3Dアクアテラリウム

立体写真による探訪記と恐竜ジオラマのアクアテラリウムと駄文のブログ

 

スポンサーサイト

Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くまで見渡せる景観

Edit Category 3Dカメラ
OSAKA · UMEDA SKY BUILDING

昨年の秋の晴天の休日に「新梅田シティ」」内にある「「梅田スカイビル(UMEDA SKY BUILDING)」「空中庭園展望台」を訪れた際の写真を未だアップロードできないままであった。最近、ブログ記事の更新が停滞しがちであったのだが、同時期には、(幻の)クライマックスシリーズ御堂筋ランウェイを訪れたことと併せ、個人的に大きな決断があり、そちらに随分時間を割いたために写真の整理にまで気が回らなかったのである。ここで言う“個人的な大きな決断”は後程あらためて触れることにする。

(交差法)
梅田スカイビル2017.10.8①(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル2017.10.8①(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル庭園2017.10.8①(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル庭園2017.10.8①(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル庭園2017.10.8②(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル庭園2017.10.8②(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル庭園2017.10.8③(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル庭園2017.10.8③(平行法)

新梅田シティには、4年前の12月に訪れて以来となる。その時は「ドイツ・クリスマスマーケット大阪2013」を目的だったのだが、地下一階のレトロなレストラン街「滝見小路」の昭和初期の街並みの再現に魅せられ、ブログ記事を二回に分けて掲載している。そのためと言っては何だが、空中庭園展望台には立ち寄らず、もっと暖かくて天気の良い日にあらためて訪れることにしたのであった。しかし、その後年に完成したあべのハルカス東京スカイツリーの展望台を先に訪れ、梅田スカイビルの空中庭園展望台は未だ訪れていないままであった。

(交差法)
梅田スカイビル2017.10.8②(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル2017.10.8②(平行法)

JR大阪駅の北西に位置する新梅田シティは、旧ダイハツディーゼル本社・大阪工場跡地、旧東芝関西支社跡地とその周辺地域の再開発の一環として、1990年(平成2年)2月、梅田スカイビル、ウェスティンホテル大阪を中心とする複合施設として着工した。1993年(平成5年)3月に完成した梅田スカイビルは、地上40階・地下2階、高さ約173mの超高層ビルであり、京都駅ビル札幌ドームを手掛けた原広司の設計による独特の形状の建造物は、大阪のランドマークとなっている。

超高層ビルの大火災を描いたパニック映画「タワーリング・インフェルノ」(1974年米国作品)
タワーリング・インフェルノ タワーリング・インフェルノ THE TOWERING INFERNO

バブル景気の真っ只中、当時は機能性重視の均一的な箱形のインテリジェントビルが主流の時代の工場跡地にインパクトある大阪の新名所を創設するプロジェクトが計画され、原はビルの設計の思案に尽きた際、超高層ビルの大火災を描いたパニック映画「タワーリング・インフェルノ」(1974年米国作品)を何度も見直し、隣のビルに避難輸送するシーンを見て、ビル同士が“繋がる”ことで安定性が増して地震の揺れにも強いとの発想によって最上部に空中庭園を設け、中間階には避難路となるブリッジを架けて非常時対策も講じたりなどのアイデアが浮かんだと云う。

世界初「リフトアップ工法による空中庭園展望台の設置
世界初「リフトアップ工法 梅田スカイビル

タワーイースト(東棟)、タワーウエスト(西棟)の2棟で構成された頂部を連結するように円形の空中庭園展望台を設置した構造の梅田スカイビルは、原の狙い通り、地震・風・振動への耐性が優れている。展望台の基本的な部分を地上で組み立てた後、ワイヤーで釣り上げて地上150m~173mの高所で固定するリフトアップ工法を世界で初めて採用されて施工された。また、前述の経緯によりイースト・ウエスト両棟を行き来するため22階に連絡通路が設けられている。

(交差法)
梅田スカイビル 精密模型2017.10.8(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル 精密模型2017.10.8(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台エスカレーター2017.10.8①(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台エスカレーター2017.10.8①(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8③(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8③(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8④(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8④(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8⑤(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8⑤(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8⑥(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8⑥(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8①(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8①(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8②(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台2017.10.8②(平行法)

空中庭園空中庭園展望台
Umeda-Sky-Building.jpg

梅田スカイビルの最大の魅力である空中庭園展望台(有料)へは、3階から35階まで視界360度のエレベーターで一気に上昇し、空中に浮かぶ長さ45mのシースルーのエスカレーターで上昇すれば到着する。高層ビルでは珍しいオープンテラスの展望台は全方位360度を見渡せ、風を感じながら眺めることが出来る。眺望は梅田を中心とした大阪の都心と遠景を一望でき、西側は六甲山系や紀伊水道へと沈む夕陽が美しく、南側の夜景は乱立する高層ビルのネオンが輝き、「日本の夕陽百選」「夜景100選」に選ばれている。

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8①(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8①(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑦(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑦(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8②(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8②(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8③(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8③(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8④(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8④(平行法)

梅田スカイビルは、オープンから半年で約103万人、翌年度は約108万人と当初は客足も好調だったが、バブル崩壊直後も長引く不況により倹約ムードが続く中で、前衛的な高層ビルにバブルの残り香のようなイメージを抱いた人が多かったのかも知れない。その後、次第に入場者数は減少の一途を辿り、2003年〜2006年には年間50万人を割り込んでしまった。実際、私自身は設計デザインの無機質なサイバー感による奇抜さがバブル時代の流行のような感覚を抱き、あまり感情移入できなかった面もある。

One of the Top 20 buildings around world. Umeda Sky Building

梅田スカイビルは、2008年にイギリス出版紙「THE TIMES」でメタリックな“未来の凱旋門”と評され、パルテノン神殿コロッセオタージ・マハルサグラダ・ファミリアといった歴史的建造物と並び立つ世界的に有名な建築物として「世界の建築 TOP20」に選ばれた。更に世界的に著名な旅行ガイド「ロンリープラネット」で、「大阪で一番のお勧めスポット」として紹介され、評価が口コミやネットで広がり、海外の旅行客や建築愛好家たちに認知され、訪れる者の3割を外国人が占めるほどのブームが到来した。

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑤(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑤(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑥(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑥(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑧(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑧(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑨(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑨(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑩(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑩(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑬(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑬(平行法)

梅田スカイビルの開業15年周年に於ける施設のリニューアルや集客への注力により、2008年5月5日には入場者数が1,000万人を突破し、誕生して20年以上経過した2015年7月31日には1,500万人に到達した。空中庭園展望台には空中庭園大明神を祀る社があり、御利益は恋愛成就とされている。最近では、海外での評価の高さを聞いて興味を持った日本人客も増えて再ブレイクし、2015年には121万人となり、オープン時の記録を更新している。

梅田スカイビルからの夜景(左)/夜の梅田スカイビル(中)/ルミ・スカイウォーク(右)
梅田スカイビルからの大阪ガーデンシティの夜景 夜の梅田スカイビル 梅田スカイビル ルミ・スカイウォーク

(交差法)
梅田スカイビル2017.10.8③(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル2017.10.8③(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル レゴモデル2017.10.8(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル レゴモデル2017.10.8(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑫(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑫(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑪(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台眺望2017.10.8⑪(平行法)

(交差法)
梅田スカイビル空中庭園展望台エスカレーター2017.10.8②(交差法)
(平行法)
梅田スカイビル空中庭園展望台エスカレーター2017.10.8②(平行法)

近年では、関西国際空港に到着した観光客を乗せたツアーバスが、最初に梅田スカイビルへ立ち寄るプランが増えており、大阪のみならず日本のランドマークになりつつある。ウェスティンホテル大阪の披露宴の終了後に空中庭園展望台を訪れる人も多く、午後10時まで入場できるので、大阪観光として“もう一ヶ所訪れる”場所の定番となった。高層ビルのネオンが幻想的な南側の景観は、夜景を満喫できる時間帯が集客率が高い。一方、開放的で季節によって山や海に沈む夕陽が美しい西側の景観は、明石海峡大橋など遠景を細部まで満喫できる昼間の時間も集客が途絶えることが無い。

うめきた広場(左)/うめきた2期の地区計画説明図(右)
うめきた広場 うめきた2期の地区計画説明図

うめきた第2期地区(左)/うめきた第2期完成イメージ(右)
うめきた第2期地区 うめきた第2期イメージ

(交差法)
グランフロント大阪からの梅田スカイビル2017.10.8①(交差法)
(平行法)
グランフロント大阪からの梅田スカイビル2017.10.8①(平行法)

(交差法)
グランフロント大阪からの梅田スカイビル2017.10.8②(交差法)
(平行法)
グランフロント大阪からの梅田スカイビル2017.10.8②(平行法)

別の日に「グランフロント大阪」に所要で訪れた際、ビル内の西側の窓や「AVCビーチバレーボールアジアツアー2017」が開催されていた「うめきた広場」からは、梅田スカイビルの全容が見える。大阪北ヤード開発 二期工事(うめきた2期)は、うめきた新駅(仮称:北梅田駅)の開業などを含め、2027年全体完成のビッグプロジェクトがいよいよ本格始動するが、世界的に著名な建築物に成長した梅田スカイビルとの調和を意識した眺望の舞台が設定されることは必然となるのであろう。

OSAKA STATION CITY案内図(左)/大阪駅の変貌(右)
OSAKA STATION CITY 大阪駅の変貌

「OSAKA STATION CITY(大阪ステーションシティ)」のアトリウム広場は、8層吹き抜け構造による開放感のある空間となり、広場正面に光時計を配置した賑わいに満ちた場所となる。エスカレーターを上れば“時空(とき)の広場”として開放的なパノラマ空間が広がり、可動式の植栽プランターなどで、空間を自由に変化させて四季を演出する。ステーションドームの隙間から差し込む太陽の光や、時計のモニュメントが、電車の動きと交差して、時の変化が感じられる。訪れた日は、「フラワーアートミュージアム2017」が催され、ハロウィン直前の秋の花で彩られていた。

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8①(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8①(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8②(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8②(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8③(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8③(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8④(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8④(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑤(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑤(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑥(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑥(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑦(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑦(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑧(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑧(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑨(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑨(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑩(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑩(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑪(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑪(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑫(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑫(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑬(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑬(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑭(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑭(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑮(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 時空の広場2017.10.8⑮(平行法)

向かい側となる北側のエスカレーターを上れば、2016年2月にリニューアルした“雲海の滴”をテーマとする “和(やわ)らぎの庭”と称する屋上に至る。見上げる空から“滴”が落ち“波紋”が広がりやがて大きな“波”となる様子を表現している。他にも“風の広場”では、10階からの上下回遊を愉しむ庭園として、和の表現と対照的な「自然美」を表現し、水のせせらぎの音や自然の風景の中に息づくナチュラルな草花が五感を演出する。更に階段を上がった場所にある“天空の農園”は、都市の中で自然を実感し、天空の恵みを体感する空間として展開している。

(交差法)
大阪ステーションシティからの梅田スカイビル2017.10.8(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティからの梅田スカイビル2017.10.8(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 和らぎの庭2017.10.8(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 和らぎの庭2017.10.8(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 風の広場2017.10.8①(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 風の広場2017.10.8①(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 風の広場2017.10.8②(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 風の広場2017.10.8②(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 風の広場2017.10.8③(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 風の広場2017.10.8③(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 風の広場2017.10.8④(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 風の広場2017.10.8④(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 天空の農園2017.10.8①(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 天空の農園2017.10.8①(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 天空の農園2017.10.8②(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 天空の農園2017.10.8②(平行法)

(交差法)
大阪ステーションシティ 天空の農園2017.10.8③(交差法)
(平行法)
大阪ステーションシティ 天空の農園2017.10.8③(平行法)

年末に買い物に訪れた阪急百貨店祝祭広場では、北欧クリスマスマーケットが催されており、シンボルとして光のヒンメリが広場の賑わいの視線の的になっていた。4層吹き抜け構造の祝祭広場は、どの階からも見下ろせて美しい。幻想的な巨大なミラーボールは、クリスマスと言うよりもSF映画の映像に見る要塞のようにも見える。以前、堺雅人主演のテレビドラマ「半沢直樹」を放映中に祝祭広場を初めて訪れた際、金融庁検査局主任検査官の怪演によりブレイクした歌舞伎役者の片岡愛之助のトークショーで賑わっていたことが懐かしい。

(交差法)
阪急百貨店祝祭広場 北欧クリスマスマーケット 光のヒンメリ2017.12.17①(交差法)
(平行法)
阪急百貨店祝祭広場 北欧クリスマスマーケット 光のヒンメリ2017.12.17①(平行法)

(交差法)
阪急百貨店祝祭広場 北欧クリスマスマーケット 光のヒンメリ2017.12.17②(交差法)
(平行法)
阪急百貨店祝祭広場 北欧クリスマスマーケット 光のヒンメリ2017.12.17②(平行法)

最後に掲載した写真は、我家のベランダからの景観である。15階建てマンションの13階の分譲賃貸住宅の現在の我家からは、東方向には生駒山が見え、西方向には大阪ビシネスパークの高層ビル群が見える。残念ながら大阪城は森ノ宮の公団住宅に隠れ、あべのハルカスもマンションが重なって最頂部のみしか見えないのだが、遥か遠くまで見渡せる景観は開放的で素晴らしく結構お気に入りなのであった。しかし、この景観とも残り僅かでお別れとなる。

(交差法)
ベランダからの東方面眺望2018.1.1(交差法)
(平行法)
ベランダからの東方面眺望眺望2018.1.1(平行法)

(交差法)
ベランダからの南方面眺望2018.1.1(交差法)
(平行法)
ベランダからの南方面眺望眺望2018.1.1(平行法)

(交差法)
ベランダからの南西方面眺望2018.1.1(交差法)
(平行法)
ベランダからの南西方面眺望2018.1.1(平行法)

同じ区内に中古のマンション購入を決断し、リフォーム工事が完了予定の年明け早々の1月末には引っ越すことになった。新居は2階なので現在のような高層階ではない故、遠くまで見渡せる景観を求めて探訪する機会が多くなるかも知れない。このブログを開始してから2012年12月以来の2度目の引っ越しとなるが、アクアテラリウム水槽のエンドラーズやヌマエビの引っ越し対策への煩わしさなどの憂鬱と併せ、名実共に“マイホーム”を手にする期待が交錯し、落ち着かない日々が続いている。

(交差法)
恐竜アクアテラリウム(交差法)
(平行法)
恐竜アクアテラリウム(平行法)

king_mt021.gif

旧年中は当ブログへご訪問戴きましてありがとうございました。本年も宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
 
02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

01 03


 
 
Profile

MOTO

Author:MOTO
広島県出身、東京⇔大阪間の転勤を繰り返し、現在大阪在住。広島カープ・球場模型・艦船模型が好きなオッサンだが、アクアテラリウムの名人に出会ってから魅力にはまった。以前から興味のあった3Dカメラを購入し、立体的に(あくまで私的に)アクアテラリウムへのチャレンジを記録に残していくのであった。


 
Live

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

 
   


CURRENT MOON

    
 
News



 
Maxim


 
Banner


 ご !!
足あと残していただけたら
後ほどお伺いいたします。



にほんブログ村 写真ブログ 立体写真 へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ アクアテラリウム へ

人気ブログランキング へ


アクセス解析Webパーツi2iは、ランキングバナーではありません。
 
Affiliate

”ご当地”の語句を変えれば、Amazonの商品の検索ができます。

 
Cinema

 
Baseball


 
Map


 
Translation



  

 
 
Category

  • 3Dカメラ (46件)
  • アクアテラリウム (26件)
  • ウォーキング (41件)
  • 模型 (19件)
  • 野球 (17件)
  • 特撮 (5件)
  • 健康 (3件)
  • 未分類 (16件)


 
Summary







 
Twitter

Twitter Button from twitbuttons.com

 
Link





































































































 
 
  

ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。