FC2ブログ

3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

新駅と新駅舎の幕開け

Edit Category 3Dカメラ
JR野江駅

一昨年の秋に中古マンションを購入し、リフォーム後の年明けに引っ越しした“硝子の城”である我家周辺の利用駅には、OsakaMetro長堀鶴見緑地線OsakaMetro今里筋線 蒲生四丁目駅(徒歩6分)、京阪本線 野江駅(徒歩6分)、OsakaMetro谷町線 野江内代(うちんだい)駅(徒歩10分)がある。場合によっては、JR西日本 大阪環状線・学研都市線・東西線 京橋駅(徒歩15分)も利用可能となる絶好のアクセス環境に恵まれ、通勤や直行・直帰・出張や休日の探訪地により使い分け活用している。このように大阪市内でも恵まれた地域の我家周辺に、更に新たな駅が加わった。徒歩7分の場所にJRおおさか東線 JR野江駅が誕生したのである。

(交差法)
アルティマタワーズ 2019.3.16①(交差法)
(平行法)
アルティマタワーズ 2019.3.16①(平行法)

(交差法)
アルティマタワーズ 2019.3.16②(交差法)
(平行法)
アルティマタワーズ 2019.3.16②(平行法)

周辺アクセス Google Earth 自宅周辺MAP
Google Earth(左)/周辺アクセスMAP(右)

JRおおさか東線経路(上)/おおさか東線広告(左下)/JR野江駅 完成予想イメージ(右下)
JRおおさか東線

新大阪に奈良に直結! おおさか東線JR野江駅 完成予想イメージ

新駅に関する私の最たる期待は、JR新大阪駅に直結となる約10分のアクセスに他ならない。今までの新大阪駅へのアクセスは、大阪屈指の混雑駅となるJR大阪駅経由、若しくは、大阪屈指の混雑電車となるOsakaMetro御堂筋線経由となるため、帰郷や出張機会で新幹線を利用する機会の多い私には、少なからず煩わしさを感じていた。帰郷や出張機会で新幹線を利用する機会の多い故に待ち焦がれていたこともあり、この地域のマンションをターゲットした大きな理由のひとつとして、開業する日を心待ちにしていたのである。

JRおおさか東線鴫野駅付近全景(上)/東海道線立体交差(左下)/神崎川橋梁(中下)/寝屋川橋梁(右下)
JRおおさか東線鴫野駅付近全景
東海道線立体交差神崎川橋梁寝屋川橋梁

おおさか東線は、旅客輸送を行うため城東貨物線の施設や用地を活用しながら複線化・電化を行い、新大阪駅から大阪東部地域を経て大和路線の久宝寺駅に至る旅客線を整備し、平成20年3月放出(はなてん)駅から久宝寺駅までの南区間(9.2㎞)が開業した。その後、引き続き新大阪駅から放出駅までの北区間(11.1㎞)の建設を進め、路線間に鴫野駅・JR野江駅・城北公園通駅・南吹田駅の4つの新駅を加えて、平成31年3月16日に全線開業した。

JR野江駅(左上)/城北公園通駅(右上)/JR淡路駅(左下)/南吹田駅(右下)
JR野江駅①城北公園通駅
JR淡路駅南吹田駅

今回誕生した北区間の4つの新駅は、水運が盛んだった“水都”としての歴史や、水辺の自然の豊かさなど、地域が刻んできた歴史と地域に暮らす人々の繋がりを感じる駅がデザインコンセプトとなった。西吹田駅は“神崎川と水路の風景”、淡路駅は“菅原道真と淡路”(菅原道真が淡路島と間違えて上陸したのが地名の由来)、都島駅は“淀川の渡し舟”、JR野江駅は“榎並猿楽”(鎌倉時代にこの地から発祥した能のルーツのひとつとなる芸能)を各々表現しているとのこと。

(交差法)
大阪市城東区中央 2019.3.16①(交差法)
(平行法)
大阪市城東区中央 2019.3.16①(平行法)

(交差法)
大阪市城東区中央 2019.3.16②(交差法)
(平行法)
大阪市城東区中央 2019.3.16②(平行法)

(交差法)
京阪電車 野江駅 2019.3.16(交差法)
(平行法)
京阪電車 野江駅 2019.3.16(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.16①(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.16①(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.16②(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.16②(平行法)

(交差法)
JR野江駅 榎並猿楽発祥の地 モチーフの柱2019.3.16(交差法)
(平行法)
JR野江駅 榎並猿楽発祥の地 モチーフの柱2019.3.16(平行法)

JR野江駅 コンコース(左)/ホーム(右)
JR野江駅②JR野江駅③

JRおおさか東線の全線開業の日の朝、JR野江駅には、既に新駅に期待する地元住民数名が集まっていた。京阪本線 野江駅の西方向100mに位置する新駅は、相対式ホーム2面2線の高架駅として8両編成対応の両側のホームにエレベーター1基、エスカレーターは各ホーム2基ずつ(上下)、改札前には、猿楽の衣装と能の舞台や着物の文様をモチーフに和の風情を演出した柱を設置していた。当初の仮称は野江駅だったが、接続駅の京阪本線の野江駅と区別するためJRを冠した。JR駅舎としては地味で小規模ながら、新駅誕生機会に初めて遭遇し、見るもの全てが新鮮に映った。

榎並小学校の東門前「榎並猿楽発祥の地・榎並城跡伝承」石碑
榎並城跡伝承地・榎並猿楽発祥の地

※新駅のデザインコンセプトである榎並猿楽(えなみさるがく)とは、鎌倉時代末期に丹波猿楽の新座として活躍した猿楽の一派である。猿楽は能楽の母体となった中世芸能で、寺社の祭事の奉納をしていた。丹波矢田郷(亀岡市内)を本座、榎並を新座と称し、榎並猿楽はこの付近に座を構え、住吉神社の御田植神事に奉納し特権を得て、一時は本座を凌ぐ勢いで大きな影響力を持った。丹波猿楽の楽頭職を大和猿楽の観世に譲り渡し、榎並の地が応仁の乱の影響を受けたこともあり次第に衰退し、天文年間には廃滅していたと伝わる。OsakaMetro谷町線 野江内代駅に隣接する榎並小学校の東門前に「榎並猿楽発祥の地・榎並城跡伝承」と記した石碑が建っている。

(交差法)
JR野江駅 2019.3.16③(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.16③(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.16④(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.16④(平行法)

(交差法)
おおさか東線 JR野江駅開業式典 予行演習2019.3.16①(交差法)
(平行法)
おおさか東線 JR野江駅開業式典 予行演習2019.3.16①(平行法)

(交差法)
おおさか東線 JR野江駅開業式典 予行演習2019.3.16②(交差法)
(平行法)
おおさか東線 JR野江駅開業式典 予行演習2019.3.16②(平行法)

(交差法)
おおさか東線 JR野江駅開業式典 予行演習2019.3.16③(交差法)
(平行法)
おおさか東線 JR野江駅開業式典 予行演習2019.3.16③(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.16⑤(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.16⑤(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.16⑥(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.16⑥(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.16⑦(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.16⑦(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.16⑧(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.16⑧(平行法)

PiTaPaで改札を通過すると、おおさか東線 JR野江駅開業式典の予行演習が行われていた。真新しい電車の発車時刻案内板のみならず、トイレやエスカレーター設備に新駅であることを実感できる。早速、新大阪方面のホームに上り、新大阪までの所要約10分の乗車を味わってみることにした。暫くしておおさか東線の鮮やかな黄緑色の電車が到着し、早朝の電車は座席に座ることができるレベルの乗車率で新大阪に向かった。車内ではカメラを手に車内の様子や車窓風景にシャッターを切る人も散見された。

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16①(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16①(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16②(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16②(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16③(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16③(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16④(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16④(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑤(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑤(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑥(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑥(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑦(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑦(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑧(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑧(平行法)

JR新大阪駅 おおさか東線全線開業式典
JR新大阪駅 おおさか東線全線開業②2019.3.16JR新大阪駅 おおさか東線全線開業記念式典2019.3.16JR新大阪駅 おおさか東線全線開業③2019.3.16

(交差法)
JR新大阪駅 トワイライトエクスプレス瑞風2019.3.16(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 トワイライトエクスプレス瑞風2019.3.16(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 本町製麺所 天(TEN)新なにわ大食堂店 2019.3.16(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 本町製麺所 天(TEN)新なにわ大食堂店 2019.3.16(平行法)

自宅近くを出発して僅かな時間で新大阪駅に到着した不思議な実感は、想像するより新鮮であった。おおさか東線全線開業式典の準備に追われる到着ホームには、報道カメラマンや数多くの鉄道ファンが撮影エリアを陣取り、開業の日の雰囲気が盛り上がっていた。待っている最中には、開業を祝うように「トワイライトエクスプレス瑞風」が現われ、鉄道ファンのファインダーが一斉に向けられた。朝早い時間に到着したが、時間の経過とともに益々人の数が増えていくので、混雑する前に嫁さんと「本町製麺所 天(TEN)」で、朝うどんで腹ごしらえした。

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑨(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑨(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑩(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.16⑩(平行法)

(交差法)
JR新大阪駅 近江スエヒロ新大阪茶屋 2019.3.16(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 近江スエヒロ新大阪茶屋 2019.3.16(平行法)

新幹線駅、在来線、地下鉄が乗り入れる新大阪駅は関西の玄関口として賑わい、観光客増に対応してリニューアルされ、新大阪駅内では関西の有名グルメ店やお弁当店が急増していた。新大阪エキマルシェ(在来線改札内)、大阪のれんめぐり(新幹線コンコース内)、新なにわ大食堂(改札外地下鉄側)、味の小路(改札外駅1階)、新大阪茶屋(改札外駅1階)、アルデ新大阪(改札外駅2階)など、多様な食の選択肢にあらためて驚かされる。折角の機会なので「近江スエヒロ」で昼食用のお弁当を購入した。新大阪で新幹線に乗らずとも、おおさか東線を利用した休日ランチスポットとして期待できる。

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16①(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16①(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16②(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16②(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16③(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16③(平行法)

おおさか東線の北区間の開業によって、既存の放出駅~久宝寺駅間と一体になり、新大阪駅~奈良駅間をおおさか東線経由で結ぶ直通快速も走り始めた。思い起こせば、以前住んでいたマンションから放出駅まで歩き、おおさか東線の鮮やかな黄緑色の電車を経由して法隆寺を訪れたことが記憶に新しいが、全線開業したことで新大阪駅から1日4往復の直通快速(奈良行き)を利用するとJR法隆寺駅まで直接アクセスすることが出来る。但し、直通快速は本数が少なく、JR大阪駅経由の大和路快速が便の回数も多く、JR法隆寺へのアクセスの主力の座を譲っていない。

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16④(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16④(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16⑤(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16⑤(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16⑥(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.16⑥(平行法)

おおさか東線のルートの大半を占める戦前開業の城東貨物線の旅客線化は、1950年代頃から構想され、当初は関西本線の貨物支線である八尾~杉本町間の阪和貨物線(2009年廃止)も組み込み、阪和線及び堺泉北臨海工業地帯・大阪南港への臨海鉄道と連絡する計画であった。しかし、1989年(昭和64年)に阪和線・紀勢本線列車の大阪環状線への直通運転の開始や、新大阪駅~JR難波・汐見橋間を結ぶ“なにわ筋線”の建設計画の浮上により、終点を加美駅(現在の久宝寺駅)に変更し、阪和線との連絡は計画から除外された。

(交差法)
大阪市城東区中央 2019.3.16③(交差法)
(平行法)
大阪市城東区中央 2019.3.16③(平行法)

(交差法)
JR野江駅周辺 2019.3.17(交差法)
(平行法)
JR野江駅周辺 2019.3.17(平行法)

城東貨物線の旅客線化計画は、都心部を迂回する路線であるため旅客需要が見込めず、国鉄時代は財政難から長らく後回しにされたが、1981年(昭和56年)国鉄が城東貨物線の複線化の運輸大臣認可を受けた。国鉄分割民営化により、第三セクター会社が建設と施設の保有、JR西日本が運営を行う上下分離方式での建設・運行が決定された。おおさか東線構想は全ルートが新線ではなく、既存線路活用のプロジェクトではあるが、1999年(平成11年)工事開始後、結果として全線開業まで約20年を要した。

(交差法)
JR野江駅 2019.3.17①(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.17①(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.17②(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.17②(平行法)

おおさか東線に並行する東海道本線は、旅客列車が走る東側の線路と、貨物列車や関西空港アクセス特急「はるか」が走る西側の線路(梅田貨物線)で構成され、おおさか東線を含めると10線になる。途中の東淀川駅(大阪市淀川区)付近の西日本最悪級の“開かずの踏切”に於ける安全上の問題により、計画の見直しを関係機関に求められた。駅の新設に向け用地買収の交渉にも時間を要したことも併せ、北区間は2004(平成16年)時点でも工事が行われず、着工時には2006年(平成18年)開業予定であったが、全線一括の開業は断念された。

(交差法)
JR野江駅 2019.3.17③(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.17③(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.18①(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.18①(平行法)

種々の事情や背景により、工事が先に進んでいた南区間のみが、着工時の開業予定の約2年遅れの2008(平成20年)春に開業した。残る北区間は開業予定を6年遅れの2012年(平成24年)年春に設定されたが、新大阪駅に於いては東海道本線も含めた大掛かりなホームの並べ替えが必要となり、更に7年遅れて2019年春に開業した。こうして、おおさか東線の全線開通には、並々ならぬ苦労を重ねた末、紆余曲折を経て漸く開業に至ったのである。

(交差法)
JR野江駅 2019.3.18②(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.18②(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.18③(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.18③(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.18①(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.18①(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.18②(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.18②(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.18③(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.18③(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.18④(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.18④(平行法)

JR野江駅開業の休日明けに早朝の新幹線での出張があり、その前日には新駅の券売機で指定席を購入した。今までは京橋駅などで指定席購入していたが、みどりの窓口こそ無いが自宅近辺で新幹線の切符を購入できる。更には、新幹線の発車時刻の1時間前に出発していたが、JR野江駅により20~30分の時間の余裕があるなど、新幹線利用の利便性を痛感できる。乗車した早朝の車窓から朝陽が眩しく差し込んできたが、北方向に進む電車が南吹田駅を過ぎてから南方向に進むことで、他の路線では味わったことが無い東西の逆転により、朝陽で眩しい車窓の方向が入れ替った。

大阪広域ネットワークとうめきたプロジェクト

うめきた2期地区現在と北梅田駅(仮称)位置
うめきた2期地区現在と北梅田駅(仮称)位置
うめきた2期地区完成イメージ
うめきた2期地区完成予想イメージ①うめきた2期地区完成予想イメージ②

おおさか東線の終着駅は新大阪だが、今後、東海道線支線(梅田貨物線)の地下化工事により、2023年春に開業予定の新設の北梅田駅(仮称)へ乗り入れし、新大阪を経て梅田エリアに直通できるようになる。他にも、JR東海道本線、JR・南海電鉄なにわ筋線、阪急電鉄の新線が、北梅田駅への乗り入れを計画している。「うめきた」の2期区域の事業者である三菱地所などの企業連合は、中央の都市公園を囲むビルへの植栽により17haの開発区域の内の8haが緑地が占める計画として「みどりとイノベーションの融合」を発表し、更なる夢の路線としての拡がりを期待できる。

(交差法)
JR野江駅 2019.3.23①(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.23①(平行法)

(交差法)
JR野江駅 2019.3.23②(交差法)
(平行法)
JR野江駅 2019.3.23②(平行法)

(交差法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.23(交差法)
(平行法)
おおさか東線 車窓景観2019.3.23(平行法)

JR野江駅開業後、想像以上に新駅を利用する機会が多かった。仕事で利用する高速バスはJR大阪駅の北側が発着場所なのだが、直帰の際は新大阪駅で降りれば料金も安く、そこから10分程度で自宅近くに到着する。新大阪駅発は基本的に1時間に4便ペースなので、待ち時間には、始発ホーム近くで気軽にお土産物を見たり買ったりできる。一度、東京からの来訪者との会食機会があり、先方は新幹線で当日帰京するので、新大阪駅で設定したことがあった。発車直前まで食事できて、私自身も帰宅のアクセスも良く、一石二鳥の効果があった。

尾道新駅舎開業 2019.3.10

この地域に引越して以来心待ちにしていたJR野江駅の誕生の6日前となる3月10日、奇しくも故郷の尾道駅の新駅舎が開業した。3月下旬の月曜日に九州方面への出張機会があり、その前々日の土曜日に嫁さんと一緒に尾道の実家を訪れるため、JR野江駅から新大阪駅に向かった。嫁さんがおおさか東線の電車にのるのは、開業の日以来となる。新大阪へのスムーズなアクセスにより、少しでも帰郷の効率が良くなったことで、何気に故郷との距離感が縮まったような感覚になった。

(交差法)
JR新大阪駅 2019.3.23(交差法)
(平行法)
JR新大阪駅 2019.3.23(平行法)

(交差法)
JR福山駅からの景観 2019.3.23(交差法)
(平行法)
JR福山駅からの景観 2019.3.23(平行法)

(交差法)
JR山陽本線からの尾道の景観 2019.3.23①(交差法)
(平行法)
JR山陽本線からの尾道の景観 2019.3.23①(平行法)

(交差法)
JR山陽本線からの尾道の景観 2019.3.23②(交差法)

JR山陽本線からの尾道の景観 2019.3.23②(平行法)

(交差法)
JR山陽本線からの尾道の景観 2019.3.23③(交差法)
(平行法)
JR山陽本線からの尾道の景観 2019.3.23③(平行法)

新大阪から新幹線に乗って福山で下車し、山陽本線に乗り換えて昨年の11月初旬以来の尾道に向かった。やがて在来線の車窓から尾道の変わらぬ景観が見えてきたが、前回帰郷した尾道との明らかな違いは、リニューアルされた尾道駅舎に降り立つことである。今回初めて目の当たりにする新駅舎に期待を膨らませながら、市街地を通り過ぎ、やがて尾道駅に到着した。

リニューアル前の尾道駅(左上)/尾道の新駅舎完成予想図(右上・下2枚)
リニューアル前の尾道駅尾道の新駅舎(完成予想図)

尾道の新駅舎(完成予想図)2尾道の新駅舎(完成予想図)1

JR西日本(西日本旅客鉄道)とジェイアールサービスネット岡山、せとうちホールディングスは、3月10日に尾道駅の新駅舎を開業した。新駅舎は鉄骨2階建て延べ床面積2,150㎡となり、尾道駅を“瀬戸内観光の拠点”と位置付けるJR西日本が、先代駅舎の老朽化に伴い建て替え工事を行なっていたもので、事業費17億円を全額負担した。1階には30台の自転車を貸し出すカフェや食堂、2階には尾道水道を臨む展望デッキや宿泊施設を配し、外国人を含む観光客やサイクリストへの対応を強化した。2階へ上がる階段には地元商店街を写真やグッズで紹介するコーナーもある。

尾道駅ヒストリー
1891年(明治24年)(左上)・1923年(大正12年)(右上)・1933年(昭和8年)(左下)・1953年(昭和28年)(右下)
尾道駅ヒストリー①尾道駅ヒストリー②
尾道駅ヒストリー③尾道駅ヒストリー④

尾道は風光明媚な瀬戸内の街として、船舶が行きかう港町と、山の斜面に広がる坂道や路地などが混然と一体化した佇まいが魅力となり、季節を問わず多くの観光客で賑わう。その玄関口をしての尾道駅は1891年(明治24年)に初代駅舎が開業し、1928年(昭和3年)に駅舎を大幅に改築した2代目駅舎となった。

(交差法)
工事中の新尾道駅舎(交差法)
(平行法)
工事中の新尾道駅舎(平行法)

以降は時代に合わせてみどりの窓口や自動改札機、エレベーターの設置など小改築を繰り返しながら、山陽新幹線が尾道駅を経由しない路線となり、2代目駅舎として殆ど外観が変わることがなく、2017年5月まで約125年間にわたり使用された。2017年から始まった3台目駅舎の建設は、約2年を経て今回の開業に至り、工事期間中の尾道駅改札などはやや東側に移され、新駅舎開業前日にその役割を終えた。

新尾道駅
新尾道駅

尾道市や近隣自治体の寄付金などによる山陽新幹線専用の請願駅として、1988年(昭和63年)開業した新尾道駅は、他路線の接続がないこと、尾道市街地から離れていること、2019年現在、「ひかり」が朝方の上り2本・夜の下り1本のみとなり、日中は「こだま」が毎時1本しかないことなどから、近年の利用者が減少している。一方、観光地としての旅情の玄関口となる尾道駅は、山陽新幹線の新尾道駅より市街地と海が近く、駅の前後では瀬戸内海の景色が広がる。新幹線を利用して尾道市中心部へ向かう場合にも「のぞみ」や「さくら」の停車する福山経由で在来線利用者が増加している。

(交差法)
JR尾道駅 2019.3.23①(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 2019.3.23①(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 2019.3.23②(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 2019.3.23②(平行法)

尾道駅の新駅舎と出店店舗のデザインは、アトリエ・ワン一級建築士事務所(東京都新宿区)が監修し、“尾道のまちなみに溶け込む空間づくり”“尾道の風土を活かした空間づくり”“多様な人々が集うコミュニティの場の創出”をコンセプトに纏めた外観は、初代駅舎の黒い瓦屋根と、シンボル的特徴だった深い“軒”をイメージしているとのこと。

(交差法)
JR尾道駅 2019.3.23③(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 2019.3.23③(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 2019.3.23④(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 2019.3.23④(平行法)

トワイライトエクスプレス瑞風
トワイライトエクスプレス瑞風

尾道駅は「トワイライトエクスプレス瑞風」が停車することに呼応して、改札エリアには「瑞風グリーン」をあしらったコインロッカーやエレベーターの塗色は濃い緑に統一されている。駅舎の標高は周囲の道路よりわずかに高く、また設置物などで視界を遮らないように工夫されているため、改札から短いコンコースをまっすぐ進むとすぐに正面に尾道水道の情景が飛び込んでくるように設計している。

(交差法)
JR尾道駅 おのまる商店 せとうち巻き2019.3.23(交差法)

JR尾道駅 おのまる商店 せとうち巻き2019.3.23(平行法)

改札から海に向かって、駅コンコースの左側にはみどりの窓口と自動券売機、尾道の山と海の幸が詰まった巻きおにぎりスタンド・ホットドッグや手軽なローカルファーストフードが楽しめるカフェ・メードイン尾道の拘ったショップ・店内奥には尾道の街やしまなみ海道の島々をポタリングできるレンタサイクルのパントリー型店舗「おのまる商店」が並ぶ。コンビニエンスストア「セブン-イレブン ハート・イン」が並ぶ。また、同時にオープンする「食堂ミチ」はコンコースには面しておらず、セブン-イレブンの西側に隣接している。

(交差法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23①(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23①(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23②(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23②(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23③(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23③(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23④(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23④(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23⑤(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23⑤(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23⑦(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23⑦(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23⑥(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 おのたびゲート2019.3.23⑥(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 m³ HOSTEL2019.3.23(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 m³ HOSTEL2019.3.23(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 ブックラウンジ2019.3.23(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 ブックラウンジ2019.3.23(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 喫茶 NEO2019.3.23(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 喫茶 NEO2019.3.23(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23①(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23①(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23②(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23②(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23⑤(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23⑤(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23④(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23④(平行法)

観光案内所の横のシンボリックな形状の階段「おのたびゲート」は、200以上の飾り棚に名産品や文化を紹介しながら尾道の魅力をナビゲートしている。階段を上がった2階には尾道水道を望むことができる展望デッキが拡がり、尾道駅の中で快適な睡眠に拘ったシンプルを突き詰めたミニマムなホステル「m3 HOSTEL」には、誰でも利用できるブックラウンジがあり、自由でレトロな尾道の情緒のある「喫茶 NEO」では、モーニング(週末)、ランチタイム、ティータイム、ディナータイムと、時間により提供する料理が変化する。

(交差法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23③(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23③(平行法)

(交差法)
しまなみ交流館前広場 ピエロック一座①(交差法)
(平行法)
しまなみ交流館前広場 ピエロック一座①(平行法)

(交差法)
しまなみ交流館前広場 ピエロック一座②(交差法)
(平行法)
しまなみ交流館前広場 ピエロック一座②(平行法)

(交差法)
しまなみ交流館前広場 ピエロック一座③(交差法)
(平行法)
しまなみ交流館前広場 ピエロック一座③(平行法)

(交差法)
しまなみ交流館前広場 ピエロック一座④(交差法)
(平行法)
しまなみ交流館前広場 ピエロック一座④(平行法)

尾道駅の西側にある「しまなみ交流館」前の広場では、パフォーマンスが繰り広げられ笑い声に包まれていた。熊本県北を中心に九州および西日本で精力的に活動している人形劇団「ピエロック一座 」は、ヨーロッパ諸国、アメリカ、アラスカ、北アフリカ、中東…など、様々な国の路上で芸をし、人形から音楽、脚本まですべてピエロック団長の手作りとのこと。人形の造形、操作のみならず、同時に進行する楽器演奏など、ユーモラスでクオリティが高い人形劇は、道行く人を惹きつける魅惑のパフォーマンスであった。

(交差法)
JR尾道駅 2019.3.23⑤(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 2019.3.23⑤(平行法)

(交差法)
尾道本通り商店街 2019.3.23①(交差法)
(平行法)
尾道本通り商店街 2019.3.23①(平行法)

(交差法)
尾道本通り商店街 2019.3.23②(交差法)
(平行法)
尾道本通り商店街 2019.3.23②(平行法)

(交差法)
尾道本通り商店街 2019.3.23③(交差法)
(平行法)
尾道本通り商店街 2019.3.23③(平行法)

尾道本通り商店街を歩くと、昨年の秋には無かった新しい店も見受けられ、嘗てはシャッターで閉ざされた店が連なるアーケードには賑わいが戻り、活気を取り戻した印象を抱いた。その光景の中で、嘗ては「大和湯」だった銭湯をリノベーションした「ゆーゆー」はノスタルジックな空間である。暫く歩いた先には、バンド活動をしていた高校生の頃の練習スタジオであった「益原楽器店」が、2009年11月に閉店後、洋服屋に生まれ変わり看板のみが残っていた。少しずつ新たになる街の中で青春時代の名残りが切ない。

尾道駅 2代目(左)3代目(右)ビフォーアフター
尾道駅ビフォーアフター

尾道の街並みに溶け込むようデザインされた新駅舎との触れ込みだが、永年馴染みのある鮮やかな橙色の瓦の屋根から、地味なモノトーンの屋根への変化に馴染めていない違和感を抱いた。これは、尾道の街をモダンなイメージに一新した先代駅舎完成当時と、新しくて懐かしい空間として、観光地としても脚光を浴びる“瀬戸内の十字路”の新たなランドマークをイメージした現在との時代の変化であり、おそらく想像以上に早く新駅舎に馴染める日が来ることも想像している。

(交差法)
JR尾道駅 2019.3.23⑧(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 2019.3.23⑧(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 2019.3.23⑥(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 2019.3.23⑥(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23⑦(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23⑦(平行法)

(交差法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23⑥(交差法)
(平行法)
JR尾道駅 展望デッキからの眺望2019.3.23⑥(平行法)

(交差法)
尾道駅前渡船 2019.3.23①(交差法)
(平行法)
尾道駅前渡船 2019.3.23①(平行法)

(交差法)
尾道駅前渡船 2019.3.23②(交差法)
(平行法)
尾道駅前渡船 2019.3.23②(平行法)

(交差法)
尾道水道 2019.3.24(交差法)
(平行法)
尾道水道 2019.3.24(平行法)

大阪市内で貨物列車が通るおおさか東線の風景は、故郷の山陽本線を思い出させてくれる。自宅の近辺に誕生した新駅は、人が出掛けることをイメージさせる駅であり、生まれ育った故郷の新駅舎は、人を迎えることをイメージさせる駅と感じる。何れの駅も平成から令和へと元号が変わるゴールデンウイーク直前に開業し、私に関わる重要な2つの駅を巡る記憶は、新しい年号のスタートと共に幕を開ける。

JRおおさか東線の貨物列車
スポンサーサイト
 
05 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

04 06


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
 
Category

  • 3Dカメラ (50件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (42件)
  • 模型 (22件)
  • 野球 (18件)
  • 特撮 (6件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Live


 
   


    
 
News


 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”ご当地”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。

 
Cinema

 
Baseball



 
Map


 
Translation



  

 
 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS