥(交差法)
(平行法)
豊洲風景⑥(平行法)

(交差法)
豊洲風景⑦(交差法)
(平行法)
豊洲風景⑦(平行法)

(交差法)
豊洲風景⑧(交差法)
(平行法)
豊洲風景⑧(平行法)

豊洲センタービルなどオフィスビルが建設され、その後の再開発ではマンション建設ラッシュとなり、大規模な複合商業施設の立地も進みさらに発展した。新しくて機能的な街は、ウォーターフロントと称され、お洒落な街になった。嘗て家族三人で生活した「東雲キャナルコート」が見えてきて懐かしく感じられる。一方で、この街で暮していたことにあらためて驚き、不思議に生活感が湧いてこない。おそらく現在の大阪のガヤガヤした雰囲気が馴染んできたのかも知れない。

豊洲

MOTO's Museumの見どころ

Edit Category 模型
風邪を引いてしまった。熱はないのだが、鼻水と喉の痛みが長引いて、何処にも出掛ける意欲がない。従ってブログ記事も滞り、挙げ句の果てにブログ更新が一ヶ月を超過し、ペナルティーの広告が貼り付いてしまった。昨年、ページネーションを設定して以来、プラグイン(当ブログ左側のブロクパーツなどの設定)が不安定になり、記事の下側に位置する不具合が生じている。この状況を打破するには、ブログ記事をアップロードするしかなく、インドア記事で乗り切ることにした。

(交差法)
MOTOs Museum 本館①(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 本館①(平行法)

以前、東京在住時に私の模型やフィギュアコレクションを展示した『MOTO's Museum』の本館別館を紹介したが、大阪の現在のマンションでは、展示位置を少々入れ替えており、リビングルームを『MOTO's Museum 本館(メイン展示)』、私個人の寝室を『MOTO's Museum 別館(テーマ展示)』と位置付けて呼称している。因みにこの呼称名を嫁さんが息子に説明した際、息子は苦笑を隠しきれなかった。

(交差法)
MOTOs Museum 本館②(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 本館②(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 本館③(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 本館③(平行法)

『MOTO's Museum 本館(メイン展示)』は、過去にも何度か写真を掲載したが、「ALWAYS 三丁目の夕日 情景フィギュア」「梅ちゃん先生 居酒屋模型」などのノスタルジックジオラマ「球場模型コレクション」「ボールパーク私案」、などが展示され、我々夫婦の「結婚記念写真」やビートルズの「アビーロード ジャケットポスター」も展示されている。食卓からいつでも展示品を眺めることができることもあり、厳選されたお気に入りのコレクションが展示されている。

(交差法)
MOTOs Museum テーマ展示館①(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum テーマ展示館①(平行法)

『MOTO's Museum 別館(テーマ展示)』は、東京在住時のマンションでは“本館”として使用されたチェストを私の寝室に設置したもので、テーマ展示として、『飛行機展示館』『艦船展示館』『野球展示館』で構成されている。

(交差法)
MOTOs Museum 飛行機展示館①(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 飛行機展示館①(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 飛行機展示館②(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 飛行機展示館②(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 飛行機展示館③(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 飛行機展示館③(平行法)

『飛行機展示館』は、「ウイングクラブコレクション」の第二次世界大戦の戦闘機、「JALウイングコレクション」「ANAウイングコレクション」「ワールドウイングスミュージアム マクダネル・ダグラス F-15 イーグル」を展示している。

(交差法)
MOTOs Museum 艦船展示館①(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 艦船展示館①(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 艦船展示館②(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 艦船展示館②(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 艦船展示館③(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 艦船展示館③(平行法)

『艦船展示館』は、「連斬模型シリーズ 戦艦大和」「戦艦 大和1/1150スケール 彩色済半完成品モデル」「コスモフリートスペシャル 宇宙戦艦ヤマト2199 ~旅立ち編」「洋上模型連合艦隊コレクション」を展示している。

(交差法)
MOTOs Museum 野球展示館①(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 野球展示館①(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 野球展示館②(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 野球展示館②(平行法)

(交差法)
MOTOs Museum 野球展示館③(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 野球展示館③(平行法)

『野球展示館』は、オリックス、マリナーズ時代のイチロー、長島茂雄や高橋由伸、巨人の星の星飛雄馬、花形満などのフィギュアや旧広島市民球場、マツダスタジアム、阪神甲子園球場のフィギュア、アトランタ ブレーブス トム・グラビン(Tom Glavin)とアトランタ フルトン カウンティ スタジアム(Atlanta-Fulton County Stadium)のフィギュアなどを展示している。

(交差法)
MOTOs Museum 円谷英二展示館(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum 円谷英二展示館(平行法)

他にも『円谷英二怪獣展示館』には、「京本政樹プロデュース ウルトラマン 特大フィギュア」や「ゴジラ パワフルウォーク 電動歩行フィギュア」「特撮リボルティックラドン」「特撮リボルティック バラゴン」「ゴジラ名鑑 キングコング対ゴジラ」「ゴジラ名鑑 モスラ対ゴジラ」などを展示している。

(交差法)
MOTOs Museum その他展示館(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum その他展示館(平行法)

その他として「和の心 仏像コレクション 阿修羅像」「和の心 仏像コレクション 金剛力士立像 阿形」「和の心 仏像コレクション 金剛力士立像 吽形」「大英博物館 古代エジプトの遺産」「北原照久コレクション」などノンジャンル品を展示している。

(交差法)
MOTOs Museum テーマ展示館②(交差法)
(平行法)
MOTOs Museum テーマ展示館②(平行法)

これらの展示品は展示スペースに苦慮するため、出来るだけ大きいもの、高価なものは避けて、小さくて安価なもので、多くの種類を楽しめるように心掛けている。過去の引越し経験もあり、数を増やさないように抑制するよう心掛けている。今では展示する余地も少なくなり、並べ方を間違えると収納できなくなるほど飽和状態にある。逆に言えば、少年時代のノスタルジックに浸るこれらの展示物は、もうこれ以上は増やしてならないモノなのかも知れない。

【追記】
2月2日、元プロ野球選手の清原和博容疑者は、家宅捜索によって覚醒剤0.1gが発見され、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された。現役引退後はタレント活動も行ってきた“番長”の逮捕は、球界はもとより各方面に衝撃が広がった。巨人時代にチームメイトの野村貴仁から薬物を勧められ、すべてはここから始まったと報じられている。過去にも1993年(平成5年)江夏豊が覚醒剤所持の現行犯で覚せい剤取締法違反により逮捕され、覚醒剤の所持量(52g ※巷では”江夏の52g”としてあらためて注目を浴びている)が多かったため、初犯ながら懲役2年4ヶ月の実刑判決を受けた。

オールスター戦 清原vs桑田(1987年 阪神甲子園球場)
オールスター戦 清原vs桑田(1987年 阪神甲子園球場)

1987年(昭和62年)阪神甲子園が最寄駅である鳴尾浜が勤務先だった社会人一年目の年、甲子園球場でオールスター戦が催された。当時低迷していた阪神タイガースから球宴出場選手が少なかったこともあり、意外にも簡単に外野席ながら当日券で入場できた。試合前から甲子園球場でのプロ入り二年目の清原和博(西武)と桑田真澄(巨人)の対決が注目され、桑田から放った清原の打球が外野席中段に座る私に向かって真っ直ぐ加速し、僅か下の場所で弾んだのである。特大ホームランを目の当たりにして以来、清原和博というスラッガーの鮮烈な印象が刻まれた。だからこそ今回の逮捕は衝撃であった。

オリックス・バファローズ時代 (2006 - 2008) / 読売ジャイアンツ時代 (1997 - 2005) / 西武ライオンズ時代 (1986 - 1996)
清原和博の球歴
清原vsクルーン(2006年 オリックス時代)清原vs松坂(2002年 巨人時代)清原vs野茂(1991年 西武時代)

燦然と輝いたスーパースターの堕落に対して、様々な憶測や意見と併せて、テレビ出演の際の疑惑否定発言に対する批判が飛び交うなど物議を醸している。取り調べも本格化していく中、薬物事件で逮捕された容疑者には禁断症状との闘いも待ち受ける。過去には薬物中毒で緊急搬送され、覚醒剤の急性中毒で生死を彷徨ったとも云われ、廃人への一途を少しずつ辿っていたのかも知れない。残してきた過去の偉大な記録を遡ることはできても、過去に戻ってやり直すことは当然ながら既に叶わない。罪を償うことと併せ、薬物の入手を絶ち、自らの命を重視した自覚によって更生への再出発を願うしかない。

大坂を偲ぶ場所

Edit Category 模型
以前、「大阪歴史博物館」を訪れ、記事を整理する際にその存在を知ることになった「大阪くらしの今昔館」を今回あらためて訪れてみた。初めてその存在を認識したときには、その野暮ったい名称に展示イメージが湧かなかったが、あらためてWEBで確認してみると、学術的考証に基づき、伝統的工法で精巧に実物大で復元された江戸時代の大坂の町の商家、路地の奥の長屋、家具・調度品等が秀逸で、私の大好物である精巧なジオラマ模型なども数多く設置され、昔懐かしレトロなミシンや炊飯器、テレビや冷蔵庫も展示され、大阪の個性的な観光スポットとして外国人に人気を博しているとのこと。

大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館

1990年(平成2年)に「大阪市内の住宅に関する情報サービスや相談、さらに新しい住まいや大阪の都市居住の歴史などについても知ることができる総合的な住情報拠点」として、1999年(平成11年)11月「大阪市立住まいの情報センター」が開設され、1年半後の2001年(平成13年)4月「大阪市立住まいのミュージアム」が誕生した。大阪の都市居住の歴史を楽しく学ぶ中核施設、“大阪のくらし”に対する愛着とイメージアップを図る住情報の拠点として、住まい情報センターの活動の一翼を担っている。2002年(平成14年)4月には、愛称として「大阪くらしの今昔館」が決定した。

大阪くらしの今昔館

博物館は一般的に教育委員会の管轄下にあるが、大阪市立住まいのミュージアム「大阪くらしの今昔館」は、大阪の都市居住に関する歴史と文化をテーマとした日本初の専門博物館である。江戸時代後期から戦後にかけての住居に関する資料や模型が展示されており、見せる展示を超えた「体感する」展示を目的とし、「住まいと暮らし」の情報交流拠点としての集客型ミュージアムを基本理念としている。開館した2001年以来、緩やかに右肩上がりだった入館者数は、近年の訪日外国人旅行者数増加を追い風に、2014年度は過去最高の35万3千人を記録した。2015年もそれを上回るペースで入館者数が推移している。

大阪くらしの今昔館 アクセス 大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記 大阪市立住まい情報センター大阪くらしの今昔館 フロア図

晴天の休日、地下鉄谷町線・堺筋線、阪急線「天神橋筋六丁目」駅の改札口フロアに直結した「大阪市立住まい情報センター」から地上に出ることなく、エレベーターで8階に上って「大阪くらしの今昔館」の入り口に到着した。エントランスにはメイン展示である「なにわ町家の歳時記」の1/50縮尺の模型が展示されている。「大阪くらしの今昔館」は、ビルの最上階8〜10階に設けられ、エントランスの8階からエスカレータで10階の展望フロアに到達し、9階の「なにわ町家の歳時記」、8階の「モダン大阪パノラマ遊覧」に降りてくる順路の構成となっている。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」近世大坂の町並み模型①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」近世大坂の町並み模型①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」近世大坂の町並み模型②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」近世大坂の町並み模型②(平行法)

10階に於ける「展望フロア」では、上方落語界では初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された桂米朝(2015年3月19日没 ※満89歳)の歓迎の挨拶が流れ、9階の天保の頃の「大坂」を完全復元した町並み全体をガラス越しに見渡す事ができる。ビルの中だと侮ってはいけない。上から全体を一望すると、商家の並ぶ大通りに庶民の裏通り、一際高い火の見櫓などがあり、一瞬、巨大ジオラマと錯覚するが、人が動いていることによって実物大のセットであることを確認できた。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記②(平行法)

9~10階の吹き抜け部分1100㎡に於ける「なにわ町家の歳時記」では、江戸時代の天保期(1830~1844年)の大坂の町家と町並みを専門家による学術的考証のもとに伝統的工法を用いて実物大で復元し、家具・調度を置いて当時の暮らしを再現している。木戸門を進むと、大通りには風呂屋、人形屋、本屋、呉服屋、唐物屋など10の商家が並び、路地の奥には四戸一の裏長屋がある。室内まで隈無く再現され、台所には釜も鍋もまな板も揃う。外には共同井戸も便所もある。屋根に猫、路地に犬・鶏、見上げると雀などが設置され、来館者は町の中を自由に散策し、展示史料は原則として自由に触れることができて、町の賑わいと生活の息吹を体感できる。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記③(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記④(交差法)

(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記④(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑤(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑤(平行法)

入場して暫く周囲を堪能している間に気が付くが、多くの入館者がレンタルの浴衣を纏い、周囲では日本語ではない言語で会話を交わされている。着物体験のレンタル料は200円で、着物(夏期は浴衣)に着替えて30分間、江戸時代の町並みを散策することができる。5年前から本格的に実施した着物の着付けサービスは、洋服の上から羽織る手軽さが外国人にも好評で、一日平均300人を超す利用があるほど人気がある。浴衣姿の人で溢れている光景は、まるで江戸時代にタイムスリップしたような錯覚に陥るが、よく見れば着こなしは何ともぎこちない感じがしないでもない。自撮り棒を使って大坂の町家を背景にした撮影を満喫している様子に外国人の人気スポットとなっていることを実感できた。

「大坂火見櫓之図」守貞謾稿(左)/「なにわ町家の歳時記」イラスト(右)
「大坂火見櫓之図」守貞謾稿    火の見櫓

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑬(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑬(平行法)

提灯の後ろに聳え立つのは「火の見櫓」は、町によっては会所の屋根の上に乗せることもあった。守貞謾稿の「大坂火見櫓之図」には、「屋上ニ建、専ラ会所ノ屋上ヲ用フ、内ニ半鐘ヲ釣ル」とあり、屋根の上に櫓を乗せることが紹介されている。しかし一町ごとではなく、数ヵ町で櫓が設けられ、普請・補修の費用は各々の町で分担されていた。木造建ちが主流の江戸時代では、人々が恐れる火事への備えとして、初期消火のための用水は欠かせないものであった。江戸では用水桶は木の桶であったが、大坂では立派な石造であった。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑧(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑧(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑨(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑨(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑩(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑩(平行法)

風呂屋を再現したセットでは、昔の大阪の様々なエピソードを知ることが出来るガイダンスの「風呂屋シアター」(約20分)として、1日9回の上映が行われている。一見、何を売っているのか判り難い店もあり、極めつけは、舶来品を取り扱う唐物屋に置かれた奇妙な白い箱は、オランダで発明され、宮廷での見世物や医療器具として用いられていた「エレキテル」と称する摩擦起電器を平賀源内が復元し、「人の体から火を出して病を治す器」として大名の前でデモンストレーションした魔法の箱とのこと。当時はまだ静電気の概念はなく、好奇の注目を浴び日本中の話題になった。平賀源内はこの静電気発生装置を「ゐれきせゑりていと」と表記している。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑪(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑪(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑥(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑥(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑦(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑦(平行法)

町並みは、1991年に企画を始め、10年間をかけて資料を集めて時代考証を加え、設計図を引いた上で復元工事を行った。総事業費は54億円。町家は古い民家を移築するのではなく、桂離宮の昭和の大修理を担当した数寄屋棟梁が伝統技術を使って新築した。しかも、博物館によくある書き割りを造るのではなく、実際の屋外にある木造建築と同じ工法を採用している。木造の構造体は伝統的な継手と仕口のみで仕上げ、金具は使用していない。板塀などの釘も洋釘は一切使用せず、すべて和釘を用いている。こうして、新築ではあるが、江戸時代の技術に拘った“ほんまもん”の町家に仕上がっている。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑱(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑱(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑭(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑭(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑮(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑮(平行法)

“大坂町三丁目”と称する架空の町の凝った演出により、来館者は江戸時代にタイムスリップしたような錯覚に陥る。建物に生活感を表現するために、町家一軒ごとに経年変化をつけており、映画で使うエイジングの手法を取り入れ、松竹映画の美術監督に依頼するほどの拘わりにより、柱や格子の風食、白壁のひび割れ、屋根瓦の傷み、軒先の歪み、板塀の節穴、 雨落など、建築後の長い年月を経た変化を表すことで、本物の建物に近づけている。板塀は面積が広いので特に念入りに仕上げられ、伏見の酒蔵の古びた焼杉の外壁を観察することで、風雨に曝された板壁上部の白い木地や、下部の砂の跳ね上がりや苔など、エイジングの完成度を向上させている。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑯(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑯(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑰(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑰(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑲(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑲(平行法)

更には、音と光と映像による最先端の技術を用いて、1日の時の流れを45分間に凝縮し、まるで屋外の如く1日の変化を演出する大掛かりなシステムを設定した。その結果、夜が明けると、賑やかな商いの掛け声で町の1日が始まり、昼下がりになると金魚売りの声。そのうちに辺りが暗くなって雷鳴が鳴り、激しい夕立に見舞われる(屋内なので雨が降ることはない)。夕立が上ると、町並みは美しい夕焼けに染まる。やがて夜空に月が輝き、星空に流れ星が走り、犬の遠吠えとともに夜は更けてゆく。町角に佇むと懐かしさが込み上げビルの中とは思えない、実際に誰かが住んでいそうな町並みの臨場感が漂う。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」山村流地歌舞「すり鉢」(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」山村流地歌舞「すり鉢」(平行法)

合薬屋には、”ウルユス”の看板があるが、漢字の「空」スをばらばらにしてカタカナ読みをすると、”ウルユス”。つまり空にしますという意味とのこと。合薬屋は、“町家の座敷”にも早変わりし、様々な催しを行い、来館者を持て成すイベント会場のステージとなる。この日は、上方の地で生まれ育った地歌舞が町家の座敷で披露されていた。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」山村流地歌舞「露の蝶」(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」山村流地歌舞「露の蝶」(平行法)

江戸時代 京阪(上方)で生まれた地歌舞は、関東の「踊り」とは性格を異にした「舞」で、酒宴の座敷にて発展した故、別称・座敷舞とも称される。山村流は地歌舞の四大流派の一つで、歌舞伎の振付師であった山村友五郎を祖とした最も古い流派であり、能から出た行儀の良い舞として 商家の子女の行儀見習いの心得とされる。埃(ほこり)を立てないように半畳あれば舞える流麗な舞姿は、大変格式高く品のある舞として知られている。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑳(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」なにわ町家の歳時記⑳(平行法)

大坂は借家率の高い都市であったと云われ、四戸一の裏長屋では、一番左の三畳の間が貸家という設定となっており、畳 、襖、障子が全く入っていない“裸貸し”という大坂独特の借家システムを現している。畳、襖、障子は家主が据え付けるものではなく、借家人が持ち込むものとされ、家も建具も規格が定められていたので、中古の品で十分だったのである。一人暮らしなら畳一枚で十分で、建具も同様で家族が増えた際に揃えれば良いとされた。浪花人は合理的で、物を大切にするリサイクル感覚に優れていた証かも知れない。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧(平行法)

8階に於ける「モダン大阪パノラマ遊覧」では、近代から現代への大阪の代表的な住まいと暮らしの移り変わりを1/100縮尺の精巧な模型、映像、実物資料で辿っている。明治から戦後にかけての大阪の住宅地を再現した「住まいの大阪六景」(川口居留地・北船場・大大坂新開地・空堀通・城北バス住宅・古市中団地)を中心に、ルナパークや心斎橋商店街などの模型、近代化を描く浮世絵の立版古などが常設展示されており、床面には1923年(大正12年)の大阪市街地を描いた鳥瞰図「大阪市パノラマ地図」を光床に原本寸法の約7倍に拡大して展示されている。大型映像と駆動式の模型を組み合わせた人形劇『住まい劇場 ある家族の住み替え物語』では、空堀商店街で生まれ育ち、戦後をバス住宅で仮住まいし、高度成長期には古市中団地に引っ越した悦子さんの住み替え物語のドラマを女優の八千草薫による語りで、1時間に2回、各々15分間のみの演出は、空堀通、城北バス住宅、古市中団地の模型が展示ケースの下に沈みこみ、天井裏から住まい劇場が降りてくる仕掛けになっている。

床面に展示されている大阪市街地を描いた鳥瞰図「大阪市パノラマ地図」1923年(大正12年)
大阪市パノラマ地図


【川口居留地】~文明開化と西洋館~
[1884年(明治17年)設定のジオラマ]

1868年(慶応4年)の大阪開港に伴い、明治初期に安治川と木津川に挟まれた近世大坂の市街地であった旧大坂三郷の西、木津川と安治川に挟まれた旧幕府の番所跡であった弾丸形の土地に外国人居住のために川口居留地が造られて競売された。江戸時代、「天下の台所」として経済の中心であった大阪に期待した外国商人たちが殺到し、道路には歩道、街路樹、街灯が整備されて西洋館が建ち並び、テニスコートやパンと牛乳の店などが誕生した。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 川口慰留地①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 川口慰留地①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 川口慰留地②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 川口慰留地②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 川口慰留地③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 川口慰留地③(平行法)

しかし、川口が安治川河口から約6km上流に位置する河川港故に水深が浅く、大型船舶が入港出来ないため、貿易港として継続的発展を成し得ず、阪神間の鉄道開通、大阪経済の衰退、不正取引に対する厳しい取締りなども影響し、期待を裏切られた外国商人たちは神戸に移動した。開港直後に来阪した宣教師たちは居留地に住むことは出来ず、隣接する雑居地に住居を確保して伝道を開始した。仮会堂や小さな礼拝堂を設置したが、1875年(明治8年)「切支丹高札」が撤去された後は衰退の一途を辿り、1899年(明治32年)川口居留地内は廃止された。


【北船場】~旧大坂三郷の近代化~
[1932年(昭和7年)設定のジオラマ]

1912年(明治45年)市電の敷設に伴い、堺筋は12間幅に拡幅されことを機に北船場は、近代的ビルや近代的町家が建てられ、都市景観は大きく変わっていった。伝統的な町家が建ち並んでいた明治時代の旧大坂三郷は、狭い道路が近代化を進める途上で大きな障害となっていた。江戸時代以来、町家が軒下空間を取り込んで道路を狭めていたが、明治の終わりから昭和の初めに“軒切り”と呼ばれる都市改造が実施された。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 北船場①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 北船場①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 北船場②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 北船場②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 北船場③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 北船場③(平行法)

北船場は、大坂の町人文化の中心となったところで、大坂城に通じる東西方向の“通り”と南北方向の“筋”で構成され、薬の道修町、金融の北浜といった商取引の中心であった。町は明治時代以前の瓦屋根の連なる木造家屋の光景と現代の鉄筋コンクリートを主とするビルの町並みの間に石やレンガ造りの建造物が現れ、土佐堀通りには市電やバス、自動車、リヤカーの他に、商家では店先に馬を繋ぎ止める金具があり、まだ馬が荷台を牽いていた。


【大大坂新開地】~市街地の拡大と近代長屋~
[1935年(昭和10年)設定のジオラマ]

大正8(1919)年の都市計画法を受けてはじまる土地区画整理事業は、この大大阪新開地を中心に展開され、事業が完了した地区にはディベロッパーが競ってサラリーマン向けに長屋建の貸家を建てた。中でも大阪市南部には、洋風・和風のさまざまな意匠を凝らしたユニークな外観、新しい間取りの長屋が多く建てられ、新しい風景を造り出した。1925年(大正14年)大阪市は第二次市域拡張を実施し、周辺の町を併合した広域行政圏である“大大坂”を誕生させ、人口・面積ともに東京市を抜いて全国第1位、世界で第6位の人口を有する都市となった。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 大大阪新開地①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 大大阪新開地①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 大大阪新開地②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 大大阪新開地②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 大大阪新開地③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 大大阪新開地③(平行法)

第二次市域拡張で新たに大阪市域に編入された新市街地は大大坂新開地と称されて東洋一の商工地に変貌する。大正から昭和初期を中心に、新しい構造やモダンなデザインによる鉄筋コンクリート造のビルが次々に建てられた。中之島や北浜、船場には、特色ある華やかな意匠の建築物が築かれた。東京が関東大震災で被害を受け、市域拡張が遅れたこともあるが、工業生産額では、本格的な戦時体制に入った昭和13年まで大阪府が東京府を抑えて全国一の地位を守り続けた。


【空堀通】~商店街・路地・長屋~
[1938年(昭和13年)設定のジオラマ]

路地と長屋の町としても知られている空堀通は、松屋町筋から東に約1kmに及ぶ商店街で、江戸時代中頃から表通りの空堀には商家が軒を連ね、明治時代には賑やかな商店街になった。路地と長屋の町としても知られ、上方落語の「駱駝」にも登場する。一見、江戸時代からの町並みが残っているが、路地の井戸が共同水道に変わり、下水溝の枡も見える。通りに街灯が立ち、軒蛇腹と称する装飾的な軒のついた本2階建の町家に白いタイル貼りの外装で開口部に“ルーバー”と称する羽板のついた建物など、昭和戦前期らしい建物も建っている。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 空堀通①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 空堀通①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 空堀通②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 空堀通②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 空堀通③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 空堀通③(平行法)

『住まいの劇場』
1930年(昭和5年)の出来事。空堀通にある4軒長屋、その一つが理髪店「浪花軒」である。御堂筋の拡幅、地下鉄工事、大阪城天守閣の再建など、時の話題で盛り上がっている。主人公悦子はまだ6歳。初恋の人から地蔵盆への誘いが掛かるのだが.....。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 空堀通 住まい劇場(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 空堀通 住まい劇場(平行法)


【城北バス住宅】~転用住宅と戦災復興~
[1948年(昭和23年)設定のジオラマ]

第二次世界大戦の度重なる空襲によって、大阪市の中心部は広範囲に及んで焦土と化した。人々の救済のために建設された仮設住宅のひとつに、廃車になった木炭バスを利用したバス住宅があった。旭区豊里町には、26台のバスをメガネ形に配し、中央の空き地に炊事場や洗濯場・便所などを設けた大阪市営の城北バス住宅が設けられた。バスの内部は約2坪半と非常に狭いため、各人が建て増しするなど独自の住空間が形成された。家賃が安く、隣近所との親交も深かったことから住み続ける人も多く、城北バス住宅は1951年(昭和26年)まで存続した。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 城北バス住宅①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 城北バス住宅①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 城北バス住宅②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 城北バス住宅②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 城北バス住宅③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 城北バス住宅③(平行法)

『住まいの劇場』
1946年(昭和23年)戦災と戦後の混乱で住む場所を失った一家だったが、やっと家族が一緒に暮らせるようになった城北のバス住宅のお話。24歳になった悦子に恋人が訪ねてくる事になったからさあ大変。大事な客を迎えるために一家は大騒動!

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 城北バス住宅 住まい劇場(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 城北バス住宅 住まい劇場(平行法)


【古市中団地】~計画的団地の開発~
[1956年(昭和31年)設定のジオラマ]

戦災復興とこれに続く高度経済成長に伴う都市への人口集中に対応するため、数多くの公共住宅団地が建設された。中でも昭和28(1953)年から建設が始まる城東区古市の市営古市中団地は、住戸・住棟計画・配置計画のみならず、外構や色彩にも新しい試みが行われ、さらに学校や道路・公園なども計画の対象とされるなど、その総合的な計画手法からモデル的住宅団地として注目され、水洗トイレやバルコニーが備え付けられるなど、新しいライフスタイルの住宅として脚光を浴びた。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 古市中団地①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 古市中団地①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 古市中団地②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 古市中団地②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 古市中団地③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 古市中団地③(平行法)

『住まいの劇場』
1959年(昭和34年)抽選に当たってやっとのことで入居できた古市中団地。これは悦子一家に初めてテレビが来た日のお話。ちょうどそこに花見帰りの両親と、兄の家族が団地見物にやってきたところ.....。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 古市中団地 住まい劇場(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 古市中団地 住まい劇場(平行法)


【天神祭】~水都の祝祭~
[1921年(大正10年)設定のジオラマ]

951年(天暦5年)社頭から流した神鉾が着いた浜での禊(みそぎ)の神事が天神祭の始まりとされ、神領民や崇敬者が船を仕立てて奉迎したとされる。浪速の繁栄を祈願して道真公を慰霊する大阪天神祭は千年以上の歴史を誇り、豊臣秀吉が大阪城を築いた頃は船渡御は100隻を超えるほど隆盛を極めた。1921年(大正10年)に描かれた絵巻「夏祭船渡御図」の参照に基づいて再現した模型には、カンカン帽を被る人、蒸汽船、川沿いに建つ近代建築が描かれ、当時の雰囲気が溢れている。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 天神祭①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 天神祭①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 天神祭②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 天神祭②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 天神祭③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 天神祭③(平行法)

祭りは最終日に大川・堂島川で繰り広げられる船渡御をもってクライマックスを迎え、大勢の見物人、川沿いの篝(かがり)火と夜店、そして打ち上げ花火が、大阪の夏の夜を華やかに彩る。7月24日・25日に行われる天神祭は、政変や戦争による中断もあったが、船渡御の復活、大川を遡航、として現在の形になる。東京・神田祭京都・祇園祭とともに日本三大祭りの一つとされ、毎年130万人が訪れる大阪で最大規模の都市祭礼である。

『諸国名橋奇覧 摂州天神橋』 葛飾北斎(左)/現在の大阪天神祭(右)
諸国名橋奇覧 摂州天神橋 葛飾北斎 天神祭


【昭和初期の心斎橋筋商店街】
[1927年(昭和2年)設定のジオラマ]

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 心斎橋筋商店街①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 心斎橋筋商店街①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 心斎橋筋商店街②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 心斎橋筋商店街②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 心斎橋筋商店街③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 心斎橋筋商店街③(平行法)

1927年(昭和2年)に描かれた町並みイラストをもとに、心斎橋筋商店街のおしゃれな町並み、表情豊かな店構えを表現。「心斎橋筋」は、大阪唯一の公認の遊郭であった新町と、芝居小屋が集まっていた道頓堀を結ぶ道筋という立地によって江戸後期には既に栄えており、明治以降、大阪のモダニズムを代表するエリアへと変化を遂げる。そごう大丸などが百貨店として営業を始めた昭和初期、心斎橋周辺は、大阪一モダンな街として、モボ(モダンボーイ)・モガ(モダンガール)が闊歩したファッション最先端の街であった。“銀ブラ”に対抗して心斎橋をぶらつくことを“心ブラ”と称したが、今や死語となった。

昭和初期の心斎橋筋商店街
心斎橋筋商店街(昭和4年)


【通天閣とルナパーク】 
[1912年(明治45年/大正元年)設定のジオラマ]

「新世界ルナパーク」は、閉鎖した浅草ルナパークを引き継いで日本で二番目に造られたルナパークという名前を冠する一大歓楽地である。1903年に開園のニューヨークのコニーアイランド・ルナパーク(Luna Park, Coney Island )を参考にし、南端中央に円形広場を設けてパリの街路に見立て、北端中央にエッフェル塔を模した「通天閣」を建てた遊園地は、1912年(明治45年/大正元年)に開園し、1923年(大正12年)まで営業された。観客がパークの入り口へ向かう際に空中の景色を楽しめるように、初代通天閣から入り口までロープウェイが伸びているなどユニークな造りであった。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 通天閣とルナパーク①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 通天閣とルナパーク①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 通天閣とルナパーク②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 通天閣とルナパーク②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 通天閣とルナパーク③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 通天閣とルナパーク③(平行法)

新世界ルナパークのアトラクションとしては、円形の絶叫マシンや、メリーゴーランド、ローラースケートホール、演芸場、活動写真館、音楽堂(奏楽堂)、不思議館、展望塔(白塔)、大衆演舞場(清華殿)、動物舎、及び瀑布渓流(綾糸瀧、真澄ノ池)、噴泉浴場、円形大浴場、サウナ風呂、温水プールが設置されていた。ルナパーク閉鎖後、1943年には初代通天閣が火災により損傷し、そのまま閉鎖され、材料を軍事利用するために日本政府によって解体された。戦後になって二代目となる現在の通天閣が建設され、1956年(昭和31年)に営業を開始した。
新世界ルナパーク
新世界ルナパーク
新世界ルナパーク①新世界ルナパーク② 新世界ルナパーク 見取り図 新世界ルナパーク③新世界ルナパーク④


【文明開化の立版古】
『梅田ステン所(しょ)』
(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 浮世絵立版古 大阪ステン所(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 浮世絵立版古 大阪ステン所(平行法)

日本初の鉄道路線である新橋~横浜(現桜木町駅)間に次ぐ2番目の路線として、2年後の1874年(明治7年)大阪~神戸間の鉄道開業と共にに開業した大阪駅は“梅田駅”、“梅田ステーション”、“梅田ステン所(しょ)”などと呼ばれたが、阪神・阪急や貨物駅の梅田駅が開業後には次第に大阪駅のことを“梅田駅”と呼ばれなくなる。現在地より西の大阪中央郵便局付近の場所にった当時の駅舎はゴシック風の赤煉瓦造り2階建てで、周辺には民家が僅かにあるだけで田圃が広がっていた。東西直通運転を可能にして市街地に駅を近づける構造にした大阪駅は、先見の明があったと云われ、明治末期に山陽鉄道九州鉄道などの大私鉄が国有化された後、西日本各地から東京への直通運転の実現が容易となり、利便性を高めた点でも大いに貢献している。

『鉄橋の心斎橋』
(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 浮世絵立版古 心斎橋(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 浮世絵立版古 心斎橋(平行法)

心斎橋は元々町人達が費用負担して長堀川に架けられた町橋の名で、「心斎系譜」によれば、1622年(元和8年)長堀川を開削した4名のうちのひとり、岡田心斎は長堀川を開削した後、長堀心斎橋町に住み、長堀川両岸の往来のため、南北に橋を架けた。これが心斎橋の名前の由来である。木橋だった心斎橋は、1873年(明治6年)ドイツ製で、大阪で2番目、日本で5番目に大きな洋式鉄橋として生まれ変わった。嘗ての木製の橋のように橋脚が林立することなく、川幅を一跨ぎする規模の大きさは、当時の大阪の人々の驚嘆として話題となり、錦絵にも描かれた。この鉄橋は鶴見緑地公園緑地西橋としてトラス部材(錬鉄製)桁の主構のみの転用ではあるが現存しており、日本現存最古の鉄橋とされる。

『浪花川崎鋳造場』
(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 浮世絵立版古 鋳造場(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 パノラマ遊覧 浮世絵立版古 鋳造場(平行法)

明治維新後、新政府は新たな貨幣制度の基盤となる統一貨幣の鋳造場として、1871年(明治4年)大阪に我国初となる近代設備を整えた大蔵省造幣寮(現在の造幣局)として創業が開始された。当時、蒸気船が八軒家と伏見を往復するようになった水運の便もあり、花見に向かう屋形船も描かれる大川沿いの場所が選ばれた。桜宮橋西詰にある造幣寮の周辺地域には、明治天皇が自ら命名した泉布観旧桜宮公会堂(旧明治天皇記念館正面玄関)は、明治時代の近代建築の黎明期の建造物として現存し、全国でも最も古い洋風建築とされ、明治初期の浮世絵作品に於いては、その崇高な様相を窺い知ることができる。昔から高雅な癒しを呈する場所として大阪の人々に崇められてきた。

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 レトロ製品①(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 レトロ製品①(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 レトロ製品②(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 レトロ製品②(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 レトロ製品③(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 レトロ製品③(平行法)

(交差法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 レトロ製品④(交差法)
(平行法)
「大阪くらしの今昔館」モダン大阪 レトロ製品④(平行法)

「大阪歴史博物館」は名称通りに博物館というイメージの展示内容であったが、「大阪くらしの今昔館」には「東映太秦映画村」「伊勢安土桃山文化村」と同じく、時代の再現空間を満喫する娯楽施設の気軽さもある。日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語の字幕付きで展示内容を“学習する”のではなく、“体験する”ことに主眼を置いていることも外国人に受け入れられる要因と云える。「大阪くらしの今昔館」のキャッチコピーは、「ほっとしたいそこの人、しばし時を忘れて、浪花見物に参りませう」である。大坂町三丁目の町並みが幼い頃の記憶が蘇えらせ心が和んだ、という来館者も多い。江戸時代の大坂を知る人は殆ど居ないのだが、大坂の原風景が持つ空間の力があるのかも知れない。

大阪市立北市民館
大阪市立北市民館

一階には、「大阪市立住まいの情報センター」の前身であり、我国初の文化的社会施設と云われた「大阪市立北市民館」の模型が展示されている。「大阪市立北市民館」が創設された直接の動機は、1918年(大正7年)富山県魚津で火蓋を切った米騒動が、瞬く間に全国を席巻し、大阪にも激しい騒動を引き起こしたことに始まる。大正後期の不況は貧困問題を深刻化させ、大阪では米騒動後、防貧施策として大阪市救援事業後援会を組織して広く寄付金を募集した。

(交差法)
大阪市立北市民館 再現模型(交差法)
(平行法)
大阪市立北市民館 再現模型(平行法)

(交差法)
住まい情報センター(交差法)
(平行法)
住まい情報センター(平行法)

その資金によって、1921年(大正10年)日本初の公立セツルメント「市立市民館」は、当時の急激な都市化とスラム化の拡大と進行によって貧困層の集まっていた天神橋6丁目に建設され、後に「大阪市立北市民館」となり、1983年(昭和58年)まで存在した。長きに亘り全国の社会福祉界の歴史的シンボルであった「大阪市立北市民館」は、大阪の誇りとなる建物として残すべきとの反対運動も虚しく取り壊され、「大阪市立住まいの情報センター」に生まれ変わり、今ではビルの1階に展示された模型のみが、往時を伝えるに過ぎない。

(交差法)
大坂城と大阪ビジネスパーク(交差法)
(平行法)
大坂城と大阪ビジネスパーク(平行法)

(交差法)
あべのハルカスと通天閣(交差法)
(平行法)
あべのハルカスと通天閣(平行法)

江戸時代、大坂は“天下の台所”として栄え、明治の頃には“水の都”と呼ばれ、経済と文化の中心的都市として発展し、歴史、環境、政治などの影響を受けながら現在の大阪が形成された。都市化が進む中でアイデンティティを歴史や文化に求めたとき、その経緯を知らない人にも紐解いて説明する施設があることは素晴らしいことだと感じる。現在の大阪の都市空間の中で、果たして次世代に向けて何を整備し、何を残していくのか、また世相や歴史をどのように継承していくのか、その答えを導く鍵を見つけることが現在の大阪で暮らす人々の役割と云える。

(交差法)
大坂サンセット(交差法)
(平行法)
大坂サンセット(平行法)
 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live


 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”模型 完成品”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。


 
Cinema

 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (44件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (16件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Baseball

 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS